くにさくロゴ
2013/06/20 第183回国会 参議院 参議院会議録情報 第183回国会 国土交通委員会 第11号
姉妹サイト
 
2013/06/20 第183回国会 参議院

参議院会議録情報 第183回国会 国土交通委員会 第11号

#1
第183回国会 国土交通委員会 第11号
平成二十五年六月二十日(木曜日)
   午前十時二分開会
    ─────────────
   委員の異動
 六月十八日
    辞任         補欠選任
     田城  郁君     牧山ひろえ君
     熊谷  大君     佐藤 信秋君
     渡辺 猛之君     中村 博彦君
 六月十九日
    辞任         補欠選任
     牧山ひろえ君     田城  郁君
     佐藤 信秋君     磯崎 仁彦君
     中村 博彦君     渡辺 猛之君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         石井 準一君
    理 事
                田中 直紀君
                前田 武志君
                小泉 昭男君
                渡辺 猛之君
                西田 実仁君
    委 員
                輿石  東君
                田城  郁君
                山村 明嗣君
                磯崎 仁彦君
                鶴保 庸介君
                松下 新平君
                山崎  力君
                吉田 博美君
                秋野 公造君
                藤巻 幸夫君
                吉田 忠智君
   国務大臣
       国土交通大臣   太田 昭宏君
   副大臣
       国土交通副大臣  梶山 弘志君
       国土交通副大臣  鶴保 庸介君
   大臣政務官
       国土交通大臣政
       務官       赤澤 亮正君
       国土交通大臣政
       務官       松下 新平君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        櫟原 利明君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○海賊多発海域における日本船舶の警備に関する
 特別措置法案(内閣提出、衆議院送付)
    ─────────────
#2
○委員長(石井準一君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告を申し上げます。
 昨日までに、熊谷大君が委員を辞任され、その補欠として磯崎仁彦君が選任をされました。
    ─────────────
#3
○委員長(石井準一君) 理事の補欠選任についてお諮りをいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(石井準一君) 御異議ないものと認めます。
 それでは、理事に渡辺猛之君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(石井準一君) 海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。太田国土交通大臣。
#6
○国務大臣(太田昭宏君) ただいま議題となりました海賊多発海域における日本船舶の警備に関する特別措置法案の提案理由につきまして御説明申し上げます。
 四方を海に囲まれ、かつ、主要な資源の大部分を輸入に依存するなど外国貿易の重要度が高い我が国の経済社会及び国民生活にとって、海上輸送の安全を確保することは極めて重要であります。
 海上輸送の安全確保にとって重大な脅威となっている海賊事案については、二〇一二年に全世界で二百九十七件が発生しております。とりわけ、ソマリア海賊による被害の発生件数は近年急激に増加しており、また、その発生海域もインド洋やアラビア海にまで拡大する傾向を見せており、当該海域における船舶の航行に危険が生じているところです。
 こうした状況に対し、他の主要海運国においては、当該海域を航行する自国船舶に小銃を所持した民間警備員の乗船を認める措置を講じてきており、我が国においても、原油タンカー等の国民生活に不可欠な物資を輸送する日本船舶について同様の措置を講ずることがその航行の安全を確保する観点から強く求められております。
 このような趣旨から、この度この法律案を提案することとした次第です。
 次に、この法律案の概要につきまして御説明申し上げます。
 第一に、国土交通大臣は、海賊行為による被害を防止するために、政令で定める海賊多発海域において小銃を用いて実施される特定警備が、その目的の達成に必要な範囲内で適正に実施されることを確保するために、特定警備実施要領を策定することとしております。
 第二に、国民生活に不可欠な物資を輸送するなど一定の要件を満たす日本船舶の所有者は、特定警備に関する計画を作成し、国土交通大臣の認定を受けることができることとしております。
 第三に、小銃の取扱いに関する知識及び技能を有し、かつ、欠格事由に該当しないことについて国土交通大臣の確認を受けた者は、認定を受けた計画に基づく特定警備に従事するために、特定警備実施要領に従い、小銃を所持し、使用することができることとしております。
 その他、これらに関連いたしまして、所要の規定の整備を行うこととしております。
 以上が、この法律案を提案する理由です。
 この法律案が速やかに成立いたしますよう、御審議をよろしくお願い申し上げます。
#7
○委員長(石井準一君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会をいたします。
   午前十時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト