くにさくロゴ
2013/05/29 第183回国会 参議院 参議院会議録情報 第183回国会 本会議 第24号
姉妹サイト
 
2013/05/29 第183回国会 参議院

参議院会議録情報 第183回国会 本会議 第24号

#1
第183回国会 本会議 第24号
平成二十五年五月二十九日(水曜日)
   午前十時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第二十四号
  平成二十五年五月二十九日
   午前十時開議
 第一 東日本大震災に係る原子力損害賠償紛争
  についての原子力損害賠償紛争審査会による
  和解仲介手続の利用に係る時効の中断の特例
  に関する法律案(内閣提出、衆議院送付)
 第二 道路法等の一部を改正する法律案(内閣
  提出、衆議院送付)
 第三 港湾法の一部を改正する法律案(内閣提
  出、衆議院送付)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 議事日程のとおり
     ─────・─────
#3
○議長(平田健二君) これより会議を開きます。
 日程第一 東日本大震災に係る原子力損害賠償紛争についての原子力損害賠償紛争審査会による和解仲介手続の利用に係る時効の中断の特例に関する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。文教科学委員長丸山和也君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔丸山和也君登壇、拍手〕
#4
○丸山和也君 ただいま議題となりました法律案につきまして、文教科学委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、東日本大震災に係る原子力損害賠償紛争について、原子力損害賠償紛争審査会が行う和解の仲介の手続の利用に係る時効の中断の特例について定めようとするものであります。
 本委員会におきましては、損害賠償請求権の時効消滅に係る懸念、紛争解決センターの人的体制拡充に向けた取組、和解仲介手続の打切りに当たって被害者に配慮した運用を行う必要性等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終局し、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、本法律案に対して附帯決議が付されております。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#5
○議長(平田健二君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#6
○議長(平田健二君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#7
○議長(平田健二君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十四  
  賛成            百九十四  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#8
○議長(平田健二君) 日程第二 道路法等の一部を改正する法律案
 日程第三 港湾法の一部を改正する法律案
  (いずれも内閣提出、衆議院送付)
 以上両案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。国土交通委員長石井準一君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔石井準一君登壇、拍手〕
#9
○石井準一君 ただいま議題となりました二法律案につきまして、国土交通委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、道路法等の一部を改正する法律案は、大規模災害発生の可能性及び道路の老朽化を踏まえた道路の適正な管理を図るため、防災上重要な道路において占用を制限できること、道路劣化の要因となる大型車両の通行を特定の道路に誘導する制度を創設すること等の措置を講じようとするものであります。
 次に、港湾法の一部を改正する法律案は、非常災害時における船舶交通の確保に資するよう、国が障害物を迅速に除去できる航路を定めること、海上運送の効率化に資するばら積み貨物の輸入拠点を形成するため、港湾施設整備等に係る協定制度を創設すること等の措置を講じようとするものであります。
 委員会におきましては、両法律案を一括して議題とし、両法律案により防災・減災対策に期待される効果、道路構造物の維持、修繕を担う官民における人材の確保、育成策、ばら積み貨物の海上輸送の効率化及び船舶の大型化への対応等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知を願います。
 質疑を終局し、順次採決の結果、両法律案はいずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
 なお、両法律案に対してそれぞれ附帯決議が付されております。
 以上、御報告を申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#10
○議長(平田健二君) これより採決をいたします。
 まず、道路法等の一部を改正する法律案の採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#11
○議長(平田健二君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#12
○議長(平田健二君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十四  
  賛成            百九十四  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#13
○議長(平田健二君) 次に、港湾法の一部を改正する法律案の採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#14
○議長(平田健二君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#15
○議長(平田健二君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百九十四  
  賛成            百八十八  
  反対               六  
 よって、本案は可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#16
○議長(平田健二君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト