くにさくロゴ
2013/04/03 第183回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第183回国会 決算行政監視委員会 第2号
姉妹サイト
 
2013/04/03 第183回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第183回国会 決算行政監視委員会 第2号

#1
第183回国会 決算行政監視委員会 第2号
平成二十五年四月三日(水曜日)
    午後零時四十一分開議
 出席委員
   委員長 谷畑  孝君
   理事 伊藤 忠彦君 理事 今村 雅弘君
   理事 河野 太郎君 理事 松本 文明君
   理事 武藤 容治君 理事 柚木 道義君
   理事 三宅  博君 理事 伊藤  渉君
      秋本 真利君    穴見 陽一君
      越智 隆雄君    大岡 敏孝君
      門  博文君    菅野さちこ君
      工藤 彰三君    熊田 裕通君
      小林 茂樹君    國場幸之助君
      笹川 博義君    島田 佳和君
      瀬戸 隆一君    田畑  毅君
      武村 展英君    辻  清人君
      福田 達夫君    村上誠一郎君
      湯川 一行君    奥野総一郎君
      中根 康浩君    野田 佳彦君
      河野 正美君    田沼 隆志君
      西岡  新君    石井 啓一君
      三谷 英弘君    吉川  元君
      小泉 龍司君
    …………………………………
   財務大臣         麻生 太郎君
   財務副大臣        山口 俊一君
   会計検査院長       山浦 久司君
   決算行政監視委員会専門員 平川 素行君
    ―――――――――――――
委員の異動
四月三日
 辞任         補欠選任
  勝沼 栄明君     門  博文君
  坂本 剛二君     越智 隆雄君
  白石  徹君     湯川 一行君
  武井 俊輔君     穴見 陽一君
  辻元 清美君     奥野総一郎君
同日
 辞任         補欠選任
  穴見 陽一君     武井 俊輔君
  越智 隆雄君     坂本 剛二君
  門  博文君     勝沼 栄明君
  湯川 一行君     白石  徹君
  奥野総一郎君     辻元 清美君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 平成二十一年度一般会計歳入歳出決算
 平成二十一年度特別会計歳入歳出決算
 平成二十一年度国税収納金整理資金受払計算書
 平成二十一年度政府関係機関決算書
 平成二十一年度国有財産増減及び現在額総計算書
 平成二十一年度国有財産無償貸付状況総計算書
 平成二十二年度一般会計歳入歳出決算
 平成二十二年度特別会計歳入歳出決算
 平成二十二年度国税収納金整理資金受払計算書
 平成二十二年度政府関係機関決算書
 平成二十二年度国有財産増減及び現在額総計算書
 平成二十二年度国有財産無償貸付状況総計算書
     ――――◇―――――
#2
○谷畑委員長 これより会議を開きます。
 平成二十一年度一般会計歳入歳出決算、平成二十一年度特別会計歳入歳出決算、平成二十一年度国税収納金整理資金受払計算書、平成二十一年度政府関係機関決算書、平成二十一年度国有財産増減及び現在額総計算書、平成二十一年度国有財産無償貸付状況総計算書、以上平成二十一年度決算外二件、平成二十二年度一般会計歳入歳出決算、平成二十二年度特別会計歳入歳出決算、平成二十二年度国税収納金整理資金受払計算書、平成二十二年度政府関係機関決算書、平成二十二年度国有財産増減及び現在額総計算書、平成二十二年度国有財産無償貸付状況総計算書、以上平成二十二年度決算外二件の各件を議題といたします。
 ただいまの各件は、平成二十三年十二月八日の委員会においてその概要説明及び検査報告概要説明を聴取いたしましたが、昨年の総選挙を経て、先国会より新たに委員会が構成されておりますので、改めて説明を聴取いたします。
 まず、財務大臣から各件について概要の説明を求めます。麻生財務大臣。
#3
○麻生国務大臣 平成二十一年度一般会計歳入歳出決算、特別会計歳入歳出決算、国税収納金整理資金受払計算書及び政府関係機関決算書を国会に提出し、また、平成二十一年度の国の債権の現在額並びに物品の増減及び現在額につきましても国会に報告しておりますので、その概要を御説明させていただきます。
 平成二十一年度の一般会計の決算につきましては、歳入の決算額は百七兆一千百四十二億円余、歳出の決算額は百兆九千七百三十四億円余であり、差し引き六兆一千四百八億円余の剰余を生じております。
 この剰余金は、財政法第四十一条の規定により、既に平成二十二年度の一般会計の歳入に繰り入れております。
 なお、平成二十一年度における財政法第六条の純剰余金は一兆六千二百四十六億円余となります。
 一方、歳出につきましては、予算額百二兆五千五百八十一億円余、平成二十年度からの繰越額四兆五千百八億円余を加えました歳出予算現額百七兆六百八十九億円余に対し、支出済み歳出額は百兆九千七百三十四億円余であり、その差額は六兆九百五十五億円余となります。このうち平成二十二年度への繰越額は三兆九千四百三億円余であり、不用額は二兆一千五百五十二億円余となっております。
 次に、平成二十一年度の特別会計の決算でありますが、同年度における特別会計の数は二十一であり、これらの決算の内容につきましては、特別会計歳入歳出決算のとおりであります。
 次に、平成二十一年度における国税収納金整理資金の受け入れ及び支払いにつきましては、同資金への収納済み額は五十兆四千八百四十五億円余であり、一般会計の歳入への組み入れ額等は四十九兆七千七百三十七億円余であります。
 次に、平成二十一年度の政府関係機関の決算でありますが、その内容につきましては、それぞれの決算書のとおりであります。
 次に、国の債権の現在額、物品の増減及び現在額でありますが、その内容につきましては、それぞれ、平成二十一年度の国の債権の現在額総報告、平成二十一年度の物品増減及び現在額総報告のとおりであります。
 以上が、平成二十一年度の一般会計歳入歳出決算等の概要であります。
 何とぞ御審議のほどお願いを申し上げます。
 次に、平成二十一年度の国有財産増減及び現在額総計算書並びに平成二十一年度の国有財産無償貸付状況総計算書を国会に報告いたしておりますので、その概要を御説明申し上げます。
 平成二十一年度の国有財産増減及び現在額総計算書の概要について御説明をいたします。
 平成二十一年度中におきまして、国有財産の総額は、差し引き五兆五十八億円余の純増加となっております。これを平成二十年度末現在額に加算いたしますと百七兆三千七百四十八億円余となり、これが国有財産法に基づく平成二十一年度末現在額であります。
 次に、平成二十一年度の国有財産無償貸付状況総計算書の概要について御説明をいたします。
 平成二十一年度中におきまして、無償貸付財産の総額は、差し引き五十二億円余の純減少となっております。これは平成二十年度末現在額より差し引きいたしますと一兆八百三十四億円余となり、これが平成二十一年度末現在において国有財産法に基づく無償貸し付けをしている国有財産の総額であります。
 何とぞ御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。
 次に、平成二十二年度の一般会計歳入歳出決算、特別会計歳入歳出決算、国税収納金整理資金受払計算書及び政府関係機関決算書を国会に提出し、また、平成二十二年度の国の債権の現在額並びに物品の増減及び現在額につきましても国会に報告いたしておりますので、その概要を御説明させていただきます。
 まず、平成二十二年度の一般会計の決算につきましては、歳入の決算額は百兆五千三百四十五億円余、歳出の決算額は九十五兆三千百二十三億円余であり、差し引き五兆二千二百二十二億円余の剰余が生じました。
 この剰余金は、財政法第四十一条の規定により、既に平成二十三年度の一般会計の歳入に繰り入れております。
 なお、平成二十二年度における財政法第六条の純剰余金は一兆四千六百五十一億円余となります。
 一方、歳出につきましては、予算額九十六兆七千二百八十三億円余に、平成二十一年度からの繰越額三兆九千四百三億円余を加えました歳出予算現額百兆六千六百八十七億円余に対し、支出済み歳出額は九十五兆三千百二十三億円余であり、その差額五兆三千五百六十四億円余となっております。このうち平成二十三年度への繰越額は三兆二千百十五億円余であり、不用額は二兆一千四百四十八億円余となっております。
 次に、平成二十二年度の特別会計の決算でありますが、同年度における特別会計の数は十八であり、これらの決算の内容につきましては、特別会計歳入歳出決算のとおりであります。
 次に、平成二十二年度における国税収納金整理資金の受け入れ及び支払いにつきまして、同資金への収納済み額は五十一兆三千八百五十九億円余であり、一般会計の歳入への組み入れ額等は五十兆七千二百二十二億円余であります。
 次に、平成二十二年度の政府関係機関の決算でありますが、その内容につきましては、それぞれの決算書のとおりであります。
 次に、国の債権の現在額、物品の増減及び現在額でありますが、その内容につきましては、それぞれ、平成二十二年度の国の債権の現在額総報告、平成二十二年度の物品増減及び現在額総報告のとおりであります。
 以上が、平成二十二年度の一般会計歳入歳出決算等の概要であります。
 何とぞ御審議のほどをよろしくお願い申し上げます。
 次に、平成二十二年度の国有財産増減及び現在額総計算書並びに平成二十二年度の国有財産無償貸付状況総計算書を国会に報告をいたしておりますので、その概要を御説明させていただきます。
 まず、平成二十二年度の国有財産増減及び現在額総計算書の概要について御説明をさせていただきます。
 平成二十二年度中におきまして、国有財産の総額は、差し引き六兆一千八百八億円余の純減少となっております。これは平成二十一年度末現在額より差し引きいたしますと百一兆一千九百三十九億円余となり、これが国有財産法に基づく平成二十二年度末現在額であります。
 次に、平成二十二年度の国有財産無償貸付状況総計算書の概要について御説明をいたします。
 平成二十二年度中におきまして、無償貸付財産の総額は、差し引き二百三十六億円余の純減少となっております。これを平成二十一年度末現在額より差し引きいたしますと一兆五百九十八億円余となり、これが平成二十二年度末現在において国有財産法に基づき無償貸し付けをいたしております国有財産の総額であります。
 何とぞ御審議のほどをよろしくお願いを申し上げます。
 以上です。
#4
○谷畑委員長 次に、会計検査院当局から各件の検査報告に関する概要の説明を求めます。山浦会計検査院長。
#5
○山浦会計検査院長 平成二十一年度決算検査報告につきまして、その概要を御説明いたします。
 会計検査院は、平成二十二年九月七日、内閣から平成二十一年度歳入歳出決算の送付を受け、その検査を行って、平成二十一年度決算検査報告とともに、平成二十二年十一月五日、内閣に回付いたしました。
 平成二十一年度の一般会計決算額は、歳入百七兆一千百四十二億余円、歳出百兆九千七百三十四億余円でありまして、会計検査院はこれらの決算額を確認いたしました。
 平成二十一年度の特別会計につきまして、会計検査院は二十一特別会計それぞれの歳入、歳出の決算額を確認いたしました。
 また、国税収納金整理資金は、収納済み額五十兆四千八百四十五億余円、歳入組み入れ額三十八兆八千二百二十七億余円でありまして、会計検査院はこれらの受け払い額を検査完了いたしました。
 平成二十一年度の政府関係機関につきまして、会計検査院は三政府関係機関それぞれの収入、支出の決算額を検査完了いたしました。
 平成二十一年度の歳入歳出等に関し、会計検査院は、国、政府関係機関、国の出資団体等の検査対象機関について、書面検査及び実地検査を実施いたしました。そして、検査の進行に伴い、関係者に対して千五百余事項の質問を発しております。
 検査の結果、検査報告に掲記した不当事項等について、その概要を御説明いたします。
 まず、法律、政令もしくは予算に違反しまたは不当と認めた事項は、合計八百七十四件、二百二億二千八百五十九万余円であります。
 このうち、収入に関するものは、二十五件、二十四億九千四百十万余円、支出に関するものは、八百四十七件、百七十六億八千三百二十九万余円、また、収入、支出以外に関するものが、二件、五千百十九万余円であります。
 次に、平成二十一年十一月から二十二年十月までの間におきまして、会計検査院法第三十四条または第三十六条の規定により意見を表示しまたは処置を要求いたしましたものは六十六件であります。
 次に、本院の指摘に基づき当局において改善の処置を講じた事項は三十九件であります。
 次に、不当事項に係る是正措置等の検査の結果につきましては、昭和二十一年度から平成二十年度までの決算検査報告に掲記した不当事項のうち、是正措置が未済となっているものが五百件、また、平成二十年度決算検査報告において改善の処置の履行状況を継続して検査していくこととした本院の指摘に基づき当局において改善の処置を講じた事項のうちに、改善の処置が一部履行されていなかったものが五件であります。
 次に、平成二十一年十一月から二十二年十月までの間におきまして、会計検査院法第三十条の二の規定により国会及び内閣に対して報告いたしましたものは六件、国会からの検査要請事項に関し、会計検査院法第三十条の三の規定により検査の結果を報告いたしたものは三件であります。
 次に、本院の検査業務のうち特にその検査の状況を報告する必要があると認め、検査報告に掲記いたしたものは四件であります。
 以上のほか、国民の関心の高い事項等に関する検査の状況、特別会計に関する法律の規定に基づき、平成二十一年十一月に内閣から送付を受けた平成二十年度特別会計財務書類について検査した旨を、検査報告に掲記いたしました。
 以上をもって平成二十一年度決算検査報告の説明を終わります。
 平成二十一年度国有財産検査報告につきまして、その概要を御説明いたします。
 会計検査院は、平成二十二年九月七日、内閣から平成二十一年度国有財産増減及び現在額総計算書及び平成二十一年度国有財産無償貸付状況総計算書の送付を受け、その検査を行って、平成二十一年度国有財産検査報告とともに、平成二十二年十一月五日、内閣に回付いたしました。
 平成二十一年度末の国有財産現在額は百七兆三千七百四十八億余円、無償貸付財産の総額は一兆八百三十四億余円になっております。
 検査の結果、国有財産の管理及び処分に関しまして、平成二十一年度決算検査報告に掲記いたしましたものは、不当事項が五件、意見を表示しまたは処置を要求した事項が八件となっております。
 以上をもって平成二十一年度国有財産検査報告の説明を終わります。
 次に、平成二十二年度決算検査報告につきまして、その概要を御説明いたします。
 会計検査院は、平成二十三年九月六日、内閣から平成二十二年度歳入歳出決算の送付を受け、その検査を行って、平成二十二年度決算検査報告とともに、平成二十三年十一月七日、内閣に回付いたしました。
 平成二十二年度の一般会計決算額は、歳入百兆五千三百四十五億余円、歳出九十五兆三千百二十三億余円でありまして、会計検査院はこれらの決算額を確認いたしました。
 平成二十二年度の特別会計につきまして、会計検査院は十八特別会計それぞれの歳入、歳出の決算額を確認いたしました。
 また、国税収納金整理資金は、収納済み額五十一兆三千八百五十九億余円、歳入組み入れ額四十一兆五千六百六十三億余円でありまして、会計検査院はこれらの受け払い額を検査完了いたしました。
 平成二十二年度の政府関係機関につきまして、会計検査院は三政府関係機関それぞれの収入、支出の決算額を検査完了いたしました。
 平成二十二年度の歳入歳出等に関し、会計検査院は、国、政府関係機関、国の出資団体等の検査対象機関について、書面検査及び実地検査を実施いたしました。そして、検査の進行に伴い、関係者に対して九百余事項の質問を発しております。
 検査の結果、検査報告に掲記した不当事項等について、その概要を御説明いたします。
 まず、法律、政令もしくは予算に違反しまたは不当と認めた事項は、合計四百二十五件、百四十一億四千百二十二万余円であります。
 このうち、収入に関するものは、二十二件、二十五億九千六万余円、支出に関するものは、四百二件、百十五億一千百十六万余円、また、収入、支出以外に関するものが、一件、四千万円であります。
 次に、平成二十二年十一月から二十三年十月までの間におきまして、会計検査院法第三十四条または第三十六条の規定により意見を表示しまたは処置を要求いたしましたものは七十六件であります。
 次に、本院の指摘に基づき当局において改善の処置を講じた事項は五十四件であります。
 次に、不当事項に係る是正措置等の検査の結果につきましては、昭和二十一年度から平成二十一年度までの決算検査報告に掲記した不当事項のうち、是正措置が未済となっているものが五百七件、また、平成二十一年度決算検査報告において改善の処置の履行状況を継続して検査していくこととした本院の指摘に基づき当局において改善の処置を講じた事項のうち、改善の処置が一部履行されていなかったものが五件であります。
 次に、平成二十二年十一月から二十三年十月までの間におきまして、会計検査院法第三十条の二の規定により国会及び内閣に対して報告いたしましたものは十件、国会からの検査要請事項に関し、会計検査院法第三十条の三の規定により検査の結果を報告いたしましたものは一件であります。
 また、国会から検査の要請を受けた事項に関連する検査の状況を検査報告に掲記いたしましたものは一件であります。
 次に、本院の検査業務のうち特にその検査の状況を報告する必要があると認め、検査報告に掲記いたしましたものは六件であります。
 以上のほか、国民の関心の高い事項等に関する検査の状況、特別会計に関する法律の規定に基づき、平成二十二年十一月に内閣から送付を受けた平成二十一年度特別会計財務書類について検査した旨を、検査報告に掲記いたしました。
 以上をもって平成二十二年度決算検査報告の説明を終わります。
 平成二十二年度国有財産検査報告につきまして、その概要を御説明いたします。
 会計検査院は、平成二十三年九月六日、内閣から平成二十二年度国有財産増減及び現在額総計算書及び平成二十二年度国有財産無償貸付状況総計算書の送付を受け、その検査を行って、平成二十二年度国有財産検査報告とともに、平成二十三年十一月七日、内閣に回付いたしました。
 平成二十二年度末の国有財産現在額は百一兆千九百三十九億余円、無償貸付財産の総額は一兆五百九十八億余円になっております。
 検査の結果、国有財産の管理及び処分に関しまして、平成二十二年度決算検査報告に掲記いたしましたものは、不当事項が四件、意見を表示しまたは処置を要求した事項が十七件、本院の指摘に基づき当局において改善の処置を講じた事項が五件となっております。
 以上をもって平成二十二年度国有財産検査報告の説明を終わります。
 会計検査院といたしましては、機会あるごとに関係各省庁などに対して適正な会計処理の執行について努力を求めてまいりましたが、なお平成二十一年度及び二十二年度決算検査報告において申し述べましたような事例がありますので、関係各省庁などにおいてもさらに特段の努力を払うよう望んでいる次第であります。
#6
○谷畑委員長 これにて平成二十一年度決算外二件、平成二十二年度決算外二件の各件についての概要の説明は終わりました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後一時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト