くにさくロゴ
1951/08/17 第11回国会 参議院 参議院会議録情報 第011回国会 図書館運営委員会 第1号
姉妹サイト
 
1951/08/17 第11回国会 参議院

参議院会議録情報 第011回国会 図書館運営委員会 第1号

#1
第011回国会 図書館運営委員会 第1号
昭和二十六年八月十七日(金曜日)
   午後二時二十六分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   委員長     徳川 宗敬君
   理事      平沼彌太郎君
   理事      羽仁 五郎君
           岡田 信次君
           徳川 頼貞君
           金子 洋文君
           相馬 助治君
           原  虎一君
           西田 天香君
           有馬 英二君
  委員長の補欠
八月十六日徳川宗敬君委員長辞任につ
き、その補欠として西田天香君を議長
において委員長に指名した。
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○継続審査要求に関する件
○派遣議員の報告
  ―――――――――――――
#2
○委員長(西田天香君) これより委員会を開きます。
 ちよつと御挨拶申上げますが、徳川先生の急の御出発でございまして、そのあとを緑風会から私がお預りしなければならないことになりまして、誠に勝手がわかりませんけれども、どうぞ何分御指導願いたいと思います。
#3
○徳川宗敬君 委員長のお許しを得まして、一言御挨拶申上げたいと存じます。
 私只今まで図書館運営委員長を勤めておりましたが、今回一身上の都合によりまして御辞退申上げることになりました。永々委員各位並びに図書館関係の皆様にお世話になりましたことをこの際厚く御礼を申上げます。私はこの参議院始まつて以来、図書館関係の委員にさして頂いておりました。その間何らお役に立ちませんでしたが、今回委員長をやめましても、この図書館のことにつきましては誠に微力でありますけれども、でき得る限りの努力を払いまして、少しでもお役に立てばというふうに考えておる次第でございます。
 甚だ簡単でございますが、この際やめましたにつきまして御礼を申上げ、ここに御挨拶を申上げる次第であります。
#4
○委員長(西田天香君) つきましては、本日は例によりまして閉会中継続審査の件につきまして御決議を願いたいと思います。本委員会の性質上、閉会中でも国会図書館運営に関しまして不時の出来事が起るかもわかりません。従つて審査をいたすことのできるようにしておく必要があると思いますので、一応案件は国会図書館運営に関する件として、閉会中継続審査を議長まで申出たいと思いますが、如何でございますか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(西田天香君) では御異議ないものと認めます。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(西田天香君) 次に先般四国地方視察を行いました派遣議員の報告を議題としたいと思います。徳川前委員長に御報告を願います。
#7
○徳川宗敬君 先般五月二十八日の委員会で決定いたしました四国地方の図書館事情の視察を行いました御報告を申上げたいと存じます。
 参加者は岡田委員と私の、委員は二人でありまして、図書館側から一名、それから参議院事務局から二名随行されまして、そうして四国の愛媛県、香川県、高知県、徳島県、この順序で四国四県を視察して廻つたのであります。実はここに報告書ができておりますが、これを全部申上げますと時間がかかりますので、その結論だけをかいつまんで申上げまして、他の部分は文書によつて御覧を願いたいと存じます。
 さようなわけで視察の結論だけを総括的に申上げますと、議会図書室においては、地方自治法によつてその設立が規定されたものでありますが、その当初におきましては……、議会、これは県議会、議会図書室としての性格把握の不足という点から、その分野において又その機能において公共図書館と重複するという非難もあつたのでありますけれども、昨年十一月国会図書館の後援によつて全国都道府県議長会の、主催によつて行われました、地方議会図書室職員研修会の後に、漸く正しい軌道に乗つたという感じが深くされたのであります。今回の視察におきましては、県議会図書室と公共図書館との摩擦はすでに見受けられなかつたのであります。むしろ両者の積極的協力の方向に向いつあるように感じられた次第であります。殊に高知市におきましては、市議会図書室と市民図書館との両者において、潭然一体になりまして、実に理想的な運営の有様を見ることができましたのは、極めて感銘するものがあつたと存じます。議会図書室は総体的にまだまだ弱体でありまして、ひとしく国会図書館の積極的な援助を期待しておりますし、特に香川県においては、諸法律の地方末端における反応を県議会図書室において調査し、国会図書館がこれを收集して、国会議員に対して法律改廃の資料を提供するため、国会図書館と地方議会図書室との組織化を提唱されましたことは、誠に建設的な意見として傾聽に値いしたように思われたのであります。この点国会図書館側といたしましても、十分考究されんことをこの際希望している次第であります。
 又地方自治法によつて規定されておる中央官庁資料の地方議会図書室宛送付の件も、従来は空文でありましたが、本年四月から国会図書館の斡旋によつて行政、司法各部門の支部図書館の協力を得て、暫定的に二十部ずつ送付が実現したことは、地方議会では非常に感謝されておつたのであります。四国地方におきましては、この配付を受けておるのは愛媛県と徳島県の県議会図書室でありますが、未配付の香川及び高知の両県からも強くその配付の要求がありましたので、この点各支部図書館の一層の協力を得て、全面配付を実現したいということをここにお願いしておく次第であります。
 それから又議会図書室の收集資料の分類整理につきましては、現在日本十進分類法を使用しておりますが、收集資料の専門化に従つて必要部門の更に詳細な分類が行われねばならないのでありまして、この点国会図書館において議会図書室としての分類法の研究その他を中心として、議会図書室の充実強化のため、毎年定期的に地方議会図書室職員研修会を企画して欲しいとの共通的な希望の申出があつたこともここに附加えて申上げておきたいと存じます。この点につきましても国会図書館側の考慮をお願いする次第であります。
 なおこれと同時に次に申上げたいと思いますことは、公共図書館においても極めて多くの問題を聞きましたが、共通した問題の第一は、図書館法第五条(司書及び司書補の資格)、第六条(司書及び司書補の講習)の件でありまして、これは著しく地方の図書館事情と遊離するものとして、異口同音にその改正を要望しておつたのであります。問題の第二は、各図書館は閲覧利用者の激増のためひとしく庁舎の狭隘を告げ、図書館法の施行によつて図書館の活動分野は従前とは比較にならんほど拡大されておりまして、従つて各図書館とも増改築が焦眉の急となつているにもかかわらず、地方経済事情の逼迫からして、その計画の多くは起債にのみ依存しておる現状でありまして、而も起債は一定の枠が存在するため、許可困難の状態にあります。この点国会の積極的な考慮によつて打開の途を開いて欲しいということを申しておられたのであります。
 その他国会図書館発行の印刷カードの県立図書館に対する無料配付、或いは現在価格の値下げなどの希望もありましたことをここに申上げておきたいと存じます。今回視察いたしました各図書館は経済的条件の不利にもめげず、いずれも非常に活溌なる活動を行いつあるのを見まして、その努力に深く敬意を払つて参つたのであります。
 以上総括的に結論のみを申上げましたが、各県における県立図書館は、今申しましたように非常な経費の不足にもかかわらず、人々の努力によつて想像以上にいい成績を挙げておつたのでありまして、非常に喜びに堪えなかつた次第であります。どうぞ只今申上げましたことを議員の各位は十分御理解下さいまして、将来各県の議会図書室等の発展が速かに行われまするならば、この図書館の全体の発展のために仕合と存じまして、以上の御報告を申上げた次第でございます。
#8
○委員長(西田天香君) この機会に前委員長の徳川さんにお礼を申しますのでございますが、伺いますと創立以来ずつとこちらに御苦労になつたそうであります。このたび御大役でおいでになりまして、私は一向役に立ちませんけれども、できるだけのことをさせて頂きたいと思います。どうぞ一路御安泰においで下さいまして、無事にお帰りになりますようお祈り申上げます。では本日はこれで散会いたします。
   午後二時四十一分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     西田 天香君
   理事
           羽仁 五郎君
   委員      岡田 信次君
           金子 洋文君
           相馬 助治君
           原  虎一君
           徳川 宗敬君
           有馬 英二君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト