くにさくロゴ
2013/03/15 第183回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第183回国会 安全保障委員会 第1号
姉妹サイト
 
2013/03/15 第183回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第183回国会 安全保障委員会 第1号

#1
第183回国会 安全保障委員会 第1号
本国会召集日(平成二十五年一月二十八日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 武田 良太君
   理事 今津  寛君 理事 岩屋  毅君
   理事 武藤 容治君 理事 遠山 清彦君
      大塚  拓君    大野敬太郎君
      勝沼 栄明君    門山 宏哲君
      岸  信夫君    左藤  章君
      笹川 博義君    薗浦健太郎君
      東郷 哲也君    中谷 真一君
      中山 泰秀君    野中  厚君
      浜田 靖一君    武藤 貴也君
      大串 博志君    篠原  孝君
      長島 昭久君    笠  浩史君
      今村 洋史君    阪口 直人君
      中丸  啓君    伊佐 進一君
      畠中 光成君    赤嶺 政賢君
      玉城デニー君
平成二十五年三月十五日(金曜日)
    午後零時十五分開議
 出席委員
   委員長 武田 良太君
   理事 今津  寛君 理事 岩屋  毅君
   理事 大塚  拓君 理事 薗浦健太郎君
   理事 中山 泰秀君 理事 武藤 容治君
   理事 長島 昭久君 理事 阪口 直人君
   理事 遠山 清彦君
      大野敬太郎君    勝沼 栄明君
      門山 宏哲君    岸  信夫君
      左藤  章君    笹川 博義君
      東郷 哲也君    中谷 真一君
      野中  厚君    浜田 靖一君
      武藤 貴也君    大串 博志君
      篠原  孝君    今村 洋史君
      中丸  啓君    伊佐 進一君
      畠中 光成君    赤嶺 政賢君
      村上 史好君    照屋 寛徳君
    …………………………………
   外務大臣         岸田 文雄君
   防衛大臣         小野寺五典君
   外務副大臣        鈴木 俊一君
   外務副大臣        松山 政司君
   防衛副大臣        江渡 聡徳君
   外務大臣政務官      あべ 俊子君
   外務大臣政務官      城内  実君
   外務大臣政務官      若林 健太君
   防衛大臣政務官      左藤  章君
   防衛大臣政務官      佐藤 正久君
   安全保障委員会専門員   湯澤  勉君
    ―――――――――――――
委員の異動
二月四日
 辞任         補欠選任
  赤嶺 政賢君     志位 和夫君
三月十五日
 辞任         補欠選任
  志位 和夫君     赤嶺 政賢君
  玉城デニー君     村上 史好君
同日
 辞任         補欠選任
  赤嶺 政賢君     志位 和夫君
  村上 史好君     玉城デニー君
同日
 辞任
  笠  浩史君
同日
            補欠選任
             照屋 寛徳君
同日
 理事三日月大造君一月十七日委員辞任につき、その補欠として長島昭久君が理事に当選した。
同日
 理事丸山穂高君一月十八日委員辞任につき、その補欠として阪口直人君が理事に当選した。
同日
 理事葉梨康弘君及び山本ともひろ君一月二十五日委員辞任につき、その補欠として大塚拓君及び中山泰秀君が理事に当選した。
同日
 理事岩屋毅君同日理事辞任につき、その補欠として薗浦健太郎君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
 国の安全保障に関する件
     ――――◇―――――
#2
○武田委員長 これより会議を開きます。
 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事岩屋毅君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○武田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任並びに委員の異動に伴いまして、現在理事が五名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○武田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      大塚  拓君    薗浦健太郎君
      中山 泰秀君    長島 昭久君
   及び 阪口 直人君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○武田委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 国の安全保障に関する事項について、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○武田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○武田委員長 国の安全保障に関する件について調査を進めます。
 防衛大臣から防衛政策に関して説明を求めます。小野寺防衛大臣。
#8
○小野寺国務大臣 防衛大臣の小野寺五典です。
 我が国の防衛という国家存立の基本にかかわる崇高な任務を担うことになり、光栄に感じるとともに、その使命と責任の重さを痛感しております。
 本日は、武田委員長を初め理事及び委員の皆様に、防衛大臣としての所信を申し上げます。
 まず、アルジェリアのテロ事件でお亡くなりになられた方々に対し、改めて哀悼の意を表します。防衛省・自衛隊としては、この事件に際し、外務大臣からの依頼を受け政府専用機を派遣し、対応に当たりました。在外邦人の保護は政府一丸となって取り組むべき重要な責務であり、先般、政府において取りまとめられた検証報告書を踏まえ、防衛省・自衛隊としても必要な対策を講じてまいりたいと考えております。
 我が国周辺の安全保障環境について申し上げます。
 近年、周辺諸国が軍事力を近代化し、軍事的活動等を活発化させております。特に、先月、北朝鮮が核実験を強行したことは、昨年十二月の人工衛星と称するミサイルの発射により明らかになった弾道ミサイル能力の増強とあわせ考えれば、我が国の安全に対する重大な脅威です。また、中国は、最近の領海侵入、領空侵犯、先般の中国艦艇による火器管制レーダーの照射を含め、我が国周辺海空域において活動を急速に活発化させており、我が国周辺の安全保障環境は一層厳しさを増しております。
 防衛省・自衛隊としては、引き続き、我が国周辺において、適切に情報収集、警戒監視等を実施いたします。中国に対しては、不測の事態の防止、回避のための海上連絡メカニズムの早期運用開始に向け、引き続き働きかけをしてまいります。
 このような現下の厳しい安全保障環境の変化に対応し、国民の生命財産と我が国の領土、領海、領空を断固として守り抜くため、自衛隊の体制強化に取り組みます。
 喫緊の課題に対応するため、まずは平成二十五年度予算案において防衛関係費を十一年ぶりに増額させ、南西地域を初めとする我が国周辺における情報収集、警戒監視能力、島嶼防衛のための輸送力、機動力、防空能力、サイバー攻撃や弾道ミサイル攻撃への対処能力の向上等に取り組むこととしております。
 防空能力の向上に必要なF35につきましては、平成二十五年度から国内企業に製造参画させるため、今月一日、内閣官房長官談話を発出したところです。また、情報機能や指揮通信能力を強化するとともに、自衛官の実員増や装備品の可動率の向上等の即応性強化のための施策を推進することとしております。さらに、東日本大震災の教訓を踏まえた災害対応能力の強化のための施策も引き続き実施してまいります。
 同時に、厳しい財政事情や装備品の調達単価の上昇等の中でも防衛力整備を効果的に進めることができるよう、調達効率化に取り組んでまいります。
 また、昨今の安全保障環境の変化を踏まえ、日米同盟をさらに強化するとともに、現下の状況に即応して我が国の防衛体制を強化していく観点から、防衛計画の大綱を見直すとともに、中期防衛力整備計画を廃止し、自衛隊が求められる役割に十分対応できる実効的な防衛力の整備に向けて取り組むこと等を本年一月に閣議決定いたしました。大綱の見直し等については、本年中に結論を得ることとされているところであり、防衛省としても精力的に検討を重ね、自衛隊の体制強化に取り組みたいと考えております。
 加えて、防衛省改革については、これまでの成果を踏まえ、検討を加速してまいります。検討に当たっては、この検討の出発点である不祥事の再発防止の観点はもとより、人材を有効に活用して、自衛隊をより積極的、効率的に機能させることができるようにするとの観点から、必要な検討を精力的に実施してまいります。
 日米同盟は、我が国の安全のみならず、アジア太平洋地域の平和と安定の確保のため、引き続き重要な柱です。この日米同盟を強化するため、日米防衛協力のための指針の見直しの検討を行う等、日米の防衛協力の実効性をさらに強化してまいります。
 同時に、米軍の抑止力を維持しつつ、沖縄を初めとする地元の負担軽減を図るため、普天間飛行場の移設問題を含む在日米軍再編計画についても着実に進めてまいります。
 アジア太平洋地域の平和と安定のためには、日米両国間のみならず、地域の国々との協力関係を深めていくことも不可欠です。このため、我が国と基本的な価値及び安全保障上の利益を共有する関係諸国との防衛協力・交流を促進するとともに、隣国との信頼醸成にも努めてまいります。
 特に、本年は、日・ASEAN友好協力四十周年に当たることからも、この地域における各国の人道支援、災害救援等の能力構築支援等に取り組んでまいります。
 海外における自衛隊の活動のうち、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動については、海洋立国たる我が国の繁栄に不可欠な海洋の安全確保のための重要な取り組みであり、着実に実施してまいります。また、南スーダンにおける国際平和協力活動についても、国際社会から高い評価を受けており、防衛省・自衛隊としても、これまでの活動で得られた経験を生かしつつ、今後とも積極的に国際社会の平和と安定のための取り組みを行ってまいります。
 以上、防衛大臣としての所信を申し上げました。防衛省・自衛隊に対する国民の期待と信頼に応えられるよう、全身全霊をもって任務に邁進する所存でございます。
 武田委員長を初め理事及び委員の皆様の一層の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#9
○武田委員長 次に、外務大臣から我が国の安全保障政策について説明を求めます。岸田外務大臣。
#10
○岸田国務大臣 今般、外務大臣を拝命いたしました岸田文雄でございます。
 安全保障委員会の開催に当たり、委員各位に謹んで御挨拶を申し上げ、安全保障政策について、所信を申し述べたいと存じます。
 平和を守り、国の主権、そして領土、領海、領空を断固として守ることは国家としての当然の責務であり、この責務を国際法にのっとって果たしていきます。また、北方領土、竹島といった領土問題、北朝鮮による拉致問題についても、その解決に向けて粘り強く取り組んでいく決意です。
 我が国を取り巻く安全保障環境は、かつてなく厳しさを増しています。北朝鮮は、国際社会の声を無視し、核、弾道ミサイル開発を継続しています。中国による透明性を欠いた軍事力の強化や海洋活動の活発化は、地域の懸念事項となっています。さらに、極東におけるロシア軍の活動等も注視していく必要があります。
 このような安全保障環境に対応するため、我が国は、防衛費の増加、防衛大綱の見直し等、我が国自身の防衛力の強化に努め、日米安全保障体制を堅持するとともに、国際環境の安定に向けた外交努力等を推進していく考えです。
 また、新たな安全保障環境において、我が国の平和と安全を維持するため、我が国が何をなすべきかについて、先般、安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会を改めて立ち上げ、検討を始めたところです。外交、安全保障政策の司令塔たる国家安全保障会議の創設に向けた検討も行われています。
 我が国外交の基軸である日米同盟については、幅広い分野において日米安全保障・防衛協力を進め、抑止力を一層向上させていきます。また、日米防衛協力のための指針の見直しについての検討を進めていきます。
 在日米軍再編については、現行の日米合意に従って進めながら、沖縄の負担軽減を実現いたします。特に、普天間飛行場の移設及び嘉手納以南の土地の返還計画を早期に進めていく考えです。
 韓国、豪州、インドやASEAN諸国とも協力を強化していきます。
 中国との関係は、我が国にとり最も重要な二国間関係の一つであり、大局的な観点から戦略的互恵関係を推進していきます。同時に、尖閣諸島をめぐる情勢については、我が国の領土、領海、領空は断固として守り抜くとの決意で、冷静かつ毅然として対応していく考えです。
 ロシアについては、重要な隣国であり、アジア太平洋地域のパートナーとしてふさわしい関係の構築に努めていく考えです。
 北朝鮮が核実験を強行したことは、断じて容認できず、厳重に抗議し、非難します。関係国との連携を強めるとともに、拉致、核、ミサイルの諸懸案の包括的な解決に向けて具体的な行動をとるよう、北朝鮮に強く求めます。
 グローバルな安全保障課題に関しても積極的に取り組んでまいります。
 アルジェリアにおけるテロ事件を受け、国際テロ対策の強化、サヘル、北アフリカ、中東地域の安定化支援、イスラム諸国、アラブ諸国との対話、交流の促進という三本柱の政策を進めていきます。アフガニスタンの復興支援、イランの核問題やシリアの人道危機について、各国と協力しながら取り組みます。また、サイバーや宇宙分野でも積極的に貢献します。
 海上航行の安全確保や国連平和維持活動への協力も進めてまいります。
 核軍縮・不拡散については、私は、核の惨禍を経験した広島の出身として、軍縮・不拡散イニシアチブの枠組みを通じ、核兵器不拡散条約を基礎とした、国際的な核軍縮や不拡散体制の維持強化に全力で取り組んでまいります。
 以上のような諸課題の対処に当たり、私は、外務大臣として全力を尽くす決意です。
 武田委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#11
○武田委員長 外務大臣は御退席いただいて結構でございます。
 次に、平成二十五年度防衛省関係予算の概要について説明を求めます。江渡防衛副大臣。
#12
○江渡副大臣 防衛副大臣を拝命いたしました江渡聡徳でございます。
 我が国の防衛という崇高かつ国家存立の基本を担う防衛省・自衛隊の副大臣に就任し、大変光栄に感じるとともに、改めてその職責の重大さを痛感しております。
 過去二度にわたる防衛副大臣としての経験も生かしながら、両政務官とともに、小野寺大臣を補佐し、全力で職務に邁進する所存であります。
 武田委員長を初め理事、委員各位におかれましては、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 平成二十五年度の防衛省関係予算について、その概要を御説明申し上げます。
 平成二十五年度予算においては、周辺国による軍事力の近代化及び軍事的活動の活発化や、東日本大震災という未曽有の大災害の経験を踏まえ、国民の生命財産と領土、領海、領空を断固として守り抜くため、平成二十五年度の防衛力整備等について(平成二十五年一月二十五日安全保障会議決定・閣議決定)に基づき、防衛力整備を着実に実施することとしております。
 具体的には、各種事態への実効的な対応及び即応性の向上、日米同盟の強化、国際的な安全保障環境の一層の安定化への取り組み、効果的、効率的な防衛力整備を重視しつつ、防衛省・自衛隊が国民から期待される役割を果たす上で必要な事業と、このための所要額を計上することができたと認識しております。
 平成二十五年度の防衛省所管の一般会計歳出予算額は四兆七千五百三十一億九千七百万円であり、これに財務省所管予算五億八千百万円を加えた防衛関係費の一般会計歳出予算額は四兆七千五百三十七億七千八百万円となり、前年度の当初予算額に比べ、三百九十九億九千六百万円の増となっております。
 新たな継続費の総額は、平成二十五年度護衛艦建造費で七百五十八億九千九百万円、平成二十五年度潜水艦建造費で五百三十一億三千六百万円となっております。また、国庫債務負担行為の限度額は、武器購入、航空機購入、弾薬購入、武器車両等整備、提供施設整備等で一兆六千五百三十四億三千四百万円となっております。
 また、東日本大震災からの復旧復興に係る経費を、復興庁一括計上分として、平成二十五年度一般会計とは別途、東日本大震災復興特別会計に計上しております。東日本大震災により被災した自衛隊施設や装備品等の復旧については、歳出予算額五百六十二億九百万円、国庫債務負担行為の限度額六百五十一億三千七百万円を計上しております。
 次に、平成二十五年度の防衛省関係予算において、特に重点を置いた施策について御説明申し上げます。
 第一に、各種事態に対応する即応性の向上です。任務等の遂行に不可欠な情報機能や指揮通信能力を強化するとともに、装備品の可動率の向上等の即応性強化のための施策を推進します。
 第二に、領土、領海、領空の防衛です。南西地域を初めとする我が国周辺における情報収集、警戒監視及び安全確保に関する能力、島嶼防衛のための輸送力、機動力、防空能力、サイバー攻撃や弾道ミサイル攻撃への対応能力の向上に重点的に取り組みます。
 第三に、大規模・特殊災害等への対応能力の向上です。大規模自然災害や特殊な災害に際して、国民の生命財産を守るため、東日本大震災の教訓を踏まえた自衛隊の災害対処能力を強化します。
 第四に、日米同盟の強化です。米軍の抑止力を維持しつつ、沖縄県を初めとする地元の負担軽減を図るため、在日米軍の兵力態勢の見直し等についての具体的措置を着実に実施します。
 第五に、国際的な安全保障環境の一層の安定化への取り組みです。アジア太平洋地域を初めとする国際的な安全保障環境の一層の安定化を図るため、人道支援、災害救援その他の分野における能力構築支援などの各種協力、二国間及び多国間の対話等をさらに推進します。また、大量破壊兵器や弾道ミサイルの拡散防止、テロ、海賊への対処、国連平和維持活動等の活動に主体的かつ積極的に対応するため、自衛隊による国際活動基盤の強化等に取り組みます。
 第六に、効果的な防衛力の効率的な整備です。我が国における財政事情がますます厳しさを増す中、優先度と効率性を踏まえた防衛力整備を実施するために、装備品等の効率的な取得のための取り組みを推進します。
 以上に加え、基地対策等の推進、教育研究体制の強化などの諸施策も実施してまいります。
 これをもちまして、平成二十五年度の防衛省関係予算の概要の説明を終わります。
 ありがとうございました。(拍手)
#13
○武田委員長 以上で説明は終わりました。
 この際、外務副大臣、防衛大臣政務官及び外務大臣政務官より、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。鈴木外務副大臣。
#14
○鈴木副大臣 外務副大臣を拝命いたしました鈴木俊一でございます。
 国際社会において外交、安全保障上の諸課題が山積する中、我が国の安全と繁栄を確保し、国民の生命と財産を守ることは、政府が取り組むべき最優先課題であります。
 私は、岸田外務大臣を補佐し、我が国が直面する外交、安全保障上の諸課題に全力で取り組む考えです。
 武田委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#15
○武田委員長 次に、松山外務副大臣。
#16
○松山副大臣 外務副大臣を拝命いたしました松山政司でございます。
 我が国が平和のうちに繁栄するためには、日々積極的な外交努力を重ねていくことが一層重要となっています。
 我が国の安全と繁栄を確保するため、外交、安全保障上の諸課題に取り組むに当たり、岸田外務大臣の補佐をし、外務副大臣としての職務を全うするため、全身全霊を注ぐ所存でございます。
 武田委員長を初め委員各位の御支援、御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#17
○武田委員長 次に、左藤章防衛大臣政務官。
#18
○左藤大臣政務官 防衛大臣政務官を拝命いたしました左藤章でございます。
 我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、国家国民の安全を守るという、まさに国家存立の基本を担う防衛省・自衛隊の政務官となり、その職務の重大さを痛感しております。
 江渡副大臣、佐藤正久政務官とともに、小野寺大臣を補佐し、全力で職務に邁進する所存でございます。
 武田委員長を初め委員の皆様におかれましても、御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げたいと思います。(拍手)
#19
○武田委員長 次に、佐藤正久防衛大臣政務官。
#20
○佐藤(正)大臣政務官 防衛大臣政務官を拝命いたしました佐藤正久でございます。
 我が国の独立と平和、国民の安全を守るとともに、国際社会の平和と安定に貢献している防衛省・自衛隊の政務官となり、その責任の重さを痛感しております。
 元自衛官としての経験を生かしながら、江渡副大臣、左藤章政務官とともに、小野寺大臣を補佐し、国防の任に邁進してまいる所存であります。
 武田委員長を初め理事、委員の皆様におかれましては、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#21
○武田委員長 次に、あべ外務大臣政務官。
#22
○あべ大臣政務官 外務大臣政務官を拝命いたしましたあべ俊子でございます。
 外務大臣政務官としての職務を全うするため、岸田外務大臣の指導のもと、我が国の外交、安全保障上の諸課題に全力を尽くして取り組む決意でございます。
 武田委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#23
○武田委員長 次に、城内外務大臣政務官。
#24
○城内大臣政務官 外務大臣政務官を拝命いたしました城内実でございます。
 国際情勢が依然として不透明な中、我が国の安全と繁栄を確保するため、一層の努力が必要であります。
 私は、外務大臣政務官としての責任を果たすべく、岸田外務大臣の御指導のもと、外交政策の推進に全力で努力してまいります。
 なお、三人の外務大臣政務官の中では、私が特に本委員会を担当することとなっております。
 武田良太委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#25
○武田委員長 次に、若林外務大臣政務官。
#26
○若林大臣政務官 外務大臣政務官を拝命いたしました若林健太でございます。
 外務大臣政務官として、国民の皆さんの期待に応える外交を推進するため、岸田外務大臣を補佐し、全力を尽くして取り組む決意です。
 武田委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#27
○武田委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト