くにさくロゴ
1951/08/16 第11回国会 参議院 参議院会議録情報 第011回国会 本会議 第1号
姉妹サイト
 
1951/08/16 第11回国会 参議院

参議院会議録情報 第011回国会 本会議 第1号

#1
第011回国会 本会議 第1号
昭和二十六年八月十六日(木曜日)
   午前十時十七分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
 議事日程 第一号
  昭和二十六年八月十六日
   午前十時開議
 第一 議席の指定
 第二 会期の件
 第三 国務大臣の演説に関する件
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議長(佐藤尚武君) 第十回国会閉会後の諸般の報告は朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
#3
○議長(佐藤尚武君) これより本日の会議を開きます。
 日程第一、議席の指定。
 議長は、本院規則第十四條により、諸君の議席を只今御着席の仮議席の通り指定いたします。
#4
○議長(佐藤尚武君) 日程第二、会期の件。
 本院規則第二十二條により、議長は衆議院議長と協議の結果、会期を三日間と協定いたしました。議長が協定いたしました通り会期を三日間とすることに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔起立者多数〕
#5
○議長(佐藤尚武君) 過半数と認めます。よつて会期は三日間と決定いたしました。
     ―――――・―――――
#6
○小笠原二三男君 私はこの際、電力問題に関する調査のため三十名から成る特別委員会を、在外同胞引揚問題に関する調査のため二十名から成る特別委員会を、公職選挙法改正に関する調査のため二十五名から成る特別委員会を、それぞれ設置せられんことの動議を提出いたします。
#7
○高橋道男君 只今の小笠原君の動議に賛成いたします。
#8
○議長(佐藤尚武君) 小笠原君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○議長(佐藤尚武君) 御異議ないと認めます。よつて電力問題に関する調査のため三十名から成る特別委員会を、在外同胞引揚問題に関する調査のため二十名から成る特別委員会を、公職選挙法改正に関する調査のため二十五名から成る特別委員会を、それぞれ設置することに決定いたしました。
 本院規則第三十條により議長が指名いたしました特別委員の氏名を参事に朗読いたさせます。
   〔宮坂参事朗読〕
 電力問題に関する特別委員
   秋山俊一郎君  石坂 豊一君
   石原幹市郎君  岡田 信次君
   小野 義夫君  尾山 三郎君
   古池 信三君  重宗 雄三君
   高橋進太郎君  栗山 良夫君
   清澤 俊英君  島   清君
   椿  繁夫君  三輪 貞治君
   山田 節男君  吉田 法晴君
   奥 むめお君  加賀  操君
   野田 俊作君  溝口 三郎君
   山川 良一君  結城 安次君
   岩木 哲夫君  小川 久義君
   境野 清雄君  西田 隆男君
   東   隆君  佐々木良作君
   水橋 藤作君  須藤 五郎君
 在外同胞引揚問題に関する特別委員
   石川 榮一君  大谷 瑩潤君
   木村 守江君  草葉 隆圓君
   長島 銀藏君  安井  謙君
   内村 清次君  小酒井義男君
   曾祢  益君  成瀬 幡治君
   森崎  隆君  飯島連次郎君
   高良 とみ君  杉山 昌作君
   鈴木 直人君  木内キヤウ君
   紅露 みつ君  千田  正君
   堀  眞琴君  細川 嘉六君
 公職選挙法改正に関する特別委員
  池田宇右衞門君  石村 幸作君
   上原 正吉君  川村 松助君
   北村 一男君  楠瀬 常猪君
   堀  末治君  安井  謙君
   大野 幸一君 小笠原二三男君
   金子 洋文君  相馬 助治君
   中田 吉雄君  吉川末次郎君
   岡本 愛祐君  柏木 庫治君
   小林 政夫君  西郷吉之助君
   鈴木 直人君  有馬 英二君
   林屋亀次郎君 前之園喜一郎君
   松原 一彦君  千葉  信君
   兼岩 傳一君
#10
○議長(佐藤尚武君) 議事の都合により、これより午後五時まで休憩いたします。
   午前十時二十二分休憩
     ―――――・―――――
   午後五時三十七分開議
#11
○議長(佐藤尚武君) 休憩前に引続き、これより会議を開きます。
 この際お諮りいたします。本日、図書館運営委員長徳川宗敬君から委員長を辞任いたしたい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(佐藤尚武君) 御異議ないと認めます。よつて許可することに決しました。
     ―――――・―――――
#13
○議長(佐藤尚武君) つきましては、この際、日程に追加して、常任委員長の補欠選挙を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○議長(佐藤尚武君) 御異議ないと認めます。
#15
○大野幸一君 只今の常任委員長の補欠選挙は、成規の手続を省略いたしまして、議長において指名せられんことの動議を提出いたします。
#16
○木村守江君 私は只今の大野君の動議に賛成いたします。
#17
○議長(佐藤尚武君) 大野幸一君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○議長(佐藤尚武君) 御異議ないと認めます。よつて議長は図書館運営委員長に西田天香君を指名いたします。(拍手)
     ―――――・―――――
#19
○議長(佐藤尚武君) 日程第三、国務大臣の演説に関する件。
 吉田内閣総理大臣から発言を求められております。これより発言を許します。吉田内閣総理大臣。
   〔国務大臣吉田茂君登壇、拍手〕
#20
○国務大臣(吉田茂君) 本日ここに講和問題につき報告することを欣快といたします。
 昨秋九月十四日、米国政府が対日講和推進を公式に声明して以来約一年、米国政府の好意とダレス特使の努力の結果、遂に九月四日サンフランシスコで対日平和会議の平和條約の署名調印式がとり行われることになつたのであります。
 対日講和につき終始指導的な地位に立つた米国政府は、昨秋の声明後、対日平和の基礎原則を関係諸政府に通達して、意見を求めました。それは、十一月下旬に公表されて、いわゆる「対日平和七原則」として世に知られているものであります。これは、懲罰的な、監視的なものや、将来に対する制限などを含まざる、敗者に対する平和條約の観念に基かざるもので、戰争の善後処理に必要な最小限度の規定にとどめると共に、全体として平等友好の協力関係を確立する性格の平和條約を作ろうとする思想を以て一貫しておるものであります。
 米国政府は、「七原則」に対する関係諸政府の意見を斟酌して、これを條約案の形に作り上げるよう外交交渉を続けて参つたのであります。その間、ダレス特使は二回日本に来訪し、日本政府及び朝野各界代表に対し意見を開陳する機会を與えられたのであります。正確に申せば、平和問題について日本は交渉の相手ではないのであります。交渉は連合国の間にのみ行わるべきものであります。日本は、この交渉の主人役とも申すべき米国政府の好意によつて、意見を開陳する機会を與えられたのであります。而うして、この立場の許す限り、自由に我々に意見ないし要請を開陳するの機会を與え、又、虚心坦懐にこれを聽取して、努めて我が希望を取り入れんとする態度を示されたのであります。その結果、来国政府と日本政府の間に平和條約の構想及び平和條約成立後における日本の安全保障の構想について、相互の理解と意見の一致が広範囲に亘つてできた次第は、当時、特使及び政府の声明又は私の国会報告において明らかにした通りであります。
 ダレス使節団の帰米後においても、米国政府の條約案作成が進行するにつれ発生する諸問題について、随時彼我の間に意見の交換が行われ、かようにして作成された條約案は、三月下旬に関係諸政府に通達され、二十七日、日本政府も交付を受けたのであります。ここに至つて初めて対日講和問題が平和條約草案の形をなすに至つたのであります。この條約案は、ダレス特使より直接聽取した構想に近いものでありまして、政府は直ちに草案の研究に着手し、我が所見を遅滞なく開陳するの自由を與えられたのであります。
 四月、連合国最高司令官の更迭に関連して、同月十六日、ダレス特使は更に日本を訪問せられ、米国政府の対日講和促進の根本方針に司令官の更迭後何ら変化なきことを明らかにするとともに、平和條約に関し日本政府として回答すべき諸問題の研究を促されたのであります。当時、ダレス特使は、先に英国政府からも條約案が提示せられたという事実、場合によつては自分が渡英して協議する意のあることも漏らされたのであります。
 米英会談は六月四日ないし十四日ロンドンにおいて行われました。会談に参加したアリソン公使は、パキスタン、インド、フイリピンを経由して、六月二十四日東京に来着せられたのであります。同公使は、ロンドンにおいてでき上りたる米英合同案の大綱を説明し、合同案は、米国案に英国案を加味したものである、少し長くなつたが、技術的には正確になつたということを告げられたのであります。又、英国政府が全体として経済問題に深い関心を持つておる趣きを告げ、又、中国代表問題に関し米英両国案を調整するため多大の苦心が拂われたことも言われたのであります。よつて以て対日條約案成立に至るまで米英両国政府の首脳者の拂われた努力と苦心をよく了解することが出来たのであります。
 なお、英国政府が漁業問題について深い関心を有することが明らかになりましたため、本年二月のダレス特使への書簡と同様の声明を日本政府より改めて出すことにして、平和條約には特別の制限を設けないことに話合いがまとまり、日本政府は、七月十三日の閣議に諮つた上、政府声明を出すに至つた次第であります。
 七月十三日、米英合同案が公表されました。その前に、政府は條約案を受領し、これに対する政府の見解を先方に通じて置きました。
 サンフランシスコ会議の正式招請状は、七月二十日接到いたしました。招請状には條約草案が添付されておりました。同案は、七月十三日発表の草案に十八カ所ばかり形式的な修正を加えられたものであります。招請状によると、この條約案に対する各国政府の意見を斟酌して、八月十三日頃最終案を送付するとのことでありました。併し関係諸国から提出された意見の調整に時日を要したために、二日遅れて昨夕政府は最終案を受領いたしたのであります。同案は今朝七時公表されたのであります。
 この最終案は、七月二十日の草案に対し約八十カ所に及ぶ修正又は追加を加えられております。併しこれらの修正又に追加の大部分は形式的なもので、條約の本質に触れるものではないのであります。
 主なるものをここに指摘いたしますと、
 第一條に、連合国は日本の完全な主権を認める旨の一項が挿入されました。元来これは米国案にあつた條項で、当然のことでありますが、疑問の余地なからしむるために挿入されたものと思われます。第六條に、日本の軍隊の帰還に関するポツダム宣言の第九項の規定は、未だ完全に実行されていない場合には、これを実行しなければならないとの趣旨の一項が挿入されました。即ち未帰還者に対する日本国民の熱誠なる希望と政府の要請に応えて、この修正が行われたものと思うのであります。(拍子)誠に欣快とするところであります。賠償等に関する第十四條に若干の修正が行われました。これは実質的な変更を意味するものではないのであります。次に第十五條の修正であります。七月二十日の條約草案第十五條では、日本が制定した法律を引用することになつております。元来補償法案は、條約の附属書として規定する建前でありましたが、中途から條約案をでき得る限り簡潔にするために、條約から外し、日本で法律を定める便法をとることになつたのであります。併し、條約案が確定しない、従つて第十五條も確定しない前に、日本が法律を制定してしまりというわけにも行かないので、法案の内容を協議し、七月十三日、閣議にてこれを決定いたしました。本件は連合国人の財産に関する事項で、関係連合国の意向を斟酌する必要があるのであります。かような次第で、條約最終案には七月十三日の閣議決定を引用することになつたのであります。
 最後に、戰死者の墳墓に関する宣言に、我が方の要請に応えて、連合国側も日本人の墳墓を尊重する建前で日本と協議して行くことを信ずるとの趣旨の一項が加わりました。この修正は問題の人道的な性質に鑑みて誠に当を得たものと思います。
 この條約草案は、和解の精神を基調とし、非常に簡單でありまするが、ダレス特使の言う通り、将来の日本を他の独立国と違つた地位に置いたり、日本の主権を拘束したりする永続的制限を加えていない本当の意味の和解の條約であります。(「本当にそうかな」と呼ぶ者あり、拍手)戦争の勝者がかかる原則を適用したごときことは、史上にないところであります。日本の戰争責任や無條件降伏の事実に触れることもなく、監視的な規定も設けない。日本の批准は條約の効力発生の條件とされる。又、日本は平等の地位において取扱われる。日本の将来の行動を束縛しない。日本に「信頼」を置いてのことであります。勿論、和解と信頼が條約全般の根柢をなす精神であるとはいえ、平和條約は、日本が敗戦国である事実を解消する訳には行かないのであります。領土條項や経済條項など、或る場合に重荷であり苦痛であると感ずるものがあるのを免れないのでありますが、草案に盛られた内容は、一般的に過去の平和條約に比べて比類なく、公正で、且つ寛大であると断言して憚らないものであります。(拍手、「ノーノー」と呼ぶ者あり)
 條約文は極めて簡潔であります。関係諸国との交渉の結果が盛り込まれたので、最初の米国案に比べると多少長くなつておりますが、前文と僅かに二十七條の本文からなり、外に議定書が一つ、宣言が二つあります。條約は、日本と戰争関係にある連合国がすべて署名する建前をとり、署名しない連合国があれば、これとは将来同様の内容の二カ国間平和條約を結ぶという考え方であります。議定書は戰争の或る種の私法関係に及ぼす影響を調整する基準を定めたもので、これを希望する連合国と日本国との間で署名することになつております。宣言の一つは、戦前日本が参加していた諸般の国際倹約の効力を承認し、平和條約の実施後、日本が或る種の国際條約に加入し又は国際機関に加盟する意思を明らかにするものであります。他の一つは、日本にある連合国戰死者の墳墓に関するものであります。二つとも日本政府の自発的宣言であります。條約の規定として解決することを避け、日本政府の自発的措置という方式で解決しようとするものであります。
 この際、従来国民的な関心の的ともいうべき南方諸島の帰属の問題について一言いたします。條約草案の第二章は領土の処分に関する規定であります。ここに先ず我々は、日本の主権が四つの主要な島及び連合国が決定する諸小島に限定されると規定した降伏條件を我が国が無條件に受諾したことを銘記しなければなりません。従つて、我が国にとつて、これらの條件の変更を求むる余地はないのであります。併しながら日本は、第二條に掲げられた樺太、千島、台湾等の領域に対しては、すべての権利、権限及び請求権を放棄するということになつているのに反し、南西諸島その他の南方諸島の処理に関する第三條は特にこのように規定してありませんのであります。この第三條は信託統治制度の下に置くための国際連合に対する米国の如何なる提案にも同意する云々とあるだけであります。この融通性のある第三條の規定は、国際の平和と安全上の利益のために米国が行う戦略的管理を條件として、本土との交通、住民の国籍上の地位その他の事項について、これら諸島の住民の希望に副うために実際的な措置が案出されることを希望する余地を残すものであります。(拍手)
 平和條約調印直後、日米間に締結せられる安全保障條約については、本年二月のダレス特使との会談で、双方の間にその構想に関して意思の合致ができた次第は、しばしば説明した通りであります。繰返して申しますが、「日本は、軍備がないから、自衛権はあつても自衛権を行使する有効な手段がない。世界には、今日なお無責任な軍国主義が跡を絶たない。こういう情勢の下で平和條約が成立して、占領軍が撤退した後、日本に真空状態ができると危険である。かかる危險に備えるため、日本は外部からの攻撃に対する防衛手段として日本に米国軍隊の駐屯することを希望する。この日本の希望に応じてアメリカは(「誰が希望した」と呼ぶ者あり)平和と安全のために日本と日本の近辺に軍隊を置こう。」こういう構想であります。(拍手)この構想は最近ようやく條約案としてまとまりつつあるのでありますが、まだ完成に至つておりません。安全保障條約の実施については、いろいろ技術的細目について了解を遂げる必要があるが、この春一応の意見交換をして以来、平和條約草案作成のほうが繁忙を極めたため、このほうはそのままで、未だまとまつておらない現状であります。
 終戦後六カ年の歳月は短かくはありませんが、世界大戦の記憶、戰争による憎悪、仇讐、不信等の国際間の悪感情は容易に滅却するものではありません。この悪感情は現に深刻複雑なる国際関係となつて世界平和の確立を妨げておるのであります。米国政府及び国民の対日好感情は別とし、多くの諸国、分けて戦時我より侵撃或いは脅威を受けた諸国の対日感情の今なお釈然たらざるものあるま当然であります。かかる国際情勢の下に対日講和を進むることの容易ならざることは明らかであります。これは独墺その他東欧の講和條約がしばしば成らんとして未だなお成らざることを見ても明らかであります。旧敵国たる日本に苛酷なる講和條件を押付けんとするものであれば格別、公正にして寛大、和解と信頼とを基礎とする現平和條約案のごときに対して、関係国の間の議をまとめんとすることの如何に困難であつたかは、想像するにかたくないのであります。(拍手)この困難をあえて進んで引受け、現條約案にまでまとめ上げ、且つ日本側の意向、希望等を寛容に取入れられたダレス特使の苦心、米国政府の好意は、我が国民の永く記憶すべきところであります。(拍手)又、米国政府に同調せる英仏その他連合諸国に対しても、多年の国交友情の致すところとして、我が国民の永く記憶にとどむべきものであると存ずるのであります。
 飜つて、米国政府のかくまでの好意及び連合国の同調を得るに至れる理由は、畢竟するに我が国民が既往六カ年、耐乏、刻苦、敗戰日本再建の国民的誠意と営々努力の事績が米国初め諸外国の認むるところとなり、その結果講和條約というところに至つたことと私は信ずるのであります。曾つて我が国を敗亡に導いた軍国主義、超国家主義を拂拭して、自由民主主義の確立に邁進し、更に財政経済の自立調整に努め来たつた国民的努力が、事実に着々と現われ来れる成果の認められた結果であるのであります。而して事ここに至れる国民の誠意努力の容易ならざりしは言うまでもないことでありますが、我が国民を失望の間より蘇生せしめ、前途に希望を抱かしめつつ、国家再建に営々努力せしむるの勇気を鼓舞指導せられたのはマツカーサー元帥であります。(拍手)又、我が国再建復興の事実を以て国際団体復帰を促し、講和会議の結実促進に切実に努力せられたのは、マツカ一サー元帥及びリツヂウエイ大将、前後両総司令官であります。私は国民諸君を代表して、ここに両総司令官に対し深厚の謝意を表したいと存ずる次第であります。(拍手)
 私は平和條約によつて国際団体復帰の日の近きを喜ぶに当つて、更に覚悟を新たにして、平和民主日本の再建と共に、世界の平和繁栄に一段と貢献するの国民の決意を益々固むべきときであると存ずるのであります。
 我が国の政治的独立は一応達成せられようとしているのでありますが、今後の経済的独立については、なお一層の考慮と努力が必要であります。私は先ず日米経済協力を更に具体的に推進すると共に、世界各国と能う限り友好的関係を樹立し、有無相通ずるの方法により、我が国の経済を維持し、併せて世界の繁栄に寄與したいと考えるのであります。政府はこれらの問題につき今後随時具体的方針を明らかにする所存であります。
 併し国際間には今なお我に対して既往の事績を辿つて平和に対する我が日本の再脅威を云々し、又は我が将来の経済競争の懸念の去らざるものあるを認めざるを得ないのであります。併しながら、すでに我が国は海外領土及びその資源を失い、明治維新以来の蓄積せる国の富を戰争により蕩盡せる状況にあり、近時の軍備情勢に照らしても世界平和の再脅威たる條件を全く喪失しておる現在に留意し、又、国民が深く自由、平和、繁栄を冀求する現状を諸外国が理解すれば、政治的にも、軍事的にも、はた又経済的にも、我に対し疑惧の念を抱くのは全く無用であるということは明確なることと私は信ずるのであります。(「そう言えた義理か」と呼ぶ者あり、拍手)
 サンフランシスコ会議において調印せられる條約は、今後批准につき国会の承認を求むることとなるは御承知の通りでありますが、その際、私は国会の圧倒的支持あることを期待して疑わないのであります。(拍手)公平且つ寛大なる平和條約を以て我が日本を国際団体に復帰せしめんとする諸連合国の好意に応ずるために、又この平和條約が日本国民の最大多数によりて受諾せられ遵奉せらるることを内外に宣明するために、強力なる全権団を国会より派遣せられたいと私は考えるのであります。幸いに議員諸君の御同意を希望してやみません。(拍手)
#21
○議長(佐藤尚武君) 只今の国務大臣の演説に対し、質疑の通告がございますが、この質疑は明日に譲り、本日はこれにて延会いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○議長(佐藤尚武君) 御異議ないと認めます。次会は明日午前十時より開会いたします。議事日程は決定次第公報を以て御通知いたします。
 本日はこれを以て散会いたします。
   午後六時五分散会
     ―――――・―――――
○本日の会議に付した事件
 一、日程第一 議席の指定
 一、日程第二 会期の件
 一、電力問題に関する特別委員会、在外同胞引揚問題に関する特別委員会、公職選挙法改正に関する特別委員会設置の件
 一、常任委員長辞任の件
 一、常任委員長の補欠選挙
 一、日程第三 国務大臣の演説に関する件
     ―――――・―――――
昭和二十六年八月十六日(木曜日)
   〇開 会 式
 午後二時五十七分 参議院議長、衆議院、参議院の副議長及び議員、内閣総理大臣その他の国務大臣、最高裁判所長官代理及び会計検査院長は式場に入り、所定の位置に着いた。
 午後二時五十九分 天皇陛下は衆議院議長の前行で式場に出御、王座に着かせられた。
   〔議員敬礼〕
 午後三時零分 衆議院議長林護治君は式場の中央に進み、次の式辞を述べた。
   式 辞
  本日、天皇陛下の御臨席を仰ぎ、第十一回国会の開会式を挙げるにあたり、衆議院および参議院を代表して式辞を申し上げます。
  終戦以来、われわれは国家主権の回復をめざして、ひたすら経済の自立と、民生の安定に努めてきましたが、いよいよ九月四日を期して、米国サンフランシスコにおいて、待望の講和会議が開催される運びとなり、去る七月二十日わが政府に対し、この会議に代表を派遣するよう、招請状が参りましたことは、日本民族独立のためまことに慶賀に堪えないところであります。
  われわれは、講和会議にそなえて、諸般の準備をすすめ、もつてすみやかに講和にのむ態勢をととのえる必要を痛感するものであります。
  わたくしどもは、この際、六カ年の長きにわたつて、よく艱苦欠之に耐え、旺盛な精神力をもつて一意祖国の再建に邁進し、講和への機運をひらいた国民諸君の努力に対し満腔の敬意を表すると共に、連合国の援助と好意に対し、更めて感謝の意を表明するものであります。
  ここに国会は、日本国憲法の精神を体し、最善をつくしてその使命を遂行し、もつて国民の委託に応えようとするものであります。
 次いで侍従長は勅語書を天皇陛下に奉り、天皇陛下は次の勅語を賜わつた。
   勅 語
  本日、第十一回国会の開会式に臨み、全国民を代表する諸君とともに親しく一堂に会することは、わたくしの深く喜びとするところであります。
  戰争終結以来、満六年を迎えた今日、関係諸国の配意によつて、ようやく講和の機が熟し、近く講和会議が開かれる運びとなつたことは諸君とともに喜びに堪えません。
  この間、わが国民が、永遠の平和を念願する日本国憲法のもとに、連合国の終始かわらない好意と援助とを受けて、窮乏に堪え、困苦をしのび、祖国復興の大業に従つてきたことを多とするものであります。
  世界の情勢は、なお変転を続けており、わが国が文化的、民主的国家の一員として、世界の信頼をえて行くためには、いつそうの努力を必要とすると思います。このときに当り、国会が、国権の最高機関としての使命を遺憾なく果し、また全国民が憲法の諸原則をよく守り、互に協力して、各自の最善を盡すことを切に望みます。
   〔諸員敬礼〕
 衆議院議長は御前に参進して、勅語書を拝受した。
 天皇陛下は参議院議長の前行で入御。
 次いで諸員は式場を出た。
   午後三時六分式終る。
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト