くにさくロゴ
1951/08/16 第11回国会 参議院 参議院会議録情報 第011回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1951/08/16 第11回国会 参議院

参議院会議録情報 第011回国会 内閣委員会 第1号

#1
第011回国会 内閣委員会 第1号
昭和二十六年八月十六日(木曜日)
   午後一時四十六分開会
  ―――――――――――――
 委員氏名
   委員長     河井 彌八君
   理事      楠瀬 常猪君
   理事      溝淵 春次君
           尾山 三郎君
           郡  祐一君
           松平 勇雄君
           横尾  龍君
           上條 愛一君
           加藤シヅエ君
           山花 秀雄君
           楠見 義男君
           竹下 豐次君
           栗栖 赳夫君
           駒井 藤平君
           大山 郁夫君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○委員の辞任及び補欠選任の件
○審査報告書に関する件
○行政機構の整備に関する調査の件
 (調査報告書に関する件)
○継続審査要求の件
○継続調査要求の件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(河井彌八君) それではこれから内閣委員会を開会いたします。
 議題に入ります前に御報告申上げます。それは委員の異動であります。七月十八日に岡田宗司君が委員を辞任せられまして、加藤シヅエ君が補欠選任せられました。又七月二十五日に東隆君が辞任せられまして、大山郁夫君が補欠選任せられました。なお理事の欠員がありますが、今日は都合によりまして補欠選挙をいたしません。次回に讓ることにいたします。
  ―――――――――――――
#3
○委員長(河井彌八君) これから本日の議題に移ります。水産省設置法案、水産省設置法の施行に伴う関係法令の整理に関する法律案、それともう一つ行政機構の整備に関する調査、この三件でありますが、これはいずれもこの前の国会におきまして、この調査をば継続審査事件及び継続調査事件として取扱うことになつておりましたが、具体的に結果を得ることができなかつたのであります。そうして今期の臨時国会に入つたのであります。そこで委員会が閉会中に、その審査又は調査を終了できなかつた事件につきましては次の会期の初めにそのできなかつた旨の報告書を議長に提出することになつておるのであります。つきましてはこの二つの法律案及び調査事件に対する未了の報告を議長に提出しなければならんと考えるのであります。そこでここに案文を作つてありますから、これを一つ朗読いたします。
   審査報告書
 水産省設置法案(継続審査事件)
 水産省設置法の施行に伴う関係法令の整理に関する法律案(継続審査事件)
  右の件に関しまだ審査を終えないが、ここに多数意見者の署名を付し、その経過の概要を報告する。
  昭和二十六年八月十六日
     内閣委員長 河井 彌八
 参議院議長 佐藤尚武殿
   経過概要
 表記の件に関しては本委員会において北海道及び九州方面における水産関係施設等の実情を調査して、その審査の参考に資したいと考え、北海道方面の実地調査はこれを行なつたが、客観情勢の推移に伴い、九州方面への実地調査は未だ行われておらず、従つて第十回国会の閉会中においては本件についてその取扱方法を検討するため委員会を六月二十五日に開いたのみで、第十一回国会を迎えるに至つた。
  併し、本委員会においては全般的な行政機構の改革問題の一環として今後なお研究を続けて行きたいと考えるので、一応ここに未了の旨の報告を提出する。それからもう一つ、調査報告書どいたしまして、
   調査報告書
  行政機構の整備に関する調査(継続調査事件)
 右の件に関しまだ調査を終えないが、ここに多数意見者の署名を附し、その経過並びに結果を報告する。
  昭和二十六年八月十六日
     内閣委員長 河井 彌八それで経過報告として、
   経過概要
 表記の件に関しては、本委員会において、その重要性に鑑み、去る七月二十日より同月三十一日の十二日間に亘つて北海道方面の実地調査を行い、なお今後九州方面の実地調査をも行う予定であるが、未だ具体的な結果を報告する段階に至らない。よつて一応ここに未了の旨の報告を提出する。
 只今朗読いたしました審査報告書と調査報告書を議長に提出しようと思うのでありますが、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(河井彌八君) 御異議ないと認めまして、さように決定いたします。ついては多数意見者の御署名を願います。
  多数意見者署名
    松平 勇雄  横尾  龍
    楠瀬 常猪  溝淵 春次
    郡  祐一  楠見 義男
    上條 愛一
  ―――――――――――――
#5
○委員長(河井彌八君) それから次にお諮りを申上げたいのでありますが、それは只今御決定願いました水産省設置法案、水産省設置法の施行に伴う関係法令の整理に関する法律案、これを継続審査いたす必要があると考えるのであります。この要求をば議長宛に出したいと考えます。なお一件行政機構の整備に関する調査、これも只今御決定を願いました通り、それは未了のままになつているのでありまして、これもこの次の国会までの間においてやはり継続調査をいたしたいと考えます。そこでこの二つの件、即ち水産省設置法案ほか一件の継続審査要求書と、それからもう一つは行政機構の整備に関する調査、継続調査要求書を議長に提出いたしたいと思いますが、御異存ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(河井彌八君) 御異存ないと認めます。ではさように決定いたします。
 それでは本日お集まりを願いました議事はこれを以て終了いたしましたから、これで散会をいたします。
   午後一時五十五分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     河井 彌八君
   理事
           楠瀬 常猪君
           溝淵 春次君
   委員
           郡  祐一君
           松平 勇雄君
           横尾  龍君
           上條 愛一君
           楠見 義男君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       藤田 友作君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト