くにさくロゴ
1951/08/17 第11回国会 参議院 参議院会議録情報 第011回国会 決算委員会 第1号
姉妹サイト
 
1951/08/17 第11回国会 参議院

参議院会議録情報 第011回国会 決算委員会 第1号

#1
第011回国会 決算委員会 第1号
昭和二十六年八月十七日(金曜日)
   午後一時三十分開会
 委員氏名
   委員長     岩男 仁藏君
   理事      岩沢 忠恭君
   理事      仁田 竹一君
   理事      長谷山行毅君
   理事      カニエ邦彦君
   理事      棚橋 小虎君
   理事      溝口 三郎君
          池田七郎兵衞君
           大矢半次郎君
           楠瀬 常猪君
           小杉 繁安君
           高橋進太郎君
           西山 龜七君
           廣瀬與兵衞君
           上條 愛一君
           清澤 俊英君
           栗山 良夫君
           小林 亦治君
           田中  一君
           赤澤 與仁君
           加藤 正人君
           小林 政夫君
           高田  寛君
           常岡 一郎君
           山崎  恒君
           鬼丸 義齊君
           一松 定吉君
          前之園喜一郎君
           千田  正君
           森 八三一君
  委員の異動
八月十六日委員清澤俊英君辞任につ
き、その補欠として小林孝平君を議長
において指名した。
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○審査報告書に関する件
○特別会計、政府関係機関及び終戦処
 理費の経理に関する調査の件
 (調査報告書に関する件)
○継続審査要求の件
○調査承認変更要求の件
○継続調査要求の件
○小委員会設置の件
○小委員の選任の件
○議員派遣要求の件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(岩男仁藏君) これより会議を開きます。昨日委員長及び理事の打合会をやりまして、本臨時国会並びに閉会中における委員会の運営についてお打合せしたのでございます。以下それによつて一々御審議を願いたいと思います。先ず開会中の審査事件並びに調査事件の未了報告書を本院規則第五十五条によりまして議長に提出することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。なお両件の未了報告書の内容は委員長に御一任願うことには御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。それでは例によりまして、両件の多数意見者の御署名をお願いいたします。
 多数意見者署名
   森 八三一   仁田 竹一
   岩沢 忠恭君  田中  一
   溝口 三郎   小林 政夫
   カニエ邦彦  池田七郎兵衞
   西山 龜七   長谷山行毅
   棚橋 小虎   加藤 正人
   廣瀬與兵衞   栗山 良夫
  ―――――――――――――
#5
○委員長(岩男仁藏君) 次に審査事件につきまして、引続き閉会中の継続審査の要求をすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。
#7
○委員長(岩男仁藏君) それから調査事件についてでありますが、昨日委員長及び理事打合会において大体決定した通り、内容は従前の内容に国有財産に関する件を追加するということでございますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。それでは調査承認要求書を提出することにいたします。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。なお本調査事件を閉会中も引続き継続調査の要求をすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。只今御決定になりましたそれぞれの要求書の内容は委員長に御一件願うことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。
  ―――――――――――――
#12
○委員長(岩男仁藏君) 次に小委員を前回通り設置守ることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないと認めます。なお小委員の員数、人選はどういたしますか。
#14
○カニエ邦彦君 人数は前回通りの人数とし、人選についても各派とも前回通りでいいのじやないかと思います。なお小委員長並びに理事においても前回通りの諸君にやつて頂く、こういうことでどうかと思うのですが、一応動議として提出いたしますのでお諮りを願いたいと思います。
#15
○長谷山行毅君 ちよつと今の問題に関連してお伺いしたいのですが、前回の小委員の割振りですが、これは自由党四人じやなかつたのでしようか。ちよつとここへ印刷したのを見ると三人になつておるようですが。
#16
○委員長(岩男仁藏君) 速記をとめて下さい。
   〔速記中止〕
#17
○委員長(岩男仁藏君) 速記を始めて下さい。
#18
○小林政夫君 カニエ君の動議に賛成いたします。
#19
○委員長(岩男仁藏君) 先ほどからカニエ君の動議が出ています。それは小委員の数は従前通り十二名、そうして従前の人、それから小委員長及び副小委員長も従前通りという動議が出ておりますが、どうでございましようか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(岩男仁藏君) 御異議ないものと認めます。
  ―――――――――――――
#21
○委員長(岩男仁藏君) 次に委員派遣の件を議題に供します。これは大体こちらの方で委員派遣案というものを作つておりますから一応専門員をして説明させます。
#22
○專門員(波江野繁君) 私からちよつと御説明申上げます。従来大蔵省関係の租税の関係につきましては、新国会になりましてから実地調査いたしております。併し毎年税については批難事項が二十四年度でいいましても百何件、二十三年度も百何件、それ以前にも相当の数があるわけであります。そこでその内容を見ますと、徴收不足のものがこういうのかある、或いは検査した結果間違つておつたので是正さしたものがこういうものがある、そういうような内容があるわけであります。そこで実施につきましてどうしてこういうような税に関する間違いがあるのか、その原因はどういう点であるか、これを防ぐのにはどういう方法が考えられるか、将来どういうことを考えておるのか、こういうようなことを実地で御調査なさることが批難事項の御審査をなさるのにお役に立つのではないだろうか。こういう目的で今度はこの題目を提げまして各国税局に実地に行かれまして御調査なさつたら如何かというのがここで出しました案でございます。
 そこでその内容を申上げますと、先ず第一班としましては東京の国税局、それから関東信越国税局、これは長野県と富山県、松本市と富山市と思いますが、そういうところの税務署でお聞きになる、金沢税務局の中に富山が入りますから富山と金沢の税務署或いは税務局でお調べになる、それでこれは日程といたしまして七日間。それから第二班といたしましては名古屋の国税局と大阪の国税局、これで往復六日間。それから第三班は広島の国税局と四国の高松の国税局、これで日程が七日間。第四班は九州方面でありまして、福岡の税務局と熊本の税務局、これで日程が七日間。こういう日程を組んでみたのであります。なお派遣議員は各班三名ずつということで一応ここへ予定を組んだ次第でございます。
 それからこの出発予定はこれは全然の私の方のただ計画でございますが、十月になると臨時国会があるようにも承わつておりますので、大体九月中にこの四班の御視察を終るという予定で、なお二百十日とかそういうことを考えまして、九月の十日が一班と二班、それから月末の九月の二十四日から出るのが三班、四班こういうのを作つてみたわけであります。なおこのほかに国税局といたしましては札幌と仙台があるわけでございますが、先ずここへありますところで御調査なさると、大体これに関する大体のいろいろの御調査が願えるのじやないか、必ずしも全国へ行く必要はどうかと思いまして、今度はこの二つは除いてございます。大体の計画を御説明申上げる次第でございます。
#23
○森八三一君 決算委員会として付託されておる仕事の任務を達成するために、現地について十分調査をいたしますことの必要なことは異論はありませんが、ただ今御説明になつたような税の関係についての調査ということになりますると、参議院としては、私の承わつておるところでは予算委員会の関係におきましても、予算の関係からこういう問題について調査に御出張になつておる、大蔵委員会でも当然税の関係の立場において国税局、財務局、或いは税務署等についてこの調査を進めておる、決算委員会も角度は違いまするが、同様の内容の調査に出かけて行く。それがいずれも相手方が同じ国税局なり、財務局ということになるので、受ける側から見ますると、同じ参議院から出て来るのに、委員会の種類、立場が違うということで同じ内容のものを調査にやつて来るということになると非常に奇異の感じを持ちやせんか。内部の横の連絡で十分目的を達するように受ける側から見れば感ずることになりはせんか。そこで本院の調査というものに対して多軽視されるようなことになつては遺憾であると思いますが、そういう懸念はないのかどうか。そういう点について若し私の心配いたしまするような問題がないということでありますれば、調査そのものに対することについては私は意見はございませんので結構だと思いますが、ただ受ける側から見れば、同じ内容のものをいろいろな委員会が来て、同じことを聞いて行くということに対する整理をしておいた方がいいのではないかという感じを持ちますが。
#24
○委員長(岩男仁藏君) これは実は昨日委員長理事打合会をやりましていろいろ検討したわけなんですがね。併し委員会がそれぞれの審議をするのには違うのですから、立場々々でやることも必要じやないかということでまあ一応提案したわけであります。ちよつと速記をとめて下さい。
   〔速記中止〕
#25
○委員長(岩男仁藏君) 速記を始めて下さい。
#26
○森八三一君 今御相談になつております議員派遣の問題でありますが、他の委員会との関係もありますので、本委員会としては、税関係についての批難事項を中心といたしまして、更に一般的な徴税の実態等についても調査をするということは当然のことでもございますので、案に出ておりまする調査につきましてはこれを実施するという点につきまして賛成いたします。
#27
○委員長(岩男仁藏君) 今、森さんから賛成の意見があつたのでありますが、御異議はございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#28
○委員長(岩男仁藏君) それでは異議なきものと決定して手続を申請いたします。ちよつと速記をとめて下さい。
   〔速記中止〕
#29
○委員長(岩男仁藏君) 速記を始めて下さい。
 それでは派遣議員の人選は委員長に御一任を願いたいと思いますが御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○委員長(岩男仁藏君) それではそういうふうに決定いたします。何かありますか、ないでしようか。それではこれで散会いたします。
   午後二時十二分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     岩男 仁藏君
   理事
           岩沢 忠恭君
           仁田 竹一君
           長谷山行毅君
           カニエ邦彦君
           棚橋 小虎君
           溝口 三郎君
   委員
          池田七郎兵衞君
           高橋進太郎君
           大矢半次郎君
           西山 龜七君
           廣瀬與兵衞君
           栗山 良夫君
           田中  一君
           加藤 正人君
           小林 政夫君
           高田  寛君
           森 八三一君
          池田七郎兵衞君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       森 荘三郎君
   常任委員会専門
   員       波江野 繁君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト