くにさくロゴ
2012/11/02 第181回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第181回国会 安全保障委員会 第1号
姉妹サイト
 
2012/11/02 第181回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第181回国会 安全保障委員会 第1号

#1
第181回国会 安全保障委員会 第1号
本国会召集日(平成二十四年十月二十九日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 笹木 竜三君
   理事 小原  舞君 理事 神山 洋介君
   理事 楠田 大蔵君 理事 藤田 憲彦君
   理事 今津  寛君 理事 岩屋  毅君
   理事 渡辺 義彦君 理事 東  順治君
      小川 淳也君    斉藤  進君
      下条 みつ君    神風 英男君
      空本 誠喜君    田中美絵子君
      高橋 昭一君    橘  秀徳君
      長島 昭久君    宮島 大典君
      森岡洋一郎君    江渡 聡徳君
      大野 功統君    武田 良太君
      中谷  元君    浜田 靖一君
      福井  照君    赤嶺 政賢君
      照屋 寛徳君    小泉 俊明君
      浅野 貴博君
    ―――――――――――――
十月二十九日
 笹木竜三君委員長辞任につき、その補欠として神風英男君が議院において、委員長に選任された。
平成二十四年十一月二日(金曜日)
    午前九時三十分開議
 出席委員
   委員長 神風 英男君
   理事 小原  舞君 理事 神山 洋介君
   理事 楠田 大蔵君 理事 田中美絵子君
   理事 高橋 昭一君 理事 今津  寛君
   理事 岩屋  毅君 理事 武田 良太君
   理事 渡辺 義彦君 理事 東  順治君
      小川 淳也君    緒方林太郎君
      斉藤  進君    下条 みつ君
      橘  秀徳君    中林美恵子君
      長島 昭久君    宮島 大典君
      森岡洋一郎君    和田 隆志君
      江渡 聡徳君    大野 功統君
      中谷  元君    浜田 靖一君
      福井  照君    赤嶺 政賢君
      石川 知裕君
    …………………………………
   外務大臣         玄葉光一郎君
   防衛大臣         森本  敏君
   外務副大臣        吉良 州司君
   外務副大臣        榛葉賀津也君
   防衛副大臣        長島 昭久君
   外務大臣政務官      風間 直樹君
   外務大臣政務官      浜田 和幸君
   防衛大臣政務官      宮島 大典君
   防衛大臣政務官      大野 元裕君
   安全保障委員会専門員   湯澤  勉君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二十九日
 辞任         補欠選任
  笹木 竜三君     中林美恵子君
十一月二日
 辞任         補欠選任
  空本 誠喜君     和田 隆志君
  藤田 憲彦君     緒方林太郎君
  浅野 貴博君     石川 知裕君
同日
 辞任         補欠選任
  緒方林太郎君     藤田 憲彦君
  和田 隆志君     空本 誠喜君
  石川 知裕君     浅野 貴博君
同日
 理事神山洋介君、藤田憲彦君及び岩屋毅君同日理事辞任につき、その補欠として田中美絵子君、高橋昭一君及び武田良太君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月二十九日
 国際平和協力法案(中谷元君外四名提出、第百七十四回国会衆法第二四号)
 国際緊急援助隊の派遣に関する法律の一部を改正する法律案(中谷元君外四名提出、第百七十四回国会衆法第二五号)
 自衛隊法の一部を改正する法律案(小野寺五典君外七名提出、第百七十四回国会衆法第三一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○神風委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言御挨拶を申し上げます。
 このたび、安全保障委員長を拝命いたしました神風英男でございます。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重要性を痛感している次第であります。
 昨今の近隣諸国における軍事活動の活発化等により、我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しているところであります。また、国際社会全体におきましても、大量破壊兵器の拡散、サイバー攻撃及び頻発する国際テロリズムなど、課題が山積をしております。こうした国際情勢のもと、我が国の平和と安全を確保するため、当委員会に課せられた使命はまことに重大であります。
 委員各位の御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○神風委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事神山洋介君、藤田憲彦君及び岩屋毅君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○神風委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任に伴う補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○神風委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      田中美絵子君    高橋 昭一君
   及び 武田 良太君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○神風委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 国の安全保障に関する事項について、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○神風委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○神風委員長 この際、国務大臣、副大臣及び大臣政務官より、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。森本防衛大臣。
#9
○森本国務大臣 防衛大臣の森本敏でございます。
 本日は、神風委員長を初め委員の皆様に御挨拶を申し上げます。
 まず、我が国周辺の情勢につきましては、近年、周辺国の軍事力の近代化が進み、海洋を中心に軍事活動が活発化しています。
 最近では、北朝鮮が本年四月に人工衛星と称するミサイルの発射を行ったこともあり、核やミサイルの問題はより深刻なものとなっております。また、中国等が我が国の周辺海空域において活動を活発化させております。
 このように、我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しており、これらの動向を引き続き注視するとともに、関係省庁と連携し、我が国周辺の情報収集、警戒監視等に万全を期してまいります。
 防衛力整備につきましては、防衛計画の大綱及び中期防衛力整備計画に基づき、動的防衛力を構築するため、南西地域の防衛態勢の充実、サイバー攻撃への対処能力の向上等の諸課題に積極的に取り組み、我が国の防衛を確固たるものにしてまいります。
 国際社会の平和と安定のための取り組みにつきまして、海賊対処活動や国際平和協力活動等に従事する自衛隊の仕事ぶりは国内外から高い評価を得ており、防衛省・自衛隊といたしましては、引き続きこれらの活動に積極的に取り組んでまいります。
 また、地域の重要なパートナー国との防衛協力、防衛交流を促進するとともに、隣国との信頼醸成にも努めてまいります。
 日米同盟は、我が国の安全と地域の安定の確保のために引き続き重要です。
 本年八月及び九月の日米防衛首脳会談でも、両国の防衛協力や役割分担のあり方について検討していくこと、また、日米防衛協力のための指針について今後必要な研究、議論を行っていくことが重要であることにつき、認識が一致しました。同時に、日米の動的防衛協力の検討を加速させるほか、各種の協力をさらに拡充していくことでも合意しているところであり、今後とも、日米同盟の深化、拡大のため、さまざまな施策に取り組んでまいります。
 また、普天間飛行場の固定化はあってはならないと考えており、米軍による抑止力を維持しつつ、沖縄を初めとする地元の負担軽減のため、米軍再編計画についても着実に進めてまいります。
 在沖縄米海兵隊へのオスプレイの配備につきましては、我が国の安全保障にとって大きな意味がありますが、その運用に際しては、安全性はもとより、地元の皆様の生活への最大限の配慮をすることが大前提です。今後とも、地元の方々の不安を払拭できるよう丁寧に説明していく考えです。
 一方、先般、沖縄で発生した許しがたい事件は決してあってはならない極めて遺憾なものであり、米側も既に夜間外出禁止等の措置を講じています。政府といたしましては、引き続き、この種の事件を根絶すべく、綱紀粛正と再発防止について米側に強く申し入れてまいります。
 国会提出法案につきましては、日豪ACSAの実施に係る措置等について所要の規定を整備するため、自衛隊法等の一部を改正する法律案を今国会に提出する予定としております。委員各位におかれましては、御審議のほどよろしくお願いいたします。
 最後に、神風委員長を初め理事及び委員各位の一層の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。(拍手)
#10
○神風委員長 次に、玄葉外務大臣。
#11
○玄葉国務大臣 おはようございます。外務大臣の玄葉光一郎でございます。
 安全保障委員会の開催に当たりまして、御挨拶を申し上げ、所信を申し述べます。
 平和を守り、国民の安全を保障すること、国の主権、そして領土、領海を守ることは国家として当然の責務であり、我が国もそのような責務を国際法にのっとって果たしていきます。また、北方領土や竹島といった領土問題についても粘り強く取り組んでいく決意です。
 我が国を取り巻く安全保障環境はかつてなく厳しさを増しています。北朝鮮は、核、弾道ミサイル開発を継続しており、ことしの四月には弾道ミサイルの発射を強行しました。また、中国の透明性を欠いた国防力の強化や海洋活動の活発化、極東におけるロシア軍の活動等も注視していく必要があります。
 さらには、我が国の領土や主権をめぐるさまざまな出来事も生じています。
 このような安全保障環境に対応するため、我が国は、適切な防衛力の整備に努め、日米安全保障体制を堅持するとともに、国際環境の安定に向けた外交努力や国際平和協力を推進していく考えです。
 以下、具体的な安全保障政策について述べます。
 まず、基軸となる日米同盟については、我が国はさらなる役割と責任を果たし、弾道ミサイル防衛、宇宙、サイバー、海洋等の幅広い分野で協力を進めます。また、在日米軍再編については、本年四月の2プラス2共同発表を踏まえ、抑止力を維持し、できるだけ早期に沖縄の負担軽減を実現していきます。
 先月、沖縄で発生した悪質で卑劣な事件は極めて許しがたいものであります。また、本日未明、沖縄で米兵による住居侵入が発生しましたけれども、外出禁止措置がとられている中でのことであり、言語道断であります。高いレベルで申し入れます。いずれにしても、単なる言葉ではなくて、実効性を伴った再発防止策がとられる必要がありますので、そのための具体策を申し入れてまいります。
 オスプレイにつきましては、日米間の合意の遵守と安全性等への最大限の配慮を求めていきます。
 加えて、韓国、豪州、インドなどのパートナー国とは、日米韓、日米豪、日米印といった三カ国間での対話を進めていく考えです。
 また、日中関係は我が国にとって最も重要な二国間関係の一つであり、両国は、地域及び世界の平和、安定及び発展に厳粛な責任を負っています。尖閣諸島は、歴史的にも国際法上も我が国固有の領土であることは明らかです。我が国として譲れないものは譲れませんけれども、中国との間では意思疎通を維持強化し、事態をエスカレートさせないよう中国側に自制を求めるとともに、責任ある対応を求めていきます。
 日朝関係については、政府間協議開催に向けて調整しているところでありますが、日朝平壌宣言に基づき、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して国交正常化を図るべく、引き続き努力を行います。
 ロシアについては、重要な隣国であり、アジア太平洋地域のパートナーとしてふさわしい関係の構築に努めていく考えです。
 さらに、地域の平和と安定のためには、東アジア首脳会議、EASやASEAN地域フォーラム、ARF等の地域枠組みにおける連携協力も重要であり、海洋などの分野で具体的な協力を推進していきます。
 グローバルな安全保障課題に関しても、積極的に取り組んでまいります。
 現在、中東・北アフリカ地域は激動の渦の中にあります。特に、シリアにおける暴力と弾圧を強く非難し、国際社会とともに、人道支援、シリア政府への圧力強化などを進めます。イランの核問題については、深刻な懸念を国際社会と共有しており、その解決に向け、引き続き各国と協力しながら取り組みます。
 さらに、国際テロへの対応、宇宙、サイバー空間など、安全保障上重要性を増している課題も存在しており、国際的な規範作成への対応等、各国との協力連携を進めていきます。
 ソマリア沖海賊問題についても、引き続き積極的に取り組んでまいります。
 また、国連平和維持活動、PKOに、より積極的に参加するための環境整備を進めていきます。今後の貢献については、PKOへの参加のあり方全般について政府内で検討してまいります。
 核軍縮・不拡散については、日豪両国が主導してきた軍縮・不拡散イニシアチブ、NPDIを推し進め、核兵器のない世界に向けて国際社会の議論を主導していきます。
 以上のような諸課題の対処に当たり、外務大臣として全力を尽くす決意です。
 神風委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。
 以上です。(拍手)
#12
○神風委員長 次に、長島防衛副大臣。
#13
○長島副大臣 このたび防衛副大臣を拝命いたしました長島昭久と申します。
 我が国の防衛という崇高かつ国家存立の基本を担う防衛省・自衛隊へ二年ぶりに戻ることとなり、大変光栄に存じますとともに、改めてその職責の重大さを痛感しております。
 この上は、防衛政務官及び官邸における外交、安保担当補佐官としての経験を生かしつつ、国民の生命財産を守り、国家の独立と繁栄を保障するべく、両政務官とともに森本防衛大臣を補佐し、国防の任に邁進する所存であります。
 神風委員長を初め委員各位におかれましては、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#14
○神風委員長 次に、吉良外務副大臣。
#15
○吉良副大臣 外務副大臣を拝命いたしました吉良州司でございます。
 国の根幹である外交、安全保障上の諸課題が山積する中、我が国の繁栄そして安全を確保し、そして国民の生命財産を守ることは、政府として最優先で取り組むべき課題でございます。
 私は、玄葉外務大臣を補佐し、我が国が直面する外交、安全保障の課題に全力で取り組んでまいります。
 神風委員長、そして各委員の御支援、御協力をお願い申し上げます。(拍手)
#16
○神風委員長 次に、榛葉外務副大臣。
#17
○榛葉副大臣 外務副大臣を拝命いたしました榛葉賀津也でございます。
 我が国が平和のうちに繁栄するためには、日々積極的な外交努力を重ねていくことが一層重要となっております。我が国の安全と繁栄を確保するため、外交、安全保障上の諸課題に取り組むに当たり、玄葉大臣を補佐し、外務副大臣として職務を全うするため、全身全霊を注ぐ所存でございます。
 神風委員長を初め理事、委員各位の御指導と御鞭撻を賜りますように、心からお願い申し上げます。(拍手)
#18
○神風委員長 次に、宮島防衛大臣政務官。
#19
○宮島大臣政務官 このたび防衛大臣政務官を拝命いたしました宮島大典でございます。
 我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中で、国家の安全保障という国家存立の基本を担う職責を拝命いたしまして、その責任の重さを大変痛感いたしておるところであります。
 今後、長島副大臣、大野政務官とともに森本大臣を補佐し、全力で諸課題に取り組んでまいる所存でございます。
 神風委員長を初め委員の皆様方には、かつて当委員会の理事をいたしておりましたときに大変御指導いただいておりましたけれども、今後とも引き続きの御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)
#20
○神風委員長 次に、大野防衛大臣政務官。
#21
○大野大臣政務官 このたび防衛大臣政務官を拝命いたしました大野元裕でございます。
 我が国の平和と安全、国民の生命と財産を守るとともに、国際社会の平和と安全に貢献している防衛省・自衛隊の政務官となり、その責任の重さを痛感しているところでございます。
 長島副大臣、宮島政務官とともに森本大臣を補佐し、誠心誠意職務に邁進していく所存でございます。
 神風委員長、そして委員の皆様の御指導、御鞭撻を賜りますよう、心よりお願いを申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#22
○神風委員長 次に、風間外務大臣政務官。
#23
○風間大臣政務官 このたび外務大臣政務官を拝命いたしました風間直樹でございます。
 これまでは、きょう御列席の委員の皆様とともに国会の場でさまざまな外交、防衛の議論をさせていただきましたが、政府において、国益維持と達成のために、今後全力で当たる覚悟でございます。
 玄葉大臣の指導のもと、また神風委員長を初め理事、委員の皆様の御協力と御支援のもと、諸課題に当たってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#24
○神風委員長 次に、浜田外務大臣政務官。
#25
○浜田大臣政務官 皆さん、おはようございます。外務大臣政務官の浜田和幸でございます。
 国民の期待に応えるべく、玄葉大臣を引き続き支え、強い日本の外交を推し進めていきたいと思います。
 神風委員長を初め委員会の皆様方の御支援と御協力を心よりお願いいたします。
 ありがとうございます。(拍手)
#26
○神風委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前九時四十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト