くにさくロゴ
2012/03/15 第180回国会 参議院 参議院会議録情報 第180回国会 財政金融委員会 第1号
姉妹サイト
 
2012/03/15 第180回国会 参議院

参議院会議録情報 第180回国会 財政金融委員会 第1号

#1
第180回国会 財政金融委員会 第1号
平成二十四年三月十五日(木曜日)
   正午開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         尾立 源幸君
    理 事         大久保 勉君
    理 事         佐藤ゆかり君
    理 事         塚田 一郎君
    理 事         荒木 清寛君
                一川 保夫君
                大塚 耕平君
                金子 洋一君
                川上 義博君
                川崎  稔君
                櫻井  充君
                広野ただし君
                藤田 幸久君
                水戸 将史君
                愛知 治郎君
                鴻池 祥肇君
                中山 恭子君
                西田 昌司君
                林  芳正君
                藤井 基之君
                古川 俊治君
                若林 健太君
                竹谷とし子君
                中西 健治君
                大門実紀史君
    ─────────────
   委員の異動
 一月二十四日
    辞任         補欠選任
     一川 保夫君     玉置 一弥君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         尾立 源幸君
    理 事
                大久保 勉君
                水戸 将史君
                佐藤ゆかり君
                塚田 一郎君
                荒木 清寛君
    委 員
                大塚 耕平君
                金子 洋一君
                川上 義博君
                川崎  稔君
                櫻井  充君
                玉置 一弥君
                広野ただし君
                藤田 幸久君
                愛知 治郎君
                鴻池 祥肇君
                中山 恭子君
                西田 昌司君
                林  芳正君
                藤井 基之君
                古川 俊治君
                若林 健太君
                竹谷とし子君
                中西 健治君
                大門実紀史君
   国務大臣
       財務大臣     安住  淳君
       国務大臣
       (内閣府特命担
       当大臣(金融)
       )        自見庄三郎君
   副大臣
       内閣府副大臣   中塚 一宏君
       財務副大臣    藤田 幸久君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        大串 博志君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        大嶋 健一君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○財政及び金融等に関する調査
 (財政政策等の基本施策に関する件)
 (金融行政に関する件)
    ─────────────
#2
○委員長(尾立源幸君) ただいまから財政金融委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、田中直紀君が委員を辞任され、その補欠として玉置一弥君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(尾立源幸君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(尾立源幸君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に水戸将史君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(尾立源幸君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、財政及び金融等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(尾立源幸君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#7
○委員長(尾立源幸君) 財政及び金融等に関する調査を議題といたします。
 財政政策等の基本施策について、安住財務大臣から所信を聴取いたします。安住財務大臣。
#8
○国務大臣(安住淳君) 参議院の財政金融委員会に今国会初めて伺わせていただきました。どうぞ、いろいろ御審議を賜りますよう、御指導をよろしくお願い申し上げます。
 それでは、私の方からまず所信を申し述べます。
 今後の財政政策等については、先般の財政演説において所信を申し述べたところでありますが、本委員会において重ねて所信の一端として、財政政策等の基本的な考え方等について申し述べます。
 未曽有の被害をもたらした東日本大震災の発生以降、政府としては、震災からの復旧復興のための補正予算を三次にわたり編成するなど、復旧復興、景気の下振れの回避に全力を挙げて取り組んでまいりました。こうした中、我が国経済は、依然として厳しい状況にあるものの、緩やかに景気が持ち直してきているところです。他方、欧州政府債務危機の動向等による海外経済の減速懸念、為替の動向、原子力発電所事故の影響による電力供給の制約など、様々なリスク要因が存在することも事実です。本年は、様々な苦難を乗り越えながら我が国経済を確かな再生の軌道に乗せていく年としていかなければなりません。
 そのためには、引き続き震災からの復興、福島の再生等の足下の課題に全力で取り組むとともに、少子高齢化、生産年齢人口の減少、経済のグローバル化といった環境変化に対応した経済社会の構造転換を進め、我が国の成長基盤の強化を図っていくことが不可欠です。規制・制度の改革等を通じた新規産業の創出、アジア太平洋地域を始めとする世界経済の成長を取り込むための高いレベルでの戦略的かつ多角的な経済連携、官民一体となったインフラ分野の海外展開といった取組を推進し、金融政策を行う日本銀行と緊密な情報交換、連携を保ちつつ、デフレの脱却と経済の活性化に向けて取り組んでまいります。
 また、欧州の政府債務問題を見ても明らかなように、悪化した財政を放置すれば、安定した経済成長を実現する上で大きなリスクになりかねません。次に述べる社会保障と税の一体改革などを通じ、財政健全化に一刻も早く取り組み、経済の安定的な成長の基盤を築いていく必要があります。
 我が国の社会保障制度は、世界に誇り得る国民の共有財産として、支え合う社会の基盤となっております。将来世代にこれを引き継ぎ、かつ子供からお年寄りまで国民生活の安心を確保する全世代対応型の社会保障制度を築き上げていくためにも、社会保障・税一体改革により必要な負担を分かち合う仕組みをつくっていくことが不可欠です。
 一方、社会保障を支える我が国財政に目を転ずれば、税収が歳出の半分すら賄えず、国及び地方の長期債務残高が平成二十四年度末には対GDP比一九六%に達すると見込まれるなど、主要先進国の中で最悪の水準にあります。欧州の政府債務問題を踏まえれば、財政健全化は、市場や国際社会の信認を維持し我が国の経済や国民生活を守る上で、逃げることのできない課題です。
 政治改革、行政改革等の自らの襟を正す取組にもこれまで以上に踏み込み、国民の御理解を得ながら、消費税収について社会保障財源化し、経済状況を好転させることを条件に、二〇一四年四月に八%、二〇一五年十月に一〇%へと税率を段階的に引き上げるなど、社会保障の安定財源確保と財政健全化の同時達成への第一歩を踏み出していかなければなりません。
 今後、今年度内に消費税法の改正を含む税制抜本改革の関連法案を国会に提出いたします。
 続いて、平成二十四年度予算及び税制改正の大要を御説明申し上げます。
 平成二十四年度予算においては、引き続き東日本大震災からの復興に切れ目なく全力で対応するため、東日本大震災復興特別会計を創設し、必要な予算を計上しております。また、日本再生重点化措置を実施し、我が国経済社会の真の再生のために予算を重点配分しているほか、提言型政策仕分等を予算に適切に反映し、公務部門において徹底して無駄を排除することなどにより、中期財政フレームを遵守しつつ、予算の大胆なめり張り付けを行っております。
 基礎的財政収支対象経費は六十八兆三千八百九十七億円であります。前年度当初予算と比べ二兆四千七百二十八億円の減少となっております。これに国債費二十一兆九千四百四十二億円を合わせた一般会計総額は、前年度当初予算と比べ二兆七百七十七億円減少の九十兆三千三百三十九億円としております。
 一方、歳入については、租税等の収入は四十二兆三千四百六十億円を見込んでおり、前年度当初予算と比べ一兆四千百九十億円の増加となっております。その他収入は三兆七千四百三十九億円を見込んでおり、前年度当初予算と比べ三兆四千四百二十七億円の減少となっております。
 国債費が増加し、税外収入が大幅に減少する中で、歳出歳入両面において最大限の努力を行った結果、新規国債発行額については四十四兆二千四百四十億円となっております。
 震災からの復興については、与野党間の協議も踏まえつつ、復興に係る国の資金の流れの透明化を図るとともに、復興債の償還を適切に管理するため特別会計法の一部を改正し、東日本大震災復興特別会計を創設することとしております。同特別会計においては、歳出について、東日本大震災関係経費三兆二千五百億円、復興債費一千二百五十三億円、復興予備費四千億円を計上し、歳入については、復興特別税五千三百五億円、一般会計からの受入金五千五百七億円、その他収入百十八億円、復興公債金二兆六千八百二十三億円を見込んでおります。
 これらの復興予算が円滑、迅速に執行されることが重要であり、財政当局としても各省庁等の執行状況を注視してまいります。
 平成二十四年度税制改正においては、成長戦略に資する税制措置、税制の公平性確保と課税の適正化、平成二十三年度税制改正の積み残し事項の取扱いなど、特に喫緊の対応を要する税制改正を行うこととしております。
 具体的には、車体課税の見直し、研究開発税制の上乗せ特例の延長、住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置の拡充、延長、給与所得控除の上限の設定など、所要の措置を講ずることとしております。
 今後、御審議をお願いすることを予定している法律案は、平成二十四年度予算に関連するものとして四件、その他として二件であります。
 既に国会に提出された各法律案の概要について御説明いたします。
 第一に、平成二十四年度における公債の発行の特例に関する法律案であります。同法案は、平成二十四年度における国の財政収支の状況に鑑み、公債発行の特例措置を定めるものであります。
 第二に、特別会計に関する法律の一部を改正する法律案であります。東日本大震災からの復興を図ることを目的として実施する事業に関する経理を明確にするため、東日本大震災復興特別会計を設置することとし、その目的、管理及び経理等について定めるものであります。
 第三に、平成二十四年度税制改正における諸措置等を盛り込んだ租税特別措置法等の一部を改正する法律案であります。
 第四に、個別品目の関税率の改正、暫定税率等の適用期限の延長、貿易円滑化のための税関手続の改善、税関における水際取締りの強化等を内容とする関税定率法等の一部を改正する法律案であります。
 第五に、特別会計制度の在り方を抜本的に見直し、特別会計及びその勘定について廃止、統合等の所要の措置を講ずる特別会計に関する法律の一部を改正する法律案であります。
 以上に加え、国税に関し、社会保障・税一体改革に関する所要の改正を行う国税に係る税制抜本改革関連法案の提出を予定しております。
 何とぞ、御審議の上、御賛同いただきますようお願い申し上げます。
 以上、財政政策等に関する私の考えの一端を申し述べました。今後とも、皆様のお力添えを得て、政策運営に最善を尽くしてまいる所存であります。
 尾立委員長を始め委員各位におかれましては、御理解と御協力をお願い申し上げます。
 以上でございます。
#9
○委員長(尾立源幸君) 次に、金融行政について、自見内閣府特命担当大臣から所信を聴取いたします。自見内閣府特命担当大臣。
#10
○国務大臣(自見庄三郎君) 金融担当大臣の自見庄三郎でございます。引き続き、御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願いをいたします。
 本日は、現下の金融行政について一言申し上げます。
 東日本大震災の発生から一年を迎えましたが、本年は、まさに復興元年とも言うべき重要な年であり、官民の総力を結集して、被災地域における本格的な復興を着実に進めていかねばなりません。
 金融庁といたしましても、復興に向けた取組を金融がしっかりと下支えするべく、金融機関等に対して、震災特例を設けた金融機能強化法や個人債務者の私的整理に関するガイドライン等、各種の復興支援策の積極的かつ効果的な活用を促すなど、引き続き、被災地の復興支援に全力で取り組んでまいります。
 次に、我が国金融システムをめぐる状況について申し上げます。
 欧州債務問題や円高等をめぐる懸念は、いまだ払拭されたとは言えない状況にあり、中小企業者や金融機関等を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあります。
 このような状況の下、金融庁といたしましても、金融システムの健全性が確保されるとともに、金融仲介機能が円滑かつ積極的に発揮されるよう、的確に対応してまいります。
 次に、金融の円滑化について申し上げます。
 金融機関には、実体経済を支えるという金融の基本的役割に鑑み、顧客企業等の資金ニーズに的確にこたえるとともに、コンサルティング機能を積極的に発揮し、顧客企業等の経営改善等を最大限支援していくことが求められております。
 金融庁といたしましては、このような役割を金融機関がしっかりと果たすべく、中小企業金融円滑化法の施行を始め、金融の円滑化に向けた様々な施策を講じてまいりました。
 こうした施策により、基本的には金融機関による金融円滑化の取組は定着してきていると考えておりますが、このところ貸付条件の再変更等が増加している、あるいは貸付条件の変更等を受けながら経営改善計画が策定されない中小企業者も存在しているなどの問題も指摘されております。このため、金融規律を確保するとともに、出口戦略として、中小企業者等の真の意味での経営改善支援を強力に推し進める必要があり、事業再生等の支援に軸足を円滑に移していくため、中小企業金融円滑化法の期限を今回に限り一年間再延長することが適切と判断させていただきました。
 続きまして、国際的な金融規制改革の動向等について申し上げます。
 世界の金融システムを強化する観点から、これまで、銀行の自己資本等の新たな規制枠組みや、昨年十一月のカンヌ・サミットにおけるシステム上重要な金融機関に関する包括的な政策パッケージ等につき、国際的な合意がなされました。このほか、店頭デリバティブ市場の改革等の多様な施策も進展しているところであります。
 我が国といたしましては、引き続き、こうした国際的な議論に積極的に参画し、各国と協調した取組を進めてまいりたいと考えております。
 最後になりますが、提出法律案の概要について申し上げます。
 現状、本国会で御審議をお願いすることを予定している法律案は四件であります。
 既に国会に提出された各法律案の概要について御説明申し上げます。
 第一に、先ほど御説明いたしました中小企業金融円滑化法の期限を一年間再延長する中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案でございます。
 第二に、本年三月末までとされています銀行等保有株式取得機構による銀行等からの株式等の買取り期限を五年間延長する銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律の一部を改正する法律案でございます。
 第三に、保険業法等の一部を改正する法律案でございます。同法律案は、本年三月末までとされております生命保険契約者保護機構に対する政府補助の期限の五年間の延長並びに保険会社の子会社の業務範囲及び保険契約の移転等に関する規制の緩和等を行うものであります。
 第四に、金融商品取引法等の一部を改正する法律案でございます。同法律案は、証券・金融と商品を横断的に一括して取り扱う総合的な取引所の実現のための施策を講ずるとともに、店頭デリバティブ取引に係る規制の整備、課徴金制度及びインサイダー取引規制の見直しに関連する規定を盛り込んだものであります。
 これらの法律案については、速やかに所要の施策が講じられますよう、できるだけ早期の成立が求められるところであります。御審議の上、御賛同いただきますよう、よろしくお願いを申し上げます。
 以上、金融担当大臣として、一言御挨拶を申し上げました。今後とも、皆様のお力添えを得まして、金融行政の運営に全力を傾注する所存でございますので、尾立委員長を始め委員各位におかれましては、御理解と御協力を心からお願いをさせていただきます。
 ありがとうございました。
#11
○委員長(尾立源幸君) 以上で所信の聴取は終わりました。
 本件に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後零時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト