くにさくロゴ
2012/06/21 第180回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第180回国会 議院運営委員会 第27号
姉妹サイト
 
2012/06/21 第180回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第180回国会 議院運営委員会 第27号

#1
第180回国会 議院運営委員会 第27号
平成二十四年六月二十一日(木曜日)
    午後零時二分開議
 出席委員
   委員長 小平 忠正君
   理事 松野 頼久君 理事 山井 和則君
   理事 笠  浩史君 理事 糸川 正晃君
   理事 鷲尾英一郎君 理事 橋本 清仁君
   理事 佐藤  勉君 理事 高木  毅君
   理事 遠藤 乙彦君
      相原 史乃君    太田 和美君
      川内 博史君    坂口 岳洋君
      浜本  宏君    水野 智彦君
      森山 浩行君    伊東 良孝君
      小泉進次郎君    齋藤  健君
      塩崎 恭久君    佐々木憲昭君
      渡辺浩一郎君    服部 良一君
      中島 正純君
    …………………………………
   議長           横路 孝弘君
   副議長          衛藤征士郎君
   事務総長         鬼塚  誠君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 会期延長の件
 国家公務員等任命につき同意を求めるの件
 本日の本会議の議事に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小平委員長 これより会議を開きます。
 まず、会期延長の件についてでありますが、本日、民主党の輿石幹事長、国民新党の下地幹事長から、会期を六月二十二日より九月八日まで七十九日間延長せられるよう議長においてお取り計らい願いたい旨の申し入れがありました。
 本件につきましては、先般来の理事会において種々御協議願ったのでありますが、いまだ各党の意見が一致するに至っておりません。
 また、本件につきましては、先ほど常任委員長会議が開かれ、議長から各常任委員長の意見を徴されたのでありますが、常任委員長会議におきましても、意見は一致いたしておりません。
 この際、発言を求められておりますので、これを許します。佐々木憲昭君。
#3
○佐々木(憲)委員 今回の七十九日間の会期延長は、国会史上かつてないものであるにもかかわらず、本会議における討論も認めないことに厳重に抗議するものであります。
 重大なことは、会期延長の理由であります。
 最大の理由は、消費税大増税を押し通すための会期延長だということであります。
 各種世論調査でも、国民の五、六割は消費税増税に反対であります。今国会であえて成立させる必要はないとの声は七割前後に上っております。この国民の声をじゅうりんすることは許されません。
 しかも、消費税増税は、総選挙での民主党マニフェスト、公約に違反するものであります。
 国会論戦を通じても、暮らしも、経済も、財政も壊す消費税大増税の害悪が明瞭となりました。しかも、社会保障改悪をごり押しするための会期延長だということであります。
 我が党は、社会保障と税の一体改革は、その実、一体改悪であることを指摘してまいりました。それが、三党合意の結果、一層あからさまな姿となって浮上してまいりました。
 もともと民主党政権が言ってきた最低保障年金は、はるか将来にしか恩恵が出てこないものであり、後期高齢者医療制度の廃止なるものも、看板倒れの中身ですが、それさえも棚上げしました。
 最も象徴的なのは、社会保障制度改悪推進法案なる新法の共同提出であります。社会保障の基本理念を改変し、憲法二十五条を真っ向から否定するものではないでしょうか。こんな悪法を通すための会期延長は、到底認められません。
 今厳しく指摘しなければならないことは、自公民三党による議会制民主主義の常軌を逸したじゅうりんが行われている大問題であります。
 昨日、自公民三党などによって、原子力規制委員会法、障害者総合支援法の成立が強行されました。極めて重大な法案が、二十一日が会期末だとして、まともな審議抜きで、三党会談、三党合意のままに、一瀉千里に強行採決されてまいりました。それが終わった途端、民主党政権は、大幅会期延長を突きつけてきたのであります。
 社会保障制度改革推進法案が提出されたのは、昨夜二十一時であり、議員のもとに配付されたのは、けさであります。政府提出、一体改悪諸法修正案は、まだ姿もあらわしておりません。にもかかわらず、三党の密室談合で合意したとして、まともな法案の検討、審議の余地さえないまま、あす採決など、国会の役割を否定する暴挙であります。
 会期を本日で閉じ、消費税増税法案、社会保障改革推進法案など一体改悪法案は廃案にすべきであることを強く主張し、会期延長に反対の発言といたします。
#4
○小平委員長 それでは、採決いたします。
 会期を六月二十二日から九月八日まで七十九日間延長すべきものと議長に答申するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#5
○小平委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
 本件は、本日の本会議において議長からお諮りいたします。
 なお、本件の採決は、起立採決をもって行います。
    ―――――――――――――
#6
○小平委員長 次に、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてでありますが、国家公務員倫理審査会委員、食品安全委員会委員、公正取引委員会委員、公害等調整委員会委員長及び同委員、日本銀行政策委員会審議委員、労働保険審査会委員、運輸審議会委員に、お手元の印刷物にあります諸君を任命するについて、内閣から本院の同意を求めてまいっております。
    ―――――――――――――
 一、国家公務員等任命につき同意を求めるの件
  国家公務員倫理審査会委員
   中村 正武君 草野忠義君23・12・2任期満了につきその後任
  食品安全委員会委員
   佐藤  洋君 小泉直子君6・30任期満了につきその後任
   山添  康君 長尾拓君6・30任期満了につきその後任
   三森 国敏君 廣瀬雅雄君6・30任期満了につきその後任
   上安平洌子君 野村一正君6・30任期満了につきその後任
   石井 克枝君 畑江敬子君6・30任期満了につきその後任
   村田 容常君 6・30任期満了につき再任
  公正取引委員会委員
   幕田 英雄君 神垣清水君6・30任期満了につきその後任
  公害等調整委員会委員長及び同委員
   委員長 富越 和厚君 大内捷司君6・30任期満了につきその後任
   委 員 吉村 英子君 堺宣道君6・30任期満了につきその後任
       玉生 茂子君 小玉喜三郎君6・30任期満了につきその後任
  日本銀行政策委員会審議委員
   木内 登英君 亀崎英敏君4・4任期満了につきその後任
   佐藤 健裕君 中村清次君4・4任期満了につきその後任
  労働保険審査会委員
   伊藤 博元君 6・30任期満了につき再任
  運輸審議会委員
   鷹箸有宇壽君 大屋則之君7・5辞職予定につきその後任
   松田 英三君 7・5任期満了につき再任
    ―――――――――――――
#7
○小平委員長 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#9
○小平委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#10
○鬼塚事務総長 まず最初に、議長から、会期延長の件をお諮りいたします。自民党、公明党、共産党、新党きづな、社民党及びたちあがれ日本が反対でございます。
 次に、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてお諮りいたします。採決は六回になりますが、順序は印刷物のとおりでございます。
 次に、日程第一につき、古賀東日本大震災復興特別委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、日程第二につき、吉田農林水産委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、日程第三につき、石毛文部科学委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、日程第四につき、中山経済産業委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
       採決順序
 1(全会一致)
  国家公務員倫理審査会委員
                中村 正武君
  食品安全委員会委員
      佐藤  洋君    三森 国敏君
      上安平洌子君    石井 克枝君
      村田 容常君
  公害等調整委員会委員
      吉村 英子君    玉生 茂子君
  労働保険審査会委員
                伊藤 博元君
 2(反対 共産、社民)
  食品安全委員会委員
                山添  康君
 3(反対 社民)
  公正取引委員会委員
                幕田 英雄君
 4(反対 きづな)
  公害等調整委員会委員長
                富越 和厚君
 5(反対 共産、みんな)
  日本銀行政策委員会審議委員
                木内 登英君
 6(反対 共産)
  日本銀行政策委員会審議委員
                佐藤 健裕君
  運輸審議会委員
      鷹箸有宇壽君    松田 英三君
    ―――――――――――――
 議事日程 第十五号
  平成二十四年六月二十一日
    午後一時開議
 第一 東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律案(参議院提出)
 第二 国有林野の有する公益的機能の維持増進を図るための国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する等の法律案(内閣提出、参議院送付)
 第三 劇場、音楽堂等の活性化に関する法律案(参議院提出)
 第四 中小企業の海外における商品の需要の開拓の促進等のための中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
    ―――――――――――――
#11
○小平委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト