くにさくロゴ
2012/07/31 第180回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第180回国会 議院運営委員会 第31号
姉妹サイト
 
2012/07/31 第180回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第180回国会 議院運営委員会 第31号

#1
第180回国会 議院運営委員会 第31号
平成二十四年七月三十一日(火曜日)
    午後零時一分開議
 出席委員
   委員長 小平 忠正君
   理事 山井 和則君 理事 松野 頼久君
   理事 笠  浩史君 理事 糸川 正晃君
   理事 鷲尾英一郎君 理事 佐藤  勉君
   理事 高木  毅君 理事 太田 和美君
   理事 遠藤 乙彦君
      岡田 康裕君    川内 博史君
      坂口 岳洋君    浜本  宏君
      水野 智彦君    森山 浩行君
      伊東 良孝君    小泉進次郎君
      齋藤  健君    塩崎 恭久君
      渡辺浩一郎君    佐々木憲昭君
      服部 良一君    中島 正純君
    …………………………………
   議長           横路 孝弘君
   副議長          衛藤征士郎君
   事務総長         鬼塚  誠君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員の選挙の件
 平成二十四年度における公債の発行の特例に関する法律案(内閣提出)中修正の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小平委員長 これより会議を開きます。
 まず、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員である笹木竜三君及び同予備員である宮島大典君並びに裁判官訴追委員である武正公一君、山井和則君及び同予備員である村越祐民君から、それぞれ辞職願が提出されております。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○小平委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員の選挙の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件が本日の本会議において許可されましたならば、引き続き裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員の選挙を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
 なお、後任の候補者として、国民の生活が第一・きづな及び公明党から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
 一、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員の選挙の件
  裁判官弾劾裁判所裁判員
   樋高  剛君(生活)
  同 予備員
   鈴木 克昌君(生活)
   (予備員の職務を行う順序は、津村啓介君、田名部匡代君、柴山昌彦君、鈴木克昌君の順序とする。)
  裁判官訴追委員
   横山 北斗君(生活)
   大口 善徳君(公明)
  同 予備員
   太田 和美君(生活)
   (予備員の職務を行う順序は、山花郁夫君、和田隆志君、稲田朋美君、楠田大蔵君、太田和美君の順序とする。)
    ―――――――――――――
#6
○小平委員長 次に、内閣提出法律案中修正の件についてでありますが、お手元の印刷物にありますとおり、本日、内閣から、平成二十四年度における公債の発行の特例に関する法律案を修正することについて、国会法第五十九条の規定により、本院の承諾を求めてまいっております。
    ―――――――――――――
 一、内閣提出法律案中修正の件
  平成二十四年度における公債の発行の特例に関する法律案(内閣提出)
    ―――――――――――――
#7
○小平委員長 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#9
○小平委員長 次に、本日法務委員会の審査を終了した裁判所職員定員法の一部を改正する法律案、環境委員会の審査を終了した使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律案の両法律案について、それぞれ委員長から緊急上程の申し出があります。
 両法律案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#11
○小平委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#12
○鬼塚事務総長 まず最初に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件につきお諮りをいたします。
 辞職の件が許可されましたならば、引き続いて裁判員及び同予備員並びに訴追委員及び同予備員の選挙を行います。この選挙は、動議により、手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、平成二十四年度における公債の発行の特例に関する法律案の内閣修正についてお諮りいたします。
 次に、日程第一ないし第六につき、新藤決算行政監視委員長の報告がございます。採決は四回になります。一回目は日程第一で、共産党及びみんなの党が反対でございます。二回目は日程第二で、共産党及び社民党が反対でございます。三回目は日程第三で、共産党が反対でございます。四回目は日程第四ないし第六で、全会一致でございます。
 次に、日程第七及び第八につき、荒井内閣委員長の報告がございます。採決は二回になります。一回目は日程第七で、全会一致でございます。二回目は日程第八で、共産党及び社民党が反対でございます。
 次に、日程第九につき、伴野国土交通委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、日程第十につき、中山経済産業委員長の報告がございまして、共産党が反対でございます。
 次に、動議により、法務委員会の法律案を緊急上程いたします。鉢呂法務委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、環境委員会の法律案を緊急上程いたします。生方環境委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第十八号
  平成二十四年七月三十一日
    午後一時開議
 第一 平成二十二年度一般会計経済危機対応・地域活性化予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 第二 平成二十二年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 第三 平成二十二年度特別会計予算総則第七条第一項の規定による経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その1)(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 第四 平成二十二年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その2)(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 第五 平成二十二年度特別会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 第六 平成二十二年度特別会計予算総則第七条第一項の規定による経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その2)(承諾を求めるの件)(第百七十七回国会、内閣提出)
 第七 地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第八 構造改革特別区域法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第九 都市の低炭素化の促進に関する法律案(内閣提出)
 第十 災害時における石油の供給不足への対処等のための石油の備蓄の確保等に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出)
    ―――――――――――――
#13
○小平委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#14
○小平委員長 次に、次回の本会議は、追って公報をもってお知らせいたします。
 なお、明八月一日水曜日午前九時四十五分理事会、午前十時から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト