くにさくロゴ
2011/10/26 第179回国会 参議院 参議院会議録情報 第179回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2011/10/26 第179回国会 参議院

参議院会議録情報 第179回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号

#1
第179回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号
平成二十三年十月二十六日(水曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         増子 輝彦君
    理 事
                岡崎トミ子君
                小西 洋之君
                藤原 良信君
                米長 晴信君
                愛知 治郎君
                佐藤 信秋君
                森 まさこ君
                谷合 正明君
    委 員
                池口 修次君
                大久保潔重君
                金子 恵美君
                行田 邦子君
                斎藤 嘉隆君
                田城  郁君
                田中 直紀君
                谷岡 郁子君
                轟木 利治君
                平山 幸司君
                広田  一君
                藤原 正司君
                赤石 清美君
                岩城 光英君
                上野 通子君
                岡田  広君
                川口 順子君
                熊谷  大君
                佐藤 正久君
                高階恵美子君
                長谷川 岳君
                牧野たかお君
                山田 俊男君
                石川 博崇君
                渡辺 孝男君
                小熊 慎司君
                桜内 文城君
                山下 芳生君
                藤井 孝男君
                吉田 忠智君
                亀井亜紀子君
   国務大臣
       国務大臣     平野 達男君
   副大臣
       内閣府副大臣   後藤  斎君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        郡  和子君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        五十嵐吉郎君
       常任委員会専門
       員        櫟原 利明君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○東日本大震災復興の総合的対策に関する調査
 (東日本大震災復興の総合的対策に関する件)
    ─────────────
#2
○委員長(増子輝彦君) ただいまから東日本大震災復興特別委員会を開会いたします。
 東日本大震災復興の総合的対策に関する調査を議題といたします。
 東日本大震災復興の総合的対策に関する件について、平野国務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。平野国務大臣。
#3
○国務大臣(平野達男君) 東日本大震災復興対策担当大臣の平野達男でございます。東日本大震災復興特別委員会の開催に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 東日本大震災により、発災以来これまでに合計一万五千名を超える尊い命が奪われ、いまだに三千八百名以上の方が行方不明となっております。
 亡くなられた方々に心から哀悼の意を表するとともに、全ての被災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。
 今回の大震災は、その被害が極めて広域に及ぶだけではなく、大規模な地震、津波に加え、原発事故が重なるという未曽有の複合的な大災害であり、言わば国難であります。
 発災後、政府を挙げて被災地の復旧復興対策に取り組んでまいりました。これまでのところ、避難所の解消と仮設住宅の建設、散乱瓦れきの撤去、主なライフラインの復旧などについては一定の成果を挙げております。一方で、迅速さに欠け、必要な方々に支援の手が行き届いていないとの御指摘をいただいていることも事実であります。
 私は、震災発災直後から内閣府の副大臣として、また、七月以降は東日本大震災復興対策担当大臣として、被災者の生活の支援や被災地の復旧復興対策に全力で当たってまいりました。今後も担当大臣として引き続き被災者の皆様方の声に耳を傾けまして、被災地の本格的な復興に向けて大きな使命感と責任感を持って取り組んでまいります。
 今後、大震災からの復興に取り組むに当たりましては、私としましては次の三点に特に意を用いてまいりたいと考えております。
 第一に、復興基本法に示された復興の目的や理念、基本的な施策を踏まえるとともに、復興構想会議からの提言や、復興に当たっての基本的考え方や復興の期間、実施する施策など幅広い内容を盛り込んだ復興基本方針に基づき、復興への取組をしっかりと力強く進めてまいります。
 この復興基本方針に基づき、当面の公共インフラ等の事業計画や業務の工程表を公表し、事業を進めているところであります。このように様々な施策を着実に行い、被災された多くの方が復興に希望を持てるよう、今後とも地方公共団体や関係府省と密接に連携協力し、これまで以上のスピード感を持って全力で進めてまいります。
 第二に、復興は地域が主体となって取り組むことが基本であり、国はその取組を最大限支援してまいります。現在、被災市町村においては、それぞれ復興計画の策定を進めているところでありますが、国としては府省横断的なチームを編成するとともに職員を頻繁に現地に派遣するなどして、専門的、技術的な支援を行っているところであります。
 また、東京電力福島第一原子力発電所における事故の被害を受けている福島県につきましては、国と県による協議会を設け、現地において県及び市町村の要望をお聞きし、対応しているところであります。
 復興基本方針の策定に当たりましても、被災地の御要望や御意見などを十分お聞きいたしましたが、今後とも現地対策本部の機能を積極的に活用しつつ、地域の声に十分耳を傾けてまいります。
 第三に、政府としては、被災地の本格的な復興に資するため、東日本大震災関係経費を計上した第三次補正予算を先週の閣議で概算決定したところであります。
 また、地域の創意工夫を生かした復興を推進するための新たな枠組みとして、規制、手続等の特例措置、税、財政、金融上の支援措置をワンストップで講じる復興特区制度や、復興に必要な各種施策を展開できる自由度の高い東日本大震災復興交付金を創設すべく、復興特別区域法案を早急に本臨時国会に提出するよう準備を進めてまいります。
 さらに、被災自治体の復興の取組を総力を挙げて支援していくため、府省の枠組みを超えて、被災自治体の要望にワンストップで対応できる復興庁を早期に設置するため、復興庁設置法案を本臨時国会に提出するよう準備を進めてまいります。
 これらの復興の具体的取組に当たりましては、復興基本法が与野党の合意に基づき成立しましたことを踏まえまして、党派を超えて広く与野党の御協力をいただきながら進めてまいります。
 被災地域の復興なくして日本経済の再生はありません。また、日本経済の再生なくして被災地域の真の復興はありません。このような考え方に基づき、東日本大震災による被災からの一日も早い復興と活力ある日本の再生に向けて、国の総力を挙げて取り組んでまいります。
 増子委員長を始め、理事、委員各位の御理解と御協力をお願いをいたします。
 なお、去る十月十八日の福島県内の講演におきまして、私の適切さを欠いた表現によりまして不快な思いをされた方々がおられることにつきましては、心からおわびを申し上げます。
#4
○委員長(増子輝彦君) この際、後藤内閣府副大臣及び郡内閣府大臣政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。後藤内閣府副大臣。
#5
○副大臣(後藤斎君) 東日本大震災復興対策を担当いたします内閣府副大臣の後藤斎でございます。
 平野大臣を支え、東日本大震災の被災から一日も早い復興と活力ある日本の再生に向けて、全身全霊を向けて取り組んでまいる所存でございます。
 増子委員長を始め、理事、委員各位の御理解と御協力を心からお願いします。どうぞよろしくお願いします。
#6
○委員長(増子輝彦君) 郡内閣府大臣政務官。
#7
○大臣政務官(郡和子君) 東日本大震災の復興対策を担当いたします内閣府大臣政務官の郡和子でございます。
 後藤副大臣とともに平野大臣を支えてまいりますので、増子委員長を始め、理事の皆様方、そして委員の皆様方の御協力、御指導、何とぞよろしくお願い申し上げます。
#8
○委員長(増子輝彦君) 以上で発言は終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト