くにさくロゴ
2011/12/09 第179回国会 参議院 参議院会議録情報 第179回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号
姉妹サイト
 
2011/12/09 第179回国会 参議院

参議院会議録情報 第179回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号

#1
第179回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号
平成二十三年十二月九日(金曜日)
   午前十時二十一分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         岸  信夫君
    理 事
                相原久美子君
                外山  斎君
                島尻安伊子君
    委 員
                郡司  彰君
                今野  東君
                田城  郁君
                田中 直紀君
                徳永 エリ君
                徳永 久志君
                猪口 邦子君
                宇都 隆史君
                長谷川 岳君
                橋本 聖子君
                木庭健太郎君
                横山 信一君
                江口 克彦君
                紙  智子君
                山内 徳信君
   事務局側
       第一特別調査室
       長        宇佐美正行君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○北方領土返還促進に関する請願(第三六九号)
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(岸信夫君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。
 これより請願の審査を行います。
 第三六九号北方領土返還促進に関する請願を議題といたします。
 まず、特別調査室長から説明を聴取いたします。宇佐美第一特別調査室長。
#3
○第一特別調査室長(宇佐美正行君) 御説明申し上げます。
 今国会中、本委員会に付託されました請願は、お手元の資料のとおり、第三六九号北方領土返還促進に関する請願の一件でございます。
 本請願は、第一に、国民運動を支えるのは、絶対に北方四島の返還を実現するという政府の毅然とした態度である、改めて国会において北方四島の返還を求める決議をすること、第二に、返還交渉を加速し、交渉に当たっては、北方四島の返還なくして日ロ平和条約の締結はあり得ないとの原点に立ち、毅然たる姿勢で敏速かつ誠意を持って取り組むこと、以上の二点を求めるものであります。
 以上でございます。
#4
○委員長(岸信夫君) 以上で説明の聴取は終わりました。
 本請願につきましては、理事会において協議の結果、採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとすることに意見が一致いたしました。
 以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(岸信夫君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(岸信夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#7
○委員長(岸信夫君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(岸信夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(岸信夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#10
○委員長(岸信夫君) 委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(岸信夫君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト