くにさくロゴ
2011/10/24 第179回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第179回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2011/10/24 第179回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第179回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第2号

#1
第179回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第2号
平成二十三年十月二十四日(月曜日)
    午後零時十分開議
 出席委員
   委員長 松宮  勲君
   理事 菊田真紀子君 理事 田村 謙治君
   理事 高井 美穂君 理事 津村 啓介君
   理事 吉田 統彦君 理事 馳   浩君
   理事 松野 博一君 理事 遠藤 乙彦君
      石田 三示君    石原洋三郎君
      磯谷香代子君    稲富 修二君
      打越あかし君    大泉ひろこ君
      大畠 章宏君    金子 健一君
      川内 博史君    川越 孝洋君
      川島智太郎君    熊谷 貞俊君
      菅川  洋君    空本 誠喜君
      高木 義明君    中後  淳君
      中野渡詔子君    三宅 雪子君
      柚木 道義君    河村 建夫君
      近藤三津枝君    斉藤 鉄夫君
      吉井 英勝君    阿部 知子君
      柿澤 未途君
    …………………………………
   国務大臣
   (原子力行政担当)    細野 豪志君
   国務大臣
   (科学技術政策担当)
   (宇宙開発担当)     古川 元久君
   内閣府副大臣       石田 勝之君
   内閣府副大臣       中塚 一宏君
   内閣府大臣政務官     大串 博志君
   内閣府大臣政務官     園田 康博君
   衆議院調査局科学技術・イノベーション推進特別調査室長           雨宮 由卓君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二十四日
 辞任         補欠選任
  石森 久嗣君     中野渡詔子君
  江端 貴子君     三宅 雪子君
  大西 健介君     石原洋三郎君
  大山 昌宏君     川島智太郎君
  熊田 篤嗣君     川越 孝洋君
  平  智之君     磯谷香代子君
  橋本 博明君     菅川  洋君
  平山 泰朗君     打越あかし君
  水野 智彦君     金子 健一君
同日
 辞任         補欠選任
  石原洋三郎君     大西 健介君
  磯谷香代子君     平  智之君
  打越あかし君     平山 泰朗君
  金子 健一君     水野 智彦君
  川越 孝洋君     熊田 篤嗣君
  川島智太郎君     大山 昌宏君
  菅川  洋君     橋本 博明君
  中野渡詔子君     石森 久嗣君
  三宅 雪子君     江端 貴子君
     ――――◇―――――
#2
○松宮委員長 これより会議を開きます。
 この際、古川国務大臣、細野国務大臣、石田内閣府副大臣、中塚内閣府副大臣、大串内閣府大臣政務官及び園田内閣府大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。古川国務大臣。
#3
○古川国務大臣 科学技術政策を担当する内閣府特命担当大臣及び宇宙開発担当大臣として、一言ごあいさつ申し上げます。
 科学技術・イノベーション政策につきましては、本年八月に閣議決定された第四期科学技術基本計画に示された政策が着実に具現化されるよう取り組むことが重要であります。我が国が東日本大震災から力強く復興再生し、世界のフロントランナーとして成長、発展するとの国家戦略の観点から、科学技術の振興とイノベーションの創出は不可欠との認識に立ち、グリーンイノベーション、ライフイノベーション、復興再生並びに災害からの安全性向上、基礎研究及び人材育成を主要な柱と位置づけ、強力に進めてまいります。そのためにも、科学技術・イノベーション政策をより強力に推進する体制の整備や、我が国の研究開発システムの中核を担う研究開発法人の機能強化に向けた制度の創設に鋭意取り組んでまいります。
 知的財産戦略につきましては、近年、その重要性がますます高まっております。知的財産推進計画二〇一一に基づき、国際標準化戦略等各種施策を着実に推進するとともに、クール・ジャパン戦略については、我が国が困難を克服して再び立ち上がる決意をジャパン・ネクストというメッセージに込めて国内外に発信し、日本の文化、伝統と創造力を生かした新たな国づくりを進めてまいります。
 情報通信技術政策につきましては、昨年五月に策定された新たな情報通信技術戦略及び六月に策定され本年八月に改定された工程表に基づき、国民本位の電子行政の実現、地域のきずなの再生、新市場の創出と国際展開を目指して、情報通信技術の利活用を強力に推進してまいります。
 宇宙空間の開発利用は我が国の新たなフロンティアであり、宇宙開発利用政策を我が国の国家戦略として位置づけ、宇宙開発戦略本部を中心に政府一体となり、総合的、計画的に推進してまいります。具体的には、準天頂衛星システムの推進、宇宙空間の開発利用の戦略的な推進体制の構築等に取り組んでまいります。
 松宮委員長を初め、理事、委員各位の御理解と御協力を賜りますようによろしくお願い申し上げます。(拍手)
#4
○松宮委員長 次に、細野国務大臣。
#5
○細野国務大臣 原子力委員会を担当する内閣府特命担当大臣として、一言ごあいさつを申し上げます。
 現在、政府は東京電力とともに、ロードマップに沿って、東京電力福島原子力発電所事故の早期収束を目指し、全力で取り組んでおります。こうした取り組みを進める上で重要なことは、国内外の専門家の方々の知見を最大限に活用しつつ、関係機関の総力を結集して進めていくことです。
 かかる観点から、原子力委員会におきましては、今回の事故を踏まえて、その役割を十分に果たすことを期待します。
 まずは、今回の事故に由来をする使用済み燃料、放射性廃棄物の処理及び廃炉に関する中長期的な課題等について、いわゆる冷温停止状態を目標としたステップツーが終了する段階をめどに一定の方向性を示していただきたいと考えております。
 また、今般の事故を踏まえ、新たな原子力政策大綱についての検討を中断しておりましたが、九月二十七日にその検討のための会合を再開しており、今後、エネルギー政策全体の国民的な議論などを踏まえつつ、原子力政策全体の中長期的な方向性を来年の夏をめどに取りまとめることを期待します。
 松宮委員長を初め、理事、委員各位の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#6
○松宮委員長 次に、石田内閣府副大臣。
#7
○石田副大臣 このたび内閣府副大臣を拝命いたしました衆議院議員石田勝之でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 科学技術政策そして宇宙開発戦略、知的財産戦略及びIT戦略等政策を担当する副大臣として、古川大臣を補佐し、科学技術・イノベーションの推進に向けて力を尽くしてまいりたいと考えております。
 松宮委員長を初め、理事、委員各位におかれましては、何とぞ御指導、御協力のほどを賜りますように心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#8
○松宮委員長 次に、中塚内閣府副大臣。
#9
○中塚副大臣 このたび内閣府副大臣を拝命いたしました中塚一宏でございます。
 原子力委員会の事務を担当する副大臣として、細野大臣を補佐し、力を尽くしてまいりたいと考えております。
 松宮委員長を初め、理事、委員各位の御指導と御協力を心よりよろしくお願い申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#10
○松宮委員長 次に、大串内閣府大臣政務官。
#11
○大串大臣政務官 内閣府大臣政務官の大串博志でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 科学技術政策、宇宙開発戦略、知的財産戦略そしてIT戦略等を担当する政務官として、古川大臣、石田副大臣を支えながら、科学技術・イノベーションの推進に向けてしっかり頑張ってまいりたいというふうに思います。
 松宮委員長を初め、理事、委員各位の皆様の御協力と御鞭撻をどうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#12
○松宮委員長 次に、園田内閣府大臣政務官。
#13
○園田大臣政務官 内閣府大臣政務官を務めさせていただいております園田康博でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 原子力委員会の事務を担当いたします大臣政務官といたしまして、細野大臣、中塚副大臣とともに全力を尽くしてまいりたいというふうに思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 松宮委員長を初め、理事そして委員の各位の皆様方には御指導、御鞭撻を賜りますことをどうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#14
○松宮委員長 これにて発言は終わりました。
 次回は、明二十五日火曜日午前九時二十分理事会、午前九時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト