くにさくロゴ
2011/11/24 第179回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第179回国会 議院運営委員会 第11号
姉妹サイト
 
2011/11/24 第179回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第179回国会 議院運営委員会 第11号

#1
第179回国会 議院運営委員会 第11号
平成二十三年十一月二十四日(木曜日)
    午後零時一分開議
 出席委員
   委員長 小平 忠正君
   理事 松野 頼久君 理事 山井 和則君
   理事 笠  浩史君 理事 田名部匡代君
   理事 糸川 正晃君 理事 鷲尾英一郎君
   理事 佐藤  勉君 理事 高木  毅君
   理事 遠藤 乙彦君
      相原 史乃君    磯谷香代子君
      太田 和美君    岡田 康裕君
      坂口 岳洋君    浜本  宏君
      森山 浩行君    小泉進次郎君
      齋藤  健君    塩崎 恭久君
      橘 慶一郎君    佐々木憲昭君
      服部 良一君
    …………………………………
   議長           横路 孝弘君
   副議長          衛藤征士郎君
   事務総長         鬼塚  誠君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月二十二日
 辞任         補欠選任
  佐々木憲昭君     穀田 恵二君
同日
 辞任         補欠選任
  穀田 恵二君     佐々木憲昭君
同月二十四日
 辞任         補欠選任
  水野 智彦君     磯谷香代子君
  伊東 良孝君     橘 慶一郎君
同日
 辞任         補欠選任
  磯谷香代子君     水野 智彦君
  橘 慶一郎君     伊東 良孝君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 永年在職議員として表彰された元議員谷洋一君逝去につき弔詞贈呈報告の件
 各種委員の選挙の件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小平委員長 これより会議を開きます。
 まず、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る十月二十四日、永年在職議員として表彰された元議員谷洋一君が逝去されました。
 ここに謹んで哀悼の意を表します。
 弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、去る十八日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
 衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され 再度国務大臣の重任にあたられた正三位勲一等谷洋一君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#3
○小平委員長 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。
 その際、議員の方は御起立願うことになっております。
    ―――――――――――――
#4
○小平委員長 次に、各種委員の選挙の件についてでありますが、お手元の印刷物にありますとおり、各種委員につきまして、民主党・無所属クラブ、自由民主党・無所属の会から、それぞれ候補者を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
 一、各種委員の選挙の件
  検察官適格審査会委員
   平沢 勝栄君(自民)
  同 予備委員
   石関 貴史君(民主) 川内博史君の予備委員
   太田 和美君(民主) 辻惠君の予備委員
   近藤三津枝君(自民) 平沢勝栄君の予備委員
  国土開発幹線自動車道建設会議委員
   茂木 敏充君(自民)
    ―――――――――――――
#5
○小平委員長 本件は、本日の本会議においてその選挙を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、各選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#7
○小平委員長 次に、本日の議事日程第一及び第二の両案に対し、自由民主党・無所属の会の丹羽秀樹君、公明党の竹内譲君、日本共産党の佐々木憲昭君、社会民主党・市民連合の阿部知子君から、それぞれ討論の通告があります。
 討論時間は、丹羽秀樹君、竹内譲君はおのおの十分以内、佐々木憲昭君は五分以内、阿部知子君は三分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#9
○小平委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の復興庁設置法案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、本法律案の趣旨説明は、平野国務大臣が行います。
 本法律案の趣旨説明に対し、民主党・無所属クラブの畑浩治君、自由民主党・無所属の会の加藤勝信君、公明党の石田祝稔君、日本共産党の穀田恵二君、社会民主党・市民連合の中島隆利君から、それぞれ質疑の通告があります。
 質疑時間は、畑浩治君、加藤勝信君、石田祝稔君はおのおの十五分以内、穀田恵二君は十分以内、中島隆利君は五分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○小平委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
 一、趣旨説明を聴取する議案の件
  復興庁設置法案(内閣提出)
   趣旨説明 国務大臣 平野 達男君
   質疑通告     時間   要求大臣
 畑  浩治君(民主) 15分以内 総理、平野国務(復興)、環境
 加藤 勝信君(自民) 15分以内 総理、平野国務(復興)
 石田 祝稔君(公明) 15分以内 総理
 穀田 恵二君(共産) 10分以内 総理
 中島 隆利君(社民) 5分以内 総理
    ―――――――――――――
#12
○小平委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#13
○鬼塚事務総長 まず最初に、議長から、永年在職議員として表彰されました故元議員谷洋一先生に対する弔詞贈呈の報告がございまして、議長が弔詞を朗読されます。
 次に、各種委員の選挙を行います。この選挙は、動議により、その手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、日程第一及び第二につき、海江田財務金融委員長の報告がございます。次いで両案に対しまして、四人の方々からそれぞれ討論が行われますが、順序は印刷物のとおりでございます。次いで両案を一括して採決いたしまして、共産党、社民党及びみんなの党が反対でございます。
 次に、日程第三ないし第五につき、原口総務委員長の報告がございます。採決は二回になります。一回目は日程第三で、全会一致でございます。二回目は日程第四及び第五で、共産党、社民党及びみんなの党が反対でございます。
 次に、復興庁設置法案につきまして、平野国務大臣から趣旨の説明がございます。これに対しまして、五人の方々からそれぞれ質疑が行われます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第六号
  平成二十三年十一月二十四日
    午後一時開議
 第一 経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)
 第二 東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法案(内閣提出)
 第三 平成二十三年度分の地方交付税の総額の特例等に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第四 東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律案(内閣提出)
 第五 経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法等の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)
    ―――――――――――――
 一、討論通告
  日程第一 経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律案(第百七十七回国会、内閣提出)(修正)
  日程第二 東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法案(内閣提出)(修正)
  反対 共産 社民 みんな
    財務金融委員長  海江田万里君
    討論通告
      反 対    佐々木憲昭君(共産)
      賛 成    丹羽 秀樹君(自民)
      反 対    阿部 知子君(社民)
      賛 成    竹内  譲君(公明)
    ―――――――――――――
#14
○小平委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#15
○小平委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る二十九日火曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト