くにさくロゴ
2011/08/31 第177回国会 参議院 参議院会議録情報 第177回国会 文教科学委員会 第12号
姉妹サイト
 
2011/08/31 第177回国会 参議院

参議院会議録情報 第177回国会 文教科学委員会 第12号

#1
第177回国会 文教科学委員会 第12号
平成二十三年八月三十一日(水曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 八月十八日
    辞任         補欠選任
     亀井亜紀子君     自見庄三郎君
 八月二十六日
    辞任         補欠選任
     熊谷  大君     鴻池 祥肇君
 八月二十九日
    辞任         補欠選任
     鴻池 祥肇君     熊谷  大君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         二之湯 智君
    理 事
                神本美恵子君
                藤谷 光信君
                橋本 聖子君
                水落 敏栄君
    委 員
                大島九州男君
                斎藤 嘉隆君
                鈴木  寛君
                谷  亮子君
                林 久美子君
                水岡 俊一君
                横峯 良郎君
                石井 浩郎君
                上野 通子君
                熊谷  大君
                義家 弘介君
                草川 昭三君
                西田 実仁君
                江口 克彦君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        古賀 保之君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○国家予算に占める文化予算の割合を〇・一一%
 から〇・五%に増やすことに関する請願(第二
 号外二〇件)
○父母の教育費負担を軽減し、子供たちに行き届
 いた教育を求める私学助成に関する請願(第九
 号外四三件)
○学校司書の法制化に関する請願(第一九号外五
 件)
○教育の無償化を目指して全ての子供たちに行き
 届いた教育を求めることに関する請願(第八三
 号外二件)
○教育費の無償化、子育てに関わる費用の大幅な
 軽減に関する請願(第一四四号外一三件)
○国の教育予算を増やし、教育費の無償化、父母
 負担軽減、教育条件の改善を求めることに関す
 る請願(第一六四号外一件)
○教育格差をなくし、子供たちに行き届いた教育
 に関する請願(第二一二号外五件)
○全ての子供たちに行き届いた教育を求めること
 に関する請願(第二九六号)
○二〇一一年度予算で小学一・二年生の三十五人
 学級実施を求めることに関する請願(第三三八
 号外六件)
○教育格差をなくし、子供たちに行き届いた教育
 を求めることに関する請願(第四四九号)
○全ての子供に行き届いた教育を進めることに関
 する請願(第四八四号)
○教育格差をなくし、全ての子供たちに行き届い
 た教育を進めることに関する請願(第五一二号
 外一件)
○教育による貧困・格差の連鎖を断ち切るための
 中等・高等教育無償化と奨学金の拡充に関する
 請願(第五四四号外一件)
○てんかんのある人とその家族の生活を支える教
 育に関する請願(第七五四号外一九件)
○放射性物質の汚染の海水モニタリングの全国実
 施を求めることに関する請願(第一一九五号外
 二件)
○私立幼稚園教育の充実と発展に関する請願(第
 一七四六号外一件)
○学費負担軽減と私大助成の大幅増額に関する請
 願(第二〇二五号)
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(二之湯智君) ただいまから文教科学委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十八日、亀井亜紀子君が委員を辞任され、その補欠として自見庄三郎君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(二之湯智君) これより請願の審査を行います。
 第二号国家予算に占める文化予算の割合を〇・一一%から〇・五%に増やすことに関する請願外百三十五件を議題といたします。
 これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一一九五号放射性物質の汚染の海水モニタリングの全国実施を求めることに関する請願外二件は採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとし、第二号国家予算に占める文化予算の割合を〇・一一%から〇・五%に増やすことに関する請願外百三十二件は保留とすることに意見が一致いたしました。
 以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(二之湯智君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(二之湯智君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#6
○委員長(二之湯智君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 教育、文化、スポーツ、学術及び科学技術に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(二之湯智君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(二之湯智君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#9
○委員長(二之湯智君) 委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(二之湯智君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト