くにさくロゴ
2011/03/25 第177回国会 参議院 参議院会議録情報 第177回国会 本会議 第7号
姉妹サイト
 
2011/03/25 第177回国会 参議院

参議院会議録情報 第177回国会 本会議 第7号

#1
第177回国会 本会議 第7号
平成二十三年三月二十五日(金曜日)
   午前十時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第七号
  平成二十三年三月二十五日
   午前十時開議
 第一 展覧会における美術品損害の補償に関す
  る法律案(第百七十六回国会内閣提出衆議院
  送付)
 第二 海外の美術品等の我が国における公開の
  促進に関する法律案(衆議院提出)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、政治資金適正化委員会委員の指名
 以下 議事日程のとおり
     ─────・─────
#3
○議長(西岡武夫君) これより会議を開きます。
 この際、政治資金適正化委員会委員の指名についてお諮りいたします。
 内閣から、政治資金適正化委員会委員五名の任命について、本院の議決による指名を求めてまいりました。
 よって、これより政治資金適正化委員会委員五名の指名を行いたいと存じます。
 つきましては、政治資金適正化委員会委員の指名は、議長に一任せられたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○議長(西岡武夫君) 御異議ないと認めます。
 よって、議長は、政治資金適正化委員会委員に上田廣一君、小見山満君、日出雄平君、谷口将紀君及び牧之内隆久君を指名いたします。
     ─────・─────
#5
○議長(西岡武夫君) 日程第一 展覧会における美術品損害の補償に関する法律案(第百七十六回国会内閣提出衆議院送付)
 日程第二 海外の美術品等の我が国における公開の促進に関する法律案(衆議院提出)
 以上両案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。文教科学委員長二之湯智君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔二之湯智君登壇、拍手〕
#6
○二之湯智君 ただいま議題となりました両法律案につきまして、文教科学委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、展覧会における美術品損害の補償に関する法律案は、第百七十六回国会に提出され、本院において継続審査とされていたものであります。
 その内容は、国民が美術品を鑑賞する機会の拡大に資する展覧会の開催を支援するため、その主催者が展覧会のために借り受けた美術品に損害が生じた場合に、政府が当該損害を補償する制度を創設しようとするものであります。
 なお、衆議院において、政府が補償契約を締結する場合の規定に、博物館法に規定する博物館又は博物館相当施設における展覧会の開催に資するものとなるよう配慮すること等を内容とする修正が行われております。
 次に、海外の美術品等の我が国における公開の促進に関する法律案は、衆議院文部科学委員長提出によるものであり、海外の美術品等の我が国における公開の促進を図るため、海外の美術品等に対する強制執行等の禁止の措置を定めるとともに、国の美術館等の施設の整備及び充実等について定めることにより、国民が世界の多様な文化に接する機会の増大を図ろうとするものであります。
 委員会におきましては、両法律案を一括して議題とし、両法律案の趣旨、地震等による美術品の損害補償、主権免除法との関係等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終局した後、展覧会における美術品損害の補償に関する法律案について、民主党・新緑風会、自由民主党、公明党及びみんなの党を代表して神本理事から施行期日等に関する修正案が提出されました。
 採決の結果、修正案及び修正部分を除く原案はいずれも全会一致をもって可決され、本法律案は修正議決すべきものと決定いたしました。
 次に、海外の美術品等の我が国における公開の促進に関する法律案について、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#7
○議長(西岡武夫君) これより採決をいたします。
 まず、展覧会における美術品損害の補償に関する法律案の採決をいたします。
 本案の委員長報告は修正議決報告でございます。
 本案を委員長報告のとおり修正議決することの賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#8
○議長(西岡武夫君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#9
○議長(西岡武夫君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十五  
  賛成           二百三十五  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって委員長報告のとおり修正議決されました。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#10
○議長(西岡武夫君) 次に、海外の美術品等の我が国における公開の促進に関する法律案の採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#11
○議長(西岡武夫君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#12
○議長(西岡武夫君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十五  
  賛成           二百三十五  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#13
○議長(西岡武夫君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト