くにさくロゴ
2011/07/27 第177回国会 参議院 参議院会議録情報 第177回国会 本会議 第28号
姉妹サイト
 
2011/07/27 第177回国会 参議院

参議院会議録情報 第177回国会 本会議 第28号

#1
第177回国会 本会議 第28号
平成二十三年七月二十七日(水曜日)
   午前十時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第二十八号
  平成二十三年七月二十七日
   午前十時開議
 第一 歯科口腔保健の推進に関する法律案(厚
  生労働委員長提出)
 第二 農林中央金庫及び特定農水産業協同組合
  等による信用事業の再編及び強化に関する法
  律の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議
  院送付)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 議事日程のとおり
     ─────・─────
#3
○議長(西岡武夫君) これより会議を開きます。
 日程第一 歯科口腔保健の推進に関する法律案(厚生労働委員長提出)を議題といたします。
 まず、提出者の趣旨説明を求めます。厚生労働委員長津田弥太郎君。
    ─────────────
   〔議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔津田弥太郎君登壇、拍手〕
#4
○津田弥太郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、厚生労働委員会を代表して、その提案の趣旨及び内容の概要を御説明申し上げます。
 口腔の健康を保つことは、糖尿病を始めとする生活習慣病の発症を予防し、また、認知症の発症及び進行の防止にも深く関連するなど、健康寿命を延ばすことに寄与しており、国民が健康で質の高い生活を営む上で基礎的かつ重要な役割を果たしております。そして、口腔の健康の保持には、国民の日常生活における歯科疾患の予防に向けた取組が極めて有効であります。
 本法律案は、これらに鑑み、歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持、すなわち歯科口腔保健の推進に関する施策を総合的に推進しようとするものであります。
 次に、本法律案の概要は、第一に、歯科口腔保健の推進に関する施策の基本理念として、国民の生涯にわたる日常生活における歯科疾患の予防等の促進、乳幼児期から高齢期までの特性に応じた歯科口腔保健の推進等を定めております。
 第二に、国の、歯科口腔保健の推進に関する施策を策定し実施する責務のほか、地方公共団体、歯科医師その他の歯科医療等業務従事者、国民等の責務を定めております。
 第三に、国及び地方公共団体は、歯科口腔保健に関する知識の普及啓発、国民の定期的な歯科検診の受診に必要な施策等を講ずるものとしております。
 第四に、厚生労働大臣は、施策の総合的な実施のための基本的事項を定め、都道府県は、これを勘案し、地域の状況に応じた基本的事項を定めるよう努めることとしております。
 第五に、保健所を設置する地方公共団体は、口腔保健支援センターを設けることができることとしております。
 なお、この法律は、公布の日から施行することとしております。
 以上がこの法律案の提案の趣旨及び内容の概要であります。
 なお、本法律案は厚生労働委員会において全会一致をもって委員会提出の法律案とすることに決定したものであります。
 何とぞ速やかに御可決あらんことをお願い申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#5
○議長(西岡武夫君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#6
○議長(西岡武夫君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#7
○議長(西岡武夫君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十五  
  賛成           二百三十五  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#8
○議長(西岡武夫君) 日程第二 農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。農林水産委員長主濱了君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔主濱了君登壇、拍手〕
#9
○主濱了君 ただいま議題となりました法律案につきまして、委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。
 本法律案は、東日本大震災に自ら被災し、又は、被災者への債権を相当程度有し、今後の財務状況を確実に見通すことが困難と認められる農業協同組合及び漁業協同組合等の信用事業を強化するため、被災農漁協等の自己資本の充実に関する特別の措置を講じようとするものであります。
 委員会におきましては、支援措置の対象となる農漁協等、被災農漁協等への資本増強が農漁業者に及ぼす影響、農漁業者の二重債務対策等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知を願います。
 質疑を終局し、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。
 なお、本法律案に対して附帯決議を行いました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#10
○議長(西岡武夫君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#11
○議長(西岡武夫君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#12
○議長(西岡武夫君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十六  
  賛成           二百三十六  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#13
○議長(西岡武夫君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト