くにさくロゴ
2011/05/20 第177回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第177回国会 経済産業委員会 第10号
姉妹サイト
 
2011/05/20 第177回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第177回国会 経済産業委員会 第10号

#1
第177回国会 経済産業委員会 第10号
平成二十三年五月二十日(金曜日)
    午後一時開議
 出席委員
   委員長 田中けいしゅう君
   理事 石関 貴史君 理事 北神 圭朗君
   理事 楠田 大蔵君 理事 後藤  斎君
   理事 近藤 洋介君 理事 谷畑  孝君
   理事 西村 康稔君 理事 佐藤 茂樹君
      磯谷香代子君    緒方林太郎君
      川口  博君    川島智太郎君
      木村たけつか君    櫛渕 万里君
      熊田 篤嗣君   斎藤やすのり君
      柴橋 正直君    白石 洋一君
      杉本かずみ君    平  智之君
      高松 和夫君    橋本  勉君
      花咲 宏基君    柳田 和己君
      山本 剛正君    吉田おさむ君
      梶山 弘志君    北村 誠吾君
      近藤三津枝君    高市 早苗君
      橘 慶一郎君    額賀福志郎君
      望月 義夫君    稲津  久君
      吉井 英勝君    山内 康一君
      園田 博之君
    …………………………………
   経済産業大臣       海江田万里君
   経済産業委員会専門員   綱井 幸裕君
    ―――――――――――――
委員の異動
五月二十日
 辞任         補欠選任
  斉木 武志君     網屋 信介君
  田嶋  要君     磯谷香代子君
  中山 義活君     柳田 和己君
  西野あきら君     北村 誠吾君
同日
 辞任         補欠選任
  網屋 信介君     斉木 武志君
  磯谷香代子君     田嶋  要君
  柳田 和己君     中山 義活君
  北村 誠吾君     西野あきら君
    ―――――――――――――
五月十七日
 中小業者の暮らしと経営を守ることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第六二三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 鉱業法の一部を改正する等の法律案(内閣提出第五三号)
     ――――◇―――――
#2
○田中委員長 これより会議を開きます。
 内閣提出、鉱業法の一部を改正する等の法律案を議題といたします。
 本案に対する質疑は終局いたしました。
    ―――――――――――――
#3
○田中委員長 これより討論に入るのでありますが、討論の申し出がありませんので、直ちに採決に入ります。
 内閣提出、鉱業法の一部を改正する等の法律案について採決いたします。
 本案に賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#4
○田中委員長 起立総員。よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
    ―――――――――――――
#5
○田中委員長 ただいま議決いたしました法律案に対し、後藤斎君外五名から、民主党・無所属クラブ、自由民主党・無所属の会、公明党及びみんなの党の四派共同提案による附帯決議を付すべしとの動議が提出されております。
 提出者から趣旨の説明を求めます。橘慶一郎君。
#6
○橘(慶)委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。
 まず、案文を朗読いたします。
    鉱業法の一部を改正する等の法律案に対する附帯決議(案)
  政府は、国際的な資源獲得競争が激化し、資源確保を巡る状況が年々厳しさを増し、石油、天然ガスやレアメタルを始めとする金属鉱物の安定供給を確保することがますます重要となっている状況の下、国内資源を適正に管理し、その開発をより適切に推進するため、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。
 一 海洋立国として、我が国の排他的経済水域等に存在している石油・天然ガス、メタンハイドレート、海底熱水鉱床等の海洋資源の開発の促進に向けて、国による探査を拡充させるとともに、民間企業と連携しつつ国が率先して開発に取り組むこと。
 二 創設される鉱物の探査の許可制度の執行に当たっては、我が国の排他的経済水域等における主権的権利が適切に確保されるよう十分な執行体制を構築するとともに、経済産業省、海上保安庁はじめ関係省庁が緊密に連携して適切な対応を図ること。
 三 東シナ海資源開発については、白樺油ガス田における中国側動向を注視するとともに、中国側に対して、引き続き適切な情報提供及び国際約束締結交渉の早期再開を強く求め、東シナ海における日中間の協力についての合意の速やかな実施に努めること。
 四 未処理の出願案件については、鉱物の合理的な開発が図られるよう、改正後の許可基準を適用すること等により、処理の迅速化に最大限努めること。
 五 国の機関が鉱物の探査を行う際の経済産業大臣への協議においては、許可の場合と同様に許可の基準を踏まえ適切に実施の可否を判断すること。
以上であります。
 附帯決議案の内容につきましては、審査の経過及び案文によって御理解いただけるものと存じますので、詳細な説明は省略させていただきます。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願い申し上げます。(拍手)
#7
○田中委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
 採決いたします。
 本動議に賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#8
○田中委員長 起立多数。よって、本案に対し附帯決議を付することに決しました。
 この際、海江田経済産業大臣から発言を求められておりますので、これを許します。海江田経済産業大臣。
#9
○海江田国務大臣 ただいま御決議をいただきました附帯決議につきましては、その趣旨を尊重し、本法律案の実施に努めてまいりたいと考えております。
    ―――――――――――――
#10
○田中委員長 お諮りいたします。
 ただいま議決いたしました法律案に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#12
○田中委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後一時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト