くにさくロゴ
2010/10/19 第176回国会 参議院 参議院会議録情報 第176回国会 財政金融委員会 第1号
姉妹サイト
 
2010/10/19 第176回国会 参議院

参議院会議録情報 第176回国会 財政金融委員会 第1号

#1
第176回国会 財政金融委員会 第1号
平成二十二年十月十九日(火曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         藤田 幸久君
    理 事         大久保 勉君
    理 事         愛知 治郎君
    理 事         林  芳正君
    理 事         荒木 清寛君
                尾立 源幸君
                風間 直樹君
                川合 孝典君
                川上 義博君
                田城  郁君
                谷  亮子君
                中谷 智司君
                前田 武志君
                水戸 将史君
                片山さつき君
                金子原二郎君
                熊谷  大君
                鴻池 祥肇君
                鶴保 庸介君
                中川 雅治君
                山崎 正昭君
                竹谷とし子君
                中西 健治君
                大門実紀史君
                中山 恭子君
    ─────────────
   委員の異動
 十月一日
    辞任         補欠選任
     川合 孝典君     田中 直紀君
     田城  郁君     櫻井  充君
     谷  亮子君     金子 洋一君
     前田 武志君     大塚 耕平君
     片山さつき君     古川 俊治君
     金子原二郎君     西田 昌司君
     熊谷  大君     塚田 一郎君
     鶴保 庸介君     野上浩太郎君
     中川 雅治君     丸川 珠代君
     林  芳正君     衛藤 晟一君
     山崎 正昭君     佐藤ゆかり君
 十月四日
    辞任         補欠選任
     衛藤 晟一君     林  芳正君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         藤田 幸久君
    理 事
                大久保 勉君
                大塚 耕平君
                愛知 治郎君
                佐藤ゆかり君
                荒木 清寛君
    委 員
                尾立 源幸君
                風間 直樹君
                金子 洋一君
                川上 義博君
                櫻井  充君
                田中 直紀君
                中谷 智司君
                水戸 将史君
                塚田 一郎君
                西田 昌司君
                野上浩太郎君
                林  芳正君
                古川 俊治君
                丸川 珠代君
                竹谷とし子君
                中西 健治君
                大門実紀史君
                中山 恭子君
   国務大臣
       財務大臣     野田 佳彦君
       国務大臣
       (内閣府特命担
       当大臣(金融)
       )        自見庄三郎君
   副大臣
       内閣府副大臣   東  祥三君
       財務副大臣    五十嵐文彦君
       財務副大臣    櫻井  充君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        和田 隆志君
       財務大臣政務官  吉田  泉君
       財務大臣政務官  尾立 源幸君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        大嶋 健一君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(藤田幸久君) ただいまから財政金融委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、石橋通宏君、藤谷光信君、川崎稔君、前田武志君、川合孝典君、田城郁君、谷亮子さん、片山さつきさん、金子原二郎君、熊谷大君、鶴保庸介君及び中川雅治君が委員を辞任され、その補欠として尾立源幸君、水戸将史君、川上義博君、風間直樹君、大塚耕平君、田中直紀君、櫻井充君、古川俊治君、西田昌司君、塚田一郎君、野上浩太郎君及び丸川珠代さんが選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(藤田幸久君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(藤田幸久君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に大塚耕平君及び佐藤ゆかりさんを指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(藤田幸久君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、財政及び金融等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(藤田幸久君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#7
○委員長(藤田幸久君) この際、野田財務大臣、自見内閣府特命担当大臣、櫻井財務副大臣、五十嵐財務副大臣、東内閣府副大臣、吉田財務大臣政務官、尾立財務大臣政務官及び和田内閣府大臣政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。野田財務大臣。
#8
○国務大臣(野田佳彦君) 引き続き財務大臣を拝命いたしました野田佳彦でございます。
 本委員会の開催に当たり、一言ごあいさつを申し上げますとともに、今後の財政政策等を運営するに当たっての基本的な考え方を申し述べ、委員各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。
 我が国の景気については、アジアを中心とした外需等により持ち直してきたものの、回復力の弱さや先行きの下押しリスクを示す動きが続いており、環境の厳しさが増しております。失業率が若年層を中心に依然として高水準で推移しているなど、雇用情勢も厳しい状況にございます。
 財政状況は、高齢化の急速な進展による社会保障費の急増などを背景として悪化し、現在、我が国の財政は主要国中最悪の水準となっており、国債発行に過度に依存した財政運営はもはや困難であります。
 こうした我が国の経済財政状況を打破し、元気な日本を復活させるために、本年六月に閣議決定した新成長戦略及び財政運営戦略に基づき、経済成長と財政再建との両立を目指してまいります。
 新成長戦略においては、その中で示した成長のための具体的な道筋に沿って、デフレ脱却を実現し、持続的な経済成長へとつなげていくことにしております。当面はデフレ脱却をマクロ経済運営上の最重要課題と位置付け、日本銀行と一体となって強力かつ総合的な政策努力を行います。
 財政運営戦略の中では財政健全化目標を示しており、今後これに沿って成長と雇用拡大を実現しながら一歩ずつ達成を目指します。
 重要政策課題である社会保障改革について、財源と一体的に議論する必要があります。総理が申し上げたように、消費税を含め、税制全体の議論を進めてまいります。こうした政策課題については、野党の皆さんとも意見交換をしていきたいと考えております。
 また、急速な円高の進行等の厳しい経済情勢への対応の観点からは、デフレ脱却と景気の自律的回復に向けた道筋を確かなものとしていくために、平成二十三年度までの政策展開を定めた新成長戦略実現に向けた三段構えの経済対策を九月十日に決定いたしました。そのステップ1として、予備費を活用し、即効性を重視した緊急的な対策を実施しております。さらに十月八日には、ステップ2として、平成二十二年度補正予算の編成を含む円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策を閣議決定しており、切れ目のない迅速な政策対応によってデフレ脱却と経済の好循環を実現してまいります。
 平成二十三年度予算編成においては、マニフェストを含め、新成長戦略の目標とする経済成長や国民生活の質の向上の実現を目指し、予算の大胆な組替えを図ってまいりますが、そのためには、無駄遣いの根絶の徹底や不要不急な事務事業の大胆な見直しにより、新たな政策、効果の高い政策に重点配分する財源を確保することが必要であります。引き続き、無駄を徹底して排除する行政刷新会議における事業仕分を実施するとともに、特別枠の配分について公開手法を導入し、更なる予算編成過程の透明化、見える化を図っていく中で、国民目線、国益に立脚した予算の組替えを実現してまいります。
 平成二十三年度税制改正については、平成二十二年度税制改正大綱及び財政運営戦略等を踏まえ、公平、透明、納得の原則の下で税制調査会において検討し、取りまとめを行ってまいります。
 最後に、世界経済の回復と発展に向けた取組について申し上げます。
 現下の世界経済については、緩やかに回復しておりますが、米国を始めとして失業率が高水準であるなど、引き続き厳しい状況にあり、今後の動向について注視していく必要があると考えております。
 去る十月八日から九日にかけて、米国ワシントンでG7会合等に出席し、世界経済の現状等について各国と意見交換を行ってきました。為替については、G7会合において、デフレが進行し経済情勢が依然として厳しい中、経済、金融の安定に悪影響を及ぼす為替相場の過度の変動を抑制する観点から為替介入を実施したこと等を説明するとともに、これまでのG7やG20における合意の内容を改めて確認しました。
 今後もG20財務大臣・中央銀行総裁会議やAPEC財務大臣会合が予定されており、国際金融の諸課題の議論に積極的に貢献してまいります。
 また、貿易・投資の自由化、円滑化を推進していくことが重要です。このため、EPA、FTAの推進等に積極的に取り組んでまいります。
 以上、財政政策等に関する私の考えの一端を申し述べました。今後とも、与野党の皆様のお力添えを得て、政策運営に万全を尽くしてまいる所存であります。
 藤田委員長を始め委員各位におかれましては、御理解と御協力をお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
#9
○委員長(藤田幸久君) 自見内閣府特命担当大臣。
#10
○国務大臣(自見庄三郎君) 金融担当大臣の自見庄三郎でございます。引き続き、御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。
 本日、現下の金融行政について一言申し述べます。
 初めに、我が国金融システムをめぐる状況について述べます。
 我が国の景気は引き続き持ち直してきており、自律的回復に向けた動きも見られますが、このところ環境の厳しさは増しており、特に中小企業の業況感、資金繰りについては、需要の低迷による売上げの低迷や為替市場の変動等により厳しい状況が続いているとの声が聞かれるところであります。
 こうした中で、金融庁といたしましては、昨年十二月に施行した中小企業金融円滑化法を始めとする諸施策により、我が国における金融の円滑化に努めているところであります。同法については、これまでの実績を見る限り、金融機関における取組が着実に行われているものと考えておりますが、金融庁といたしましても、引き続き、中小企業等の資金繰りの状況や金融機関の取組状況などの把握に努め、中小企業等の資金需要が高まる年末、年度末に向けて金融の円滑化に努めてまいります。
 次に、改正貸金業法の完全施行について申し上げます。
 本年六月に同法が完全施行されました。その直後に設置いたしました改正貸金業法フォローアップチームにおいては、制度の周知徹底や施行状況の実態把握等を行っているところであります。今後も、同法の完全施行後の状況の推移をよくフォローしてまいる所存でございます。
 続きましては、国際的な金融規制改革の動向について申し上げます。
 先般の金融危機を踏まえ、G20首脳会合や金融安定理事会、FSB等では、危機の再発防止と強固な金融システムの構築に向けた議論が進んでいるところであります。今後、本年十一月のソウル・サミット等に向けて、引き続き、国際的に活動する銀行の自己資本・流動性の強化や、システム上重要な金融機関のモラルハザード防止等の国際的な議論に積極的に参画してまいります。
 次に、新成長戦略について申し上げます。
 経済社会が抱える課題の解決を新たな需要や雇用創出のきっかけとして、それを成長につなげていくことが重要であります。このような観点から、本年六月に閣議決定されました新成長戦略では、金融戦略が七つの戦略分野の一つとして位置付けられております。また、金融の役割として、実体経済、企業のバックアップ役としてのサポートを行うこと、金融自身が成長産業として経済をリードすることの二つが挙げられております。これらを踏まえ、金融庁では、今月八日に金融資本市場及び金融産業の活性化等のためのアクションプランの年内策定に向けて作業を本格化する旨、公表したところであります。
 今後、新金融立国に向けて、経済成長に寄与する各般の施策に積極的に取り組んでまいります。
 最後になりますが、さきの通常国会において提出した保険業法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律案については、速やかに御審議の上、何とぞ早期の成立をお願いをいたします。
 以上、金融担当大臣として一言ごあいさつを申し上げました。今後とも、皆様方のお力添えを得て、金融行政の運営に全力を傾注する所存でございます。
 藤田委員長を始め委員各位におかれましては、御理解と御協力を心からお願いする次第でございます。
 ありがとうございました。
#11
○委員長(藤田幸久君) 櫻井財務副大臣。
#12
○副大臣(櫻井充君) おはようございます。
 この度、財務副大臣を拝命いたしました櫻井充でございます。
 五十嵐副大臣、そして吉田、尾立両政務官共々、野田財務大臣をお支えし、この重責を果たすために一生懸命頑張っていきたいと思っております。
 藤田幸久委員長を始め委員の皆様の御指導、御鞭撻賜りますよう、心からお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
#13
○委員長(藤田幸久君) 五十嵐財務副大臣。
#14
○副大臣(五十嵐文彦君) この度、財務副大臣を拝命いたしました五十嵐文彦でございます。
 我が国の経済財政の状況は大変厳しい中にございます。そして、税財政をめぐる改革、抜本的な改革が求められていると存じております。
 野田大臣の御指示を仰ぎつつ、櫻井副大臣、そして吉田政務官、尾立政務官とともに誠心誠意職務の遂行に当たる所存でございます。
 藤田幸久委員長を始め委員の皆様の御指導、御鞭撻、よろしくお願いを申し上げます。
 ありがとうございます。
#15
○委員長(藤田幸久君) 東内閣府副大臣。
#16
○副大臣(東祥三君) おはようございます。
 この度、内閣府副大臣を拝命いたしました東祥三でございます。自見大臣の指導の下、金融関連事項を担当させていただきます。
 和田政務官共々に自見大臣をしっかりとお支えするためにも、藤田委員長、理事、そして委員の諸先生の皆さん方の御指導をいただきながら職務を全うさせていただくよう、何とぞよろしくお願いいたします。
#17
○委員長(藤田幸久君) 吉田財務大臣政務官。
#18
○大臣政務官(吉田泉君) この度、財務大臣政務官を拝命しました吉田泉であります。
 尾立大臣政務官とともに大臣、副大臣を支えて職務の遂行に全力を傾注してまいります。
 藤田幸久委員長を始め皆様の御指導、御鞭撻、何とぞよろしくお願いいたします。
#19
○委員長(藤田幸久君) 尾立財務大臣政務官。
#20
○大臣政務官(尾立源幸君) 皆様、おはようございます。
 この度、財務大臣政務官を拝命いたしました尾立源幸でございます。
 吉田政務官とともに野田大臣を補佐しつつ職務の遂行に全力で尽くしてまいりたいと思っております。
 藤田幸久委員長を始め委員の皆様の御指導、御鞭撻、何とぞよろしくお願いを申し上げます。
#21
○委員長(藤田幸久君) 和田内閣府大臣政務官。
#22
○大臣政務官(和田隆志君) 皆様、おはようございます。
 この度、内閣府大臣政務官を拝命いたしました和田隆志でございます。金融関連事項を担当させていただきたいと思います。
 自見大臣、東副大臣の下、全力を尽くさせていただきますので、藤田委員長を始め理事、委員の皆様方各位の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
#23
○委員長(藤田幸久君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト