くにさくロゴ
2010/10/22 第176回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第176回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2010/10/22 第176回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第176回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号

#1
第176回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号
平成二十二年十月二十二日(金曜日)
    午前九時五十一分開議
 出席委員
   委員長 奥村 展三君
   理事 北神 圭朗君 理事 長尾  敬君
   理事 向山 好一君 理事 谷田川 元君
   理事 鷲尾英一郎君 理事 江藤  拓君
   理事 古屋 圭司君 理事 竹内  譲君
      大谷 信盛君    熊谷 貞俊君
      高橋 英行君    玉城デニー君
      中島 政希君    中津川博郷君
      野木  実君    松宮  勲君
      村上 史好君    渡辺 義彦君
      あべ 俊子君    小泉進次郎君
      坂本 哲志君    高木  毅君
      笠井  亮君    中島 隆利君
    …………………………………
   国務大臣
   (拉致問題担当)     柳田  稔君
   外務大臣         前原 誠司君
   国務大臣
   (国家公安委員会委員長) 岡崎トミ子君
   内閣府副大臣       東  祥三君
   外務副大臣        松本 剛明君
   衆議院調査局北朝鮮による拉致問題等に関する特別調査室長          綱井 幸裕君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二十二日
 辞任         補欠選任
  勝又恒一郎君     高橋 英行君
  萩原  仁君     玉城デニー君
  吉田 公一君     大谷 信盛君
  小里 泰弘君     小泉進次郎君
  永岡 桂子君     あべ 俊子君
  笠井  亮君     穀田 恵二君
同日
 辞任         補欠選任
  大谷 信盛君     吉田 公一君
  高橋 英行君     勝又恒一郎君
  玉城デニー君     萩原  仁君
  あべ 俊子君     永岡 桂子君
  小泉進次郎君     小里 泰弘君
  穀田 恵二君     笠井  亮君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 参考人出頭要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○奥村委員長 これより会議を開きます。
 この際、柳田拉致問題担当大臣、岡崎国家公安委員会委員長及び前原外務大臣からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。柳田拉致問題担当大臣。
#3
○柳田国務大臣 おはようございます。
 拉致問題担当大臣の柳田稔でございます。
 拉致問題担当大臣に就任してから約一カ月が経過いたしました。この間、中井洽前大臣から引き継ぎを受け、拉致被害者の御家族の方々などと面会するとともに、外務省や警察庁、公安調査庁などの関係省庁から説明を受けてまいりました。
 今月十五日は五名の拉致被害者が帰国して八年の節目でございましたが、いまだ五名以外の拉致被害者を救出できずにいることなどを思うと、大変申しわけなく感じております。
 北朝鮮は、平成二十年六月及び八月に行われた日朝協議において、拉致問題は解決済みとの従来の立場を変更し、拉致問題の解決に向けた具体的行動をとるための全面的な調査の実施を約束したものの、いまだ問題の解決に向け具体的行動をとっていません。
 北朝鮮による拉致問題は、我が国の国家主権及び国民の生命と安全にかかわる重大な問題でございます。政府としては、国の責任において、拉致問題の解決に取り組み、すべての拉致被害者の一刻も早い帰国に向けて全力を尽くしてまいります。
 このため、徹底した情報の収集、分析、及び韓国、アメリカを初めとする関係各国との緊密な連携に引き続き努めてまいります。
 ことし三月には、本特別委員会の御尽力により、拉致被害者等支援法を議員立法で改正いただき、拉致被害者等給付金の支給期間が延長されました。帰国された被害者及びその御家族は、周囲の支えもいただきながら、それぞれ大変な御努力をされ自立されつつあり、地域にも溶け込んでおられると伺っております。政府としても、引き続き支援に取り組んでいく考えです。
 拉致被害者の御家族は御高齢の方も多く、被害者の救出は時間との闘いです。とにかく一にも二にも安全に一日も早く拉致被害者に帰ってきていただきたい。そのために最大限の努力をする所存でございます。
 奥村委員長を初め、理事、委員の皆様方の御理解、御協力をよろしくお願いいたします。(拍手)
#4
○奥村委員長 次に、岡崎国家公安委員会委員長。
#5
○岡崎国務大臣 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会の開催に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 北朝鮮による拉致容疑事案は、我が国の主権を侵害し、国民の生命身体に危険を及ぼすとともに、被害者に耐えがたい苦痛を与える許しがたい犯罪であり、治安上極めて重大な問題であると認識しております。
 現在、警察において拉致容疑事案と判断しているものは、十三件、十九人であり、拉致の実行犯等として、北朝鮮工作員やよど号のハイジャック犯人等、計十一人について、逮捕状の発付を得て国際手配をしているところであります。また、これらの事案以外にも、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない事案があるとの認識のもと、鋭意所要の捜査や調査を進めているところであります。
 また、我が国の対北朝鮮措置の実効性を確保するため、警察では、第三国を経由した迂回輸出入等、同措置に係る違法行為の取り締まりを徹底しているところであります。
 今後とも、拉致被害者の早期帰国を実現するため、拉致容疑事案の全容解明に向け、関係機関との緊密な連携を図りつつ、組織を挙げて徹底した捜査及び調査を推進してまいります。
 奥村委員長を初め、理事、委員各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。(拍手)
#6
○奥村委員長 次に、前原外務大臣。
#7
○前原国務大臣 皆様、おはようございます。
 衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会の開催に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。
 本日は、最近の北朝鮮をめぐる状況について御報告いたします。
 九月に行われました朝鮮労働党代表者会などを経て、北朝鮮においては党や軍にかかわる新たな人事が行われました。このような動きを踏まえ、北朝鮮の内外の政策については引き続き注視をしていく所存でございます。
 御案内のとおり、本年三月、北朝鮮は、韓国哨戒艦を魚雷攻撃により沈没させ、四十六名が犠牲となりました。これを受けまして国連安保理は議長声明を発出し、この事件の責任が北朝鮮にあると結論づけた軍民合同調査団の調査結果にかんがみて深い懸念を表明した上で、この事件をもたらした攻撃を非難いたしました。
 政府は、北朝鮮による行為は地域の平和と安全を脅かすものであり、我が国及び国際社会による諸懸案の解決に向けた取り組みに悪影響を与えるものであって容認できないとの観点から、金融面を初めとする追加的な対北朝鮮措置を実施してまいりました。
 北朝鮮に対しましては、諸問題の解決に向けて具体的な行動をとることがみずからの利益になるということを理解させるためにも、安保理決議に基づく措置や、我が国独自の措置を引き続き着実に実施する考えでございます。
 六者会合については、韓国哨戒艦沈没事件やその後の北朝鮮の対応を踏まえれば、現時点で再開できる状況にはありません。六者会合は、再開自体が目的ではなく、再開するのであれば、具体的な成果について一定の見通しが必要であります。
 したがいまして、北朝鮮は、まず非核化を初めとする二〇〇五年九月の六者会合共同声明におけるみずからの約束を完全に実施する意思があることを、具体的な行動によって示さなければなりません。
 政府といたしましては、北朝鮮の核放棄を初めとする諸懸案の解決に向けて、引き続き、国連安保理決議の着実な履行を含め、米国及び韓国、さらには中国といった関係国と緊密に連携をしていく所存でございます。
 拉致問題につきましては、北朝鮮はいまだに二〇〇八年八月の日朝間の合意に従った全面的な調査のやり直しを行っておりません。政府といたしましては、北朝鮮による調査のやり直しが早期に開始され、生存者の方々の一刻も早い帰国につながるような成果が早期に得られるよう、引き続き北朝鮮側に強く求めていく考えであります。
 政府といたしましても、今後とも、日朝平壌宣言にのっとり、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して日朝国交正常化を実現するとの基本方針のもと、取り組んでまいります。関係国とも緊密に連携協力しながら、北朝鮮側に対し、拉致問題や核問題を含む諸懸案の解決に向けた具体的な行動を求めていく考えでございます。
 奥村委員長を初め、本委員会の皆様の御支援と御協力を心よりお願い申し上げます。
 ありがとうございます。(拍手)
     ――――◇―――――
#8
○奥村委員長 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。
 北朝鮮による拉致問題等に関する件の調査のため、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○奥村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト