くにさくロゴ
2010/12/03 第176回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第176回国会 経済産業委員会 第6号
姉妹サイト
 
2010/12/03 第176回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第176回国会 経済産業委員会 第6号

#1
第176回国会 経済産業委員会 第6号
平成二十二年十二月三日(金曜日)
    午前十一時十四分開議
 出席委員
   委員長 田中けいしゅう君
   理事 北神 圭朗君 理事 楠田 大蔵君
   理事 後藤  斎君 理事 近藤 洋介君
   理事 平  智之君 理事 谷畑  孝君
   理事 西村 康稔君 理事 佐藤 茂樹君
      池田 元久君    緒方林太郎君
      笠原多見子君    川口  博君
      木村たけつか君    櫛渕 万里君
      熊田 篤嗣君    斉木 武志君
      柴橋 正直君    白石 洋一君
      杉本かずみ君    田嶋  要君
      高松 和夫君    中山 義活君
      橋本  勉君    花咲 宏基君
      皆吉 稲生君    森山 浩行君
      山本 剛正君    吉田おさむ君
      金子 恭之君    近藤三津枝君
      柴山 昌彦君    新藤 義孝君
      高市 早苗君    橘 慶一郎君
      西野あきら君    稲津  久君
      吉井 英勝君    山内 康一君
    …………………………………
   経済産業大臣       大畠 章宏君
   経済産業副大臣      池田 元久君
   経済産業大臣政務官    田嶋  要君
   経済産業大臣政務官    中山 義活君
   経済産業委員会専門員   綱井 幸裕君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月三日
 辞任         補欠選任
  梶山 弘志君     金子 恭之君
  額賀福志郎君     柴山 昌彦君
同日
 辞任         補欠選任
  金子 恭之君     梶山 弘志君
  柴山 昌彦君     額賀福志郎君
    ―――――――――――――
十一月二十九日
 中小業者の暮らしと経営を守ることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第五二四号)
 同(宮本岳志君紹介)(第五二五号)
 同(吉井英勝君紹介)(第五二六号)
 原子力発電等に関する請願(村上誠一郎君紹介)(第七三一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 中小企業対策の抜本的強化に関する件
     ――――◇―――――
#2
○田中委員長 これより会議を開きます。
 経済産業の基本施策に関する件について調査を進めます。
 この際、中小企業対策の抜本的強化に関する件について決議をいたしたいと存じます。
 本件につきましては、理事会等におきまして、各会派間で御協議願っておりましたが、その協議が調い、案文がまとまりました。
 便宜、委員長から案文を朗読し、その趣旨の説明にかえたいと存じます。
    中小企業対策の抜本的強化に関する件(案)
  我が国の現在の経済状況は、リーマン・ショック以降、実施してきた数々の政策効果もあって回復の兆しが見えていたところであるが、昨今の円高・デフレの進行に伴い、先行きの不透明さは増すばかりである。とりわけ中小・小規模企業については、我が国経済の基盤を支えるかけがえのない存在であるとの思いを新たにし、年末及び年度末の金融対策も含め、その経営環境の改善には、万全な上にも万全を期すことが必要である。
  よって政府は、こうした情勢を踏まえ、中小企業の活性化を図るために、次の事項について最大限の努力をすべきである。
 一 中小企業経営の命綱でもある中小企業金融にかかる景気対応緊急保証、セーフティネット貸付、中小企業金融円滑化法及び小規模事業者経営改善資金(マル経)融資制度について、その政策効果を検証しつつ、制度の継続や内容の更なる改善について真摯に検討し、中小企業の資金繰り支援に万全の体制を取ること。
 二 下請代金支払遅延等防止法の厳格な執行などにより、大企業による下請けいじめを防止し、下請け取引の一層の適正化を行い、企業規模間や業種別格差の是正を図るなど、公正な市場環境を整備すること。
 三 中小企業の能力向上のため、ものづくりを支える中小企業の技術開発支援や若手人材の雇用ミスマッチ解消など中小企業の人材の確保・育成に引き続き積極的に取り組むこと。
 四 中小企業も、国内市場にのみ活動の場を限定するのではなく、海外の需要を取り込むなど多角的な経営が必要となっていることに鑑み、中小企業の海外展開を積極的に推進すること。
 五 中小企業の地域経済における重要性に鑑み、農商工連携や地域資源の活用、地域の商店街の活性化への支援に引き続き積極的に取り組むこと。
 六 中小企業の経営支援を充実するため、融資相談・経営相談・再生支援など中小企業各種相談窓口を強化し、広報活動を含め体制整備を図ること。
 七 中小・小規模企業の仕事創出のため、公共事業の大幅な前倒し発注や分割発注の推進等により、官公需の中小企業の受注比率の向上を図るとともに、中小企業対策について、地域の実情に応じて効果的に実施できるよう、地方との連携を強化すること。
 八 中小企業対策のための予算の確保及び税制措置について万全を期すこと。
  右決議する。
以上であります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。
 お諮りいたします。
 ただいま読み上げました案文を本委員会の決議とするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#3
○田中委員長 起立総員。よって、本件は本委員会の決議とすることに決しました。
 この際、大畠経済産業大臣からただいまの決議に対し発言を求められておりますので、これを許します。大畠経済産業大臣。
#4
○大畠国務大臣 ただいま御決議をいただきました件につきまして、その趣旨を尊重し、私としても中小企業対策に万全を期してまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願いします。(拍手)
#5
○田中委員長 お諮りいたします。
 ただいまの決議についての議長に対する報告及び関係各方面への参考送付の取り扱いにつきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○田中委員長 この際、御報告申し上げます。
 本委員会に付託されました請願は二十六件であります。各請願の取り扱いにつきましては、先ほどの理事会において協議いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。
 なお、お手元に配付いたしてありますとおり、本委員会に参考送付されました陳情書は九件であります。
 また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は三十六件であります。
 念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#8
○田中委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 まず、第百七十四回国会、内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#9
○田中委員長 起立多数。よって、そのように決しました。
 次に
 経済産業の基本施策に関する件
 資源エネルギー及び原子力安全・保安に関する件
 特許に関する件
 中小企業に関する件
 私的独占の禁止及び公正取引に関する件
 鉱業等に係る土地利用の調整に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、その出席を求めることとし、日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、その承認申請を行うこととし、派遣委員の人選、派遣期間等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト