くにさくロゴ
2010/11/11 第176回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第176回国会 議院運営委員会 第7号
姉妹サイト
 
2010/11/11 第176回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第176回国会 議院運営委員会 第7号

#1
第176回国会 議院運営委員会 第7号
平成二十二年十一月十一日(木曜日)
    午後零時一分開議
 出席委員
   委員長 川端 達夫君
   理事 松野 頼久君 理事 山井 和則君
   理事 高山 智司君 理事 村井 宗明君
   理事 三谷 光男君 理事 横山 北斗君
   理事 菅  義偉君 理事 高木  毅君
   理事 遠藤 乙彦君
      相原 史乃君    緒方林太郎君
      大西 健介君    奥野総一郎君
      小宮山泰子君    小室 寿明君
      斉木 武志君    高井 崇志君
      赤澤 亮正君    伊東 良孝君
      小泉進次郎君    橘 慶一郎君
      佐々木憲昭君    重野 安正君
    …………………………………
   議長           横路 孝弘君
   副議長          衛藤征士郎君
   事務総長         鬼塚  誠君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十一日
 辞任         補欠選任
  齋藤  健君     赤澤 亮正君
  服部 良一君     重野 安正君
同日
 辞任         補欠選任
  赤澤 亮正君     齋藤  健君
  重野 安正君     服部 良一君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○川端委員長 これより会議を開きます。
 まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案、特別職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案、国家公務員の育児休業等に関する法律等の一部を改正する法律案の各法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○川端委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、各法律案の趣旨説明は、片山総務大臣が行います。
 各法律案の趣旨説明に対し、民主党・無所属クラブの中後淳君、自由民主党・無所属の会の橘慶一郎君、公明党の稲津久君から、それぞれ質疑の通告があります。
 質疑時間は、おのおの十五分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○川端委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
 一、趣旨説明を聴取する議案の件
  一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出)
  特別職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出)
  国家公務員の育児休業等に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出)
   趣旨説明 総務大臣 片山 善博君
   質疑通告     時 間  要求大臣
 中後  淳君(民主) 15分以内 厚労、蓮舫国務(公務員制度)、総務
 橘 慶一郎君(自民) 15分以内 総務、蓮舫国務(公務員制度)、官房、財務
 稲津  久君(公明) 15分以内 総務、官房、蓮舫国務(公務員制度)
    ―――――――――――――
#5
○川端委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#6
○鬼塚事務総長 まず最初に、日程第一につき、古賀国土交通委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、一般職給与法等改正案、特別職給与法等改正案及び国家公務員育児休業法等改正案につきまして、片山総務大臣から趣旨の説明がございます。これに対しまして、三人の方々からそれぞれ質疑が行われます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第七号
  平成二十二年十一月十一日
    午後一時開議
 第一 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案(第百七十四回国会、内閣提出、参議院送付)
    ―――――――――――――
#7
○川端委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#8
○川端委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る十五日月曜日午後三時三十分から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト