くにさくロゴ
2010/10/19 第176回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第176回国会 安全保障委員会 第1号
姉妹サイト
 
2010/10/19 第176回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第176回国会 安全保障委員会 第1号

#1
第176回国会 安全保障委員会 第1号
本国会召集日(平成二十二年十月一日)(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 奥田  建君
   理事 生方 幸夫君 理事 神風 英男君
   理事 玉城デニー君 理事 宮島 大典君
   理事 村越 祐民君 理事 新藤 義孝君
   理事 中谷  元君 理事 佐藤 茂樹君
      楠田 大蔵君    高橋 昭一君
      橘  秀徳君    津島 恭一君
      中塚 一宏君    中野  譲君
      長島 昭久君    平野 博文君
      藤田 大助君    笠  浩史君
      鷲尾英一郎君    渡辺浩一郎君
      岩屋  毅君    江渡 聡徳君
      木村 太郎君    武田 良太君
      浜田 靖一君    町村 信孝君
      赤嶺 政賢君    照屋 寛徳君
      下地 幹郎君
    ―――――――――――――
十月一日
 奥田建君委員長辞任につき、その補欠として平野博文君が議院において、委員長に選任された。
平成二十二年十月十九日(火曜日)
    午前九時三十一分開議
 出席委員
   委員長 平野 博文君
   理事 下条 みつ君 理事 神風 英男君
   理事 空本 誠喜君 理事 玉城デニー君
   理事 宮島 大典君 理事 村越 祐民君
   理事 今津  寛君 理事 岩屋  毅君
   理事 新藤 義孝君 理事 佐藤 茂樹君
      安住  淳君    小原  舞君
      神山 洋介君    菊池長右ェ門君
      高橋 昭一君    西村智奈美君
      萩原  仁君    松本 大輔君
      山尾志桜里君    渡辺浩一郎君
      渡辺 義彦君    浜田 靖一君
      松浪 健太君    松野 博一君
      赤嶺 政賢君    照屋 寛徳君
    …………………………………
   外務大臣         前原 誠司君
   防衛大臣         北澤 俊美君
   外務副大臣        伴野  豊君
   外務副大臣        松本 剛明君
   防衛副大臣        安住  淳君
   外務大臣政務官      菊田真紀子君
   外務大臣政務官      山花 郁夫君
   外務大臣政務官      徳永 久志君
   防衛大臣政務官      松本 大輔君
   防衛大臣政務官      広田  一君
   安全保障委員会専門員   湯澤  勉君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月一日
 辞任         補欠選任
  生方 幸夫君     安住  淳君
  奥田  建君     小原  舞君
  楠田 大蔵君     神山 洋介君
  橘  秀徳君     菊池長右ェ門君
  津島 恭一君     下条 みつ君
  中塚 一宏君     空本 誠喜君
  中野  譲君     西村智奈美君
  長島 昭久君     萩原  仁君
  藤田 大助君     松本 大輔君
  笠  浩史君     山尾志桜里君
  鷲尾英一郎君     渡辺 義彦君
同日
 委員町村信孝君が退職された。
同月六日
            補欠選任
             今津  寛君
同月十五日
 辞任         補欠選任
  赤嶺 政賢君     塩川 鉄也君
同日
 辞任         補欠選任
  塩川 鉄也君     赤嶺 政賢君
同月十九日
 辞任         補欠選任
  木村 太郎君     松野 博一君
  武田 良太君     松浪 健太君
同日
 辞任         補欠選任
  松浪 健太君     武田 良太君
  松野 博一君     木村 太郎君
同日
 理事生方幸夫君同月一日委員辞任につき、その補欠として下条みつ君が理事に当選した。
同日
 理事玉城デニー君、新藤義孝君及び中谷元君同日理事辞任につき、その補欠として空本誠喜君、今津寛君及び岩屋毅君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月一日
 国際平和協力法案(中谷元君外四名提出、第百七十四回国会衆法第二四号)
 国際緊急援助隊の派遣に関する法律の一部を改正する法律案(中谷元君外四名提出、第百七十四回国会衆法第二五号)
 自衛隊法の一部を改正する法律案(小野寺五典君外七名提出、第百七十四回国会衆法第三一号)
 防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、第百七十四回国会閣法第二七号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○平野委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、安全保障委員長に就任をいたしました平野博文でございます。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重大さを痛感している次第であります。
 国際平和と安全に対する脅威がますます多様化し複雑化している中、我が国周辺の安全保障環境は厳しさを増しているところでございます。こうした国際情勢のもとに、我が国の平和と安全を確保するため、また国民生活の安定のため、当委員会に課せられた使命はまことに重大でございます。
 ここに、委員各位の御協力を賜りまして、公正かつ円滑なる委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願いをいたします。
     ――――◇―――――
#3
○平野委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事玉城デニー君、新藤義孝君及び中谷元君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○平野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任並びに委員の異動に伴いまして、現在理事が四名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○平野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      下条 みつ君    空本 誠喜君
      今津  寛君 及び 岩屋  毅君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○平野委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 国政に関する調査を行うため、本会期中、国の安全保障に関する事項について、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○平野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○平野委員長 この際、国務大臣、副大臣及び大臣政務官より、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。北澤防衛大臣。
#9
○北澤国務大臣 皆さん、おはようございます。防衛大臣の北澤俊美でございます。
 本日は、平野委員長を初め委員の皆さんに一言ごあいさつを申し上げます。
 私が防衛大臣の職についてから約一年間が経過いたしました。引き続き、国民の皆様の期待にこたえられるよう、関係閣僚と連携しつつ、現下の諸課題に全力で取り組んでまいる所存であります。
 まず、我が国周辺情勢について申し上げます。
 北朝鮮の核やミサイルの問題は、引き続き予断を許さない状況にあり、情報の収集、分析に努めるとともに、その対応に万全を期してまいります。
 中国については、軍事力の近代化の推進や軍事活動の活発化について大きな関心を持って注目するとともに、相互理解と信頼醸成の増進に取り組んでまいります。
 次に、防衛力整備について申し上げます。
 防衛大綱の見直しと次期中期防衛力整備計画の策定については、本年中に結論を得ることとしております。本年八月に提出された有識者懇談会の報告書も検討材料の一つとして、政府の検討の資となるよう、自衛隊の体制等について検討を深めてまいります。
 また、武器輸出三原則等や防衛力整備を支える防衛生産・技術基盤のあり方についても検討するとともに、防衛省改革についても推進をしてまいります。
 また、日米安全保障体制については、ASEAN拡大国防相会議に際しての日米防衛相会談においても、平素からの防衛協力強化を含む同盟の深化の重要性について意見交換をいたしました。今後とも、日米間の協議を進め、二十一世紀にふさわしい日米関係を築き上げてまいります。
 普天間飛行場の移設問題については、本年五月の日米合意を踏まえて取り組むと同時に、沖縄に集中した基地負担の軽減にも全力を挙げて取り組んでまいります。
 また、在日米軍駐留経費負担については、その重要性を十分に考慮しつつも、我が国の厳しい財政事情に配慮し、現行特別協定の改定に向けて、国民の理解が得られるよう取り組んでまいります。
 次に、海外における自衛隊の活動については、海賊対処活動や国際平和協力活動など、今後とも積極的に取り組んでまいります。
 また、国際的な安全保障環境を改善するため、各国との防衛協力や防衛交流を進めてまいります。
 法案について申し上げます。
 本国会においては、防衛省設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案を提出させていただいているほか、防衛省の職員の給与等に関する法律等の一部を改正する法律案の提出を予定しております。
 また、防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律の一部を改正する法律案が本院において継続審査とされております。委員各位におかれましては、御審議のほどよろしくお願いをいたします。
 最後に、平野委員長を初め委員各位の一層の御指導と御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)
#10
○平野委員長 次に、前原外務大臣。
#11
○前原国務大臣 おはようございます。
 衆議院安全保障委員会の開催に当たり、委員各位に謹んでごあいさつを申し上げ、安全保障政策について所信を申し述べたいと思います。
 外交の究極の目的は、国益を追求し、高めることであります。我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増していることにかんがみれば、国益追求の前提となる安全保障体制の強化はますます重要になっていると考えます。
 我が国周辺地域においては、北朝鮮が核及び弾道ミサイルの開発を継続し、本年三月には韓国哨戒艦を魚雷攻撃により沈没させました。拉致問題については、北朝鮮は解決に向けた誠意ある対応を見せていません。また、中国による透明性を欠いた国防力の強化や、東シナ海、南シナ海等における海洋活動の活発化には懸念を有しています。我が国の固有の領土である尖閣諸島については、現に我が国はこれを有効に支配しており、今後ともしっかり取り組んでいく所存です。
 さらに、今日の国際社会においては、大量破壊兵器やミサイルの拡散、国際テロ、海賊、大規模災害、サイバー攻撃などの新たな脅威や課題も存在しております。
 このような安全保障上の諸課題に対処するために、第一に、我が国の外交、安全保障の基軸であり、アジア太平洋地域のみならず、世界の安定と繁栄のための共有財産でもある日米同盟を二十一世紀にふさわしい形でさらに深化、発展させてまいります。
 普天間飛行場の移設問題については、本年五月の日米合意を踏まえて取り組むと同時に、沖縄の負担の軽減にも全力を挙げて取り組んでまいります。
 同時に、韓国や豪州との協力、日米韓、日米豪の枠組みにおける連携、さらには海上安全保障等の利害を共有するパートナー国との関係の強化にも努めてまいります。また、中国やロシアとの安定した関係の構築や、ASEAN地域フォーラム等の地域枠組みにおける連携協力を推進していきます。
 国際社会の安定の確保も、我が国の安全保障にとって有利な環境を醸成するという意味で重要です。
 PKOに対する協力については、より積極的な役割を果たすべく、さらなる貢献について検討してまいります。
 大規模災害発生時に際しての国際緊急援助活動や、ソマリア沖における自衛隊による海賊対処行動についても引き続き積極的に取り組んでまいります。
 核軍縮・不拡散については、核兵器のない世界を実現する途上における核リスクの低い世界の創出に向け、同盟国であるアメリカや豪州などの関係国とも議論しつつ、国際社会による取り組みを主導してまいります。
 脆弱国家等におけるテロリズムは、依然として大きな脅威です。治安能力の向上、貧困対策等への積極的な支援を通じ、アフガニスタン及びパキスタン等の平和と安定に引き続き貢献します。
 以上のような取り組みに加え、みずからの防衛力を整備していくことが重要であります。
 その意味で、本年中に結論を出す予定の防衛計画の大綱の見直しについて、外務省としても関係省庁と緊密に連携し、よく議論してまいりたいと思います。
 あわせて、政府として、情報収集機能及び情報保全体制を強化していくことが重要であり、外務省としても努力していく所存です。
 以上のような諸課題の対処に当たり、私は、我が国の安全保障政策の遂行の任に当たる者として全力を尽くす決意です。平野委員長初め委員各位の御支援と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#12
○平野委員長 次に、安住防衛副大臣。
#13
○安住副大臣 皆さん、おはようございます。副大臣を拝命いたしました安住でございます。
 昨年の九月から、当委員会の委員長として皆様方に大変御指導いただきました。こうして見ますと、神風筆頭、岩屋理事、佐藤理事初め多くの皆さんがお残りでございますので、引き続き御指導を賜りますよう、お願いを申し上げたいと思っております。
 私も、先般早速ベトナムに行きまして、大臣が国会日程で本会議欠席ということになって非常に残念なことでございましたが、かわりにASEAN拡大防衛大臣会議にも出席をいたしまして、我が国の立場を防衛省という立場でしっかりと訴えてまいりました。
 今後とも、北澤大臣を支えてしっかりと頑張ってまいりますので、どうぞ御指導、御鞭撻をよろしくお願いいたします。
 以上でございます。(拍手)
#14
○平野委員長 次に、松本外務副大臣。
#15
○松本副大臣 外務副大臣の松本でございます。
 平野委員長初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げます。
 我が国を取り巻く安全保障環境の不確実性、不透明さが一層厳しさを増す中、我が国の安全と繁栄を確保するため、一層の外交努力が必要であります。私は、外務副大臣として責任を果たすべく、前原外務大臣を補佐いたしまして、外交、安全保障政策の推進に全力を尽くしてまいる所存でございます。
 委員長初め本委員会の皆様の御指導と御協力を賜りますよう、よろしくお願いをいたします。(拍手)
#16
○平野委員長 次に、伴野外務副大臣。
#17
○伴野副大臣 おはようございます。同じく外務副大臣を拝命しております伴野豊でございます。
 平野委員長初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げたいと思います。
 国際社会において、外交、安全保障上の諸課題が山積する中、我が国の安全と繁栄を確保し、国民の生命と財産を守ることは、政府が取り組むべき最優先課題でございます。
 私は、前原外務大臣を補佐し、国益を見据えながら、我が国が直面する外交、安全保障上の諸課題に全力で取り組む所存でございます。
 委員長初め本委員会の理事、委員各位、皆様の御指導と御協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。(拍手)
#18
○平野委員長 次に、松本防衛大臣政務官。
#19
○松本大臣政務官 防衛大臣政務官の松本大輔でございます。
 安全保障は、まさに国家存立の礎であります。現下の諸課題に迅速に対応するべく、安住副大臣、広田政務官とともに北澤大臣を補佐し、全力を挙げて職務に邁進してまいる所存であります。
 平野委員長初め委員の皆様の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#20
○平野委員長 次に、広田防衛大臣政務官。
#21
○広田大臣政務官 このたび、防衛大臣政務官に就任しました参議院議員の広田一でございます。
 防衛力は、我が国の安全保障を最終的に担保する大変重要なものでございます。多くの課題が山積をしておりますけれども、大変微力ではございますが、安住副大臣、松本政務官ともども北澤大臣を補佐し、一生懸命取り組んでまいる所存でございます。
 平野委員長初め各理事、各委員の皆様方には、御指導、御鞭撻を賜りますように心からお願いを申し上げます。
 どうもありがとうございました。(拍手)
#22
○平野委員長 次に、菊田外務大臣政務官。
#23
○菊田大臣政務官 おはようございます。外務大臣政務官の菊田でございます。
 平野委員長初め委員各位の皆様に謹んでごあいさつを申し上げます。
 外務大臣政務官としての職責を全うするため、前原外務大臣の指導のもと、我が国の外交、安全保障上の諸問題に全力を尽くして取り組む決意でございます。
 平野委員長初め本委員会の皆様の御指導と御協力を心よりよろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#24
○平野委員長 次に、山花外務大臣政務官。
#25
○山花大臣政務官 おはようございます。外務大臣政務官の山花でございます。
 平野委員長初め委員各位にごあいさつを申し上げます。
 我が国が平和のうちに繁栄するには、日々積極的な外交努力を重ねていくことが一層重要となっています。我が国の安全と繁栄を確保するため、外交、安全保障上の諸課題に取り組むに当たり、前原大臣の指導のもと、外務大臣政務官としての職責を全うするため、全力を尽くす所存でございます。
 なお、三人の外務大臣政務官の中では、私が特に本委員会の担当ということになっております。委員長初め本委員会の皆様の御指導と御協力をいただきますよう、お願いを申し上げます。(拍手)
#26
○平野委員長 次に、徳永外務大臣政務官。
#27
○徳永大臣政務官 皆さん、おはようございます。外務大臣政務官を拝命いたしました参議院議員の徳永久志でございます。
 国民の理解と共感を得ながら、外交、安全保障上の諸課題に取り組み、開かれた国益を追求すべく、前原大臣を先頭に、政務三役、力を合わせて頑張ってまいりたいと存じます。
 平野委員長を初めとして、先生方の御支援、御指導を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)
#28
○平野委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前九時四十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト