くにさくロゴ
2010/03/30 第174回国会 参議院 参議院会議録情報 第174回国会 農林水産委員会 第5号
姉妹サイト
 
2010/03/30 第174回国会 参議院

参議院会議録情報 第174回国会 農林水産委員会 第5号

#1
第174回国会 農林水産委員会 第5号
平成二十二年三月三十日(火曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 三月十九日
    辞任         補欠選任
     大久保潔重君     下田 敦子君
     羽田雄一郎君     大河原雅子君
 三月二十三日
    辞任         補欠選任
     下田 敦子君     大久保潔重君
 三月二十四日
    辞任         補欠選任
     主濱  了君     犬塚 直史君
     藤原 良信君     藤谷 光信君
     松浦 大悟君     北澤 俊美君
 三月二十五日
    辞任         補欠選任
     犬塚 直史君     主濱  了君
     大久保潔重君     藤原 良信君
     北澤 俊美君     松浦 大悟君
 三月二十六日
    辞任         補欠選任
     藤谷 光信君     大久保潔重君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         小川 敏夫君
    理 事
                一川 保夫君
                岩本  司君
                佐藤 昭郎君
                山田 俊男君
    委 員
                大河原雅子君
                大久保潔重君
                亀井亜紀子君
                郡司  彰君
                主濱  了君
                藤原 良信君
                舟山 康江君
                松浦 大悟君
                岩永 浩美君
                渡辺 孝男君
                鰐淵 洋子君
                紙  智子君
   国務大臣
       農林水産大臣   赤松 広隆君
   副大臣
       農林水産副大臣  郡司  彰君
   大臣政務官
       農林水産大臣政
       務官       舟山 康江君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        鈴木 朝雄君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○農業経営に関する金融上の措置の改善のための
 農業改良資金助成法等の一部を改正する法律案
 (内閣提出、衆議院送付)
    ─────────────
#2
○委員長(小川敏夫君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十九日、羽田雄一郎君が委員を辞任され、その補欠として大河原雅子君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(小川敏夫君) 農業経営に関する金融上の措置の改善のための農業改良資金助成法等の一部を改正する法律案を議題といたします。
 まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。赤松農林水産大臣。
#4
○国務大臣(赤松広隆君) 農業経営に関する金融上の措置の改善のための農業改良資金助成法等の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び主要な内容を御説明申し上げます。
 我が国農業の生産構造が脆弱化する中で、将来にわたって国民に対して安定的に食料を供給することができる体制を確立するためには、新たな農業技術の普及、水田の汎用化を通じた麦、大豆の生産振興、農業の六次産業化に向けた生産、加工、流通における取組の強化等を進めるための金融支援の充実を図ることが必要となっております。
 また、国の財政状況はますます厳しいものとなる中、農業改良資金等の貸付原資については、国の特別会計から貸付主体に対し無利子で供給する方式を改め、貸付主体が有利子で調達し国は利子を補給する方式とすることとし、国の財政資金の有効活用を図るとともに、銀行等の金融機関が融資する際の保険の充実により民間資金がより一層円滑に農業者に提供されるようにする必要があります。
 政府といたしましては、このような課題を解決し、農業経営の改善を図る際に必要となる資金を公的資金及び民間資金を有効に活用しつつ円滑に融通されるよう、農業経営に関する金融上の措置の改善を図ることとし、この法律案を提出した次第であります。
 次に、この法律案の主要な内容につきまして、御説明申し上げます。
 第一に、農業改良資金助成法の一部改正であります。
 食料自給率の向上のための新技術等の普及、農業の六次産業化の促進のための加工技術の導入等を促進する無利子の農業改良資金について、貸付主体を都道府県から株式会社日本政策金融公庫及び沖縄振興開発金融公庫に改めることとしております。
 また、財政事情を踏まえ、国が貸付原資の三分の二を無利子で供給する方式を改め、政府は、農業改良資金を貸し付ける株式会社日本政策金融公庫及び沖縄振興開発金融公庫と利子補給契約を締結することができることとしております。
 さらに、株式会社日本政策金融公庫及び沖縄振興開発金融公庫が、過度に担保、保証人等に依存せず、農業改良資金を柔軟に貸し付けることができるよう、担保、保証人の設定を義務付ける規定等を廃止することとしております。
 第二に、農業経営基盤強化促進法の一部改正であります。
 麦、大豆の生産振興、食料自給率の向上に資する水田の汎用化を促進するための農用地の改良又は造成に必要な無利子資金について、厳しい財政事情を踏まえ、国が貸付原資を無利子で供給する方式を改め、政府は、当該資金を貸し付ける株式会社日本政策金融公庫及び沖縄振興開発金融公庫と利子補給契約を結ぶことができることとしております。
 第三に、農業信用保証保険法の一部改正であります。
 食料自給率の向上や農業の六次産業化に資する取組を促進するため、銀行等民間金融機関からの農業者に対する資金の円滑な融通が行われるよう、独立行政法人農林漁業信用基金が民間金融機関の融資における事故の際に補てんする融資保険の対象者に、銀行その他の政令で定める金融機関を追加することとしております。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御可決いただきますようお願い申し上げます。
#5
○委員長(小川敏夫君) 以上で本案の趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト