くにさくロゴ
2009/11/10 第173回国会 参議院 参議院会議録情報 第173回国会 経済産業委員会 第1号
姉妹サイト
 
2009/11/10 第173回国会 参議院

参議院会議録情報 第173回国会 経済産業委員会 第1号

#1
第173回国会 経済産業委員会 第1号
平成二十一年十一月十日(火曜日)
   午後零時三十分開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         櫻井  充君
    理 事         藤原 正司君
    理 事         増子 輝彦君
    理 事         山根 隆治君
    理 事         荻原 健司君
    理 事        北川イッセイ君
                木俣 佳丈君
                鈴木 陽悦君
                田中 直紀君
                津田弥太郎君
                直嶋 正行君
                中谷 智司君
                平山  誠君
                前田 武志君
                塚田 一郎君
                松下 新平君
                松田 岩夫君
                松村 祥史君
                渡辺 秀央君
                谷合 正明君
                弘友 和夫君
    ─────────────
   委員長の異動
 十月二十六日櫻井充君委員長辞任につき、その
 補欠として木俣佳丈君を議院において委員長に
 選任した。
    ─────────────
   委員の異動
 十月二十六日
    辞任         補欠選任
     田中 直紀君     白  眞勲君
     津田弥太郎君     藤末 健三君
     前田 武志君     高橋 千秋君
     山根 隆治君     広野ただし君
 十月二十七日
    辞任         補欠選任
     荻原 健司君     藤井 孝男君
    北川イッセイ君     加納 時男君
     松下 新平君     松山 政司君
 十一月九日
    辞任         補欠選任
     松村 祥史君     牧野たかお君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         木俣 佳丈君
    理 事
                鈴木 陽悦君
                広野ただし君
                藤原 正司君
                加納 時男君
                塚田 一郎君
    委 員
                櫻井  充君
                高橋 千秋君
                直嶋 正行君
                中谷 智司君
                白  眞勲君
                平山  誠君
                藤末 健三君
                増子 輝彦君
                藤井 孝男君
                牧野たかお君
                松田 岩夫君
                松山 政司君
                渡辺 秀央君
                谷合 正明君
                弘友 和夫君
   国務大臣
       経済産業大臣   直嶋 正行君
   副大臣
       経済産業副大臣  松下 忠洋君
       経済産業副大臣  増子 輝彦君
   大臣政務官
       経済産業大臣政
       務官       近藤 洋介君
       経済産業大臣政
       務官       高橋 千秋君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        山田  宏君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事の辞任及び補欠選任の件
○国政調査に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(木俣佳丈君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。
 議事に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 去る十月二十六日の本会議におきまして経済産業委員長に選任されました木俣佳丈でございます。
 経済の安定なくして国民生活の安心と安全は守れるものではありません。現下の厳しい経済状況の下、的確かつ迅速に産業政策を始めとした諸施策を推進し、国民生活の更なる向上を図ることが本委員会に課せられた重大な責務と認識しております。
 理事及び委員の皆様方の御支援、御協力を賜りまして、公正円満な委員会運営に努めてまいりたいと思いますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
 この際、前経済産業委員長櫻井充君から発言を求められておりますので、これを許します。櫻井充君。
#3
○櫻井充君 前委員長として一言御礼のごあいさつを申し上げます。
 これまで、委員の方々の多大な御協力、御支援の下、委員長としての役割を果たすことができ、心から御礼申し上げます。
 これからは、木俣委員長の下、当委員会にかかわる諸問題の解決に全力を尽くしてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
 誠にありがとうございました。(拍手)
    ─────────────
#4
○委員長(木俣佳丈君) 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、松あきら君、田中直紀君、山根隆治君、前田武志君、津田弥太郎君、松下新平君、北川イッセイ君、荻原健司君及び松村祥史君が委員を辞任され、その補欠として弘友和夫君、白眞勲君、広野ただし君、高橋千秋君、藤末健三君、松山政司君、加納時男君、藤井孝男君及び牧野たかお君が選任されました。
    ─────────────
#5
○委員長(木俣佳丈君) 理事の辞任についてお諮りいたします。
 増子輝彦君から、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(木俣佳丈君) 異議なしと認め、さよう決定いたします。
 この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 理事の辞任及び委員の異動に伴い現在理事が四人欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと思います。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(木俣佳丈君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に鈴木陽悦君、広野ただし君、加納時男君及び塚田一郎君を指名いたします。
    ─────────────
#8
○委員長(木俣佳丈君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、経済、産業、貿易及び公正取引等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(木俣佳丈君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#10
○委員長(木俣佳丈君) この際、経済産業大臣から発言を求められておりますので、これを許します。直嶋経済産業大臣。
#11
○国務大臣(直嶋正行君) この度、経済産業大臣を拝命いたしました。内外の経済環境厳しき中、我が国経済社会の成長、発展に全力を尽くす所存です。皆様の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 第百七十三回国会における経済産業委員会の御審議に先立ちまして、経済産業行政を取り巻く諸課題及び取組につきまして、申し述べさせていただきます。
 まず、景気については、一部の指標に持ち直しの動きが見られるものの、依然としてその水準は低く、また、世界経済低迷の長期化、雇用情勢の悪化、地域経済や中小企業の厳しさなど、景気の下振れリスクが存在しています。当面、政府を挙げて雇用の確保に取り組むとともに、我が国雇用の約七割を支える中小企業対策に全力を挙げて取り組みます。
 このため、この不況下でまじめにビジネスをしている中小企業を支援すべく、先月末に中小企業向け年末対策を取りまとめ、関係省庁と連携しつつ、中小企業の資金繰り対策や下請取引の適正化を着実に実施していくこととしております。この一環として、本国会には金融庁から中小企業金融円滑化法案が提出されており、経済産業省としても信用保証の活用など効果的な運用が図られるよう連携、協力してまいります。さらに、厳しい状況下で積極果断に前進を図る中小企業を念頭に販路拡大や新分野への挑戦を支援します。今後の経済情勢をにらみながら、雇用、資金繰りなど、機動的に効果的な施策を展開してまいります。
 こうした足下の取組に加えて、我が国が中長期的に安定した経済成長を実現するための新たな成長戦略を確立することは、経済産業省の重要な責務であります。昨年の秋以降の世界的な金融危機と実体経済の落ち込みの中で、我が国経済も製造業を中心に大きな影響を受けました。その教訓も踏まえた危機後の経済の在り方が問われています。中長期的に見ても、国内では少子高齢化が進展する一方で、国際的にはアジア諸国の急速な発展、地球環境問題、資源確保競争など、内外の環境は大きく変化しております。今こそ、将来に向かって内外で新しい需要を創出し、新しい雇用機会を確保していくための道筋をしっかりと示していくことが不可欠です。
 優れた技術や人材など、我が国には強みがあります。低炭素社会や健康長寿社会の実現は、我が国だけでなく世界全体が直面している課題です。我が国の強みを、ITなども活用しつつ、これら課題の解決に向けてシステムとして結集し、国内に、世界に展開していくことが求められています。その際、強みを更に伸ばすための知的財産戦略、標準化戦略も欠かせません。
 これらを踏まえ、新たな成長戦略の策定に向けた検討を開始しました。年内に骨格を示し、来年春ごろに新たな成長戦略を取りまとめ、政府全体での取組につなげてまいります。策定に当たっては、第一にアジアとともに一体となった成長、第二に地球温暖化対策をチャンスとして成長、第三に国民が成果を実感できる成長、以上の三点を重視します。
 資源エネルギー政策については、資源小国の我が国として資源エネルギーの安定供給を確保すること、また、地球温暖化対策とコインの裏表の関係としてのエネルギー政策を確立することに最重要課題として取り組みます。先月出席したIEA閣僚理事会においても、こうした課題に各国が協調して取り組むこと、中国、インド、ロシア等との連携を強化することに合意しました。また、その後、UAEを訪問し、ムハンマド・アブダビ皇太子を始めとする要人と会談し、資源エネルギー外交を実践してまいりました。今月には、北京で開催された第四回日中省エネルギー・環境総合フォーラムに出席し、日中間のビジネスベースでの協力の一層の拡大を図ることとしました。
 こうした国際的な取組とともに、国内においては今月一日から太陽光発電の新たな買取り制度を開始しました。この取組を通じて太陽光発電世界一の座を再び取り戻すことを目指します。さらに、再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチームを発足させ、有識者にも参加いただき、電力系統の安定化対策、国民負担の在り方、海外動向といった点について精力的に検討を進め、来年三月を目途に論点を整理し、制度の選択肢を示したいと考えております。
 また、原子力発電はエネルギーセキュリティーと温暖化対策のかなめです。発電時にCO2を出さないという優れた特性に着目し、安全の確保を大前提として原子力発電及び核燃料サイクルを引き続き着実に推進してまいります。
 地球温暖化対策については、いよいよ十二月にコペンハーゲンでCOP15が開催されます。我が国は、二〇二〇年までに温室効果ガスを一九九〇年比で二五%削減するとの目標を掲げました。米国、中国、インドなど、世界のすべての主要国の参加による公平で実効的な国際枠組みの構築と意欲的な目標の合意が我が国の目標の前提であり、そのための交渉に政府一丸となって精力を傾けてまいります。
 加えて、環境と経済の両立に向けて、イノベーションがかぎとなります。革新的技術を早期に実現すべく、研究開発の前倒しや、グリーン特許など知財保護の強化を図ります。また、我が国の環境エネルギー技術を世界に展開することにより、世界全体での排出量削減と我が国産業の国際競争力の向上につなげてまいります。
 通商政策については、東アジア共同体の構築に向けて関係国と協力して取り組むとともに、保護主義を抑止し、WTOドーハ・ラウンドの早期妥結、EPAの推進に向け、引き続き交渉に力を注ぎます。
 就任二か月間で、多くの国際会議に出席し、海外要人と会談してまいりました。中でも、十月末にタイで開催された日メコン経済大臣会合では、私から、官民対話設置、インフラ整備や貿易円滑化等を内容とする日メコン経済産業協力イニシアティブを提案し、賛同を得ました。また、日中韓経済貿易大臣会合では、日中韓投資協定の交渉を加速化し、来年早々に重要論点の合意を目指すとともに、日中韓FTAの産官学の共同研究を来年上半期に立ち上げるべく政府間の事務的調整を来年早々に開始することで合意いたしました。我が国は、来年APECの議長を務めます。アジア太平洋地域の成長と統合に向けた新たな取組を主導してまいります。
 複雑化する世界情勢の下で、適切な貿易管理の実施は極めて重要です。本臨時国会においては、我が国の対北朝鮮措置の一環として外為法に基づき実施した、北朝鮮との間の輸出入の全面禁止措置について、国会の事後承認を求める件を提出させていただきました。これらの措置を通じて、諸懸案の解決に向けた我が国の断固たる姿勢を示してまいります。
 以上申し述べた施策を実施していく上で、委員各位はもとより、国民各界各層の御意見に真摯に耳を傾け、産業や地域社会の実情を深く理解することが必要であることは言うまでもありません。
 また、政治主導、すなわち政と官が適切に役割分担し、政治家が必要な決断を下していくことによって、旧来のしがらみを断ち切り、真に効果的で効率的な経済産業行政を推進してまいります。
 既に、本年度第一次補正予算の執行見直し、来年度概算要求の見直しなど、副大臣、政務官とともに政務三役が中心となって取り組んできておりますが、今後、税制改正や来年度予算編成などにおいても、国民目線に立って、無駄や非効率を排除するとともに、我が国の経済社会の将来の発展に向けた施策を重点的に推進してまいります。
 委員各位の御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#12
○委員長(木俣佳丈君) 次に、経済産業副大臣及び経済産業大臣政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。松下経済産業副大臣。
#13
○副大臣(松下忠洋君) 一言ごあいさつを申し上げます。経済産業副大臣の松下忠洋でございます。
 我が国は大変厳しい時代に立ち向かっております。我が省といたしましても、我が国の経済成長の実現、そして地域経済の活性化、資源エネルギーの安定確保、そして低炭素社会実現のための努力、アジアにおける経済統合の推進など、経済産業行政を取り巻く課題は多岐にわたっております。特に、雇用の問題、そして中小企業対策、大変な時代に直面しておりまして、全力を尽くして取り組んでまいりたいと考えています。直嶋大臣の指揮の下に、状況の変化に機敏に対応して、増子副大臣、そして高橋、近藤両政務官、力を合わせて頑張ってまいりたいと考えています。
 木俣委員長を始め、委員各位におかれましては、一層の御指導を賜りまして、しっかりとした成果が上がりますようによろしく御指導いただきますようにお願い申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#14
○委員長(木俣佳丈君) 増子副大臣。
#15
○副大臣(増子輝彦君) この度、経済産業副大臣を拝命いたしました増子輝彦でございます。よろしくお願いをいたします。
 現下の経済環境、大変厳しいものがございます。経済産業分野は大変幅広く、私ども、魂を込めてこれらの課題に対応しなければならないと思っております。直嶋大臣の指揮の下、松下副大臣、高橋政務官、近藤政務官共々、しっかりと直嶋大臣と一緒に国家国民のために頑張ってまいりたいと思います。
 特に中小企業、今大変厳しい現状にございます。金融政策を始めとして、日本の中小企業が元気が出なければ日本経済は良くならない、そんな思いを持ちながら一生懸命やっていきたいと思います。
 また、地球温暖化対策、再生可能エネルギーのこれからのいろんな問題、そして原子力発電の問題、本当に幅広いこの産業経済政策の中で、木俣委員長を始め各委員の皆様方の一層の御指導と御鞭撻を賜り、しっかりと頑張ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。
 ありがとうございます。(拍手)
#16
○委員長(木俣佳丈君) 高橋経済産業大臣政務官。
#17
○大臣政務官(高橋千秋君) 経済大臣政務官を拝命いたしました高橋千秋でございます。どうかよろしくお願いを申し上げたいと思います。
 日本の再生を図るためには経済産業行政というのは中心にならなければならない大変重要な役割を担っていると思います。私も、先ほどからごあいさつが続いておりますが、松下副大臣、増子副大臣、そして近藤政務官共々、直嶋大臣を支えて全力で諸課題に取り組んでまいりたいと思いますので、どうか御指導をよろしくお願いを申し上げたいと思いますし、木俣委員長を始めそれぞれの委員の皆さん、日本の再生のために共に働いていけるように御指導いただきますことをお願いを申し上げて、ごあいさつとさせていただきます。
 どうかよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#18
○委員長(木俣佳丈君) 近藤政務官。
#19
○大臣政務官(近藤洋介君) 経済産業大臣政務官を仰せ付かりました近藤洋介です。どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 我が国の国益を守り、競争力を高めるため、松下副大臣、増子副大臣並びに高橋大臣政務官とともに力を合わせて直嶋大臣をお支えしてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 中でも、エネルギー政策と地球温暖化対策は重要であると考え、技術開発を推進し、世界全体のCO2排出量削減と我が国の経済発展、国民生活の向上につなげ、環境と経済の両立を実現してまいりたいと思います。
 また同時に、お家芸でもある製造業の国際的展開や知的財産戦略、国際標準化戦略にも力を注いでまいりたいと思います。
 木俣委員長を始め委員各位の皆様には一層の御指導、御鞭撻を賜りたく、何とぞよろしくお願いを申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#20
○委員長(木俣佳丈君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時四十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト