くにさくロゴ
2009/11/16 第173回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第173回国会 議院運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
2009/11/16 第173回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第173回国会 議院運営委員会 第5号

#1
第173回国会 議院運営委員会 第5号
平成二十一年十一月十六日(月曜日)
    午後六時三十分開議
 出席委員
   委員長 松本 剛明君
   理事 高木 義明君 理事 松崎 公昭君
   理事 牧  義夫君 理事 松木けんこう君
   理事 横山 北斗君 理事 鷲尾英一郎君
   理事 逢沢 一郎君 理事 高木  毅君
   理事 遠藤 乙彦君
      井戸まさえ君    石井  章君
      磯谷香代子君    高山 智司君
      手塚 仁雄君    松崎 哲久君
      皆吉 稲生君    伊東 良孝君
      小泉進次郎君    橘 慶一郎君
      浜田 靖一君    佐々木憲昭君
      服部 良一君    山内 康一君
      下地 幹郎君
    …………………………………
   議長           横路 孝弘君
   副議長          衛藤征士郎君
   事務総長         鬼塚  誠君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十六日
 辞任         補欠選任
  菊田真紀子君     井戸まさえ君
  津川 祥吾君     磯谷香代子君
  齋藤  健君     浜田 靖一君
同日
 辞任         補欠選任
  井戸まさえ君     菊田真紀子君
  磯谷香代子君     津川 祥吾君
  浜田 靖一君     齋藤  健君
    ―――――――――――――
十一月十一日
 憲法審査会を始動させないことに関する請願(服部良一君紹介)(第一二三号)
 同(赤嶺政賢君紹介)(第一六六号)
 同(笠井亮君紹介)(第一六七号)
 同(穀田恵二君紹介)(第一六八号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第一六九号)
 同(志位和夫君紹介)(第一七〇号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第一七一号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第一七二号)
 同(宮本岳志君紹介)(第一七三号)
 同(吉井英勝君紹介)(第一七四号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 次回の本会議等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○松本委員長 これより会議を開きます。
 まず、趣旨説明を聴取する議案の件について御協議願います。
 牧義夫君。
#3
○牧委員 動議を提出いたします。
 明十七日の本会議において、内閣提出の中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律案、新型インフルエンザ予防接種による健康被害の救済等に関する特別措置法案の両法律案の趣旨説明を聴取し、これに対する質疑を行うことを望みます。
#4
○松本委員長 逢沢一郎君。
 趣旨を簡潔にお願いします。
#5
○逢沢委員 明十七日は、今臨時国会の本会議における最初の趣旨説明、質疑の機会であります。
 そもそも、非常にタイトな国会日程自体に問題があると言わざるを得ません。長年のよき慣行に基づき丁寧に、一本一本の法案を本会議にかけ、慎重に審議を進めるべきであります。本来の国会のあり方を与野党ともに尊重していかなくてはなりません。
 強引な国会運営を行おうとする与党と、その与党の主張を受け入れようとする、本来、公平中立であるべき議運委員長に猛省を促す次第であります。
 以上です。
#6
○松本委員長 遠藤乙彦君。
#7
○遠藤(乙)委員 明日、二件の法案の趣旨説明をするという提案に対して、公明党として反対の立場から意見表明をいたします。
 今まで、十月二十六日、国会開会以来、野党としては極めて協力的に審議に応じ、いよいよあすから初めて法案の審議の段取りに入ったわけでありますけれども、いきなり二階建ての審議をすることは極めて問題がある。
 本来、国民生活に大きな影響を及ぼす法案については、一本一本丁寧に、本会議でまず全議員が参加をしてこれを審議し、そして委員会に付託していくということが本来のやり方である。それを、いきなり最初から、日程がタイトであるという理由でこれをやることは、極めて、従来のよき慣行を崩すものであり、慎重に、徹底的に審議をするという本来の趣旨に反するものでありまして、強く抗議を表明いたします。
 ぜひとも、委員長におかれましては、今後とも丁寧な審議に心がけるよう、強く要望するものであります。
#8
○松本委員長 佐々木憲昭君。
#9
○佐々木(憲)委員 日本共産党としましては、残り二週間という限定された会期のもとで、国民生活から見て緊急性のあるものから審議に入るというのは必要なことだと思っております。その意味で、あすの本会議では、金融問題とインフルエンザ、この二つを議題とすることについては賛成いたします。
 ほかの法案については、与野党合意を前提として、慎重に扱い、しっかりした議論を行うということを求めたいと思います。
 なお、今、急いで与野党協議をし、成立させるべき課題としては、肝炎対策法というのがあります。これはできるだけ可能な限り早く成案を得て成立させることを要望したいというふうに思います。
 以上です。
#10
○松本委員長 それでは、牧義夫君の動議に賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#11
○松本委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#12
○松本委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明十七日火曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後六時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト