くにさくロゴ
2008/12/24 第170回国会 参議院 参議院会議録情報 第170回国会 本会議 第15号
姉妹サイト
 
2008/12/24 第170回国会 参議院

参議院会議録情報 第170回国会 本会議 第15号

#1
第170回国会 本会議 第15号
平成二十年十二月二十四日(水曜日)
   午前十一時五十一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第十五号
    ─────────────
  平成二十年十二月二十四日
   午前十一時三十分 本会議
    ─────────────
 第一 女性差別撤廃条約選択議定書の速やかな
  批准に関する請願(二件)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、元本院副議長瀬谷英行君逝去につき哀悼の
  件
 一、日程第一の請願及び豊かな私学教育の実現
  を求める私学助成に関する請願外九十六件の
  請願
 一、委員会及び調査会の審査及び調査を閉会中
  も継続するの件
 一、参議院の審議権尊重に関する決議案(輿石
  東君外十三名発議)(委員会審査省略要求事
  件)
     ─────・─────
#3
○議長(江田五月君) これより会議を開きます。
 元本院副議長瀬谷英行君は、去る十六日逝去されました。誠に痛惜の極みであり、哀悼の念に堪えません。
 同君に対しましては、既に弔詞をささげました。
 ここにその弔詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
 参議院は わが国 民主政治発展のため力を尽くされ さきに参議院副議長として憲政の発揚につとめ 特に院議をもって永年の功労を表彰せられました 元議員正三位勲一等瀬谷英行君の長逝に対し つつしんで哀悼の意を表し うやうやしく弔詞をささげます
     ─────・─────
#4
○議長(江田五月君) 外交防衛委員長から報告書が提出されております日程第一の請願並びに文教科学委員長及び厚生労働委員長から報告書が提出されました豊かな私学教育の実現を求める私学助成に関する請願外九十六件の請願を一括して議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○議長(江田五月君) 御異議ないと認めます。
    ─────────────

    ─────────────
   〔審査報告書は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#6
○議長(江田五月君) これらの請願は、委員長の報告を省略して、各委員会決定のとおり採択することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○議長(江田五月君) 御異議ないと認めます。
 よって、これらの請願は各委員会決定のとおり採択することに決しました。
     ─────・─────
#8
○議長(江田五月君) この際、委員会及び調査会の審査及び調査を閉会中も継続するの件についてお諮りいたします。
    ─────────────

    ─────────────
#9
○議長(江田五月君) まず、財政金融委員長要求に係る租税特別措置法の一部を改正する等の法律案、地域金融の円滑化に関する法律案及び租税特別措置法の一部を改正する法律案、厚生労働委員長要求に係る子ども手当法案、農林水産委員長要求に係る農業協同組合法等の一部を改正する法律案並びに経済産業委員長要求に係る大企業者による中小企業者に対する取引上の地位を不当に利用する行為の防止に関する法律案及び私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案について採決をいたします。
 七案の委員会審査を閉会中も継続することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#10
○議長(江田五月君) 過半数と認めます。
 よって、七案の委員会審査を閉会中も継続することに決しました。
 次に、財政金融委員長要求に係る法人税法の一部を改正する法律案について採決をいたします。
 本案の委員会審査を閉会中も継続することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#11
○議長(江田五月君) 過半数と認めます。
 よって、本案の委員会審査を閉会中も継続することに決しました。
 次に、各委員長及び各調査会長要求に係るその他の案件について採決をいたします。
 これらの案件は、いずれも委員会及び調査会の審査又は調査を閉会中も継続することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○議長(江田五月君) 御異議ないと認めます。
 よって、いずれも委員会及び調査会の審査又は調査を閉会中も継続することに決しました。
 これにて休憩いたします。
   午前十一時五十六分休憩
     ─────・─────
   午後二時六分開議
#13
○議長(江田五月君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 この際、お諮りいたします。
 輿石東君外十三名発議に係る参議院の審議権尊重に関する決議案は、発議者要求のとおり委員会審査を省略し、日程に追加してこれを議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○議長(江田五月君) 御異議ないと認めます。
 よって、本決議案を議題といたします。
 まず、発議者の趣旨説明を求めます。大石正光君。
    ─────────────
   〔議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔大石正光君登壇、拍手〕
#15
○大石正光君 民主党・新緑風会・国民新・日本の大石正光です。
 ただいま議題となりました参議院の審議権尊重に関する決議案について、発議者を代表して提案申し上げます。
 第二十一回参議院通常選挙以後、この参議院において与党、野党の勢力が入れ替わり、民主党・新緑風会・国民新・日本が第一会派となりました。
 本院において、予算案、法律案、政府提出の人事案件についても度々、衆議院と異なる議決を行うこともありました。政府・与党は、平時であるにもかかわらず、衆議院において、直近の民意である参議院を無視した憲法五十九条第二項による再議決を九件、第四項によるみなし否決を五件行いました。これらは、参議院の意義を否定するものであり、直近の民意への挑戦であります。
 国権の最高機関、立法府・参議院が、今国民に強い意志を示さなくてはなりません。
 以下、案文を朗読いたします。
    参議院の審議権尊重に関する決議案
  我が国は、百年に一度と言われる世界的な経済危機に瀕し、日々に経済・雇用状況の悪化等が報道される現状にある。このような未曾有の危機に対し、参議院は、国民の生活を守るべく、雇用対策等の議員立法を可決し、立法府の一院としての意思を国民に示した。
  しかるに、政府・与党は、本院の議決の重みを一顧だにせず、否決したことは、誠に遺憾であり、迅速で効果的な雇用対策を本気で実施しようとする誠意が全く見られない。
  政府・与党の参議院軽視の姿勢はこの一例にとどまらない。直近の民意により参議院が新たに構成された昨年の七月以降、衆議院で多数を占める政府・与党は参議院の意思を踏みにじり、再議決を行った議案は九件の多数にのぼる。その一件たりとも両院協議会を求めることなく、直ちに再議決を行い成立を図った。
  本院は、政府・与党が参議院の審議権を尊重して、二院制度を認めた憲法の精神を没却することのないよう、また直近の国政選挙により示された国民の意思を十分尊重するよう要請するものである。
  右決議する。
 決議案に対しまして、本院の良識ある議員の御賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#16
○議長(江田五月君) これより採決をいたします。
 本決議案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#17
○議長(江田五月君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#18
○議長(江田五月君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数          百二十三  
  賛成            百二十三  
  反対               〇  
 よって、本決議案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#19
○議長(江田五月君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト