くにさくロゴ
2008/12/24 第170回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第170回国会 総務委員会 第8号
姉妹サイト
 
2008/12/24 第170回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第170回国会 総務委員会 第8号

#1
第170回国会 総務委員会 第8号
平成二十年十二月二十四日(水曜日)
    午前十時二十分開議
 出席委員
   委員長 赤松 正雄君
   理事 大野 松茂君 理事 岡本 芳郎君
   理事 実川 幸夫君 理事 林田  彪君
   理事 森山  裕君 理事 黄川田 徹君
   理事 原口 一博君 理事 谷口 隆義君
      稲田 朋美君    今井  宏君
      遠藤 宣彦君    川崎 二郎君
      木挽  司君    坂本 哲志君
      鈴木 淳司君    関  芳弘君
      薗浦健太郎君    田中 良生君
      谷  公一君    谷垣 禎一君
      土屋 正忠君    土井  亨君
      葉梨 康弘君    萩原 誠司君
      橋本  岳君    平口  洋君
      古屋 圭司君    松本 文明君
      小川 淳也君    玄葉光一郎君
      佐々木隆博君    田嶋  要君
      寺田  学君    森本 哲生君
      伊藤  渉君    塩川 鉄也君
      重野 安正君    亀井 久興君
    …………………………………
   総務大臣政務官      坂本 哲志君
   総務大臣政務官      鈴木 淳司君
   総務委員会専門員     伊藤 孝一君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月二十四日
 辞任         補欠選任
  福田 昭夫君     佐々木隆博君
同日
 辞任         補欠選任
  佐々木隆博君     福田 昭夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○赤松委員長 これより会議を開きます。
 この際、御報告いたします。
 今会期中、本委員会に付託になりました請願は二件であります。両請願の取り扱いにつきましては、理事会において検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。
 なお、お手元に配付してありますとおり、今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書は、過疎地域自立促進特別対策の継続等に関する陳情書外二十六件、また、意見書は、新たな過疎対策法の制定に関する意見書外三百九十五件であります。
     ――――◇―――――
#3
○赤松委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 まず
 第百六十六回国会、内閣提出、地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律案
及び
 第百六十九回国会、内閣提出、独立行政法人統計センター法の一部を改正する法律案
の両案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#4
○赤松委員長 起立多数。よって、そのように決しました。
 次に
 第百六十九回国会、内閣提出
 行政不服審査法案
 行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案
 行政手続法の一部を改正する法律案
 第百六十六回国会、馬淵澄夫君外四名提出、衆法第二九号、地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律案
 第百六十六回国会、馬淵澄夫君外四名提出、衆法第四一号、地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律案
 第百六十九回国会、大畠章宏君外二名提出、特定連合国裁判被拘禁者等に対する特別給付金の支給に関する法律案
並びに
 行政機構及びその運営に関する件
 公務員の制度及び給与並びに恩給に関する件
 地方自治及び地方税財政に関する件
 情報通信及び電波に関する件
 郵政事業に関する件
 消防に関する件
以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○赤松委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○赤松委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣の目的その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○赤松委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト