くにさくロゴ
2008/09/29 第170回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第170回国会 議院運営委員会 第2号
姉妹サイト
 
2008/09/29 第170回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第170回国会 議院運営委員会 第2号

#1
第170回国会 議院運営委員会 第2号
平成二十年九月二十九日(月曜日)委員長の指名で、次のとおり小委員及び小委員長を選任した。
 国会法改正等に関する小委員
      小坂 憲次君    小此木八郎君
      今井  宏君    平沢 勝栄君
      渡辺 博道君    高木  毅君
      小野寺五典君    川端 達夫君
      仙谷 由人君    遠藤 乙彦君
 国会法改正等に関する小委員長 小坂 憲次君
 図書館運営小委員
      今井  宏君    あかま二郎君
      井脇ノブ子君    亀岡 偉民君
      藤井 勇治君    若宮 健嗣君
      川端 達夫君    仙谷 由人君
      遠藤 乙彦君
 図書館運営小委員長      川端 達夫君
 院内の警察及び秩序に関する小委員
      今井  宏君    渡辺 博道君
      小野寺五典君    奥野 信亮君
      清水清一朗君    谷  公一君
      川端 達夫君    仙谷 由人君
      遠藤 乙彦君
 院内の警察及び秩序に関する小委員長                今井  宏君
 庶務小委員
      小此木八郎君    今井  宏君
      平沢 勝栄君    渡辺 博道君
      高木  毅君    小野寺五典君
      川端 達夫君    仙谷 由人君
      遠藤 乙彦君
 庶務小委員長         小此木八郎君
 衆議院事務局等の改革に関する小委員
      平沢 勝栄君    高木  毅君
      井脇ノブ子君    大塚 高司君
      奥野 信亮君    谷  公一君
      小川 淳也君    三日月大造君
      遠藤 乙彦君
 衆議院事務局等の改革に関する小委員長                平沢 勝栄君
平成二十年九月二十九日(月曜日)
    午前十一時三十分開議
 出席委員
   委員長 小坂 憲次君
   理事 小此木八郎君 理事 今井  宏君
   理事 高木  毅君 理事 小野寺五典君
   理事 川端 達夫君 理事 仙谷 由人君
   理事 遠藤 乙彦君
      あかま二郎君    井脇ノブ子君
      大塚 高司君    奥野 信亮君
      亀岡 偉民君    清水清一朗君
      谷  公一君    平沢 勝栄君
      藤井 勇治君    若宮 健嗣君
      渡辺 博道君    小川 淳也君
      三日月大造君    伊藤  渉君
      佐々木憲昭君    保坂 展人君
      糸川 正晃君
    …………………………………
   議長           河野 洋平君
   副議長          横路 孝弘君
   事務総長         駒崎 義弘君
    ―――――――――――――
九月二十五日
 理事森英介君及び浜田靖一君同月二十四日委員辞任につき、その補欠として小此木八郎君及び小野寺五典君が委員長の指名で理事に選任された。
同月二十九日
 理事小此木八郎君同月十八日委員辞任につき、その補欠として平沢勝栄君が委員長の指名で理事に選任された。
同日
 理事小坂憲次君同月二十四日委員長就任につき、その補欠として渡辺博道君が委員長の指名で理事に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 内閣委員長外十一常任委員長辞任の件
 内閣委員長外十二常任委員長の選挙の件
 特別委員会設置の件
 裁判官弾劾裁判所裁判員予備員辞職の件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員予備員の選挙の件
 法制局長の任命承認の件
 議員玉沢徳一郎君及び同小杉隆君永年在職表彰の件
 国務大臣の演説に関する件
 国務大臣の演説に対する質疑の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小坂委員長 これより会議を開きます。
 まず、理事の辞任及び補欠選任についてでありますが、理事森英介君及び浜田靖一君がそれぞれ委員を辞任されました。よって、委員長は、後任の理事に
      小此木八郎君 及び 小野寺五典君
を指名いたしましたので、御了承願います。
    ―――――――――――――
#3
○小坂委員長 次に、常任委員長辞任の件についてでありますが、本日、内閣委員長、総務委員長、法務委員長、外務委員長、財務金融委員長、文部科学委員長、農林水産委員長、国土交通委員長、環境委員長、安全保障委員長、国家基本政策委員長及び予算委員長から、それぞれ辞任願が提出されました。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#5
○小坂委員長 次に、常任委員長の選挙の件についてでありますが、ただいまの各常任委員長の辞任が本会議において許可されましたならば、引き続き、現在欠員となっております厚生労働委員長を含めた十三常任委員長の選挙を行うこととし、この選挙は、その手続を省略して、議長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、後任の候補者として、自由民主党及び公明党から、お手元の印刷物にあります諸君を推薦してまいっております。
    ―――――――――――――
  常任委員長候補者
   内閣委員長 渡辺 具能君(自民)
   総務委員長 赤松 正雄君(公明)
   法務委員長 山本 幸三君(自民)
   外務委員長 河野 太郎君(自民)
   財務金融委員長 田中 和徳君(自民)
   文部科学委員長 岩屋  毅君(自民)
   厚生労働委員長 田村 憲久君(自民)
   農林水産委員長 遠藤 利明君(自民)
   国土交通委員長 望月 義夫君(自民)
   環境委員長 水野 賢一君(自民)
   安全保障委員長 今津  寛君(自民)
   国家基本政策委員長 二田 孝治君(自民)
   予算委員長 衛藤征士郎君(自民)
    ―――――――――――――
#7
○小坂委員長 次に、特別委員会設置の件についてでありますが、委員四十人よりなる政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会、委員おのおの二十五人よりなる沖縄及び北方問題に関する特別委員会、青少年問題に関する特別委員会、委員四十五人よりなる国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会、委員二十五人よりなる北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会の設置についてお諮りいたします。
 まず、国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会を設置することとし、本日の本会議において議決するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#8
○小坂委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
 次に、ただいま決定いたしました特別委員会を除く四特別委員会につきましては、理事会で合意いたしましたとおり設置することとし、本日の本会議において議決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、各特別委員会の委員の各会派割り当て数は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
#10
○小坂委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員辞職の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員である望月義夫君から辞職願が提出されております。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#12
○小坂委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員予備員の選挙の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員辞職の件が許可されましたならば、引き続き同予備員の選挙と、既に欠員となっております同裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員予備員の選挙を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
 なお、後任の候補者として、自由民主党及び公明党から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
 一、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員予備員の選挙の件
  裁判官弾劾裁判所裁判員
   保岡 興治君(自民)
   森山 眞弓君(自民)
  同 予備員
   平沢 勝栄君(自民) 職務を行う順序は第一順位
   上川 陽子君(自民) 職務を行う順序は第二順位
   河井 克行君(自民) 職務を行う順序は第四順位
  裁判官訴追委員予備員
   桜井 郁三君(自民) 職務を行う順序は第一順位
 やまぎわ大志郎君(自民) 職務を行う順序は第四順位
   伊藤  渉君(公明) 職務を行う順序は第五順位
    ―――――――――――――
#14
○小坂委員長 次に、法制局長任命承認の件についてでありますが、去る八月十一日、法制局長郡山芳一君が辞任いたしております。
 つきましては、その後任の法制局長には、現法制次長の高橋恂君を推薦することとし、議長において本日の本会議の承認を得て任命の手続をとられるよう、答申いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#16
○小坂委員長 次に、永年在職議員の表彰の件についてでありますが、議員玉沢徳一郎君は、八月をもって在職二十五年に達せられました。また、議員小杉隆君は、今月で在職二十五年に達せられましたので、先例により、院議をもって表彰することになります。
 両君の表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、表彰決議は、本日の再開後の本会議の冒頭において行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
 議員玉沢徳一郎君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員小杉隆君は衆議院議員に当選すること八回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    ―――――――――――――
#18
○小坂委員長 なお、本会議における表彰次第につきましては、まず議長発議をもって両君の表彰決議を行い、次に議長が表彰文を順次朗読されます。次いで、表彰を受けられた玉沢君及び小杉君に順次登壇願った後、両君からそれぞれ謝辞が述べられます。
    ―――――――――――――
#19
○小坂委員長 次に、国務大臣の演説に関する件についてでありますが、本日の再開後の本会議において、内閣総理大臣の所信に関する演説、財務大臣の財政に関する演説をそれぞれ行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#21
○小坂委員長 次に、国務大臣の演説に対する質疑の件についてでありますが、国務大臣の演説に対する質疑は、来る十月一日及び二日の両日行うこととし、質疑者の数は、自由民主党一人、民主党・無所属クラブ二人、公明党一人、日本共産党一人、社会民主党・市民連合一人、国民新党・大地・無所属の会一人とし、発言時間は、自由民主党、公明党の質疑者についてはおのおの三十分以内、民主党・無所属クラブの第一順位者については二十分以内、民主党・無所属クラブの第二順位者については四十分以内、日本共産党の質疑者については十五分以内、社会民主党・市民連合、国民新党・大地・無所属の会の質疑者についてはおのおの十分以内とし、発言順位は、来る十月一日は、まず民主党・無所属クラブの第一順位者、次に自由民主党、次いで民主党・無所属クラブの第二順位者の順序で行い、来る十月二日は、まず公明党、次に日本共産党、次に社会民主党・市民連合、次いで国民新党・大地・無所属の会の順序で行うこととし、両日をもって国務大臣の演説に対する質疑を終了することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○小坂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#23
○小坂委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#24
○駒崎事務総長 まず最初に、各常任委員長辞任の件についてお諮りいたします。
 本件が許可されましたならば、既に欠員となっております厚生労働委員長の選挙とあわせて各常任委員長の選挙を行います。この選挙は、動議により、手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、特別委員会設置の件についてお諮りいたします。
 まず、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会、青少年問題に関する特別委員会、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会の設置につきお諮りをいたします。全会一致であります。次に、国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会の設置につきお諮りをいたします。共産党及び社民党が反対でございます。
 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員予備員辞職の件についてお諮りいたします。
 それが許可されましたならば、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員予備員の選挙を行います。これらの選挙は、動議により、いずれも手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、法制局長の任命承認の件についてお諮りいたします。
 以上で暫時休憩となります。
 午後二時に本会議を再開いたしまして、まず、玉沢徳一郎さん及び小杉隆さんに対する表彰の決議を行います。次いでお二人からそれぞれ謝辞が述べられます。
 次に、ただいまお決めいただきましたように、麻生内閣総理大臣の所信に関する演説及び中川財務大臣の財政に関する演説が行われます。所要時間は、合わせて二十四分程度とのことでございます。
 演説が終わりましたところで、動議により、国務大臣の演説に対する質疑は延期し、来る十月一日にこれを行うことを決定していただきます。
 本日の議事は、以上でございます。
#25
○小坂委員長 それでは、本日の本会議は、午前十一時五十分予鈴、正午から開会いたします。
    ―――――――――――――
#26
○小坂委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る十月一日水曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時四十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト