くにさくロゴ
2007/11/15 第168回国会 参議院 参議院会議録情報 第168回国会 環境委員会 第3号
姉妹サイト
 
2007/11/15 第168回国会 参議院

参議院会議録情報 第168回国会 環境委員会 第3号

#1
第168回国会 環境委員会 第3号
平成十九年十一月十五日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 十月二十四日
    辞任         補欠選任
     水岡 俊一君     山本 孝史君
 十月二十九日
    辞任         補欠選任
     大久保潔重君     大塚 耕平君
 十月三十日
    辞任         補欠選任
     大塚 耕平君     大久保潔重君
 十月三十一日
    辞任         補欠選任
     轟木 利治君     大塚 耕平君
     山下 栄一君     山本 博司君
 十一月一日
    辞任         補欠選任
     大塚 耕平君     轟木 利治君
     山本 博司君     山下 栄一君
 十一月五日
    辞任         補欠選任
     山本 孝史君     植松恵美子君
 十一月六日
    辞任         補欠選任
     植松恵美子君     山本 孝史君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         松山 政司君
    理 事
                岡崎トミ子君
            ツルネン マルテイ君
                中川 雅治君
                橋本 聖子君
    委 員
                小川 勝也君
                大石 正光君
                大久保潔重君
                轟木 利治君
                広中和歌子君
                福山 哲郎君
                荒井 広幸君
                神取  忍君
                川口 順子君
                矢野 哲朗君
                加藤 修一君
                山下 栄一君
                市田 忠義君
                川田 龍平君
   国務大臣
       環境大臣     鴨下 一郎君
   副大臣
       環境副大臣    桜井 郁三君
   大臣政務官
       環境大臣政務官  並木 正芳君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        加藤 堅一君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○温泉法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆
 議院送付)
    ─────────────
#2
○委員長(松山政司君) ただいまから環境委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、水岡俊一君が委員を辞任され、その補欠として山本孝史君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(松山政司君) 温泉法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。鴨下環境大臣。
#4
○国務大臣(鴨下一郎君) ただいま議題となりました温泉法の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び内容を御説明申し上げます。
 本年六月十九日に、東京都渋谷区において、温泉のくみ上げに伴い発生した可燃性天然ガスの爆発事故により、三名の方の尊い命が失われました。全国に約二万ある温泉の中には、同様に可燃性天然ガスが発生しているものが相当数あると見込まれ、この事故の教訓を踏まえ、温泉における可燃性天然ガスに対する安全対策の実施が求められております。
 本法律案は、このような状況を踏まえ、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止するため、温泉の掘削に係る許可の基準の見直し、温泉の採取に係る許可制度の創設等の措置を講じようとするものであります。
 次に、本法律案の内容を御説明申し上げます。
 第一に、法の目的として、現行法の目的である温泉の保護、利用の適正に、可燃性天然ガスによる災害の防止を加えることといたします。
 第二に、温泉の掘削に伴う災害を防止するため、都道府県知事による許可の基準として、掘削のための施設や方法が可燃性天然ガスによる災害の防止に関する技術基準に適合していることを追加するとともに、都道府県知事が災害の防止上必要な措置命令を行えることといたします。
 第三に、温泉の採取に伴う災害を防止するため、温泉の採取について、既存のものも含め都道府県知事の許可を受けなければならないこととし、採取のための施設や方法が可燃性天然ガスによる災害の防止に関する技術基準に適合していることを許可の基準とするとともに、都道府県知事が災害の防止上必要な措置命令を行えることといたします。
 なお、可燃性天然ガスが発生していない温泉については、都道府県知事の確認を受けて、温泉の採取の許可を受けることを要しないことといたします。
 このほか、報告徴収及び立入検査の項目の追加等の所要の規定の整備を図ることとしております。
 以上が、本法律案の提案の理由及びその内容であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#5
○委員長(松山政司君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト