くにさくロゴ
2007/09/25 第168回国会 参議院 参議院会議録情報 第168回国会 本会議 第2号
姉妹サイト
 
2007/09/25 第168回国会 参議院

参議院会議録情報 第168回国会 本会議 第2号

#1
第168回国会 本会議 第2号
平成十九年九月二十五日(火曜日)
   午後一時三十一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第二号
    ─────────────
  平成十九年九月二十五日
   午後一時三十分 本会議
    ─────────────
 第一 内閣総理大臣の指名
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一
 一、内閣総理大臣の指名両院協議会の協議委員
  の選挙
 一、内閣総理大臣の指名両院協議会参議院協議
  委員議長報告
     ─────・─────
#3
○議長(江田五月君) これより会議を開きます。
 日程第一 内閣総理大臣の指名
 本日、安倍内閣総理大臣からの次の通知に接しました。
  内閣は、本日、総辞職することに決定いたしましたから、国会法第六十四条によって、この旨、通知いたします。
 以上であります。
    ─────────────
#4
○議長(江田五月君) よって、これより内閣総理大臣の指名を行います。
 指名は、本院規則第二十条の規定により、記名投票をもって行います。議席に配付してございます記名投票用紙に国会議員のうち一人の氏名を記入して、御登壇の上、御投票を願います。
 氏名点呼を行います。
   〔参事氏名を点呼〕
   〔投票執行〕
#5
○議長(江田五月君) 投票漏れはございませんか。──投票漏れはないと認めます。投票箱閉鎖。
   〔投票箱閉鎖〕
#6
○議長(江田五月君) これより開票いたします。投票を参事に点検させます。
   〔参事投票を計算、点検〕
#7
○議長(江田五月君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百四十票  
 本投票の過半数は百二十一票でございます。
  小沢一郎君         百十七票  
   〔拍手〕
  福田康夫君          百六票  
   〔拍手〕
  志位和夫君           七票  
  福島みずほ君          五票  
  綿貫民輔君           四票  
  白票              一票  
 ただいま報告いたしましたとおり、得票者の得票数はいずれも投票の過半数に達しておりません。
 よって、本院規則第二十条第三項の規定により、投票の最多数を得られた二人について決選投票を行わなければなりません。
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#8
○議長(江田五月君) これより内閣総理大臣の指名について決選投票を行います。
 投票の最多数を得られた方は、小沢一郎君と福田康夫君であります。両君のうち一人の氏名を記名投票用紙に記入して、御登壇の上、御投票を願います。
 氏名点呼を行います。
   〔参事氏名を点呼〕
   〔投票執行〕
#9
○議長(江田五月君) 投票漏れはございませんか。──投票漏れはないと認めます。投票箱閉鎖。
   〔投票箱閉鎖〕
#10
○議長(江田五月君) これより開票いたします。投票を参事に点検させます。
   〔参事投票を計算、点検〕
#11
○議長(江田五月君) 決選投票の結果を報告いたします。
  投票総数        二百三十九票  
  小沢一郎君        百三十三票  
   〔拍手〕
  福田康夫君          百六票  
   〔拍手〕
 よって、本院は、小沢一郎君を内閣総理大臣に指名することに決しました。
   〔拍手〕
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#12
○議長(江田五月君) なお、衆議院におきましては衆議院議員福田康夫君を内閣総理大臣に指名した旨の通知に接しております。
 ただいまの結果、内閣総理大臣の指名について両議院の議決が一致いたしません。
 よって、本院は、国会法第八十六条第二項の規定により、内閣総理大臣の指名について両院協議会を求めなければなりません。
 暫時休憩いたします。
   午後二時十分休憩
     ─────・─────
   午後三時六分開議
#13
○議長(江田五月君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 これより、内閣総理大臣の指名に関する両院協議会の協議委員十名の選挙を行います。
 つきましては、両院協議会協議委員の選挙は、その手続を省略し、議長において指名することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○議長(江田五月君) 御異議ないと認めます。
 よって、議長は、内閣総理大臣の指名に関する両院協議会の協議委員に家西悟君、小川勝也君、大石正光君、工藤堅太郎君、輿石東君、平田健二君、簗瀬進君、井上哲士君、近藤正道君、長谷川憲正君を指名いたします。
 これより直ちに両院協議会協議委員の正副議長を選挙されることを望みます。
 両院協議会の結果の報告を待つため、暫時休憩いたします。
   午後三時八分休憩
     ─────・─────
   午後五時六分開議
#15
○議長(江田五月君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 内閣総理大臣の指名両院協議会参議院協議委員議長から報告書が提出されました。
 この際、報告を求めます。協議委員議長輿石東君。
    ─────────────
   〔報告書は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔輿石東君登壇、拍手〕
#16
○輿石東君 内閣総理大臣の指名両院協議会の経過及び結果について御報告申し上げます。
 本院協議委員は、先ほどの本会議におきまして議長より指名されました後、直ちに協議委員議長及び副議長の互選を行い、その結果、協議委員議長に私、輿石東が、副議長に平田健二君がそれぞれ選任されました。
 なお、衆議院側におきましては、笹川堯君が協議委員議長に、小此木八郎君が副議長に選任されました。
 両院協議会の初会の議長はくじにより決することとなっておりますので、開会に先立ち抽せんを行いました結果、衆議院側協議委員議長の笹川堯君が議長に当選されました。
 協議会におきましては、まず本院が衆議院議員小沢一郎君を内閣総理大臣に指名した議決の趣旨について工藤堅太郎君から、続いて衆議院が衆議院議員福田康夫君を指名した議決の趣旨について小此木八郎君から、それぞれ説明を聴取いたしました。
 次に、協議に入り、本院側は井上哲士君、近藤正道君及び長谷川憲正君が、衆議院側は漆原良夫君及び根本匠君が意見を述べた後、採決に入りました。
 採決は、内閣総理大臣の指名について、まず参議院の指名どおりと決することについて行われましたところ、賛成者は十名、次に衆議院の指名どおりと決することについて行われましたところ、賛成者は九名であり、いずれも出席協議委員の三分の二に達しませんでした。したがって、両院協議会は、内閣総理大臣の指名について成案を得るには至りませんでした。
 以上、御報告申し上げます。
#17
○議長(江田五月君) 内閣総理大臣の指名につきましては、両議院の意見が一致いたしませんので、憲法第六十七条第二項の規定により、衆議院の議決が国会の議決となります。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後五時十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト