くにさくロゴ
2007/10/19 第168回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第168回国会 文部科学委員会 第1号
姉妹サイト
 
2007/10/19 第168回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第168回国会 文部科学委員会 第1号

#1
第168回国会 文部科学委員会 第1号
本国会召集日(平成十九年九月十日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 桝屋 敬悟君
   理事 鈴木 恒夫君 理事 藤村  修君
   理事 笠  浩史君
      阿部 俊子君    井脇ノブ子君
      伊藤信太郎君    飯島 夕雁君
      石崎  岳君    江崎 鐵磨君
      小川 友一君    小渕 優子君
      岡下 信子君    加藤 紘一君
      近藤 基彦君    佐藤  錬君
      鈴木 淳司君    中森ふくよ君
      原田 令嗣君    平口  洋君
      福田 峰之君    藤田 幹雄君
      二田 孝治君    保坂  武君
      馬渡 龍治君    松野 博一君
      山本ともひろ君    渡辺 具能君
      楠田 大蔵君    小宮山洋子君
      田島 一成君    高井 美穂君
      土肥 隆一君    牧  義夫君
      松本 大輔君    山口  壯君
      佐藤 茂樹君    富田 茂之君
      石井 郁子君    保坂 展人君
    ―――――――――――――
九月十日
 桝屋敬悟君委員長辞任につき、その補欠として佐藤茂樹君が議院において、委員長に選任された。
平成十九年十月十九日(金曜日)
    午前十時開議
 出席委員
   委員長 佐藤 茂樹君
   理事 伊藤信太郎君 理事 江崎 鐵磨君
   理事 塩谷  立君 理事 鈴木 淳司君
   理事 鈴木 恒夫君 理事 渡辺 具能君
   理事 小宮山洋子君 理事 藤村  修君
   理事 牧  義夫君 理事 笠  浩史君
   理事 富田 茂之君
      阿部 俊子君    井脇ノブ子君
      小川 友一君    岡下 信子君
      加藤 紘一君    佐藤  錬君
      中森ふくよ君    原田 令嗣君
      平口  洋君    福田 峰之君
      藤井 勇治君    藤田 幹雄君
      保坂  武君    馬渡 龍治君
      松野 博一君    安井潤一郎君
      山本ともひろ君    楠田 大蔵君
      田島 一成君    土肥 隆一君
      松木 謙公君    松本 大輔君
      山口  壯君    西  博義君
      石井 郁子君    菅野 哲雄君
    …………………………………
   文部科学大臣       渡海紀三朗君
   文部科学副大臣      松浪健四郎君
   文部科学大臣政務官    原田 令嗣君
   文部科学大臣政務官    保坂  武君
   文部科学委員会専門員   佐久間和夫君
    ―――――――――――――
委員の異動
九月十日
 辞任         補欠選任
  石崎  岳君     塩谷  立君
  桝屋 敬悟君     西  博義君
十月十九日
 辞任         補欠選任
  飯島 夕雁君     安井潤一郎君
  二田 孝治君     藤井 勇治君
  高井 美穂君     松木 謙公君
  保坂 展人君     菅野 哲雄君
同日
 辞任         補欠選任
  藤井 勇治君     二田 孝治君
  安井潤一郎君     飯島 夕雁君
  松木 謙公君     高井 美穂君
  菅野 哲雄君     保坂 展人君
同日
 理事松浪健四郎君八月二十九日委員辞任につき、その補欠として江崎鐵磨君が理事に当選した。
同日
 理事西村明宏君及び伊藤渉君八月三十日委員辞任につき、その補欠として塩谷立君及び富田茂之君が理事に当選した。
同日
 理事田野瀬良太郎君及び平田耕一君九月七日委員辞任につき、その補欠として渡辺具能君及び鈴木淳司君が理事に当選した。
同日
 理事鈴木恒夫君、藤村修君及び笠浩史君同日理事辞任につき、その補欠として伊藤信太郎君、小宮山洋子君及び牧義夫君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
九月十日
 学校教育法の一部を改正する法律案(武正公一君外四名提出、第百六十五回国会衆法第二号)
 公立の小中学校等における地震防災上改築又は補強を要する校舎等の整備の促進に関する臨時措置法案(藤村修君外二名提出、第百六十六回国会衆法第五三号)
十月十八日
 教育改悪三法の廃止を求めることに関する請願(石井郁子君紹介)(第八九号)
 高校歴史教科書検定での沖縄戦集団自決に関する記載内容への修正指示撤回を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第九〇号)
 同(石井郁子君紹介)(第九一号)
 同(笠井亮君紹介)(第九二号)
 同(穀田恵二君紹介)(第九三号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第九四号)
 同(志位和夫君紹介)(第九五号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第九六号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第九七号)
 同(吉井英勝君紹介)(第九八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○佐藤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、文部科学委員長に就任いたしました佐藤茂樹でございます。
 今日、教育あるいは科学技術の振興、文化、芸術、スポーツなどに対する国民の関心は高く、それらの充実を図ることは国政上重要な課題であります。
 特に、公教育の充実を初めとした教育の再生は喫緊の課題です。とりわけ、教師こそ子供にとって最大の教育環境であることから、優秀な教員をどのように育成していくのか、真剣な議論が求められます。また、我が国における科学技術の振興は、ライフサイエンス等の重点四分野における研究開発の戦略的推進や、宇宙開発、海洋地球観測などの国家基幹技術の推進に大きな期待が寄せられています。
 このような中、当委員会に課せられた使命はまことに重大であり、委員会として、活発な議論を積み重ね、国民の期待と信託にこたえてまいりたいと考えております。
 委員長といたしましては、委員各位の御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○佐藤委員長 理事の辞任の件についてお諮りいたします。
 理事鈴木恒夫君、藤村修君及び笠浩史君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 引き続き、理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事の辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が八名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      伊藤信太郎君    江崎 鐵磨君
      塩谷  立君    鈴木 淳司君
      渡辺 具能君   小宮山洋子さん
      牧  義夫君 及び 富田 茂之君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○佐藤委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 文部科学行政の基本施策に関する事項
 生涯学習に関する事項
 学校教育に関する事項
 科学技術及び学術の振興に関する事項
 科学技術の研究開発に関する事項
 文化、スポーツ振興及び青少年に関する事項
以上の各事項につきまして、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○佐藤委員長 この際、渡海文部科学大臣、松浪文部科学副大臣、保坂文部科学大臣政務官及び原田文部科学大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。渡海文部科学大臣。
#9
○渡海国務大臣 このたび、文部科学大臣に就任をいたしました渡海紀三朗でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 第百六十八回国会におきまして各般の課題を御審議いただくに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 国政上の最重要課題である教育再生、科学技術・学術の振興、スポーツ、文化芸術の振興のための諸施策の推進に全力を尽くしてまいりますので、まずはよろしくお願いを申し上げます。
 教育は国家百年の大計であり、いつの世も、どの社会にあっても重要な課題であります。特に、天然資源に恵まれない我が国においては人的資源こそが国力の基礎であり、心豊かで創造性に富んだ人材をはぐくむことは、最優先に取り組むべき課題です。また、科学技術・学術は、我が国の発展と国民の豊かな暮らしを支える未来への先行投資であり、科学技術創造立国の実現は、我が国が未来に向かって成長し続けるためには欠かすことができないものです。さらに、スポーツや文化芸術を振興することにより、真の豊かさに満ちた活力ある社会を実現することが極めて重要です。
 昨年、約六十年ぶりに教育基本法が改正をされ、新しい時代に求められる教育理念が明確になりました。これを受け、さきの通常国会では、いわゆる教育三法が成立しました。今後は、これらを踏まえ、必要な予算の確保に努めるとともに、教育振興基本計画を策定し、関連法制のさらなる整備を進め、教育の再生に邁進します。
 まず、改正教育基本法、学校教育法の一部改正を踏まえ、中央教育審議会での検討に基づき、授業時数の増加、国語力の育成、理数教育の重視、外国語教育の充実等を主な内容として学習指導要領を改訂するとともに、総合的な学力向上策を講ずることにより、すべての子供たちに確かな学力を身につけさせます。また、命を大切にする心や規範意識などの豊かな心の育成のため、道徳教育を充実するとともに、さまざまな体験活動や読書活動などを総合的に推進します。さらに、健やかな体の育成のため、子供の体力向上のための取り組みや、栄養教諭も活用しながら食育を推進します。
 これまでの教育再生の取り組みを真に実効あるものとするためには、教育は人なりというように、学校教育の要諦である教員にすぐれた人材を確保し、頑張る教員を支援するとともに、学校のみならず、家庭、地域、行政が一体となって取り組んでいくことが不可欠です。
 このため、教職員定数の改善、外部人材の活用、事務の外部化等を通じ、教員の子供と向き合う時間を拡充したり、勤務実態を踏まえた適切な処遇の実現、副校長、主幹教諭等の新たな職の処遇、部活動手当等の拡充等を通じ、すぐれた教員を確保し、めり張りのある教員給与体系を実現できるよう、平成二十年度概算要求を行っており、その実現に最大限努力いたします。さらに、さきの通常国会での法改正を踏まえ、教員免許更新制度や、指導が不適切な教員に対する人事管理システムの円滑な導入に取り組むとともに、引き続き教育委員会の機能の充実等に努めます。
 教育再生のためには、国、教育委員会、各学校が、それぞれの段階で、子供たちの状況を的確に把握し、不断に取り組みの改善を行うことが重要です。このような観点から、本年四月に全国学力・学習状況調査を実施したところであり、その結果の公表を近日中にも行い、今後の教育施策や指導の改善につなげてまいります。また、保護者や地域住民による評価や、第三者評価を含めた学校評価のさらなる定着を推進します。
 喫緊の課題である学校施設の耐震化の推進に取り組むとともに、地域全体で子供を見守る体制を整備する子ども安心プロジェクトや青少年を取り巻く有害環境対策を進めるなど、子供の安全、安心を確保する環境整備を推進します。また、ICT環境の整備、教員のICT指導力の向上など、学校教育の情報化の推進に積極的に取り組みます。
 依然として深刻な状況にあるいじめの問題に対しては、早期発見、早期対応を推進するとともに、スクールカウンセラーの配置など教育相談体制の整備、いじめを許さない学級づくりに取り組みます。
 幼児教育の無償化については、歳入改革にあわせて、財源、制度等の問題を総合的に検討するとともに、認定こども園制度を活用し、幼児教育の振興を図ります。また、発達障害を含む障害のある子供一人一人の教育的ニーズに応じた特別支援教育を推進します。
 都市化、核家族化、地縁的つながりの希薄化等の社会変化を踏まえ、家庭教育への支援に努め、地域全体で学校教育を支援し、子供たちをはぐくむ環境の整備に取り組むとともに、引き続き、コミュニティースクールの設置、子供たちの居場所づくりを進める放課後子どもプラン、「早寝早起き朝ごはん」国民運動の推進に取り組みます。また、環境教育、人権教育、キャリア教育、職業教育、外国人児童生徒の教育を推進します。
 なお、沖縄の集団自決に関する教科書検定の件については、沖縄県民の思いを重く受けとめるとともに、教科書検定の公正中立性の確保に十分意を用いつつ、教科書検定制度に基づき真摯に対応してまいります。
 少子高齢化、人口減少、グローバル化といった劇的な社会の構造変化の中で、我が国全体が安定した成長を続けるかぎとなるのは、日本の大学が、教養に裏打ちされた、専門知識を備えた人材を育成するとともに、諸外国から優秀な人材を引きつける国際競争力のある知の拠点となることです。また、地方の再生のためには、地域の人材育成や文化、産業振興の基盤として地方の大学の役割が極めて重要です。
 このため、国立大学運営費交付金、私学助成など大学を支える基盤的経費を確実に措置するとともに、国公私を通じ、競争的な環境のもとで各大学のすぐれた教育研究の取り組みを支援します。また、世界最高水準の教育研究拠点の形成、大学間の連携強化による地域振興の核としての機能強化、第三者評価制度等を通じた質の保証と向上、留学生交流の拡充などを総合的に推進します。同時に、健全性を確保した奨学金事業の拡充などを通じ国民の学習機会の充実を図ります。また、現在喫緊の課題となっている、僻地や小児科、産科などの診療科における医師不足の深刻化を踏まえ、地域医療を担うこれらの医師の養成、確保に全力で取り組みます。
 世界的な知の大競争時代にあって、人口減少時代を迎えた我が国が豊かに発展していくためには、絶え間ないイノベーションの創出と、これを支える科学技術・学術の振興が不可欠です。科学技術創造立国の実現に向け、大学や研究機関、地域や民間の能力が最大限に発揮されるよう、科学技術政策を強力に進めてまいります。
 そのために、まず、世界を牽引する優秀な人材を養成、確保し、その能力が十分に発揮される条件を整えねばなりません。具体的には、子供が科学技術に早くから親しみ、その能力を大いに伸ばすことができるよう理数教育を推進するとともに、若手や女性、外国人など多様な人材が活躍できる研究環境の形成に努めます。また、独創的、先端的な基礎研究の推進、国立大学等の教育研究施設の整備充実、科学研究費補助金などの競争的資金の拡充、世界最高水準の研究拠点の整備、産学官連携の強化や地域の活性化に資する知的クラスターの創成等に努めてまいります。
 そして、ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料、原子力、宇宙・航空、地震・防災、南極・海洋等の各分野の研究開発については、国際競争を勝ち抜くために不可欠なものや生活の安全、安心の確保のためのものなど、社会、国民のニーズに迅速に対応すべきものを、選択と集中を図りながら戦略的に取り組みます。
 我が国の基幹ロケットであるH2Aロケットは、先般の月周回衛星「かぐや」を初め、七機連続して打ち上げに成功しており、世界水準を超える九割を上回る成功率を達成しております。この宇宙輸送システムを初めとして、国家の総合的な安全保障に密接に関連する海洋地球観測探査システムや高速増殖炉サイクル技術、世界最高性能の次世代スーパーコンピューターやエックス線自由電子レーザーの開発といった五つの国家基幹技術の研究開発を着実に推進してまいります。また、エネルギー問題、防災、感染症対策等、世界が直面している共通の課題解決に向けた国際的な協力を戦略的に推進してまいります。
 すべての国民が心身ともに健康に生活するため、総合型地域スポーツクラブの育成などを通じ、だれもがいつでも身近にスポーツに親しめる生涯スポーツ社会の実現を目指します。また、来年開催される北京オリンピックに向けて、ナショナルトレーニングセンターの整備、充実や、トップレベル競技者の育成強化など、国際競技力の向上に努めるとともに、国際的なドーピング防止活動にも積極的に取り組みます。さらに、二〇一六年オリンピック競技大会の東京招致実現に向けて、東京都や関係団体と協力しつつ、必要な支援を行ってまいります。
 我が国が誇るすぐれた文化芸術を戦略的に振興し、文化芸術立国を目指します。このために、伝統文化を初めとする文化遺産を継承、活用するとともに、新しい文化芸術を創造し、日本文化を積極的に国内外に発信します。また、子供の文化芸術体験活動の機会の充実や、地域の文化力の向上を図るため、きめ細かく施策を講じてまいります。さらに、国語の正しい理解の推進や、新しい時代に対応した著作権施策を推進します。
 このほか、各分野における国際交流、国際協力の積極的な推進や、行政改革の着実な推進などの課題に取り組んでまいります。
 私は、我が国が二十一世紀に活力ある国家として発展していくことができるよう、国民の皆様の声や現場の意見に耳を傾けながら、スピード感と緊張感を持って山積する課題に全力で取り組んでまいります。委員長を初め委員の先生方には格段の御指導、御鞭撻を賜りますように心よりお願いを申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#10
○佐藤委員長 次に、松浪文部科学副大臣。
#11
○松浪副大臣 おはようございます。
 このほど文部科学副大臣を拝命いたしました松浪健四郎でございます。緊張の余り足が震えておりますけれども、就任に当たって一言ごあいさつを申し上げます。
 副大臣就任に当たり、大臣の命を受け、また主に科学技術・学術とスポーツという重要な分野の行政を担当することとなりました。もとより浅学非才の身ではございますけれども、一生懸命努力をさせていただきたい、このように思います。
 副大臣として、大臣をよく補佐し、第三期科学技術基本計画を着実に推進し、活力に満ちた明るい未来を切り開くため、科学技術・学術の振興に積極的に取り組むとともに、子供の体力向上や、人々に感動や健康な生活をもたらすスポーツの振興などに全力を尽くしてまいります。
 委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますように心から謹んでお願いを申し上げまして、ごあいさつといたします。
 ありがとうございました。(拍手)
#12
○佐藤委員長 次に、保坂文部科学大臣政務官。
#13
○保坂大臣政務官 おはようございます。
 このたび文部科学大臣政務官を拝命いたしました保坂武です。よろしくお願いいたします。
 昨今、とうとい命が奪われるというふうな事件が多く発生をいたしております。私ども、特に教育再生、そして文化芸術を再構築していくという意味合いの中でも、このような時代を早く脱皮したい、こんなふうに思います。
 大臣、副大臣を補佐するつもりで頑張ってまいりたいと思います。ぜひとも、委員長初め委員の先生方の御指導、御鞭撻を賜りたいと存じます。どうかよろしくお願いいたします。(拍手)
#14
○佐藤委員長 次に、原田文部科学大臣政務官。
#15
○原田大臣政務官 皆さん、おはようございます。このたび文部科学大臣政務官を拝命いたしました原田令嗣でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 日本は、人材立国でありますし、また科学技術立国であります。私は、政務官として、明るく豊かで活力のある日本をつくるために、科学技術の振興、そして、子供たち、国民に夢と希望を与えるためのスポーツの振興に全力で尽くしてまいりたいと思います。
 大臣そして副大臣とともに力を合わせて文部科学行政の推進に邁進してまいりたいと思います。委員長を初め委員の皆様の御指導、御鞭撻をどうぞよろしくお願いいたします。
 どうもありがとうございます。(拍手)
#16
○佐藤委員長 次回は、来る二十四日水曜日午前九時二十分理事会、午前九時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時二十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト