くにさくロゴ
2007/09/10 第168回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第168回国会 災害対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
2007/09/10 第168回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第168回国会 災害対策特別委員会 第1号

#1
第168回国会 災害対策特別委員会 第1号
本特別委員会は平成十九年九月十日(月曜日)議院において、災害対策を樹立するため設置することに決した。
九月十日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任された。
      新井 悦二君    江藤  拓君
      小川 友一君    大前 繁雄君
      梶山 弘志君    佐田玄一郎君
      坂井  学君    鈴木 恒夫君
      平  将明君    高鳥 修一君
      土屋 品子君    徳田  毅君
      長島 忠美君    丹羽 秀樹君
      早川 忠孝君    林   潤君
      林  幹雄君    林田  彪君
      原田 憲治君    平口  洋君
      三ッ矢憲生君    御法川信英君
      村田 吉隆君    望月 義夫君
      盛山 正仁君    岡本 充功君
      小平 忠正君    近藤 洋介君
      田村 謙治君    筒井 信隆君
      西村智奈美君    松原  仁君
      松本 剛明君    村井 宗明君
      石田 祝稔君    高木美智代君
      桝屋 敬悟君    高橋千鶴子君
      日森 文尋君    糸川 正晃君
平成十九年九月十日(月曜日)
    午後零時十四分開議
 出席委員
   委員長 鈴木 恒夫君
   理事 江藤  拓君 理事 佐田玄一郎君
   理事 土屋 品子君 理事 早川 忠孝君
   理事 望月 義夫君 理事 松原  仁君
   理事 松本 剛明君 理事 高木美智代君
      新井 悦二君    大前 繁雄君
      梶山 弘志君    坂井  学君
      平  将明君    高鳥 修一君
      土屋 正忠君    徳田  毅君
      長島 忠美君    丹羽 秀樹君
      林   潤君    林  幹雄君
      林田  彪君    平口  洋君
      三ッ矢憲生君    村田 吉隆君
      盛山 正仁君    小平 忠正君
      近藤 洋介君    鈴木 克昌君
      田村 謙治君    筒井 信隆君
      西村智奈美君    村井 宗明君
      桝屋 敬悟君    高橋千鶴子君
      日森 文尋君
    …………………………………
   衆議院調査局第三特別調査室長           吉宮 孝治君
    ―――――――――――――
委員の異動
九月十日
 辞任         補欠選任
  原田 憲治君     土屋 正忠君
  岡本 充功君     鈴木 克昌君
同日
 辞任         補欠選任
  土屋 正忠君     原田 憲治君
  鈴木 克昌君     岡本 充功君
    ―――――――――――――
九月十日
 鈴木恒夫君が委員長に当選した。
同日
      江藤  拓君    佐田玄一郎君
      土屋 品子君    早川 忠孝君
      望月 義夫君    松原  仁君
      松本 剛明君    高木美智代君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔小平委員、委員長席に着く〕
#2
○小平委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○江藤委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、鈴木恒夫君を委員長に推薦いたします。
#4
○小平委員 ただいまの江藤拓君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○小平委員 御異議なしと認めます。よって、鈴木恒夫君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長鈴木恒夫君に本席を譲ります。
    〔鈴木委員長、委員長席に着く〕
#6
○鈴木委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました鈴木恒夫でございます。
 我が国は、その自然的条件から、地震、台風等による災害を受けやすい国土であります。
 本年に入りましても、能登半島地震や新潟県中越沖地震による災害が発生し、また、台風等による風水害により、各地で甚大な被害がもたらされ、とうとい人命が奪われるなど、国民生活に多大な影響を及ぼしました。
 私自身の経験を申し上げますと、毎日新聞記者になりまして二年目の昭和三十九年六月十六日、午後一時二分、新潟支局勤務の私は、マグニチュード七・六だったと思いますが、新潟地震の体験者であります。予想を絶する地震の心理的なパニック状態というものを一週間にわたって不眠で体験した者といたしまして、本当に地震を初めとする災害の怖さを実感としていまだに覚えておるものでございます。
 このような状況のもとで本委員会の果たすべき役割はまことに重要であります。
 委員各位の御支援と御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○鈴木委員長 これより理事の互選を行います。
#8
○江藤委員 動議を提出いたします。
 理事の員数は八名とし、委員長において指名されることを望みます。
#9
○鈴木委員長 ただいまの江藤拓君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○鈴木委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      江藤  拓君    佐田玄一郎君
      土屋 品子君    早川 忠孝君
      望月 義夫君    松原  仁君
      松本 剛明君    高木美智代君
以上八名の方々を指名いたします。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト