くにさくロゴ
2007/10/19 第168回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第168回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
2007/10/19 第168回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第168回国会 外務委員会 第1号

#1
第168回国会 外務委員会 第1号
本国会召集日(平成十九年九月十日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 山口 泰明君
   理事 山中あき子君 理事 丸谷 佳織君
      愛知 和男君    伊藤信太郎君
      石破  茂君    猪口 邦子君
      宇野  治君    小野 次郎君
      木村 隆秀君    河野 太郎君
      塩崎 恭久君    篠田 陽介君
      鈴木 馨祐君    高木  毅君
      中山 泰秀君    平沢 勝栄君
      福田 康夫君    三ッ矢憲生君
      山内 康一君    近藤 昭一君
      篠原  孝君    田中眞紀子君
      武正 公一君    野田 佳彦君
      鉢呂 吉雄君    松原  仁君
      上田  勇君    笠井  亮君
      照屋 寛徳君
    ―――――――――――――
九月十日
 山口泰明君委員長辞任につき、その補欠として平沢勝栄君が議院において、委員長に選任された。
平成十九年十月十九日(金曜日)
    午前九時三十一分開議
 出席委員
   委員長 平沢 勝栄君
   理事 高木  毅君 理事 三ッ矢憲生君
   理事 山口 泰明君 理事 山中あき子君
   理事 近藤 昭一君 理事 武正 公一君
   理事 丸谷 佳織君
      愛知 和男君    伊藤信太郎君
      猪口 邦子君    宇野  治君
      小野 次郎君    木村 隆秀君
      塩崎 恭久君    篠田 陽介君
      鈴木 馨祐君    中山 泰秀君
      三原 朝彦君    御法川信英君
      山内 康一君    篠原  孝君
      田中眞紀子君    野田 佳彦君
      鉢呂 吉雄君    松原  仁君
      上田  勇君    笠井  亮君
      照屋 寛徳君
    …………………………………
   外務大臣         高村 正彦君
   外務副大臣        木村  仁君
   外務大臣政務官      宇野  治君
   外務大臣政務官      中山 泰秀君
   外務大臣政務官      小池 正勝君
   外務委員会専門員     清野 裕三君
    ―――――――――――――
委員の異動
九月二十五日
 辞任         補欠選任
  福田 康夫君     安倍 晋三君
同月二十六日
 辞任         補欠選任
  石破  茂君     竹下  亘君
十月十二日
 辞任         補欠選任
  安倍 晋三君     御法川信英君
  竹下  亘君     三原 朝彦君
同月十九日
 理事小野寺五典君八月二十九日委員辞任につき、その補欠として三ッ矢憲生君が理事に当選した。
同日
 理事やまぎわ大志郎君九月三日委員辞任につき、その補欠として河野太郎君が理事に当選した。
同日
 理事嘉数知賢君、三原朝彦君、長島昭久君及び山口壯君九月七日委員辞任につき、その補欠として高木毅君、山口泰明君、武正公一君及び近藤昭一君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月十八日
 沖縄県名護市辺野古地区への新基地建設の白紙撤回及び普天間基地の即時撤去に関する請願(高井美穂君紹介)(第四六号)
 同(辻元清美君紹介)(第四七号)
 同(照屋寛徳君紹介)(第四八号)
 同(日森文尋君紹介)(第四九号)
 同(阿部知子君紹介)(第六二号)
 同(重野安正君紹介)(第六三号)
 同(赤嶺政賢君紹介)(第七一号)
 同(横光克彦君紹介)(第一四三号)
 沖縄の新基地建設中止、基地の全面撤去に関する請願(志位和夫君紹介)(第八五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○平沢委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、外務委員長の重責を担うことになりました平沢勝栄でございます。
 現在、我が国には、解決すべき外交課題が山積しており、本委員会に課せられた使命はまことに重大であります。
 委員の皆様の御指導、御協力をいただきまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。
     ――――◇―――――
#3
○平沢委員長 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が六名欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○平沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      河野 太郎君    高木  毅君
      三ッ矢憲生君    山口 泰明君
      近藤 昭一君 及び 武正 公一君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○平沢委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 国際情勢に関する事項について、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○平沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○平沢委員長 この際、高村外務大臣、木村外務副大臣、宇野外務大臣政務官、中山外務大臣政務官及び小池外務大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。外務大臣高村正彦君。
#8
○高村国務大臣 外務委員会の開催に当たり、平沢勝栄委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げます。
 まず冒頭、イランで拘束されている邦人が無事解放されるよう、全力を挙げて取り組んでまいります。
 我が国は、日米同盟と国際協調を外交の基本として、近隣諸国や国連等と緊密に協力してまいります。
 国際社会では、今この瞬間もテロとの闘いは続いております。インド洋における我が国海上自衛隊の補給活動は、諸外国が団結して行っている海上阻止活動の重要な基盤となっており、各国や国連からも高く評価され、継続の期待が寄せられております。我が国の外交にとっても極めて重要な意義を有するこの活動を継続できるよう、皆様の御協力をお願いいたします。
 日米同盟は我が国外交のかなめであり、幅広い分野で信頼関係を強化します。弾道ミサイル防衛を初めとする日米安保・防衛協力を強化するとともに、抑止力を維持しつつ、沖縄を初めとする地元の負担の軽減を実現し、在日米軍の兵力態勢の再編を着実に進めてまいります。
 中国との間では、共通の戦略的利益に立脚した互恵関係を打ち立て、ともに、アジアと世界の平和、安定、繁栄に貢献してまいります。
 韓国との間では、未来志向の緊密な友好協力関係を築いてまいります。
 朝鮮半島をめぐる問題の解決は、アジアの平和と安定に不可欠であります。六者会合に積極的に取り組むとともに、日朝平壌宣言にのっとり、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算し、日朝国交正常化を実現すべく努力してまいります。
 ロシアとの間では、領土問題の解決に向けて力強く取り組むとともに、日ロ行動計画に基づき、幅広い分野での関係の発展に努めます。
 また、将来の東アジア共同体の形成を視野に入れ、東アジア首脳会議等を活用して、アジア諸国とともに地域協力を推進してまいります。
 同時に、ASEAN諸国との二国間関係を強化します。
 ミャンマー政府に対しては、同国で邦人が亡くなられたことについて真相究明を求めるとともに、民主化や人権の状況の改善を働きかけてまいります。
 さらに、外交の地平を拡大し、欧州諸国やEU、NATO、豪州、インドなどとも連携して、国際社会の平和と繁栄に貢献してまいります。
 我が国の国益に直結する中東地域の安定のため、イラクやアフガニスタンの復興支援や中東和平の推進に貢献してまいります。
 明年、我が国は、北海道洞爺湖サミットや京都外相会合等を主催します。地球環境問題や開発問題、核不拡散を初めとする政治問題に関し、リーダーシップをとってまいります。
 中でも、気候変動問題については、途上国を支援する資金メカニズムの構築を含め、美しい星50の実現に向け、イニシアチブを発揮してまいります。
 ODAについては、一層の選択と集中、質の改善を進めつつ、人間の安全保障の視点も踏まえ、戦略的に実施し、対外公約の着実な実施に努めます。
 来年のTICAD4開催を念頭に、アフリカの開発と平和構築にも取り組んでまいります。
 また、北朝鮮やイランの核問題への対処を初め、軍縮、不拡散体制の維持強化に取り組んでまいります。
 こうした課題への対応において重要な役割を担う国連安保理の改革は、全世界にとって喫緊の課題です。国際の平和と安全の維持を初め、さまざまな分野で一層の貢献を行えるよう、早期の安保理改革の実現と我が国の安保理常任理事国入りを目指します。
 加えて、多角的貿易体制の強化は我が国にとって死活的な利益であり、WTOドーハ・ラウンド交渉の早期妥結に努めるとともに、EPA、FTAの取り組みを強化してまいります。
 最後に、山積する外交課題に適切に対処していくためには、機構・定員等の外交実施体制の抜本的な強化が不可欠であり、国民の皆様の御理解を得ながら、積極的に取り組んでまいります。
 平沢委員長を初め委員各位の御支援と御協力を心よりお願い申し上げます。(拍手)
#9
○平沢委員長 次に、外務副大臣木村仁君。
#10
○木村(仁)副大臣 外務副大臣の木村仁でございます。
 平沢勝栄委員長初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げます。
 我が国の平和と繁栄を確保することは、外交に課せられた最も重要な使命であると存じます。
 国際情勢が依然として不透明かつ不確実な中、私は、北朝鮮の拉致、核、ミサイルの問題や、テロとの闘い、軍縮、不拡散等の外交問題に積極的に取り組み、我が国の国益の増進に向けて最大限の努力をいたしてまいる所存でございます。
 また、外交実施体制の強化に努力してまいります。
 平沢委員長を初め委員の先生方の御指導と御協力をいただきますよう、伏してお願い申し上げます。(拍手)
#11
○平沢委員長 次に、外務大臣政務官宇野治君。
#12
○宇野大臣政務官 外務大臣政務官の宇野治でございます。
 平沢勝栄委員長を初め委員各位にごあいさつを申し上げます。
 外務大臣政務官としての国民の皆様の期待にこたえ、我が国の平和と繁栄の確保に向けて外交を推進するため、高村外務大臣を補佐し、全力を尽くして取り組む次第でございます。
 なお、三人の政務官の中では、私が本委員会を担当することになっております。委員長初め本委員会の皆様方の御協力と御指導をお願いいたしますよう、よろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#13
○平沢委員長 次に、外務大臣政務官中山泰秀君。
#14
○中山大臣政務官 おはようございます。
 このたび、外務大臣政務官に就任をいたしました中山泰秀でございます。
 平沢委員長を初め委員各位に謹んでごあいさつを申し述べさせていただきます。
 高村大臣指導のもと、外務大臣政務官として、世界の平和と繁栄に向けて、日本らしい国際貢献のあり方を追求しながら、外交に積極的に取り組んでいく所存でございます。
 委員長を初め本委員会の皆様方の御指導と御協力をいただきますよう、心よりよろしくお願いを申し上げる次第でございます。
 ありがとうございます。(拍手)
#15
○平沢委員長 次に、外務大臣政務官小池正勝君。
#16
○小池大臣政務官 このたび外務大臣政務官を拝命いたしました小池正勝でございます。
 平沢委員長初め委員各位に謹んでごあいさつを申し上げます。
 高村外務大臣の指導のもと、我が国の外交上の諸課題に全力で取り組みまして、外務大臣政務官としての職責を全うする決意でございます。
 委員長初め本委員会の皆様の御指導と御協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#17
○平沢委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前九時四十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト