くにさくロゴ
2007/03/15 第166回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第166回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2007/03/15 第166回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第166回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第2号

#1
第166回国会 日本国憲法に関する調査特別委員会 第2号
平成十九年三月十五日(木曜日)
    午前十時四十三分開議
 出席委員
   委員長 中山 太郎君
   理事 愛知 和男君 理事 近藤 基彦君
   理事 福田 康夫君 理事 船田  元君
   理事 保岡 興治君 理事 赤松 正雄君
      新井 悦二君    伊藤 公介君
      石破  茂君    越智 隆雄君
      加藤 勝信君    亀岡 偉民君
      木原 誠二君    柴山 昌彦君
      関  芳弘君    谷  公一君
      中谷  元君    野田  毅君
      葉梨 康弘君    早川 忠孝君
      林   潤君    平田 耕一君
      深谷 隆司君    藤井 勇治君
      保利 耕輔君    堀内 光雄君
      御法川信英君    森山 眞弓君
      矢野 隆司君    安井潤一郎君
      山内 康一君    山崎  拓君
      大口 善徳君    笠井  亮君
    …………………………………
   衆議院憲法調査特別委員会及び憲法調査会事務局長  窪田 勝弘君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月十五日
 辞任         補欠選任
  坂本 剛二君     御法川信英君
  棚橋 泰文君     山内 康一君
  渡海紀三朗君     関  芳弘君
  中野 正志君     亀岡 偉民君
  二田 孝治君     木原 誠二君
同日
 辞任         補欠選任
  亀岡 偉民君     中野 正志君
  木原 誠二君     二田 孝治君
  関  芳弘君     渡海紀三朗君
  御法川信英君     坂本 剛二君
  山内 康一君     棚橋 泰文君
    ―――――――――――――
二月二十日
 国民投票法案の廃案を求めることに関する請願(笠井亮君紹介)(第一一号)
 国民投票法制定に関する請願(志位和夫君紹介)(第二九号)
 国民投票法の制定反対に関する請願(阿部知子君紹介)(第五四号)
 憲法改悪のための国民投票法制定に反対することに関する請願(佐々木隆博君紹介)(第九五号)
 憲法九条改悪のための国民投票法案反対に関する請願(阿部知子君紹介)(第一五六号)
三月二日
 憲法改悪のための改憲手続法案の廃案を求めることに関する請願(穀田恵二君紹介)(第二〇九号)
 同(保坂展人君紹介)(第二一〇号)
 国民投票法案の廃案・撤回に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二一一号)
 同(保坂展人君紹介)(第二一二号)
 国民投票法案の廃案を求めることに関する請願(志位和夫君紹介)(第二一三号)
 同(赤嶺政賢君紹介)(第二七三号)
 同(石井郁子君紹介)(第二七四号)
 同(笠井亮君紹介)(第二七五号)
 同(穀田恵二君紹介)(第二七六号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第二七七号)
 同(志位和夫君紹介)(第二七八号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第二七九号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第二八〇号)
 同(吉井英勝君紹介)(第二八一号)
 憲法改正手続法案廃案に関する請願(日森文尋君紹介)(第二三九号)
三月十四日
 憲法改悪のための国民投票法制定反対に関する請願(保坂展人君紹介)(第三三一号)
 国民投票法案の徹底審議・廃案を求めることに関する請願(保坂展人君紹介)(第三三二号)
 改憲のための国民投票法案の廃案を求めることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第三八二号)
 国民投票法案の廃案を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第三八三号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第三八四号)
 同(志位和夫君紹介)(第三八五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 公聴会開会承認要求に関する件
 日本国憲法の改正手続に関する法律案(保岡興治君外五名提出、第百六十四回国会衆法第三〇号)
 日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案(枝野幸男君外三名提出、第百六十四回国会衆法第三一号)
     ――――◇―――――
#2
○中山委員長 これより会議を開きます。(発言する者、離席する者あり)
 第百六十四回国会、保岡興治君外五名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律案及び第百六十四回国会、枝野幸男君外三名、日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案の両案を一括して議題といたします。
 この際、お諮りいたします。
 両案につきましては、第百六十四回国会及び第百六十五回国会におきまして既に趣旨の説明を聴取しておりますので、これを省略したいと存じますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。(発言する者あり)
    〔賛成者起立〕
#3
○中山委員長 起立多数。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
 日本国憲法の改正手続に関する法律案
 日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#4
○中山委員長 次に、公聴会開会承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 ただいま議題となっております両案につきまして、議長に対し、公聴会開会の承認要求をいたしたいと存じますが、これに賛成の諸君の起立……(発言する者あり)
    〔賛成者起立〕
#5
○中山委員長 起立多数。よって、そのように決しました。
 なお、公聴会は来る二十二日木曜日開会することとし、公述人の選定その他の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。(発言する者あり)
    〔賛成者起立〕
#6
○中山委員長 起立多数。よって、そのように決しました。(拍手、発言する者あり)
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時四十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト