くにさくロゴ
2007/05/25 第166回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第166回国会 財務金融委員会 第16号
姉妹サイト
 
2007/05/25 第166回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第166回国会 財務金融委員会 第16号

#1
第166回国会 財務金融委員会 第16号
平成十九年五月二十五日(金曜日)
    午前十時十一分開議
 出席委員
   委員長 伊藤 達也君
   理事 井上 信治君 理事 竹本 直一君
   理事 林田  彪君 理事 宮下 一郎君
   理事 山本 明彦君 理事 池田 元久君
   理事 古本伸一郎君 理事 石井 啓一君
      安次富 修君    新井 悦二君
      石原 宏高君    江崎洋一郎君
      小川 友一君    越智 隆雄君
      大塚  拓君    大野 功統君
      亀井善太郎君    木原  稔君
      篠田 陽介君    関  芳弘君
      土井 真樹君    萩山 教嚴君
      原田 憲治君    松本 洋平君
      御法川信英君    小沢 鋭仁君
      岡本 充功君    楠田 大蔵君
      鈴木 克昌君    三谷 光男君
      横光 克彦君    吉田  泉君
      谷口 隆義君    佐々木憲昭君
      中村喜四郎君
    …………………………………
   国務大臣
   (金融担当)       山本 有二君
   内閣府副大臣       大村 秀章君
   内閣府大臣政務官     田村耕太郎君
   財務大臣政務官      江崎洋一郎君
   財務金融委員会専門員   鈴木健次郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
五月二十五日
 辞任         補欠選任
  佐藤ゆかり君     篠田 陽介君
  とかしきなおみ君   大塚  拓君
  中根 一幸君     新井 悦二君
  広津 素子君     安次富 修君
  田村 謙治君     岡本 充功君
同日
 辞任         補欠選任
  安次富 修君     広津 素子君
  新井 悦二君     中根 一幸君
  大塚  拓君     とかしきなおみ君
  篠田 陽介君     佐藤ゆかり君
  岡本 充功君     田村 謙治君
    ―――――――――――――
五月二十四日
 公認会計士法等の一部を改正する法律案(内閣提出第七六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 公認会計士法等の一部を改正する法律案(内閣提出第七六号)
     ――――◇―――――
#2
○伊藤委員長 これより会議を開きます。
 内閣提出、公認会計士法等の一部を改正する法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を聴取いたします。金融担当大臣山本有二君。
    ―――――――――――――
 公認会計士法等の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○山本国務大臣 ただいま議題となりました公認会計士法等の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。
 本法案は、企業活動の多様化、複雑化、国際化、監査業務の複雑化、高度化、公認会計士監査をめぐる不適正な事例を踏まえ、組織的監査の重要性が高まっている状況に対応するため、監査法人制度等について見直しを行うものであります。
 以下、この法律案の内容につきまして御説明申し上げます。
 第一に、監査法人の品質管理、ガバナンス、ディスクロージャーを強化するため、業務の執行の適正確保や業務の品質管理の方針の策定及びその実施のための業務管理体制を監査法人が整備することを義務づけるとともに、監査法人の社員資格を公認会計士以外の者に拡大し、また、監査法人による情報開示を義務づけることとしております。
 第二に、監査人の独立性を確保し、その地位を強化するため、監査人の独立性に関する制度を充実するとともに、監査人が財務書類に重要な影響を及ぼす不正、違法行為を発見した場合における当局への申し出制度を導入することとしております。
 第三に、監査法人等に対する監督や監査法人等の責任のあり方の見直しとして、課徴金納付命令や監査法人に対する業務管理体制の改善命令など行政処分を多様化させるとともに、有限責任組織形態の監査法人制度を創設することとしております。また、外国監査法人等に係る届け出制度を整備することとしております。
 以上が、この法律案の提出理由及びその内容であります。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。(拍手)
#4
○伊藤委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト