くにさくロゴ
2007/03/16 第166回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第166回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2007/03/16 第166回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第166回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号

#1
第166回国会 青少年問題に関する特別委員会 第2号
平成十九年三月十六日(金曜日)
    午後零時二十分開議
 出席委員
   委員長 小宮山洋子君
   理事 後藤田正純君 理事 実川 幸夫君
   理事 谷川 弥一君 理事 萩生田光一君
   理事 やまぎわ大志郎君 理事 田嶋  要君
   理事 高井 美穂君 理事 西  博義君
      井澤 京子君    井脇ノブ子君
      上野賢一郎君    大塚 高司君
      土井  亨君    中森ふくよ君
      西本 勝子君    福岡 資麿君
      古川 禎久君    松本 洋平君
      山内 康一君    小川 淳也君
      太田 和美君    西村智奈美君
      伊藤  渉君    石井 郁子君
    …………………………………
   国務大臣
   (少子化・男女共同参画担当)           高市 早苗君
   衆議院調査局第一特別調査室長           佐藤 宏尚君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月十六日
 辞任         補欠選任
  葉梨 康弘君     土井  亨君
  津村 啓介君     小川 淳也君
同日
 辞任         補欠選任
  土井  亨君     葉梨 康弘君
  小川 淳也君     津村 啓介君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 参考人出頭要求に関する件
 青少年問題に関する件
     ――――◇―――――
#2
○小宮山委員長 これより会議を開きます。
 青少年問題に関する件について調査を進めます。
 高市国務大臣から所信を聴取いたします。高市国務大臣。
#3
○高市国務大臣 青少年育成を担当する内閣府特命担当大臣として、所信の一端を申し上げます。
 近年、急速な少子化、情報化社会の進展、就業形態の多様化等により、青少年を取り巻く状況は大きく変化しております。
 このような状況のもと、いじめによる子供の自殺、児童虐待事件、子供が殺害される事件や少年による重大な事件等が発生しており、子供を非行や犯罪被害から守り、子供の安全、安心を確保することは、政府が最優先に取り組むべき課題であります。
 また、フリーターやいわゆるニートと呼ばれる若者も高水準で推移するなど若者の社会的自立のおくれが課題となっておりますが、若者が自立し、職業を持ち、結婚や子育てを積極的にとらえられるようにしていくことは、少子化対策という観点からも非常に重要であると考えております。
 他方、スポーツやボランティア活動などさまざまな分野において活躍する若者の姿は、我が国社会に希望と活力を与えております。すべての青少年が夢や目標を持って成長していくことができるよう、環境整備を進めていくことが重要であります。
 政府といたしましては、青少年をめぐるこうした状況を踏まえ、社会全体が青少年の育成に積極的に取り組むことができるよう、青少年育成施策大綱や昨年六月に策定した子ども安全・安心加速化プラン等に基づき、各種施策を総合的かつ着実に推進してまいります。また、若者の自立支援を図るため、キャリア教育等推進会議において、職場体験等のキャリア教育等をより一層推進する方策を取りまとめます。
 私は、青少年育成を担当する内閣府特命担当大臣として、また少子化対策など関連の深い分野もあわせて担当している立場を十分に生かしながら、関係閣僚と緊密な連携を図り、我が国を担う活力ある青少年の育成に引き続き全力を尽くしてまいります。
 小宮山委員長を初め、理事、委員各位の御理解と御協力をお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#4
○小宮山委員長 参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。
 青少年問題に関する件、特に児童虐待問題について調査のため、三月二十三日金曜日、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○小宮山委員長 御異議なしと認めます。そのように決しました。
 次回は、三月二十三日金曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これで散会いたします。
    午後零時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト