くにさくロゴ
2006/11/08 第165回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第165回国会 法務委員会 第8号
姉妹サイト
 
2006/11/08 第165回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第165回国会 法務委員会 第8号

#1
第165回国会 法務委員会 第8号
平成十八年十一月八日(水曜日)
    午後四時三十分開議
 出席委員
   委員長 七条  明君
   理事 上川 陽子君 理事 倉田 雅年君
   理事 棚橋 泰文君 理事 早川 忠孝君
   理事 松浪 健太君 理事 高山 智司君
   理事 平岡 秀夫君 理事 大口 善徳君
      赤池 誠章君    稲田 朋美君
      奥野 信亮君    木原 誠二君
      笹川  堯君    三ッ林隆志君
      宮腰 光寛君    武藤 容治君
      矢野 隆司君    保岡 興治君
      石関 貴史君    大串 博志君
      篠原  孝君    細川 律夫君
      横山 北斗君    伊藤  渉君
      菅野 哲雄君    滝   実君
    …………………………………
   法務大臣         長勢 甚遠君
   法務副大臣        水野 賢一君
   法務大臣政務官      奥野 信亮君
   法務委員会専門員     小菅 修一君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月八日
 辞任         補欠選任
  柴山 昌彦君     木原 誠二君
  河村たかし君     篠原  孝君
  保坂 展人君     菅野 哲雄君
同日
 辞任         補欠選任
  木原 誠二君     柴山 昌彦君
  篠原  孝君     河村たかし君
  菅野 哲雄君     保坂 展人君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 信託法案(内閣提出、第百六十四回国会閣法第八三号)
 信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案(内閣提出、第百六十四回国会閣法第八四号)
     ――――◇―――――
#2
○七条委員長 これより会議を開きます。
 第百六十四回国会、内閣提出、信託法案及び第百六十四回国会、内閣提出、信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案の両案を一括して議題といたします。
 この際、内閣提出、信託法案に対し、高山智司君外二名から、民主党・無所属クラブ提案による修正案が提出されております。
 提出者から趣旨の説明を求めます。横山北斗君。
    ―――――――――――――
 信託法案に対する修正案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○横山委員 ただいま議題となりました修正案について、提出者を代表して、その主な趣旨及び概要を御説明いたします。
 政府案においては、受託者の義務等に関し、信託行為の定めがあるときは、その義務を軽減すること等を可能とする旨の規定がありますが、そのような規定のうちには、受託者の義務を軽減すること等により、受益者が不利益をこうむるおそれがあるものがあります。
 また、政府案において新たに許容されることとなる、委託者がみずから受託者となる信託及び公益信託以外の受益者の定めのない信託については、悪用のおそれ等の問題点が指摘されておりますが、これらの問題点を解消するための方策は、十分になされているとは言えない状況にあります。
 本修正案は、政府案のこうした問題点について修正を行うことにより、より適正な信託法制を整備しようとするものであります。
 次に、本修正案の概要を御説明いたします。
 第一は、信託事務の処理を第三者に委託することができる場合を限定するものであります。
 第二は、受託者の注意義務について、信託行為に別段の定めがあるときはその定めるところによる注意をもって信託事務を処理するものとする旨の規定を削除するものであります。
 第三は、受託者の利益相反行為が許容される場合を厳格化するものであります。
 第四は、信託事務の処理の委託における第三者の選任及び監督に関する受託者の義務に係る規定が適用されない場合を限定するものであります。
 第五は、信託財産からの費用等の償還等の方法を厳格化するものであります。
 第六は、受託者の辞任及び解任について、信託行為に別段の定めがあるときはその定めるところによるものとする旨の規定を削除するものであります。
 第七は、自己信託に係る規定は、当分の間、適用しないものとするものであります。
 第八は、受益者の定めのない信託の規定は、学術、技芸、慈善、祭祀、宗教その他公益を目的とするものを除き、別に法律で定める日までの間、適用しないものとするものであります。
 以上が、本修正案の趣旨及び概要であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願いいたします。
#4
○七条委員長 これにて修正案の趣旨の説明は終わりました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後四時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト