くにさくロゴ
2006/12/19 第165回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第165回国会 本会議 第24号
姉妹サイト
 
2006/12/19 第165回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第165回国会 本会議 第24号

#1
第165回国会 本会議 第24号
平成十八年十二月十九日(火曜日)
    ―――――――――――――
  平成十八年十二月十九日
    午後一時 本会議
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 議員辞職の件
 豊かな私学教育の実現のための私学助成に関する請願外百五十四請願
 国家基本政策委員会及び懲罰委員会を除く内閣委員会外十四常任委員会並びに教育基本法に関する特別委員会を除く災害対策特別委員会外六特別委員会において、各委員会から申出のあった案件について閉会中審査するの件(議長発議)
 議院運営委員会から申出の、委員会において議案を閉会中審査するの件(議長発議)
    午後一時三分開議
#2
○議長(河野洋平君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 議員辞職の件
#3
○議長(河野洋平君) 議員北橋健治君から辞表が提出されております。これにつきお諮りいたしたいと思います。
 まず、その辞表を朗読させます。
    〔参事朗読〕
    辞職願
  今般 一身上の都合により衆議院議員を辞職いたしたく御許可願います。
   平成十八年十二月十八日
          衆議院議員 北橋 健治
  衆議院議長 河野 洋平殿
#4
○議長(河野洋平君) 採決いたします。
 北橋健治君の辞職を許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、辞職を許可することに決まりました。
     ――――◇―――――
#6
○加藤勝信君 請願上程に関する緊急動議を提出いたします。
 本日委員会の審査を終了した豊かな私学教育の実現のための私学助成に関する請願外百五十四請願を一括議題とし、その審議を進められることを望みます。
    ―――――――――――――
    〔請願の件名は本号(一)末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#7
○議長(河野洋平君) 加藤勝信君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 豊かな私学教育の実現のための私学助成に関する請願外百五十四請願
#9
○議長(河野洋平君) 豊かな私学教育の実現のための私学助成に関する請願外百五十四請願を一括して議題といたします。
    ―――――――――――――
    〔報告書は会議録追録に掲載〕
    ―――――――――――――
#10
○議長(河野洋平君) 各請願は委員長の報告を省略して採択するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
     ――――◇―――――
 委員会の閉会中審査に関する件
#12
○議長(河野洋平君) お諮りいたします。
 国家基本政策委員会及び懲罰委員会を除く内閣委員会外十四常任委員会並びに教育基本法に関する特別委員会を除く災害対策特別委員会外六特別委員会から、閉会中審査をいたしたいとの申し出があります。
    ―――――――――――――
    〔閉会中審査案件は本号(一)末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#13
○議長(河野洋平君) 各委員会から申し出のあった案件中、まず、法務委員会から申し出の犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案は、同委員会において閉会中審査をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#14
○議長(河野洋平君) 起立多数。よって、そのとおり決まりました。
 次に、法務委員会から申し出の少年法等の一部を改正する法律案は、同委員会において閉会中審査をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#15
○議長(河野洋平君) 起立多数。よって、そのとおり決まりました。
 次に、厚生労働委員会から申し出の中山太郎君外六名提出、臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案及び斉藤鉄夫君外三名提出、臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案は、同委員会において閉会中審査をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#16
○議長(河野洋平君) 起立多数。よって、そのとおり決まりました。
 次に、日本国憲法に関する調査特別委員会から申し出の保岡興治君外五名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律案、枝野幸男君外三名提出、日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案及び日本国憲法改正国民投票制度及び日本国憲法に関する件は、同委員会において閉会中審査をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#17
○議長(河野洋平君) 起立多数。よって、そのとおり決まりました。
 次に、ただいま閉会中審査をすることに決まりました案件を除く他の案件について、各委員会において申し出のとおり閉会中審査をするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
    ―――――――――――――
#19
○議長(河野洋平君) お諮りいたします。
 いまだ委員会に付託されていない議案につきまして、議院運営委員会から、所管の委員会において閉会中審査をされたいとの申し出があります。
    ―――――――――――――
    〔議院運営委員会申出の委員会閉会中審査議案は本号(一)末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#20
○議長(河野洋平君) 議院運営委員会の申し出のとおり、山田正彦君外二名提出、カネミ油症被害者に対する特別給付金の支給に関する法律案は、農林水産委員会において閉会中審査をするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
     ――――◇―――――
#22
○議長(河野洋平君) 諸君、第百六十五回国会は本日をもって終了いたします。
 諸君は、当面する内外の重要問題について、終始、熱心な審議を重ねられました。ここに、その御労苦に対し、深く敬意を表します。
 これから一段と多忙な年末年始を迎えますが、この間においても、課題は山積しており、諸君におかれましては、くれぐれも御自愛の上、一層の御活躍あらんことを願ってやみません。(拍手)
     ――――◇―――――
#23
○議長(河野洋平君) これにて散会いたします。
    午後一時九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト