くにさくロゴ
2006/03/07 第164回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第164回国会 環境委員会 第5号
姉妹サイト
 
2006/03/07 第164回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第164回国会 環境委員会 第5号

#1
第164回国会 環境委員会 第5号
平成十八年三月七日(火曜日)
    午後零時十分開議
 出席委員
   委員長 木村 隆秀君
   理事 石崎  岳君 理事 岩永 峯一君
   理事 加藤 勝信君 理事 松浪 健太君
   理事 山本 公一君 理事 田島 一成君
   理事 長浜 博行君 理事 富田 茂之君
      井脇ノブ子君    岩屋  毅君
      宇野  治君    小杉  隆君
      木挽  司君    近藤三津枝君
      坂井  学君    篠田 陽介君
      竹下  亘君  とかしきなおみ君
      土井 真樹君    並木 正芳君
      根本  匠君    篠原  孝君
      高井 美穂君    西村智奈美君
      村井 宗明君    吉田  泉君
      高木美智代君    野田 聖子君
    …………………………………
   環境大臣         小池百合子君
   環境副大臣        江田 康幸君
   環境大臣政務官      竹下  亘君
   環境委員会専門員     齊藤  正君
    ―――――――――――――
委員の異動
三月七日
 辞任         補欠選任
  馬渡 龍治君     土井 真樹君
  近藤 昭一君     西村智奈美君
同日
 辞任         補欠選任
  土井 真樹君     馬渡 龍治君
  西村智奈美君     近藤 昭一君
    ―――――――――――――
三月二日
 独立行政法人国立環境研究所法の一部を改正する法律案(内閣提出第四〇号)
同日
 アスベストによる健康被害の防止と補償に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第五六六号)
 同(石井郁子君紹介)(第五六七号)
 同(笠井亮君紹介)(第五六八号)
 同(穀田恵二君紹介)(第五六九号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第五七〇号)
 同(志位和夫君紹介)(第五七一号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第五七二号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第五七三号)
 同(吉井英勝君紹介)(第五七四号)
 アスベスト対策基本法の制定、すべての被害者の補償に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第五七五号)
 同(石井郁子君紹介)(第五七六号)
 同(笠井亮君紹介)(第五七七号)
 同(穀田恵二君紹介)(第五七八号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第五七九号)
 同(志位和夫君紹介)(第五八〇号)
 同(塩川鉄也君紹介)(第五八一号)
 同(高橋千鶴子君紹介)(第五八二号)
 同(吉井英勝君紹介)(第五八三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 独立行政法人国立環境研究所法の一部を改正する法律案(内閣提出第四〇号)
     ――――◇―――――
#2
○木村委員長 これより会議を開きます。
 内閣提出、独立行政法人国立環境研究所法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を聴取いたします。小池環境大臣。
    ―――――――――――――
 独立行政法人国立環境研究所法の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○小池国務大臣 ただいま議題となりました独立行政法人国立環境研究所法の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 独立行政法人国立環境研究所は、我が国の環境政策の企画立案や各種環境基準の設定に当たって必要となる科学的基盤を提供するなど、重要な役割を担っております。
 独立行政法人制度については、現在、効率的な運営を確保する観点から、役職員の身分の非公務員化が進められております。国立環境研究所においても、民間を含めた内外の研究機関との研究、人事交流のより一層の促進等を通じて、研究所の改革を推進する観点から、役職員が国家公務員の身分を有する特定独立行政法人から非公務員型の独立行政法人へと移行するため、本法律案を提出した次第であります。
 以下、この法律案の主な内容について御説明申し上げます。
 本法律案は、国立環境研究所を特定独立行政法人とする規定を削除することにより、研究所を非公務員型の独立行政法人とすることに加え、研究所の役職員等に対して、その職務上の秘密に対する保持義務を課すほか、刑法等の罰則の適用については、研究所の役職員を法令上公務に従事する職員とみなすこととするものであります。
 なお、この法律は、平成十八年四月一日から施行することとしております。
 以上が、この法律案の提案の理由及びその内容の概要であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願いいたします。
#4
○木村委員長 以上で趣旨の説明は終わりました。
 次回は、来る十四日火曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト