くにさくロゴ
2006/06/08 第164回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第164回国会 本会議 第35号
姉妹サイト
 
2006/06/08 第164回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第164回国会 本会議 第35号

#1
第164回国会 本会議 第35号
平成十八年六月八日(木曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第二十八号
  平成十八年六月八日
    午後一時開議
 第一 国家公務員の留学費用の償還に関する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第二 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第三 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第四 薬事法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 平沼赳夫君の故議員亀井善之君に対する追悼演説
 総合科学技術会議議員任命につき同意を求めるの件
 日程第一 国家公務員の留学費用の償還に関する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第二 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第三 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第四 薬事法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 国会職員法の一部を改正する法律案(参議院提出)
    午後一時二分開議
#2
○議長(河野洋平君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○議長(河野洋平君) 御報告することがあります。
 議員亀井善之君は、去る五月十二日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 亀井善之君に対する弔詞は、議長において去る五月三十一日既に贈呈いたしております。これを朗読いたします。
    〔総員起立〕
 衆議院は 多年憲政のために尽力し さきに運輸委員長 議院運営委員長の要職につき またしばしば国務大臣の重任にあたられた議員正三位旭日大綬章 亀井善之君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
 故議員亀井善之君に対する追悼演説
#4
○議長(河野洋平君) この際、弔意を表するため、平沼赳夫君から発言を求められております。これを許します。平沼赳夫君。
    〔平沼赳夫君登壇〕
#5
○平沼赳夫君 ただいま議長から御報告がありましたとおり、本院議員亀井善之先生は、去る五月十二日、御入院加療中の慶応義塾大学病院で逝去されました。まことに痛恨のきわみであります。
 亀井先生のことですから、必ずや病を克服され、よわい七十の練達の政治家として本院に復帰されることを信じて疑わなかったわけでありますけれども、天命とは申せ、幽明境を異にされ、痛恨のきわみであります。
 亀井善之先生は、清廉の士であり、温厚篤実、そして外柔内剛の真の政治家でいらっしゃいました。ここに、皆様方の御同意を得て、議員一同を代表して、謹んで哀悼の言葉を申し述べたいと思います。(拍手)
 亀井善之先生は、昭和十一年四月三十日に、霊峰大山の古くからの門前町であります、四季折々の変化に富んだ風光明媚な神奈川県伊勢原市で呱々の声を上げられました。
 父上善彰氏は、みずから米穀の卸会社を起こされ、業界に貢献をされ、さらには、郷党の輿望を担って、参議院議員として国政に参画をされた政治家でもいらっしゃいました。
 亀井善之先生は、この父上の人情あふれる御薫陶と、そして情愛深い母上よし様の御愛念の中で少年時代をお過ごしになられ、やがて県内屈指の名門校であります県立湘南高校を経て、慶応義塾大学経済学部に学ばれたわけであります。
 そして、昭和三十七年に卒業された後、大日本製糖株式会社に入社をされ、社会人のスタートをお切りになったわけであります。企業人として第一線で奮闘する傍ら、労働組合の役員としての経験も積まれ、企業人としての実績を上げられました。続いて、お父上が経営される神糧物産にお移りになられました。文字どおり、額に汗をして一生懸命に働かれたのであります。
 後、農林水産大臣御就任のときの記者会見で、自分はみずから米俵を担ぎ、精米工場でよりよい米をつくるために奮闘した、人間の命の、健康のもとである食と、国の基である農の仕事に従事できたことは大変な貴重な経験を積ませていただいたと、誇らしげに語っておられたのが印象深く残っているところであります。
 そして、昭和四十三年の七月の参議院選挙で父上善彰氏が参議院議員に当選をされるや、お父上を補佐するために、議員秘書として政治の世界に入られました。何事にも真摯に取り組まれる先生は、お父上のよき右腕として、政治の世界での経験を積まれたわけであります。
 先生の最初の選挙への挑戦は、昭和五十年四月に行われた横浜市長選挙でありました。弱冠三十九歳の先生は、市政刷新を掲げて、四期目を目指していた強豪飛鳥田一雄市長に果敢に挑戦をされました。大変な健闘をなさいましたけれども惜敗をされたわけでありますが、そのときの奮闘ぶりは実に立派であったと、県内外にそのお名前をとどろかせたことでございました。
 先生の国政への初挑戦は、ロッキード事件で揺れ動いた昭和五十一年十二月に行われました第三十四回の総選挙でありました。先生は、戦後の日本がこれだけ復興し安定をしたのは自由民主党の政策である、このかたい信念のもとに、選挙区で獅子奮迅の選挙運動を展開されましたけれども、残念ながら一敗地にまみれたわけであります。
 不屈の精神をお持ちの先生は、捲土重来を期して、その後も旧神奈川五区で選挙運動を展開されました。先生は、政治におのれの欲を持ち込まない、この信念を終生貫かれました。そして、座右の銘である「初心忘るべからず」、このことも常に念頭に置かれて行動をされ、神奈川県民の期待に見事おこたえになって、初当選の栄に輝かれたわけであります。(拍手)
 国政において先生は、農林水産、運輸、さらには予算、そして安全保障、議院運営委員会、常任委員会で活躍もされましたし、物価問題や公職選挙、さらには交通安全等の特別委員会でも、委員あるいは理事として、持ち前の御性格からすべてにまじめに取り組まれて、国政全般にわたってその見識をお示しになられ、持ち前の行動力でこの国会に多大な貢献を果たされたわけであります。
 そして、平成三年には運輸委員長、平成九年九月には議院運営委員長として、公正でそして円満な委員会運営に心がけられ、与野党を通じて名委員長の誉れ高く、立派に委員長としての職責を果たされました。(拍手)
 内閣にありましては、昭和六十三年、竹下内閣で運輸政務次官に御就任になられ、大臣を補佐して、懸案の事項を見事に処理されました。
 そして、平成八年の一月、第一次橋本内閣において、支援者待望の初入閣を運輸大臣として果たされたわけであります。(拍手)
 運輸大臣在任中は、国鉄の長期債務の処理の問題という大変重要な問題がありましたけれども、みずから先生は陣頭指揮をとられて、長期債務の解決に大きな糸口をつけられ、この問題解決に多大な御功績を果たされたわけであります。また、運輸行政全般の規制緩和にも果敢に取り組まれまして、行政改革のフロントランナーとして世間から高く評価された政治家でもありました。
 そして、平成十五年四月から翌年の九月にかけて、第一次、第二次小泉内閣で農林水産大臣に就任をされました。
 当時の農林水産行政には、あまたの問題がございました。食料・農業・農村基本政策の改定の問題、さらには鳥インフルエンザの問題、米国のBSEの問題、また、海外出張が多いWTO、FTAの問題と、問題が山積されていたわけでありますけれども、先生は、持ち前のファイトで嫌な顔一つせず、一つ一つ着実にこなされたわけであります。
 特に、米国産牛肉のBSEの問題に関しましては、食の安全を確保するという信念に燃えて、不変不動、一歩も退かず、筋を通して立派に食の安全を守り抜いたことは、まさに特筆に値すべきことだと思わせていただいているところであります。(拍手)
 党にありましては、経理局長、政務調査会長代理、組織本部長、さらには政治制度改革本部長等の要職を歴任され、これも持ち前の責任感で立派な仕事をされ、党内屈指の政策通として、だれからも信頼をされた政治家でありました。
 亀井善之先生は、地元の皆様方からは「よっちゃん」という愛称で親しまれた庶民政治家であり、すべてにまじめに取り組まれる先生に対して、ただ一つ健康が心配だ、こう選挙区の皆様方は言っておられました。
 今、この本院に、あの端正な貴公子の亀井善之先生のお姿がないことはまことに寂しい限りでございまして、哀悼痛惜の念にたえないところであります。亀井善之先生が残されました政治家としての御功績は多大なものがありまして、その御逝去は惜しみても余りあることであります。
 御病気中、えい子奥様を初め、御家族の皆様方が手厚い御看護をされました。
 弔問にお伺いしたときに、亀井善之先生が常におられた居間に一幅の書がかかっておりました。亀井先生は御家族を大切にし、特に、お孫様を大変かわいがっておられました。そのお孫様のお一人の篤子ちゃんがおじいさんに、「美しい心」、こういう書を書いてプレゼントをされたそうであります。亀井善之先生はそのことを大変喜ばれて、その書が常に見えるところに掲げられ、お孫様たちから、おじいちゃんは優しいし、美しい心の持ち主だ、このことを大変喜んでおられたということを承りました。
 ここに、亀井善之先生の御生前の多大な御功績をたたえ、そして、行く末長くその御功績がすべての人の胸に刻みつけられているということを心から信じ、天上にある亀井善之先生の御冥福を衷心よりお祈りし、どうか天上から、最愛の奥様でいらしたえい子夫人を初め、大切にされていた御家族の皆様方に揺るぎない御加護をお垂れになりますように心から祈念をし、追悼の言葉にさせていただく次第であります。(拍手)
     ――――◇―――――
 総合科学技術会議議員任命につき同意を求めるの件
#6
○議長(河野洋平君) お諮りいたします。
 内閣から、
 総合科学技術会議議員に本庶佑君を
任命することについて、本院の同意を得たいとの申し出があります。右申し出のとおり同意を与えるに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、同意を与えることに決まりました。
     ――――◇―――――
 日程第一 国家公務員の留学費用の償還に関する法律案(内閣提出、参議院送付)
#8
○議長(河野洋平君) 日程第一、国家公務員の留学費用の償還に関する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。総務委員長中谷元君。
    ―――――――――――――
 国家公務員の留学費用の償還に関する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔中谷元君登壇〕
#9
○中谷元君 ただいま議題となりました国家公務員の留学費用の償還に関する法律案につきまして、総務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、国家公務員の留学の趣旨が、その成果を公務に活用することであることにかんがみ、国家公務員が留学中または留学終了後早期に離職した場合には、国が支出した留学費用の全部または一部を償還させる制度等を設けようとするものであります。
 本案は、参議院先議に係るもので、去る五月二十三日本委員会に付託され、六月一日竹中総務大臣から提案理由の説明を聴取いたしました。同月六日質疑を行い、採決の結果、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、本案に対し附帯決議が付されました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#10
○議長(河野洋平君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第二 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
#12
○議長(河野洋平君) 日程第二、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。環境委員長木村隆秀君。
    ―――――――――――――
 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔木村隆秀君登壇〕
#13
○木村隆秀君 ただいま議題となりました法律案につきまして、環境委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、最近における鳥獣の生息状況、狩猟の実態等にかんがみ、鳥獣の保護及び狩猟の適正化の一層の推進を図るため、休猟区における鳥獣の捕獲等の特例、狩猟免許制度の見直し、輸入鳥獣に関する標識の制度の導入等の措置を講じようとするものであります。
 本案は、参議院先議に係るもので、去る五月二十三日本委員会に付託されました。
 委員会におきましては、同月二十六日に小池環境大臣から提案理由の説明を聴取し、三十日から質疑に入り、今月六日には参考人からの意見聴取も行い、同日質疑を終局いたしました。質疑終局後、本案に対しまして、民主党・無所属クラブから修正案が提出され、その趣旨の説明を聴取いたしました。続いて、討論を行った後、採決いたしましたところ、修正案は賛成少数をもって否決され、本案は賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。
 なお、本案に対し附帯決議が付されましたことを申し添えます。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#14
○議長(河野洋平君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#15
○議長(河野洋平君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第三 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
#16
○議長(河野洋平君) 日程第三、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。国土交通委員長林幹雄君。
    ―――――――――――――
 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔林幹雄君登壇〕
#17
○林幹雄君 ただいま議題となりました法律案につきまして、国土交通委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、二千年の危険物質及び有害物質による汚染事件に係る準備、対応及び協力に関する議定書の実施等に伴い、有害液体物質及び危険物並びに特定油以外の油による海洋汚染及び海上災害に対して迅速かつ効果的に対処し得る体制を確立するため、所要の措置を講じようとするもので、その主な内容は、
 第一に、船長、船舶所有者等は、大量の有害液体物質が排出された場合において、有害液体物質の防除のための応急措置等を講じなければならないこと、
 第二に、一定の船舶の船舶所有者は、有害液体物質の防除のために必要な資材、機械器具及び要員を確保等しておかなければならないこと、
 第三に、海洋環境保全の見地から、環境大臣による査定が行われていない液体物質を船舶により輸送してはならないこと
などであります。
 本案は、参議院先議に係るもので、去る五月二十九日本委員会に付託され、三十一日北側国土交通大臣から提案理由の説明を聴取し、昨六月七日質疑を行い、質疑終了後、採決いたしました結果、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#18
○議長(河野洋平君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第四 薬事法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
#20
○議長(河野洋平君) 日程第四、薬事法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。厚生労働委員長岸田文雄君。
    ―――――――――――――
 薬事法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔岸田文雄君登壇〕
#21
○岸田文雄君 ただいま議題となりました薬事法の一部を改正する法律案について、厚生労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、医薬品の適切な選択及び適正な使用に資するよう、医薬品の販売制度全般の見直しを行うとともに、指定薬物の製造、輸入、販売等を禁止すること等により、保健衛生上の危害の発生の防止を図ろうとするもので、その主な内容は、
 第一に、厚生労働大臣は、一般用医薬品をその副作用等による健康被害が生ずるおそれの程度に応じて、第一類医薬品、第二類医薬品または第三類医薬品に区分すること、
 第二に、薬局開設者等は、第一類医薬品は薬剤師により、第二類医薬品及び第三類医薬品は薬剤師または登録販売者により、それぞれ販売等させなければならないこと、
 第三に、興奮等の作用を有する蓋然性が高く、保健衛生上の危害が発生するおそれがある薬物を指定薬物として厚生労働大臣が指定し、医療等の用途以外に供するための製造、輸入、販売等を禁止すること
等であります。
 本案は、参議院先議に係るもので、去る六月一日本委員会に付託され、二日川崎厚生労働大臣から提案理由の説明を聴取し、昨日質疑を行った後、討論を行い、採決の結果、本案は賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#22
○議長(河野洋平君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#23
○議長(河野洋平君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#24
○中山泰秀君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 参議院提出、国会職員法の一部を改正する法律案を議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#25
○議長(河野洋平君) 中山泰秀君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 国会職員法の一部を改正する法律案(参議院提出)
#27
○議長(河野洋平君) 国会職員法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。議院運営委員長佐田玄一郎君。
    ―――――――――――――
 国会職員法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔佐田玄一郎君登壇〕
#28
○佐田玄一郎君 ただいま議題となりました国会職員法の一部を改正する法律案につきまして、議院運営委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、国会職員が留学中または留学終了後早期に離職した場合には、一般職の国家公務員の例により、国が支出した留学費用の全部または一部を償還させようとするもので、国家公務員の留学費用の償還に関する法律の施行の日から施行しようとするものであります。
 本案は、参議院提出によるもので、去る五月二十三日本委員会に付託され、本日提出者の参議院議院運営委員長溝手顕正君から提案理由の説明を聴取し、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#29
○議長(河野洋平君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○議長(河野洋平君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#31
○議長(河野洋平君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時三十八分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
       総務大臣   竹中 平蔵君
       厚生労働大臣 川崎 二郎君
       国土交通大臣 北側 一雄君
       環境大臣   小池百合子君
       国務大臣   松田 岩夫君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト