くにさくロゴ
2004/10/26 第161回国会 参議院 参議院会議録情報 第161回国会 環境委員会 第1号
姉妹サイト
 
2004/10/26 第161回国会 参議院

参議院会議録情報 第161回国会 環境委員会 第1号

#1
第161回国会 環境委員会 第1号
平成十六年十月二十六日(火曜日)
   午前十時三十分開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         郡司  彰君
    理 事         谷  博之君
                阿部 正俊君
                大野つや子君
                狩野  安君
                関口 昌一君
                竹中 平蔵君
                中川 雅治君
                西田 吉宏君
                真鍋 賢二君
                矢野 哲朗君
                大石 正光君
                芝  博一君
                島田智哉子君
                林 久美子君
                福山 哲郎君
                加藤 修一君
                高野 博師君
                鰐淵 洋子君
                市田 忠義君
    ─────────────
   委員の異動
 十月二十五日
    辞任         補欠選任
     加藤 修一君     魚住裕一郎君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         郡司  彰君
    理 事
                大野つや子君
                真鍋 賢二君
                谷  博之君
                魚住裕一郎君
    委 員
                阿部 正俊君
                狩野  安君
                関口 昌一君
                中川 雅治君
                西田 吉宏君
                矢野 哲朗君
                芝  博一君
                島田智哉子君
                林 久美子君
                福山 哲郎君
                高野 博師君
                鰐淵 洋子君
                市田 忠義君
   国務大臣
       環境大臣     小池百合子君
   副大臣
       環境副大臣    高野 博師君
   大臣政務官
       環境大臣政務官  能勢 和子君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        渋川 文隆君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(郡司彰君) ただいまから環境委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、山本保君、吉村剛太郎君、山東昭子君、愛知治郎君、小泉顕雄君、清水嘉与子君、田中直紀君及び加藤修一君が委員を辞任され、その補欠として高野博師君、大野つや子君、西田吉宏君、竹中平蔵君、関口昌一君、阿部正俊君、狩野安君及び魚住裕一郎君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(郡司彰君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(郡司彰君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に大野つや子君、真鍋賢二君及び魚住裕一郎君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(郡司彰君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、環境及び公害問題に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(郡司彰君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#7
○委員長(郡司彰君) 小池環境大臣、高野環境副大臣及び能勢環境大臣政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。小池環境大臣。
#8
○国務大臣(小池百合子君) 去る九月二十七日に環境大臣及び地球環境問題担当大臣を再び拝命いたしました小池百合子でございます。引き続き、どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 まず、冒頭に、このたびの台風、地震等の自然災害の発生により被害を受けられました皆様方に心よりお見舞いを申し上げます。私といたしましても、廃棄物の処理を始めとする被災地の復興に全力で取り組んでまいりたいと存じます。
 さて、第百六十一回国会におけます参議院環境委員会の御審議に先立ちまして、環境行政に対する私の考えを申し述べさしていただき、委員各位の御理解と御協力をお願いしたいと存じます。
 昨年の大臣就任から一年余りがたちましたが、私はこれまで、環境と経済の統合をテーマに掲げ、世界をリードし得る環境の国づくりを目指し、山積する様々な課題に全力で取り組んでまいりました。
 持続可能な社会を構築するためには、豊かさを維持しながらも環境への影響をできる限り抑える社会、すなわち環境の保全と経済の活性化を同時に実現する社会へと変えていくことが必要であります。国際的にも、環境を基軸として私たちのライフスタイルや事業活動の在り方を根本から見直し、社会や経済を大転換させていこうとする動きは、既に大きな潮流になっております。
 また、こうした社会経済の大転換を我が国で率先して実現するためには、スピード感を持って取組を進めていくことが重要と考えます。
 以上の基本的な考え方に基づき、環境省では、脱温暖化社会の構築と循環型社会の構築を二本柱として施策を推進してまいります。
 第一に、脱温暖化社会の構築につきましては、ロシアが京都議定書の批准の手続に入ったことにより、その発効に向けて大きく前進いたしました。地球温暖化防止京都会議の議長国でもある我が国は、議定書の約束を確実に果たし、さらには、技術の開発普及などの中長期的な視点に立った施策を推進することにより、他国に先んじて脱温暖化社会づくりを進めなければなりません。
 特に、来年度は地球温暖化対策推進大綱の第二ステップの最初の年に当たり、議定書の六%削減約束の達成を左右する極めて重要な年となります。現在、中央環境審議会において大綱の評価、見直しの審議を進めており、その結果を踏まえ、実効性のある対策、施策を導入してまいります。
 中でも、環境税については、第二ステップにおける追加的施策として有力な手段であると考え、平成十七年度税制改正の要望を提出いたしました。私は、環境と経済が統合される道を追求しながら、真に実効性のある温暖化対策を講じ、世界の取組をリードしていくことを切に望んでおり、引き続き各方面の方々の御意見に耳を傾け、議論を重ねていきたいと考えております。
 第二に、循環型社会の構築につきましては、ごみゼロ社会の実現を目指し、廃棄物等の発生抑制と適正な循環利用を総合的かつ計画的に推進してまいります。このため、有料化や分別収集に関するガイドラインの作成などを通じて、一般廃棄物の排出抑制を進めてまいります。また、廃棄物処理・リサイクル施設や浄化槽について、国と地方が一体となって整備するほか、PCB廃棄物の処理を進めてまいります。さらに、不法投棄の撲滅に向けた取組を強化するほか、アジア地域を中心とする適正な資源循環の確保と、廃棄物ビジネスの振興を図ってまいります。
 以上のような脱温暖化社会の構築と循環型社会の構築を推進するに当たっては、技術革新や国民一人一人の意識改革など、ライフスタイルや事業活動の見直しを促すための基盤となる取組を進めることにより、社会経済の大転換を更に加速させていきたいと考えております。
 このため、地域、特に家庭や学校に焦点を当てた環境保全活動や環境教育を推進するほか、さきの通常国会で成立いたしました環境配慮促進法に基づき、事業者の自主的、積極的な環境配慮の取組を推進してまいります。また、ナノテクノロジーの活用を始めとする環境技術の開発普及を推進するほか、環境産業の育成、振興を図ってまいります。
 さらに、シーアイランド・サミットで小泉総理が提唱した三Rイニシアティブを受けて、来年四月に我が国において閣僚級の国際会議を開催いたします。また、我が国の環境技術やライフスタイルの世界への発信や、アジアを中心とする環境協力の取組を積極的に展開することにより、環境分野における国際貢献を果たしてまいります。
 自然と共生する社会の構築も重要な課題です。このため、環境保全、観光振興、地域振興を目指したエコツーリズムを推進するほか、国立公園などの管理体制の充実など、自然と共生する地域づくりを進めてまいります。また、温泉については、全国調査の結果を踏まえて、加水、加温、循環ろ過装置や入浴剤の使用に関する表示など、利用者への情報提供を充実するための方策について早急に検討してまいります。
 このほか、さきの通常国会で成立いたしました外来生物法の円滑な実施に加え、外来生物の防除事業の実施、新たな世界自然遺産の登録など、重要な生態系の保全、再生の推進、飼養動物の愛護管理の強化などを図ってまいります。
 環境汚染を防止し、安全で安心できる社会を構築することも重要な課題です。このため、世界最高水準の自動車排出ガス規制の実施や低公害車の普及促進、オフロード特殊自動車からの排出ガス規制の検討などを進めてまいります。
 また、ヒートアイランド化を防ぐ都市対策や湖沼環境対策等の水環境保全対策を推進するほか、化学物質による環境リスクの低減とリスクコミュニケーションの充実強化、公害健康被害の補償、予防の着実な推進、被害の未然防止の観点からの毒ガス対策の実施など、各般の施策を講じてまいります。
 去る十月十五日には、水俣病関西訴訟の最高裁判決が出されました。水俣病の拡大を防止できなかったことについて真摯に反省し、このような悲惨な公害を決して再び繰り返してはならないとの決意を新たにしております。多年にわたり苦悩を強いられてこられた方に対して、誠に申し訳ないという気持ちであります。環境省としては、平成七年の与党三党による政治解決に基づく取組などの水俣病対策を今後とも一層着実に実施してまいります。
 こうした施策の実施に当たっては、国民、民間団体、事業者、地方公共団体など各主体とのパートナーシップをより確かなものとしていきます。また、地域の実情に応じた機動的できめ細やかな環境行政が展開できるよう、環境省の地方組織を整備していきたいと考えております。
 環境問題には、直ちに対策を講じなければならない問題もある一方で、時間を掛けて取り組むべき問題もあります。持続可能な社会への変革は、決して一朝一夕に実現するものではありません。十年後、百年後の地球に影響を与える課題であるからこそ、今何をなすべきかをしっかりと見極め、ためらうことなく取り組んでいくことが必要です。
 私がこれまでの一年間に取り組み、道筋を付けてきた施策が大きな成果を上げることができるよう、国内外のあらゆる方々の御協力を得ながら、これからも全力で取り組んでまいります。
 委員各位におかれましては、環境行政の一層の推進のため、今後とも御支援そして御協力を賜りますようお願いを申し上げます。
#9
○委員長(郡司彰君) 高野環境副大臣。
#10
○副大臣(高野博師君) おはようございます。
 去る九月の二十九日に環境副大臣を拝命いたしました高野博師でございます。
 小池大臣の下、責任を持って、誠心誠意、環境行政に取り組んでまいる所存でございます。郡司委員長を始め委員各位の御指導、御鞭撻、御協力をよろしくお願いいたします。(拍手)
#11
○委員長(郡司彰君) 能勢環境大臣政務官。
#12
○大臣政務官(能勢和子君) おはようございます。
 九月三十日に環境大臣政務官を拝命いたしました能勢和子でございます。
 改めまして、環境問題の重要性、そして環境省の果たす役割を認識しているところで、認識を深めているところでございます。今後とも、小池大臣を支えるということで、高野副大臣と共々にしっかり補佐してまいる決意でございます。そして、環境行政が本当に、うまくといいますか、十分に果たせるよう頑張ってまいりたいと思っています。
 郡司委員長始め各委員の皆様の御支援、御指導を強くお願い申し上げまして、私からのごあいさつといたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#13
○委員長(郡司彰君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト