くにさくロゴ
2004/10/26 第161回国会 参議院 参議院会議録情報 第161回国会 国土交通委員会 第1号
姉妹サイト
 
2004/10/26 第161回国会 参議院

参議院会議録情報 第161回国会 国土交通委員会 第1号

#1
第161回国会 国土交通委員会 第1号
平成十六年十月二十六日(火曜日)
   午後零時十分開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         田名部匡省君
    理 事         大江 康弘君
    理 事         佐藤 雄平君
    理 事         山本 香苗君
                岩井 國臣君
                魚住 汎英君
                太田 豊秋君
                岡田  広君
                木村  仁君
               北川イッセイ君
                小池 正勝君
                末松 信介君
                田村 公平君
                藤野 公孝君
                松田 岩夫君
                脇  雅史君
                池口 修次君
                岩本  司君
                北澤 俊美君
                輿石  東君
                前田 武志君
                山下八洲夫君
                魚住裕一郎君
                仁比 聡平君
                渕上 貞雄君
    ─────────────
   委員の異動
 十月十二日
    辞任         補欠選任
     魚住 汎英君     岩城 光英君
     木村  仁君     山本 一太君
     松田 岩夫君     鈴木 政二君
 十月十三日
    辞任         補欠選任
     山本 一太君     伊達 忠一君
 十月二十五日
    辞任         補欠選任
     輿石  東君     小林 正夫君
     魚住裕一郎君     加藤 修一君
 十月二十六日
    辞任         補欠選任
     加藤 修一君     魚住裕一郎君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         田名部匡省君
    理 事
                田村 公平君
                脇  雅史君
                大江 康弘君
                佐藤 雄平君
                山本 香苗君
    委 員
                岩井 國臣君
                岩城 光英君
                太田 豊秋君
                岡田  広君
               北川イッセイ君
                小池 正勝君
                鈴木 政二君
                伊達 忠一君
                藤野 公孝君
                池口 修次君
                岩本  司君
                小林 正夫君
                前田 武志君
                山下八洲夫君
                魚住裕一郎君
                仁比 聡平君
                渕上 貞雄君
   国務大臣
       国土交通大臣   北側 一雄君
   副大臣
       国土交通副大臣  蓮実  進君
       国土交通副大臣  岩井 國臣君
   大臣政務官
       国土交通大臣政
       務官       岩崎 忠夫君
       国土交通大臣政
       務官       中野 正志君
       国土交通大臣政
       務官       伊達 忠一君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        伊原江太郎君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○国土の整備、交通政策の推進等に関する調査
 (派遣委員の報告)
 (国土交通行政の諸施策に関する件)
    ─────────────
#2
○委員長(田名部匡省君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。
 御起立願います。
   〔総員起立〕
#3
○委員長(田名部匡省君) 議事に先立ち、一言申し上げます。
 本年は、七月の集中豪雨を始め台風二十三号に至るまで、度重なる風水害により数多くの方々が尊い命を落とされました。
 また、去る二十三日発生した新潟県中越地震におきましても、多くの方が亡くなられ、負傷された方が二千人を超えるなど、甚大なる被害が生じております。
 これらの災害により亡くなられた方々並びに御遺族の方々に対し謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に対しまして心よりお見舞い申し上げる次第でございます。
 ここに、亡くなられた方々の御冥福をお祈りし、謹んで黙祷をささげたいと存じます。黙祷。
   〔黙祷〕
#4
○委員長(田名部匡省君) 黙祷を終わります。御着席願います。
    ─────────────
#5
○委員長(田名部匡省君) 最初に、委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、佐藤泰三君、鶴保庸介君、沓掛哲男君、木村仁君及び輿石東君が委員を辞任され、その補欠として岩井國臣君、岡田広君、太田豊秋君、伊達忠一君及び小林正夫君が選任されました。
    ─────────────
#6
○委員長(田名部匡省君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(田名部匡省君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に田村公平君及び脇雅史君を指名いたします。
    ─────────────
#8
○委員長(田名部匡省君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、国土の整備、交通政策の推進等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(田名部匡省君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#10
○委員長(田名部匡省君) 国土の整備、交通政策の推進等に関する調査を議題といたします。
 まず、先般本委員会が行いました委員派遣につきまして、派遣委員の報告を聴取いたします。田村公平君。
#11
○田村公平君 委員派遣について御報告申し上げます。
 去る九月三十日、沖縄県を訪れ、南西海域における海上保安業務に関する実情調査のため、尖閣諸島周辺海域を哨戒する海上保安庁の航空機により、上空から同海域の視察を行いました。
 派遣委員は、田名部委員長、岩城理事、大江理事、佐藤理事、山本理事、木村委員、藤野委員、池口委員、仁比委員、そして私、田村の総員十名であります。
 以下、調査の概略を申し上げます。
 初めに、海上保安庁第十一管区海上保安本部那覇航空基地を訪問し、搭乗する航空機YS11A型「しゅれい」、飛行経路などについて同管区本部長から説明を聴取いたしました。飛行経路は、那覇航空基地を離陸し、尖閣諸島のうち大正島、久場島、魚釣島、北小島・南小島の順に周回して那覇航空基地に着陸するもので、往復で約三時間半の飛行内容であります。
 尖閣諸島に向かう機中において、第十一管区海上保安本部及び尖閣諸島の概要説明を聴取いたしました。
 尖閣諸島最大の島である魚釣島は、周囲約十一キロ、面積約三・六平方キロメートルを有する私有地であり、島西部には、小型船が接岸できる程度の掘り割り、そして日本の活動家が設置した灯火台などが視認できました。また、付近では、領海内に侵入した台湾の漁船を追走する海上保安庁巡視船「こしき」の活動状況を目の当たりにすることができました。
 最近の尖閣諸島に係る領有権主張活動は、平成十五年十二月、台湾、香港、中国大陸、その他在外華僑の活動団体が連携して中国民間保釣連合会と称する組織を設立し、ホームページを通じて世界じゅうの華僑に寄附金を募って保釣活動を呼び掛けるなど、活動組織の強化、拡大化の動きが見られます。また、活動自体も頻度を増し、特に活動家の乗った船舶が出港するといった事前情報の入手が困難になっております。そして、活動家の船舶からは、石、ガラス瓶、ガラス玉などの投てきが見受けられるなど、行動が次第に悪質化しております。
 特に、本年三月には、中国活動家等十六名が乗船した船舶である浙普漁二一一一四が魚釣島領海に侵入し、搭載されていた手こぎボート二隻に乗り移り、そのうちの七名が魚釣島に上陸するという事案が発生いたしました。七名は、上陸約十時間後に沖縄県警に逮捕され、二日後に中国へ強制送還される事態へと発展いたしました。
 また、中国、台湾の漁船が領海内に侵入する事案も増加しており、本年は、九月一日現在、既に四百六十九隻の侵入を数えるに至っております。さらに、中国海洋調査船による事前に通報を行わない調査活動が、九月一日現在、十四件に及ぶなど、その特異行動も常套化されつつあります。このような事態に対し海上保安庁は、巡視船及び航空機を連携強化した警備体制をしき、目視調査・監視、無線質問、中止要求などの対応をしているとのことでありますが、今後、同業務の持つ重要性を踏まえた一層厳正な対応が望まれるところであります。
 以上が調査の概略であります。
 最後に、長時間に及ぶ私どもの調査に御協力いただきました関係の方々に対し厚く御礼を申し上げまして、報告を終わります。
#12
○委員長(田名部匡省君) 以上で派遣委員の報告は終了いたしました。
    ─────────────
#13
○委員長(田名部匡省君) 次に、国土交通行政の諸施策について、国土交通大臣から説明を聴取いたします。北側国土交通大臣。
#14
○国務大臣(北側一雄君) このたび国土交通大臣を拝命いたしました北側一雄でございます。これからは委員の先生方には何かとお世話になりますが、どうかよろしくお願いを申し上げます。
 国土交通行政は、国土政策、社会資本整備、交通政策等、大変幅広い分野にわたっておりまして、そのいずれもが国民生活に極めて密着したものでございます。国民の安心と安全を確保する、これが国土交通行政の一番大切な原点であり理念であるというふうに認識をしております。この使命を全うするために全力を挙げて取組をさせていただきますので、どうか、委員長を始め委員の皆様の御指導、御鞭撻を賜りますことを心からお願いを申し上げます。
 第百六十一回国会における御審議に当たり、国土交通行政の当面の諸課題について私の考えを述べさせていただきます。
 まず、相次いで発生しております豪雨や台風及び平成十六年新潟県中越地震によりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対して心からお見舞いを申し上げます。
 台風二十三号による被災直後の十月二十二日には、円山川の堤防決壊などで大きな被害を受けた兵庫県豊岡市等へ現地視察に行ってまいりました。豊岡市等は広範囲にわたり泥沼と化しておりました。また、平成十六年新潟県中越地震直後の十月二十四日には、関越自動車道や国道十七号等の道路被災、信濃川の堤防被災及び上越新幹線の脱線現場等を視察してまいりました。ともに、想像を超える深刻な状況で、被災者の方々の生活ができるだけ早く以前の状態に戻ることを願っておりますし、全力を挙げて取組をさせていただきたいと思っております。
 国土交通省といたしましても、住民の方が早く平常の生活に戻れるよう、道路や鉄道の復旧に全力を挙げて取り組むとともに、今後の台風や豪雨に備え、二十四時間体制で堤防決壊箇所等被災施設の緊急復旧に全力で取り組んでいるところでございます。
 被災地における早期復旧・復興に精力的に取り組む一方、今年は度重なる集中豪雨により、多くの災害が発生している事態にかんがみ、従前からの災害対策を総点検し、河川の整備と管理の在り方や水防体制を抜本的に見直すなど、水害・土砂災害対策の強化に努めてまいります。また、地震防災対策の推進を図り、災害に強い国づくりを進めてまいります。
 さて、国土交通行政は、国土政策、社会資本整備、交通政策等を総合的に推進するという幅広い任務を担っておりますが、そのいずれもが国民生活に密着をしております。国土は、暮らしや経済活動の舞台そのものであり、社会資本や交通はそれらを支える最も基本的な基盤でございます。また、頻発する災害や、事故、事件による被害を未然に防止することも国民生活の基本であります。
 そのため、国民の皆様の期待にこたえることができるよう、国土の将来像を踏まえ、国民の立場、視点に立った時代の要請にふさわしい国土交通行政を着実に推進してまいります。
 今後、次のような重要課題に積極的に取り組んでまいります。
 公共事業については、社会資本整備重点計画を踏まえ、事業の重点化やコスト縮減の徹底などに積極的に取り組み、効率的かつ着実に社会資本整備を進めてまいります。公共事業関係の国庫補助負担金については、三位一体の改革の趣旨を踏まえ、地方の自主性、裁量性を高めることを基本に改革を推進してまいります。
 道路関係四公団については、来年十月を目標に民営化できるよう、各公団とも連携して着実に準備を進めてまいります。また、これまで引き下げられることのなかった高速国道の通行料金は、ETCを活用した割引制度により、来年度から平均一割以上引き下げ、可能なものは来月から実施をします。
 住宅金融公庫については、整理合理化計画において、平成十八年度中に廃止し、証券化支援業務等を行う新たな独立行政法人を設置する方針が定められており、その法律案を来年の通常国会に提出する予定であります。さらに、今国会には、公益法人改革を推進するため、住宅の品質確保の促進等に関する法律の改正案を提出しております。
 高齢化の進展、中心市街地の空洞化などに対応するため、地域経済の活性化と地域雇用の創出などを目指し、まちづくり交付金などを活用した地域再生、都市再生の推進に積極的に取り組んでまいります。
 観光については、観光立国担当大臣として、二〇一〇年に訪日外国人旅行者を一千万人とし、「住んでよし訪れてよしの国づくり」を実現するため、関係省庁と連携して観光立国行動計画を推進するとともに、ビジット・ジャパン・キャンペーンや地域における国際競争力のある観光地作り等、観光立国の実現に向けた取組を官民一体となって強力に進めてまいります。
 また、昨今の緊迫化したテロ情勢を踏まえた警備強化や港湾、空港等における水際対策の強化等を行い、総合的な危機管理に取り組んでまいります。
 さらに、リコールに係る不正行為再発防止対策の強化等、安心で暮らしやすい社会の実現に努めてまいります。
 さらに、少子高齢化社会等に対応するため、すべての人が自立し、安心して暮らし、持てる能力を最大限に発揮できるよう、ユニバーサルデザインの考え方に基づく国土交通政策の構築を進めてまいります。
 そのほか、地球温暖化対策や低公害車の開発、普及促進等、環境に配慮した国土交通行政の推進、効率的で競争力のある物流対策、スーパー中枢港湾プロジェクトの推進、大都市圏拠点空港の整備等による国際競争力及び国際連携の確保、整備新幹線等の着実な整備、海洋資源に関する主権的権利確保のための大陸棚調査、地籍整備の強力な推進等に取り組んでまいります。
 なお、国会等の移転については、国会における検討に必要な協力を行ってまいります。
 以上、私の考えを申し述べました。
 国民の皆様の期待にこたえ、一層の御理解をいただけるよう、国民との対話と情報の一層の公開を重視し、諸課題に全力で取り組んでまいる所存でございます。
 今後とも、委員長を始め委員各位の格別の御指導を何とぞよろしくお願い申し上げます。
#15
○委員長(田名部匡省君) 以上で説明の聴取は終わりました。
    ─────────────
#16
○委員長(田名部匡省君) この際、蓮実国土交通副大臣、岩井国土交通副大臣、中野国土交通大臣政務官、岩崎国土交通大臣政務官及び伊達国土交通大臣政務官から発言を求められておりますので、これを順次許します。蓮実国土交通副大臣。
#17
○副大臣(蓮実進君) 国土交通副大臣の蓮実進でございます。
 主に災害対策関係施策、国土関係施策、社会資本整備関係施策を総括しております。
 委員長を始め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げます。
#18
○委員長(田名部匡省君) 岩井国土交通副大臣。
#19
○副大臣(岩井國臣君) 国土交通副大臣の岩井國臣でございます。
 主に運輸行政全般を総括、さらにテロ対策などの危機管理関係と北海道関係を担当しております。
 委員長を始め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつに代えさせていただきます。
 ありがとうございました。
#20
○委員長(田名部匡省君) 中野国土交通大臣政務官。
#21
○大臣政務官(中野正志君) 大臣政務官の中野正志でございます。
 主に災害対策関係施策及び社会資本整備関係施策、特に公共事業の適正な執行の確保に関する事務を命ぜられております。
 どうぞ、御指導賜りますようによろしくお願いを申し上げます。
#22
○委員長(田名部匡省君) 岩崎国土交通大臣政務官。
#23
○大臣政務官(岩崎忠夫君) 大臣政務官の岩崎忠夫でございます。
 主に安全危機管理関係施策及び交通関係施策、特に航空関係事務を命ぜられております。
 先生方の御指導、御鞭撻、どうかよろしくお願い申し上げます。
#24
○委員長(田名部匡省君) 伊達国土交通大臣政務官。
#25
○大臣政務官(伊達忠一君) 大臣政務官を拝命いたしました伊達忠一でございます。
 主に国土関係、北海道開発関係、そして土地対策の総合的な推進に当たることになりました。
 委員長を始め皆さん方の御指導を心からお願い申し上げます。
 ありがとうございます。
#26
○委員長(田名部匡省君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時二十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト