くにさくロゴ
2004/11/30 第161回国会 参議院 参議院会議録情報 第161回国会 総務委員会 第6号
姉妹サイト
 
2004/11/30 第161回国会 参議院

参議院会議録情報 第161回国会 総務委員会 第6号

#1
第161回国会 総務委員会 第6号
平成十六年十一月三十日(火曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 十一月二十四日
    辞任         補欠選任
     櫻井  充君     江田 五月君
     藤本 祐司君     直嶋 正行君
 十一月二十五日
    辞任         補欠選任
     椎名 一保君     南野知惠子君
     江田 五月君     櫻井  充君
     直嶋 正行君     藤本 祐司君
 十一月二十六日
    辞任         補欠選任
     南野知惠子君     椎名 一保君
 十一月二十九日
    辞任         補欠選任
     吉川 春子君     紙  智子君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         木村  仁君
    理 事
                世耕 弘成君
                森元 恒雄君
                山崎  力君
                伊藤 基隆君
                山根 隆治君
    委 員
                荒井 広幸君
                景山俊太郎君
                椎名 一保君
                二之湯 智君
                長谷川憲正君
                山内 俊夫君
                吉村剛太郎君
                若林 正俊君
                犬塚 直史君
                櫻井  充君
                高橋 千秋君
                津田弥太郎君
                内藤 正光君
                藤本 祐司君
                水岡 俊一君
                山本  保君
                紙  智子君
                又市 征治君
   国務大臣
       総務大臣     麻生 太郎君
   大臣政務官
       総務大臣政務官  山本  保君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        高山 達郎君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○日本郵政公社による証券投資信託の受益証券の
 募集の取扱い等のための日本郵政公社の業務の
 特例等に関する法律案(内閣提出、衆議院送付
 )
    ─────────────
#2
○委員長(木村仁君) ただいまから総務委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨二十九日、吉川春子君が委員を辞任され、その補欠として紙智子君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(木村仁君) 日本郵政公社による証券投資信託の受益証券の募集の取扱い等のための日本郵政公社の業務の特例等に関する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。麻生総務大臣。
#4
○国務大臣(麻生太郎君) 日本郵政公社による証券投資信託の受益証券の募集の取扱い等のための日本郵政公社の業務の特例等に関する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明させていただきます。
 この法律案は、日本郵政公社が業務の特例として、証券投資信託受益証券の募集の取扱い等を行うことができるようにするための措置等を定めるとともに、証券投資信託受益証券の募集の取扱い等が投資信託委託業者等の経営に及ぼす影響にかんがみ、証券投資信託受益証券の募集の取扱い等に係る証券投資信託の選定等に関し必要な事項を定めるものであります。
 次に、法律案の主な内容につきまして御説明を申し上げます。
 第一に、日本郵政公社は、証券投資信託受益証券の募集の取扱い等の業務ができることとし、日本郵政公社法の適用について所要の読替えを行っております。
 第二に、日本郵政公社は、証券取引法第六十五条の二第一項に規定する登録を受け、証券投資信託受益証券の募集の取扱い等の業務を行うこととし、証券取引法の適用につきまして所要の読替えを行っております。
 第三に、日本郵政公社が行う証券投資信託受益証券の募集の取扱い等に係る証券投資信託の選定は、公募の方法によることといたしております。また、選定した証券投資信託受益証券の募集の取扱いを行うに当たっては、特定の証券投資信託に対して不当に差別的な取扱いをしてはならないことといたしてもおります。
 以上のほか、関係法律につきましても所要の改正を行うこととしております。
 なお、この法律は、一部を除き、公布の日から起算して六か月を超えない範囲内において政令で定める日から施行することといたしております。
 以上がこの法律案の提案理由及び内容の概要であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御賛同あらんことをお願いを申し上げます。
#5
○委員長(木村仁君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト