くにさくロゴ
2004/10/22 第161回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第161回国会 経済産業委員会 第1号
姉妹サイト
 
2004/10/22 第161回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第161回国会 経済産業委員会 第1号

#1
第161回国会 経済産業委員会 第1号
本国会召集日(平成十六年十月十二日)(火曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 根本  匠君
   理事 櫻田 義孝君 理事 鈴木 康友君
   理事 吉田  治君
      遠藤 利明君    河村 建夫君
      北川 知克君    小杉  隆君
      佐藤 信二君    坂本 剛二君
      菅  義偉君    竹本 直一君
      谷畑  孝君    中西 一善君
      西銘恒三郎君    野田  毅君
      平井 卓也君    平田 耕一君
      松島みどり君    宮路 和明君
      森  英介君    山口 泰明君
      山本 明彦君    大畠 章宏君
      奥田  建君    海江田万里君
      梶原 康弘君    菊田まきこ君
      近藤 洋介君    高山 智司君
      中山 義活君    計屋 圭宏君
      細野 豪志君    松崎 公昭君
      村井 宗明君    渡辺  周君
      江田 康幸君    河上 覃雄君
      高木 陽介君    塩川 鉄也君
    ―――――――――――――
十月十二日
 根本匠君委員長辞任につき、その補欠として河上覃雄君が議院において、委員長に選任された。
平成十六年十月二十二日(金曜日)
    午前十時一分開議
 出席委員
   委員長 河上 覃雄君
   理事 河村 建夫君 理事 櫻田 義孝君
   理事 平井 卓也君 理事 松島みどり君
   理事 鈴木 康友君 理事 細野 豪志君
   理事 吉田  治君 理事 高木 陽介君
      遠藤 利明君    嘉数 知賢君
      北川 知克君    小杉  隆君
      河野 太郎君    佐藤 信二君
      菅  義偉君    竹本 直一君
      谷畑  孝君    中西 一善君
      西銘恒三郎君    野田  毅君
      馳   浩君    平田 耕一君
      望月 義夫君    山口 泰明君
      山本 明彦君    大畠 章宏君
      奥田  建君    海江田万里君
      梶原 康弘君    菊田まきこ君
      近藤 洋介君    高山 智司君
      中山 義活君    永田 寿康君
      計屋 圭宏君    村井 宗明君
      渡辺  周君    江田 康幸君
      塩川 鉄也君
    …………………………………
   経済産業大臣       中川 昭一君
   経済産業副大臣      小此木八郎君
   経済産業副大臣      保坂 三蔵君
   経済産業大臣政務官    平田 耕一君
   経済産業大臣政務官    山本 明彦君
   経済産業委員会専門員   熊谷 得志君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月十二日
 辞任         補欠選任
  根本  匠君     望月 義夫君
同月二十一日
 辞任         補欠選任
  宮路 和明君     嘉数 知賢君
同月二十二日
 辞任         補欠選任
  坂本 剛二君     馳   浩君
  森  英介君     河野 太郎君
  松崎 公昭君     永田 寿康君
同日
 辞任         補欠選任
  河野 太郎君     森  英介君
  馳   浩君     坂本 剛二君
  永田 寿康君     松崎 公昭君
同日
 理事今井宏君及び塩谷立君九月二十九日委員辞任につき、その補欠として平井卓也君及び松島みどり君が理事に当選した。
同日
 理事江渡聡徳君九月三十日委員辞任につき、その補欠として河村建夫君が理事に当選した。
同日
 理事田中慶秋君及び井上義久君同月八日委員辞任につき、その補欠として細野豪志君及び高木陽介君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○河上委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび、経済産業委員長に選任されました河上覃雄でございます。
 御承知のとおり、我が国を取り巻く経済及び産業の諸情勢は、回復に向かっているものの、原油価格の高騰、地域間における回復のばらつきなど、懸念材料も見受けられます。
 このような現状のもと、景気の安定成長に向けて、構造改革、規制改革のより一層の推進を初めとして、中小企業支援対策、エネルギー政策など、解決すべき問題は山積しております。
 かかる重大なときに当たり、適切な施策を推進し、国民生活の安定と向上を図るため、本委員会に課せられた責務はまことに大きく、改めてその職責の重大さを痛感いたしております。
 理事並びに委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努め、本委員会の使命を果たしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○河上委員長 理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が五名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○河上委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      河村 建夫君    平井 卓也君
     松島みどりさん    細野 豪志君
      高木 陽介君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○河上委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 経済産業の基本施策に関する事項
 資源エネルギー及び原子力安全・保安に関する事項
 特許に関する事項
 中小企業に関する事項
 私的独占の禁止及び公正取引に関する事項
 鉱業と一般公益との調整等に関する事項
以上の各事項につきまして、議長に対し、国政調査の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○河上委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○河上委員長 この際、中川経済産業大臣から発言を求められておりますので、これを許します。中川経済産業大臣。
#8
○中川国務大臣 このたび、小泉内閣のもとで再び経済産業大臣を拝命いたしました中川昭一でございます。引き続きどうぞよろしくお願いをいたします。
 第百六十一回国会における経済産業委員会の御審議に先立ち、今後の経済産業行政を行うに当たって、当面の経済情勢や取り組むべき諸課題について一言申し上げます。
 まず初めに、去る八月九日に発生した関西電力美浜発電所三号機の事故において、亡くなられた五名の方々の御冥福をお祈りするとともに、負傷された方々にお見舞い申し上げます。原子力を推進する上では、安全の確保と地元の御理解が大前提であり、今回の事故はまことに遺憾であります。先月二十七日に公表した中間とりまとめを踏まえ、事故の再発防止に万全を期すとともに、信頼の回復に全力を尽くしてまいります。また、台風等で亡くなられた方々に心からお悔やみを申し上げます。また、被災された方々、企業等にも心からお見舞い申し上げます。
 特に、今般の台風二十三号につきましては、昨日、省内に非常災害対策本部を設置したところでございます。八十数名の、亡くなられた方々、不明の方々がいらっしゃるわけでございまして、心からの御冥福と、一刻も早い発見そして御安全を心から御祈念を申し上げます。情報収集に努め、被災中小企業等に対する災害復旧支援対策を迅速に実施いたしたいと思います。
 さて、足元の景気は堅調に回復しておりますが、一方で、中小企業や一部の業種、地域においてはおくれも見られ、緩やかなデフレも継続しております。原油価格や海外経済の動向にも十分な注視が必要であります。私は、経済産業大臣として、足元の景気回復を確固たるものとし、将来にわたって日本経済が活力を持ち続けるよう、経済産業政策に全力で取り組むことが使命であると考えております。その点に関し、昨今の原油価格の高騰が日本経済や国民生活に重大な影響を及ぼさぬよう、注意深く対応してまいります。
 本年五月に策定した新産業創造戦略は、将来を見据え、新産業を次々と創出していくための国家戦略であります。産業人材の育成、研究開発の重点化、知的財産の保護、戦略的活用、IT利活用の促進などに取り組むとともに、我が国産業を支える中小企業、地域経済の活力を回復させ、日本経済が力強く発展していけるよう、全力を傾注してまいります。
 通商政策には、WTO新ラウンドを推進し、国際ルールを強化、活用していく戦略的な視点が不可欠であります。また、我が国と経済的関係の深い東アジア諸国を初めとする各国との経済連携協定の交渉に精力的に取り組んでまいります。現在交渉中のタイ、フィリピン、マレーシアについて、関係府省と緊密に連携協力し、できる限り早期の合意を目指してまいります。また、今国会には、先般署名を行った日・メキシコ経済連携協定の実施を担保するため、原産地証明関連の法案を提出いたしました。
 米国アンチダンピング法は、WTO協定違反が確定しております。同法により我が国企業が受けた損害を回復するための法案を今国会に提出いたしました。
 資源の少ない我が国としては、エネルギー・環境政策にも積極的に取り組む必要があります。その際、地球温暖化問題へ的確な対応を図り、環境と経済の両立を図るという視点が重要であります。省エネルギー対策を一層強化するとともに、新エネルギーの導入を推進してまいります。また、エネルギーの安定供給確保のため、石油、天然ガスの自主開発の推進と供給源の多様化や我が国における権益の保全などに取り組んでまいります。
 原子力発電につきましては、安全の確保と国民の御理解を前提に、核燃料サイクルを含め、我が国の基幹電源として着実に推進してまいります。
 最後に、国民各位の御理解のもと、経済産業行政の推進に全力を挙げてまいる所存でございます。委員各位の御理解と御協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
#9
○河上委員長 次に、小此木経済産業副大臣、保坂経済産業副大臣、平田経済産業大臣政務官及び山本経済産業大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。小此木経済産業副大臣。
#10
○小此木副大臣 おはようございます。この九月に経済産業副大臣を拝命いたしました小此木八郎でございます。
 経済産業省は非常に幅広い分野を所管しております。こちらの保坂副大臣、そして、平田、山本両政務官とともに、中小企業、これは日本産業の基盤たる中小企業の活力を回復する、地域経済の社会を明るくする、こういう意味で、私たちの全力を、省内一体となって結束をして頑張ってまいりたい、このように思いますので、委員長を初め委員各位の皆様方の御協力、そして御指導、御鞭撻を何とぞよろしくお願いを申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#11
○河上委員長 次に、保坂経済産業副大臣。
#12
○保坂副大臣 おはようございます。ただいまごあいさつを申し上げました小此木副大臣とともに、このたび副大臣を拝命いたしました参議院議員の保坂三蔵でございます。
 現下の情勢を心して、それぞれの持ち分をわきまえながら、中川大臣をしっかりサポートすべく、最大の努力をしてまいりたいと存じております。河上委員長さん、また理事の先生方、各委員の先生方、至らぬ保坂でございますが、御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、一言ごあいさつにかえます。
 ありがとうございました。(拍手)
#13
○河上委員長 次に、平田経済産業大臣政務官。
#14
○平田大臣政務官 平田耕一でございます。経済産業大臣政務官を拝命いたしました。
 小此木副大臣、保坂副大臣、山本大臣政務官とともに中川大臣を支え、知的財産の戦略的活用や研究開発の重点化など、我が国産業競争力の強化に向けた取り組みを積極的に進めるなど、経済産業行政を強力に推進するため、全力を尽くしてまいります。
 河上委員長を初め本委員会委員各位のより一層の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつにさせていただきます。
 よろしくお願いいたします。(拍手)
#15
○河上委員長 次に、山本経済産業大臣政務官。
#16
○山本(明)大臣政務官 このたび経済産業大臣政務官を仰せつかりました山本明彦でございます。よろしくお願いいたします。
 中川大臣を少しでも補佐し、そして、小此木副大臣、保坂副大臣、平田大臣政務官ともども、しっかりとこの経済産業政策を頑張っていきたいというふうに思っております。
 私、中小企業の出身でありますので、当たり前でありますけれども、やる気のある前向きの中小企業の支援は当然ですけれども、まじめにやっておる、しかしなかなか力の発揮できない、そうした中小企業の皆さん方をしっかり支援していきたいと思っておりますし、エネルギーの安定供給をしっかりとこれからも見据えていきたいと思います。
 来年は、皆様方御承知だと思いますけれども、特にこの委員会では御承知だと思いますが、愛知万博が三月から開催をされます。愛・地球博といいますけれども、これは、地球温暖化が叫ばれる中、地域の再生、そして環境、自然との共生、こういったことをテーマにして開催されますので、皆様方にもお越しいただくと同時に、しっかり私も頑張っていきたいと思っています。私の地元でございますので、よろしくお願いいたしまして、そして、河上委員長、そして皆様方の御支援をいただきますようにお願い申し上げまして、あいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。(拍手)
#17
○河上委員長 次回は、来る二十七日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト