くにさくロゴ
2004/10/22 第161回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第161回国会 厚生労働委員会 第1号
姉妹サイト
 
2004/10/22 第161回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第161回国会 厚生労働委員会 第1号

#1
第161回国会 厚生労働委員会 第1号
本国会召集日(平成十六年十月十二日)(火曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   理事 鴨下 一郎君 理事 北川 知克君
   理事 長勢 甚遠君 理事 宮澤 洋一君
   理事 三井 辨雄君 理事 山井 和則君
   理事 福島  豊君
      青山  丘君    井上 信治君
      石崎  岳君    大村 秀章君
      上川 陽子君    木村 義雄君
      小西  理君    河野 太郎君
      菅原 一秀君    中西 一善君
      中山 泰秀君    原田 令嗣君
      福井  照君    三ッ林隆志君
      御法川信英君    宮腰 光寛君
      森岡 正宏君    吉野 正芳君
      渡辺 具能君    石毛えい子君
      泉  健太君    内山  晃君
      大島  敦君    小林千代美君
      小宮山泰子君    五島 正規君
      城島 正光君    園田 康博君
      中根 康浩君    橋本 清仁君
      藤田 一枝君    水島 広子君
      横路 孝弘君    米澤  隆君
      古屋 範子君    桝屋 敬悟君
      山口 富男君    阿部 知子君
    ―――――――――――――
十月十二日
 鴨下一郎君が議院において、委員長に補欠選任された。
平成十六年十月二十二日(金曜日)
    午前十一時六分開議
 出席委員
   委員長 鴨下 一郎君
   理事 大村 秀章君 理事 北川 知克君
   理事 長勢 甚遠君 理事 宮澤 洋一君
   理事 五島 正規君 理事 三井 辨雄君
   理事 山井 和則君 理事 福島  豊君
      青山  丘君    井上 信治君
      石崎  岳君    城内  実君
      小西  理君    河野 太郎君
      左藤  章君    菅原 一秀君
      田中 和徳君    中西 一善君
      原田 令嗣君    三ッ林隆志君
      御法川信英君    宮腰 光寛君
      宮下 一郎君    森岡 正宏君
      吉野 正芳君    渡辺 具能君
      石毛えい子君    泉  健太君
      内山  晃君    大島  敦君
      岸本  健君    小林千代美君
      小宮山泰子君    園田 康博君
      中根 康浩君    橋本 清仁君
      藤田 一枝君    水島 広子君
      横路 孝弘君    古屋 範子君
      山口 富男君    阿部 知子君
    …………………………………
   厚生労働大臣       尾辻 秀久君
   厚生労働副大臣      衛藤 晟一君
   厚生労働副大臣      西  博義君
   厚生労働大臣政務官    森岡 正宏君
   厚生労働大臣政務官    藤井 基之君
   厚生労働委員会専門員   榊原 志俊君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二十二日
 辞任         補欠選任
  上川 陽子君     左藤  章君
  木村 義雄君     田中 和徳君
  中山 泰秀君     宮下 一郎君
  福井  照君     城内  実君
  城島 正光君     岸本  健君
同日
 辞任         補欠選任
  城内  実君     福井  照君
  左藤  章君     上川 陽子君
  田中 和徳君     木村 義雄君
  宮下 一郎君     中山 泰秀君
  岸本  健君     城島 正光君
同日
 理事城島正光君同月一日委員辞任につき、その補欠として五島正規君が理事に当選した。
同日
 理事鴨下一郎君同月十二日委員長就任につき、その補欠として大村秀章君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月十二日
 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律等の一部を改正する法律案(水島広子君外五名提出、第百五十九回国会衆法第九号)
 臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律の一部を改正する法律案(熊代昭彦君外一名提出、第百五十九回国会衆法第一六号)
 労働者の募集及び採用における年齢に係る均等な機会の確保に関する法律案(加藤公一君外二名提出、第百五十九回国会衆法第二八号)
 独立行政法人福祉医療機構法の一部を改正する法律案(小坂憲次君外四名提出、第百五十九回国会衆法第四五号)
 国民年金法の一部を改正する法律案(長勢甚遠君外三名提出、第百五十九回国会衆法第五〇号)
 無年金障害者に対する障害福祉年金の支給に関する法律案(泉房穂君外二名提出、第百五十九回国会衆法第五二号)
 特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律案(鈴木俊一君外三名提出、第百五十九回国会衆法第五八号)
 短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律の一部を改正する法律案(水島広子君外五名提出、第百五十九回国会衆法第五九号)
 児童福祉法の一部を改正する法律案(内閣提出、第百五十九回国会閣法第三四号)
 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出、第百五十九回国会閣法第三五号)
 労働組合法の一部を改正する法律案(内閣提出、第百五十九回国会閣法第八八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○鴨下委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、厚生労働委員長に就任いたしました鴨下一郎でございます。
 本委員会には、年金、医療、介護、少子化問題、雇用対策など、国民生活に密着した課題が山積いたしております。特に、少子高齢化が急速に進行しつつある我が国にとって、社会保障制度の全般的見直しは喫緊の課題となっております。
 このような状況のもと、当委員会に課せられた責務は極めて重大であり、委員長就任に当たり、改めて責任の重さを痛感いたしております。
 ここに委員各位の御指導と御協力をいただき、公平かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。
 どうぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○鴨下委員長 理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 委員の異動及び私の委員長就任に伴い、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○鴨下委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      大村 秀章君 及び 五島 正規君
を指名いたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#5
○鴨下委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 厚生労働関係の基本施策に関する事項
 社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び人口問題に関する事項
 労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関する事項
以上の各事項について、その実情を調査し、対策を樹立するため、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○鴨下委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○鴨下委員長 この際、尾辻厚生労働大臣、衛藤厚生労働副大臣、西厚生労働副大臣、森岡厚生労働大臣政務官及び藤井厚生労働大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。尾辻厚生労働大臣。
#8
○尾辻国務大臣 このたび厚生労働大臣を拝命いたしました尾辻秀久でございます。
 国民生活に大きくかかわる厚生労働行政を担当することとなり、責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。厚生労働行政の当面する諸課題の解決に向けて、先頭に立って取り組んでいく決意でございますので、委員長、委員各位を初め、国民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。
 ことしは豪雨や台風による災害が多く発生いたしました。今回の台風第二十三号を初め、災害によりお亡くなりになった方々にお悔やみを申し上げますとともに、被災された多くの方々に心からお見舞いを申し上げます。厚生労働省といたしましても、被災者や被災地の支援に万全を期してまいります。
 最近、厚生労働省におきまして不祥事がたび重なっておりますことにつきまして、大臣として、国民の皆様に心からおわびを申し上げます。年金、医療、福祉、雇用といった国民生活に密着した重要課題を担当する厚生労働行政に携わる者は、国民の信頼を損なうことがあってはならず、職員一人一人がこうした自覚を持って身を律しなければならないことは申すまでもありません。国民の皆様の厚生労働行政への信頼を回復すべく、先般、副大臣をトップとする厚生労働省信頼回復対策推進チームを発足させ、事実関係を徹底して調査するとともに、不祥事を二度と起こさない体制を確立することといたしているところでございまして、私自身、陣頭指揮をとって、再発防止に取り組んでまいります。
 また、さまざまな指摘がなされてきた社会保険庁のあり方や業務につきましては、抜本的な見直しが求められているところでございます。既に、民間から迎えた長官やスタッフのもとで、民間の発想や感覚を大胆に導入しつつ改革への取り組みに着手しているところでありますが、さらに、内閣官房長官のもとに設けられた社会保険庁の在り方に関する有識者会議における議論を踏まえつつ、社会保険庁の改革を進め、親切、迅速、正確な国民本位のサービスの実現に取り組んでまいります。
 急速な少子高齢化が進む中で、国民の安心と生活の安定を支える年金、医療、介護などの社会保障制度を将来にわたり持続可能で安定的なものとするため、不断の改革を行っていく必要があります。本年七月に、内閣官房長官のもとに社会保障の在り方に関する懇談会が設置され、公的年金制度の一元化を含め、社会保障制度全般について一体的な見直しの御論議をいただいているところでございますが、厚生労働省といたしましては、この懇談会の御意見や国会での与野党の協議をめぐる動向等を踏まえつつ検討を進め、自立と予防をキーワードとして、国民が安心して暮らすことができる社会保障制度の構築に取り組んでまいります。
 特に、介護保険制度につきましては、利用者、サービス量の大幅な増加などに見られますように、国民の老後の安心を支える仕組みとして所期の成果を上げている一方で、費用が急速に増大しており、制度の持続可能性の確保が喫緊の課題となっております。このため、予防を重視したシステムへの転換や、施設入所費用の見直しなどの給付の効率化、重点化を図っていく必要があると考えており、さらに、痴呆性高齢者やひとり暮らし高齢者の増加などの課題に対応していくことが必要でございます。これまでの施行状況をしっかりと検証しつつ、鋭意検討を進め、来年の通常国会への法案提出を目指し、年内に成案が得られるよう全力を尽くしてまいります。
 また、さきの通常国会で成立いたしました改正年金法の内容を国民の皆様に対し引き続き意を尽くしながら御説明し、着実な施行に努めるとともに、公的年金一元化の問題や基礎年金の国庫負担割合引き上げなどの課題に対処してまいります。
 急速な少子化の進行は、我が国の経済社会に深刻な影響を与えますので、少子化の流れを変えるため、待機児童ゼロ作戦を初め、働き方の見直し等、各般の施策について、地方公共団体、企業等、国を挙げて総合的に取り組んでいくことが必要でございます。さらに、本年中に策定する少子化の流れを変えるための新しいプランにおきましては、総合的な取り組みをどのように進めていくのかが目に見え、子供を産み育てやすい環境整備が進められているという実感を持っていただけるような計画づくりを進めてまいります。
 また、さきの通常国会に提出し、継続審議となっております児童福祉法の改正法案及び育児・介護休業法等の改正法案につきまして、一日も早い成立をお願い申し上げます。
 三位一体改革に当たりましては、少子高齢化が急速に進行する中で、全国民に一定水準の社会保障を確保する観点から、国と地方が適切な役割分担に基づいてそれぞれ応分の責任を果たすことが必要であるというのが基本的な考え方でございます。さきの国と地方の協議の場において、医療費適正化等に係る都道府県の役割の強化に対応する国民健康保険における都道府県負担の導入、地方自治体に自立・就労支援について一層の役割を担っていただくことに対応する生活保護制度における費用負担の見直し等の代替案の方針をお示ししたところでありまして、引き続き、これらについて議論を深めてまいります。
 障害者施策につきましては、障害者の自立を促進し、障害者が地域で安心して暮らせるよう、障害の種類にかかわりなく福祉サービスを一元化することなど、障害保健福祉施策の抜本的な見直しを検討するとともに、福祉施設等との連携による福祉的就労から雇用への移行の促進、精神障害者に対する雇用対策の強化等を図ってまいります。今後、障害保健福祉施策及び障害者の雇用施策に関し、来年の通常国会には関連法案を提出する方向で検討を進めてまいります。
 雇用問題につきましては、現下の雇用失業情勢は、厳しさが残るものの、有効求人倍率は上昇傾向にあるなど、引き続き改善しているところであります。しかしながら、若年者や高齢者を中心にミスマッチが依然として大きく、また、雇用情勢には地域差が見られるところであります。
 このため、若者自立・挑戦プランを着実に推進し、働く意欲のある若年者の雇用を支援するとともに、働いておらず教育も訓練も受けていないニートと呼ばれる若年者の増加に対応するため、働く意欲や能力を高める総合的な対策に取り組んでまいります。このほか、高齢者や障害者の雇用対策を進めることなどにより、社会の支え手をふやし、全員参加型の社会の実現を目指すとともに、地域の雇用創造に自発的に取り組む市町村等に対する総合的な支援などの施策を推進してまいります。
 また、労働者が安心して安全に働くことができるよう、重大災害の防止や過重労働による健康障害の防止、メンタルヘルス対策に取り組んでまいります。
 さきの通常国会に提出し、継続審議となっております労働組合法の改正法案につきまして、一日も早い成立をお願いいたします。なお、本法案の附則に条文の誤りがあったことにつきまして、ここに深くおわびを申し上げます。今後、こうした誤りを繰り返さないよう徹底してまいります。
 食の安全につきましては、BSE対策を初め、引き続き国民の関心は高いものとなっており、食品のリスク管理を担う厚生労働省におきましては、関係省庁との連携のもとに、食品の安全性の確保に全力を尽くしてまいります。
 厚生労働行政には、このほかにも多くの課題が山積しております。委員長を初め皆様方の一層の御理解と御協力を賜りますよう、重ねてよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
#9
○鴨下委員長 次に、衛藤厚生労働副大臣。
#10
○衛藤副大臣 このたび厚生労働副大臣を拝命いたしました衛藤晟一です。
 厚生労働行政は、雇用におけるセーフティーネットに万全を期すとともに、本格的な少子高齢社会に向けて、活力を維持しながら、一人一人が心豊かに安心して今後の展望を持つことができる社会を築いていくという大きな使命を担っております。
 厚生労働委員会の皆様方の御理解と御協力を得ながら、西副大臣、森岡、藤井両大臣政務官とともに全力で尾辻大臣を補佐してまいる所存でありますので、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#11
○鴨下委員長 次に、西厚生労働副大臣。
#12
○西副大臣 御紹介をいただきました西博義でございます。
 このたび厚生労働副大臣を拝命いたしました。
 厚生労働行政は、国民一人一人の誕生から就労を経まして高齢期に至るまでの国民生活に密着をした行政でございます。私といたしましては、国民の皆様がよりよい生活を送ることができるよう、国民の視点に立って、さまざまな課題に誠実かつ積極的に取り組んでまいりたいと決意をしているところでございます。
 厚生労働委員会の皆様方の御理解と御協力を得ながら、衛藤副大臣、森岡、藤井両大臣政務官とともに全力で尾辻大臣を補佐してまいる所存でございます。
 皆様方の御支援、御協力を心よりお願い申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。(拍手)
#13
○鴨下委員長 次に、森岡厚生労働大臣政務官。
#14
○森岡大臣政務官 このたび厚生労働大臣政務官を拝命いたしました森岡正宏と申します。
 今、大臣からごあいさつございましたように、厚生労働省は、国民が最も注視をしておる役所でございますし、国民生活に最も直結した大事な役所だと承知しております。私も、国民の目線に立って、一生懸命尾辻大臣を支えていきたいと思っております。
 衛藤、西両副大臣、そして同僚であります藤井大臣政務官ともども、委員の皆様方に御指導賜りますように心からお願いを申し上げまして、ごあいさつとさせていただきたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#15
○鴨下委員長 次に、藤井厚生労働大臣政務官。
#16
○藤井大臣政務官 厚生労働大臣政務官を拝命いたしました参議院の藤井基之でございます。
 ただいま大臣からも所信をお述べになられたとおりでございます。責任の重さを十分感じまして、両副大臣、同僚の政務官とともに、誠心誠意尾辻大臣をお支え申し上げたいと存じております。
 どうか引き続きまして、これからもよろしく御指導いただくことになろうと思います。どうかよろしくお願いいたします。
 ありがとうございました。(拍手)
#17
○鴨下委員長 次回は、来る二十七日水曜日午前九時二十分理事会、午前九時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト