くにさくロゴ
2004/10/22 第161回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第161回国会 文部科学委員会 第1号
姉妹サイト
 
2004/10/22 第161回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第161回国会 文部科学委員会 第1号

#1
第161回国会 文部科学委員会 第1号
本国会召集日(平成十六年十月十二日)(火曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 池坊 保子君
   理事 伊藤信太郎君 理事 遠藤 利明君
   理事 川内 博史君 理事 牧  義夫君
   理事 斉藤 鉄夫君
      稲葉 大和君    江崎 鐵磨君
      小渕 優子君    加藤 勝信君
      加藤 紘一君    岸田 文雄君
      近藤 基彦君    佐藤  錬君
      下村 博文君    鈴木 俊一君
      鈴木 恒夫君    中野  清君
      西村 明宏君    馳   浩君
      古屋 圭司君    保坂  武君
      保利 耕輔君    山際大志郎君
      青木  愛君    奥村 展三君
      加藤 尚彦君    城井  崇君
      古賀 一成君    須藤  浩君
      高井 美穂君    武山百合子君
      達増 拓也君    長島 昭久君
      肥田美代子君    松本 大輔君
      笠  浩史君    河合 正智君
      石井 郁子君    横光 克彦君
    ―――――――――――――
十月十二日
 池坊保子君委員長辞任につき、その補欠として斉藤鉄夫君が議院において、委員長に選任された。
平成十六年十月二十二日(金曜日)
    午後一時四十五分開議
 出席委員
   委員長 斉藤 鉄夫君
   理事 伊藤信太郎君 理事 稲葉 大和君
   理事 中野  清君 理事 保坂  武君
   理事 奥村 展三君 理事 川内 博史君
   理事 牧  義夫君 理事 河合 正智君
      江崎 鐵磨君    小渕 優子君
      加藤 勝信君    加藤 紘一君
      岸田 文雄君    近藤 基彦君
      佐藤  錬君    桜井 郁三君
      下村 博文君    鈴木 俊一君
      鈴木 恒夫君    西村 明宏君
      葉梨 康弘君    馳   浩君
      古屋 圭司君    保利 耕輔君
      山際大志郎君    加藤 尚彦君
      城井  崇君    古賀 一成君
      須藤  浩君    高井 美穂君
      武山百合子君    達増 拓也君
      長島 昭久君    肥田美代子君
      松本 大輔君    笠  浩史君
      池坊 保子君    石井 郁子君
      横光 克彦君
    …………………………………
   文部科学大臣       中山 成彬君
   文部科学副大臣      塩谷  立君
   文部科学副大臣      小島 敏男君
   文部科学大臣政務官    下村 博文君
   文部科学大臣政務官    小泉 顕雄君
   文部科学委員会専門員   崎谷 康文君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月十二日
 辞任         補欠選任
  遠藤 利明君     葉梨 康弘君
同月二十二日
 辞任         補欠選任
  鈴木 恒夫君     桜井 郁三君
同日
 辞任         補欠選任
  桜井 郁三君     鈴木 恒夫君
同日
 理事渡海紀三朗君九月三十日委員辞任につき、その補欠として稲葉大和君が理事に当選した。
同日
 理事青山丘君及び平野博文君同月八日委員辞任につき、その補欠として中野清君及び奥村展三君が理事に当選した。
同日
 理事斉藤鉄夫君同月十二日委員長就任につき、その補欠として河合正智君が理事に当選した。
同日
 理事遠藤利明君同月十二日委員辞任につき、その補欠として保坂武君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月十二日
 学校教育法の一部を改正する法律案(武正公一君外三名提出、第百五十九回国会衆法第四八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○斉藤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、文部科学委員長に就任いたしました斉藤鉄夫でございます。(拍手)
 我が国が、豊かさと活力に満ちた社会を目指し、また国際社会の中で尊敬される地位を確立するために最も大切な施策こそ教育であり、科学技術、文化、芸術、スポーツだと確信をいたしております。
 特に、教育につきましては、確かな学力とともに、心の豊かさをはぐくむ教育が必要であるとも言われております。
 また、教育のあり方、特に国と地方の役割について国民的な議論が今行われているところでございますが、教育論に立った過ちのない決断を我々はしていかなくてはならない、その立場にあると私は信じております。
 このような中、当委員会に課せられた使命はまことに重大であり、委員会の活発な議論を積み重ね、国民の期待と信託にこたえてまいらなければならないと存じます。
 委員長といたしましては、委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○斉藤委員長 理事の補欠選任の件についてお諮りいたします。
 委員の異動及び私の委員長就任に伴い、現在理事が五名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○斉藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
      稲葉 大和君    中野  清君
      保坂  武君    奥村 展三君
   及び 河合 正智君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○斉藤委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 文部科学行政の基本施策に関する事項
 生涯学習に関する事項
 学校教育に関する事項
 科学技術及び学術の振興に関する事項
 科学技術の研究開発に関する事項
 文化、スポーツ振興及び青少年に関する事項
以上の各事項につきまして、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○斉藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○斉藤委員長 この際、中山文部科学大臣、塩谷文部科学副大臣、小島文部科学副大臣、下村文部科学大臣政務官及び小泉文部科学大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。中山文部科学大臣。
#8
○中山国務大臣 第百六十一回国会におきまして各般の課題を御審議いただくに当たり、一言ごあいさつ申し上げます。
 先般、構造改革を加速する新たな体制を構築するため内閣改造が行われ、私は文部科学大臣に就任いたしました。
 我が国が真に豊かで教養のある国家としてさらに発展し、子供たちが夢と希望を抱ける明るい未来を切り開くためには、国家百年の計に立ち、教育・文化立国と科学技術創造立国の実現を目指した改革を積極的に進めていくことが重要であります。
 かかる認識のもと、以下の事項についての施策を総合的に展開してまいる所存であります。
 初めに、教育改革について申し上げます。
 時代や社会の大きな変化の中で、我が国が力強く発展していくためには、切磋琢磨しながら新しい時代を切り開く、心豊かでたくましい人材を育成することが重要であります。このような観点から、これまで精力的に人間力向上のための教育改革に取り組んできたところでありますが、教育全般についてさまざまな問題が生じている今日、この改革の流れをさらに加速させるとともに、教育の根本にさかのぼった改革が求められております。
 このため、新しい時代にふさわしい教育の基本理念を明確にするため、昨年三月の中央教育審議会の答申や与党における議論を踏まえ、国民的な議論を深めつつ、教育基本法の速やかな改正に向けて精力的に取り組んでまいります。
 また、義務教育費国庫負担制度については、憲法の保障する教育の機会均等、教育水準の維持向上などを図るために極めて重要な施策であり、義務教育制度のあり方、義務教育における国と地方の役割分担などの観点を踏まえつつ、教育改革の一環として十分に検討してまいりたいと考えております。
 初等中等教育においては、子供たちに学力の基礎、基本を確実に身につけさせ、みずから学ぶ意欲や思考力、判断力、表現力などの幅広い確かな学力をはぐくむことが重要であります。このため、教職員定数改善計画を着実に実施するとともに、少人数指導や習熟度別指導などの個に応じた学習指導の推進など総合的な施策を進めてまいります。さらに、全国的、国際的な学力調査などを踏まえつつ、学習指導要領の不断の見直しを精力的に行うとともに、義務教育の到達目標の明確化や制度の弾力化等の義務教育のあり方に関する検討を進めてまいります。
 豊かな心の育成については、学校、家庭、地域社会が一体となって、善悪の判断などの基本的な規範意識や倫理観と、公共心や他人を思いやる心などの豊かな人間性や社会性をはぐくむことが重要であります。本年六月の長崎県佐世保市における事件を受け、問題行動対策を取りまとめたところであり、命を大切にする教育の充実、家庭教育の支援、子供の安全、安心な居場所づくりとともに、奉仕・体験活動を推進します。不登校や問題行動等への適切な対応に努め、キャリア教育をさらに推進します。
 幼児教育の振興に取り組み、就学前の教育、保育を一体としてとらえた一貫した総合施設の実現に向け、検討を進めます。LD、ADHD等を含む障害のある児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じ、適切な特別支援教育を推進してまいります。
 また、子供たちの健やかな体と心を育てるため、生涯にわたり積極的にスポーツに親しむ習慣や意欲を育成するとともに、栄養教諭制度の円滑な実施など食育の充実に取り組みます。
 信頼される学校づくりを進めるため、適切な学校評価と情報公開の推進、学校運営協議会の設置促進など、保護者や地域住民の参画による学校づくりを進めてまいります。また、教員評価の改善や十年経験者研修制度の推進を図るとともに、教員養成の専門職大学院や教員免許更新制の導入等について検討を進めます。教育委員会については、地域の課題に主体的に取り組めるよう、制度の見直しについて検討しております。学校の安全管理に組織的、継続的に取り組むとともに、学校施設の耐震化の推進に一層努めてまいります。
 大学については、各大学の個性、特色を一層明確にし、国公私立大学を通じ、競争的な環境のもとで、各大学における大学改革への取り組みが一層促進されるよう支援してまいります。国立大学については、法人化を契機に、各大学が自主性、自律性を十分に発揮し、教育研究が一層活性化するよう、支援に努めます。大学の教育研究の質の向上の観点から、本年四月から導入された第三者評価制度の円滑な実施に取り組みます。あわせて、私立学校の一層の振興や、奨学金の充実に努めます。
 次に、科学技術・学術の振興について申し上げます。
 我が国が社会経済上の諸問題を克服し、明るい未来を切り開くためには、科学技術創造立国の実現を目指し、第二期科学技術基本計画の総仕上げに向けた取り組みの強化が重要です。
 まず、人材の養成については、学校教育から研究者、技術者に至るまでの連続性を持った取り組みの総合的な展開を図ってまいります。また、競争的資金の抜本的拡充、独創的、先端的な基礎研究の推進を図るとともに、世界的な研究施設・設備等の研究基盤整備に取り組みます。大学等における知的財産の取得、活用の促進、大学発ベンチャーの創出などを通じた産学官連携を推進するとともに、地域経済の活性化に資する知的クラスターの創成等を図ってまいります。
 さらに、科学技術基本計画における重点分野であるライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料分野の研究開発を強力に推進するとともに、融合領域の研究開発を積極的に推進します。また、安全で安心な社会を実現する科学技術を振興してまいります。
 国の存立基盤となる宇宙、原子力、地震・防災、海洋等の研究開発も戦略的に推進してまいります。
 宇宙開発については、H2Aロケットの打ち上げ失敗等が続いた事態を厳しく受けとめ、信頼性の確立を最優先に研究開発を推進するとともに、万全の対策を講じ、早期の打ち上げ再開を目指してまいります。
 また、原子力については、日本原子力研究所と核燃料サイクル開発機構を統合して新法人を設立すべく、独立行政法人日本原子力研究開発機構法案を今国会に提出いたしました。新法人は、効率的な体制のもとで、国際的にも誇り得る総合的な研究拠点としてまいりたいと考えております。さらに、ITER計画については、日本への誘致に向けて引き続き最大限の努力をしてまいります。
 第三に、生涯学習、スポーツ、文化の振興について申し上げます。
 人々が生涯にわたり自己実現を図ることができるよう、生涯学習の環境整備や大学、専修学校における社会人のキャリアアップのための教育を推進します。また、若者自立・挑戦プランの推進、男女共同参画社会の形成、環境教育や人権教育の充実等に努めます。
 また、さきのアテネ・オリンピックにおける日本選手団の活躍は、国民に大きな感動を与えてくれました。スポーツの振興は、明るく豊かで活力に満ちた社会の形成に不可欠であり、スポーツ振興基本計画に基づき、国民のだれもが身近にスポーツに親しめる生涯スポーツ社会の実現や、トップレベルの競技者の育成などに取り組みます。また、国民スポーツ担当大臣と協力し、スポーツの国民への普及及び振興のための取り組みを政府全体で総合的に推進してまいります。
 文化は、人々に感動や生きる喜びをもたらし、豊かな人生を送る上での大きな力となるものです。我が国の顔となる文化芸術を創造し、世界に発信していくため、文化芸術創造プランや「日本文化の魅力」発見・発信プランを推進するとともに、子供の文化芸術体験活動の充実、地域の文化芸術の振興、文化的景観の保護など文化財の保存、活用や、国際協力、新しい時代に対応した著作権等の施策を推進します。あわせて、国語について、国民一人一人が意識を高め、正しく理解するよう取り組んでまいります。
 最後に、国際化等への対応について申し上げます。
 我が国が、国際社会において積極的な役割と責任を果たし、世界から信頼される国となることは極めて重要な課題であり、国際協力、交流に力を入れます。留学生受け入れ体制の充実を図るとともに、日本人の海外留学の支援にも取り組んでまいります。また、英語が使える日本人の育成にも努めてまいります。
 以上のほか、知的財産戦略の推進、公益法人改革、規制改革、構造改革特区等の行政改革など、さまざまな課題があります。規制改革や構造改革特区については、地方や民間の創意と工夫を生かし、教育研究の活性化の観点から、引き続き柔軟に対応してまいります。
 私といたしましては、国民の強い期待を真摯に受けとめ、文部科学行政全般にわたり誠心誠意取り組んでまいる決意でございますので、委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。(拍手)
#9
○斉藤委員長 塩谷文部科学副大臣。
#10
○塩谷副大臣 このたび文部科学副大臣を拝命いたしました塩谷立でございます。
 副大臣就任に当たり、大臣の命を受け、主に教育、スポーツの分野の行政を担当することになりました。特に、教育においては、我が国の教育の根幹にかかわる大変な重要課題を抱えており、またスポーツについても、より一層の振興に努めなければなりません。
 副大臣として、大臣をよく補佐し、新しい時代を切り開くたくましい日本人の育成を目指した教育・文化立国の実現のため、全力を尽くしてまいりたいと思っているところでございます
 委員長初め委員の皆さん方の御指導、御鞭撻を何とぞよろしく申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
#11
○斉藤委員長 小島文部科学副大臣。
#12
○小島副大臣 このたび文部科学副大臣を拝命いたしました小島敏男でございます。
 副大臣就任に当たり、大臣の命を受け、主に科学技術・学術、文化という重要な分野の行政を担当することになりました。
 副大臣といたしまして、大臣をよく補佐し、我が国が社会経済上の諸問題を克服し、明るい未来を切り開くため、科学技術・学術の振興に積極的に取り組み、科学技術創造立国を実現するとともに、人々に感動や生きる喜びをもたらす文化の振興などに全力を尽くしてまいる所存でございます。
 委員長初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますように心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。
 よろしくお願いいたします。(拍手)
#13
○斉藤委員長 下村文部科学大臣政務官。
#14
○下村大臣政務官 このたび大臣政務官を拝命いたしました下村博文でございます。
 私は、旧文部省関係、教育、スポーツを中心とした担当でございます。
 義務教育の国庫負担の地方移譲の問題や、教育基本法の改正等、大変重要な問題が山積をしている中で、大臣、副大臣のもとで、また委員長、委員の皆様方の御指導を受けながら、一生懸命に頑張りたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#15
○斉藤委員長 小泉文部科学大臣政務官。
#16
○小泉大臣政務官 このたび文部科学大臣政務官を拝命いたしました小泉顕雄と申します。
 私は、大臣政務官として、中山大臣、塩谷、小島両副大臣、さらには下村政務官の御指導もいただきながら、とりわけ、科学技術・学術の振興、さらには文化芸術の振興を通じまして、青少年に夢と希望を与え、活力ある心豊かな社会を構築するため、全力で頑張りたいと思っております。
 つきましては、委員長初め委員の先生方にはよろしく御指導、御鞭撻を賜りますように心からお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#17
○斉藤委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後二時四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト