くにさくロゴ
2004/04/08 第159回国会 参議院 参議院会議録情報 第159回国会 外交防衛委員会 第10号
姉妹サイト
 
2004/04/08 第159回国会 参議院

参議院会議録情報 第159回国会 外交防衛委員会 第10号

#1
第159回国会 外交防衛委員会 第10号
平成十六年四月八日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         山本 一太君
    理 事
                佐藤 昭郎君
                舛添 要一君
                齋藤  勁君
                高野 博師君
                小泉 親司君
    委 員
                阿部 正俊君
                荒井 正吾君
                河本 英典君
                桜井  新君
                佐藤 道夫君
                榛葉賀津也君
                若林 秀樹君
                荒木 清寛君
                吉岡 吉典君
                大田 昌秀君
   国務大臣
       外務大臣     川口 順子君
   副大臣
       外務副大臣    阿部 正俊君
   大臣政務官
       外務大臣政務官  荒井 正吾君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        田中 信明君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との
 間の協定の締結について承認を求めるの件(内
 閣提出)
○社会保障に関する日本国と大韓民国との間の協
 定の締結について承認を求めるの件(内閣提出
 )
    ─────────────
#2
○委員長(山本一太君) ただいまから外交防衛委員会を開会いたします。
 社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件及び社会保障に関する日本国と大韓民国との間の協定の締結について承認を求めるの件の両件を一括して議題といたします。
 政府から順次趣旨説明を聴取いたします。川口外務大臣。
#3
○国務大臣(川口順子君) ただいま議題となりました社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。
 政府は、従来からアメリカ合衆国との間で人的交流に伴って生ずる年金制度及び医療保険制度への二重加入、保険期間が短いために年金を受給できない等の問題に関する協議を行ってきましたが、これらの問題の解決を図ることを目的とする協定を締結することでアメリカ合衆国側と一致し、平成十二年十一月以来、両政府間で協定の締結交渉を行ってまいりました。その結果、本年二月十九日にワシントンにおいて、我が方加藤特命全権大使と先方バーンハート社会保障庁長官との間でこの協定の署名が行われた次第であります。
 この協定は、日米間で年金制度及び医療保険制度の適用の調整を行うこと並びに保険期間の通算による年金の受給権を確立すること等を定めるものであります。
 この協定の締結により、年金制度及び医療保険制度への二重加入の問題等の解決が図られ、保険料負担が軽減されること等により、両国間の人的交流が円滑化され、ひいては経済交流を含む両国間の関係がより一層緊密化されることが期待されます。
 よって、ここに、この協定の締結について御承認を求める次第であります。
 次に、社会保障に関する日本国と大韓民国との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。
 政府は、従来から韓国との間で人的交流に伴って発生する年金制度への二重加入等の問題に関する協議を行ってきましたが、この問題の解決を図ることを目的とする協定を締結することで韓国側と一致し、平成十五年三月以来、両政府間で協定の締結交渉を行ってまいりました。その結果、本年二月十七日にソウルにおいて、我が方高野特命全権大使と先方パン・ギムン外交通商部長官との間でこの協定の署名が行われた次第であります。
 この協定は、日韓間で年金制度の適用の調整を行うことを定めるものであります。具体的には、年金制度の加入に関し、就労が行われている国の法令のみを適用することを原則としつつ、一時的に相手国に派遣される被用者等の場合には、原則として五年までは自国の法令のみを適用する等の調整を行うものであります。
 この協定の締結により、年金制度への二重加入の問題の解決が図られ、保険料負担が軽減されること等により、両国間の人的交流が円滑化され、ひいては経済交流を含む両国間の関係がより一層緊密化されることが期待されます。
 よって、ここに、この協定の締結について御承認を求める次第であります。
 以上二件につき、何とぞ、御審議の上、速やかに御承認いただきますようお願いをいたします。
 それから、もしお許しをいただければ、併せて今朝サマワでありました迫撃砲あるいはロケット砲の話についてちょっと今分かっていることだけ申し上げたいと思いますが。
#4
○委員長(山本一太君) よろしいですよ。
 それでは、お願いいたします。
#5
○国務大臣(川口順子君) 余り分かっていないということでございますけれども。
 現地時間七日の午後十一時過ぎ、日本時間で言いますと八日の午前四時過ぎ、サマワの宿営地の近くで爆発音が三回あったということを確認をしたということでございます。
 この爆発音は、迫撃砲又はロケット弾とも思われるが、現在、オランダ軍及びイラク警察とも連絡を取りつつ情報収集を行うとともに、警戒態勢を取っているということでございます。
 派遣されている自衛隊員及び外務省職員は全員無事であるということを確認をいたしております。
 五時間時差がございますので、夜が明けないとなかなかそういったことの確認ができない、お昼近くになると思います。
#6
○委員長(山本一太君) 分かりました。
 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 両件に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト